« 参院選 改憲を争点に | トップページ | むぎわらぼうし新年会 »

2016年1月 7日 (木)

1月のとくべつ紅茶のご案内

きのう6日は、ことしの初紅茶。

160103_ 1月はふつう紅茶枠の中のとくべつ紅茶企画がつづくので、てっきりいつも以上に静かな、はやらない紅茶になるだろうと予想してたら、どっこい、0歳、1歳の赤ちゃん、中学生、それに40代、50代、60代、70代まで、いつも以上に多い、14人が集いました。
金沢名物のおかしの辻占。私のには「福がまいこむ」と。どうぞそうでありますように!みんなにとっても!

******

1月13日は、「未来(みらい)に逢いにきませんか」のとくべつ紅茶。1:00~3:00(この日の紅茶は12:30にあけますね) 
来年の参院選に立候補している、友人で弁護士の、柴田未来(みき)さんと、しっかり出逢っちゃおう、という時間です。

おいたちから、学生時代に考えたこと、その後の道の選び方、世界の人たちとの出逢い、出馬を決心したわけ、そして選挙にむけての想い、などなど、たっぷり話してもらって、聴いて、わかんないとこは訊いて、の2時間です。
候補者がどんな考え、生き方をしてきたひとか、どうかご自分の目で見て、耳で聴いて、くださいね。

その後、お時間のゆるすかたはどうぞそのままごゆっくり。
紅茶はいつもどおり6:00まであいてます。

いつも雑木林の脇に車をとめていただいてますが、1月末まで里山保全のための伐採と木のはこびだし作業がつづいていて、大きなトラックがとまっていることが予想され、車がとめにくいかもしれません。
小学校の駐車場や、ちかくの紅茶仲間のおうち向かいの崖ぞいとかにとめてきてくださるとありがたいです。わからないかたはどうぞご遠慮なく事前に私までお尋ねください。

********

1月20日は、ドキュメンタリー映画「何を怖れる」の上映会をするとくべつ紅茶 1:30~ 
映画のあと、松井久子監督をまじえて、きもちキャッチボールタイムを5:00まで。参加費500円。@水野宅

日本のウーマンリブ、フェミニズム、ジェンダー、女性学、の地平を切り拓いてきたあの方、この方。そういえば、ジェンダー、とか、男女共同参画、って言葉だって、かつてはなかった。概念がなければ、それを名づけなければ、ないことにされてしまうんだ。

日本国憲法に男女平等がかきこまれていても、それを空語にさせないためにはこういう努力がずっとずっと、そして、今も続けられているんだなあ。
田中美津さん、上野千鶴子さん、樋口恵子さん、加納実紀代さん、池田恵理子さん(NHKディレクター時代に、お会いしてる方でした)、沖縄の高里鈴代さん、、さらにもっと多くの女性たちが、けわしい道をきりひらいてきてくれてたんだ、と映画をみて実感しました。

監督の松井久子さんは「ユキエ」(戦争花嫁として海をわたったユキエが、アルツハイマーに。スローグッバイ、という言葉をこの映画で初めて知りました。倍賞美津子さんが好演してた。1997年作、見たのは15年ほど前だったか)、その後、「折り梅」「レオニー」(イサム・ノグチのお母さんの物語)などの映画をつくってこられた方。
そして今、松井さんは、この春完成予定のドキュメンタリー、「憲法の未来」の取材制作まっさい中です。http://www.syuken.jp/

めったにない機会、どうぞミニ紅茶シネマ館におこしください。松井さんはその映画づくりのため、12月、シールズの元山くんの取材で金沢にみえていました。

13日、20日とも、要予約ではありませんが、参加希望の方はご一報くださるとありがたいです。お車とめる場所確保の為にも。

**********

1月27日、お待たせ、新年紅茶恒例、お薄の時間です。お抹茶をおかわり何杯でも召し上がれ。1:00〜6:00
こちらは出入りがありますので、ご連絡はとくにいりません、どうぞふらっとでもお立ち寄りください。

*******

ことしは、ふつう紅茶の水曜日にもいろんなとくべつ企画がはいってきそう。多少はいそがしくなるかもしれないけど、そんな時々、どうかいろんな人と出逢ってくださいね!

いろんな人がそれぞれの場所で一生懸命に生きてることを目の当たりにすることで、私の世界もまた少しひろがるように思うものですから。

|

« 参院選 改憲を争点に | トップページ | むぎわらぼうし新年会 »