« 週刊報道LIFE「SEALDsが刻んだ言葉」 | トップページ | しまい紅茶 »

2015年12月30日 (水)

花色木綿さんで

Photo 26日、今年最後のけんぽうかふぇを、花色木綿さんで、こじんまりと。
しっとりおちつく畳の間で、丸いちゃぶだいテーブルを囲んでのけんぽう語り。
お店があく前の午前中企画なので、お客さまを気にせず、店主さんも参加できるのがいいね。

最後のひと言感想。
「私の思っていることを、やわらかく、はっきりと、和やかに、言って下さった。
自分の生きていることが認められているんだと思えて、しあわせを感じました」
と話してくださった方がおられて、私の方こそ、その言葉が胸にひびきました。

また別の方は、
「憲法といえば9条だけ、と思ってた。本を読んだだけではわかってなかったです。
今日、聴いて、すと〜〜んとわかった」

「わかりやすい話だよ、とは聞いていたけど、ちがうわかりやすさが伝わって来ました」
という方も。ふしぎな感想だね(笑)。

「どうしたら、こういう話を、やさしく、人と語り合えるのだろう、コミュニケーションの練習が必要と思いました」
と、花色木綿さん。私自身、もとからこういう話し方してたんじゃないことを知ってる方が、この日、参加されていたので、
「原発でカッカしてたころの私の話し方、今みたいじゃないよね、前はもっと攻撃的だったでしょ?」と訊くと、うん、うん、と。
そうなんです。4半世紀前の私と今の私と。
人とのコミュ二ケーションの取り方がかわってきたのは、あきらかにクッキングハウスでの学びのおかげです。

花色木綿さんでのちいさな学びの場はこれからもつづけていきましょ、次は、そんなコミュニケーションワークショップもとりいれながらしてみましょ、
という話になりました。

日はまだ全く未定ですけど、時折、花色さんでのこんなモーニングスタディ、していけたら私もうれしいです。

|

« 週刊報道LIFE「SEALDsが刻んだ言葉」 | トップページ | しまい紅茶 »