« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

信州へおとどけ

今週末は、信州におとどけにいってきますね。
************
Photo_2 水野スウさん 出前・紅茶の時間
『ほめ言葉のシャワーから平和へ』
~憲法のこころをやさしい言葉で~

会場:富士見 森のオフィス
日時:3月5日(土) 15:00~17:30 
参加費:1000円(高校生以下無料)
申し込み・問い合わせ:
Tel:070-1058-8434(藤森)
E-mail:8tsu.peace.mom@gmail.com

主催:水野スウさんを囲んで憲法の話をする会
共催:八ヶ岳ピースパレード
※ママ向けですが、どなたにも聴いていただける内容です。
※お子さま連れも歓迎、みんなで見守り育児をしながらお話をききます。授乳用、小さなお子さまのおやつ・お昼寝に使う和室も用意します。
※定員20名程度、なるべくお電話か電子メールにて予約をお願いします。
===============================

主催者より

「ほめ言葉のシャワー」というのはスウさんがここ10年あまり各地でしてらっしゃる「あなたが言われてうれしかった言葉はなんですか」で始まるワークショップ。

そのワークショップから生まれた言葉たちを集めた手のひらサイズの本の、最後のコラムに書かれた「あなたの存在は、ほかの誰ともとりかえがききません」という言葉と、憲法13条はピッタリ重なっている!
これはスウさんの娘さんの発見だそうですが、そこから「13条のうた ほかの誰とも」という歌が生まれたそうです。

今回は、ほめ言葉のシャワーから、憲法13条へと繋がったそのくだり、13条ととなりあわせの12条のこと、気になる選挙のこと…時勢を意識しながら、″今だからこそ″しっかり知っておきたい憲法のお話を、やさしい言葉でスウさんからおききしたいと思います。

尚、今回はスウさんのお話をぜひ聞きたい、という信州のママたちの想いにスウさんが応えてくださいました。
富士見町以外にも下記の予定でお話会があります。お近くの方はぜひ足をお運びください。申し込み、お問い合わせはそれぞれの問い合わせ先までお願いします。

3/5(土)9:30~11:30 
辰野 こめはなや
申し込み・問い合わせTel :
0266-46-3022 (小澤)

3/6(日)午前の部10:30~12:30 
須坂 おはなしの森(絵本の文庫)
3/6(日)午後の部13:30~15:30 
須坂 おはなしの森(絵本の文庫)
申し込み・問い合わせTel:
小布施町 090-7213-8006(竹内)
長野市 090-9668-3371(今井)

|

3月20日、金沢弁護士会で。本間くん講演会!

ピースウォークの日の午前中、金沢弁護士会主催の講演会があります! 

講師は、SEALDs本間信和くん!
これはもう、聴きにいかなくちゃ。
そして、そのあと、一緒にピースウォークであるきましょう。
もちろん本間くんもあるきます。
うえだちあきちゃんもあるきます。

**********

~ 市民勉強会~
「安保法制廃止に向けて~いま私たちにできること~」
講師 本間信和氏(SEALDs)
主催 金沢弁護士会
金沢弁護士会館(新会館)金沢市丸の内7-36
入場無料

*  平成27年9 月19日,「国際平和支援法」と「平和安全法制整備法」の 2法が成立しました。これら安保法制改定法は,内容的にも手続的にも憲 法に違反しています。それでも,形式上成立したに過ぎない,この安保法制改定法に基づき日本は動き始めています。
*こうした現状は歪んでい ます。この歪みを正すための行動を起こさなければなりません。「私たちに今何ができるか?」「私たちの課題は何か?」共に考える機会として,金沢弁護士会は,今回の市民勉強会を開催いたします。

 当日は,本間信和さん(*SEALDs(シールズ),ReDEMOS(リデモス)*) を講師にお招きし,大きなうねりを起したシールズの抗議行動や,今注目されているリデモスでの活動について,貴重なお話をお伺いします。

 また,徳田隆裕弁護士(金沢弁護士会)には,安保法制の問題点をわかりやすく解説いただいた上で,憲法訴訟の話などを交えて,今後,私たちが取り組んでいくべきことについてお話しいただきます。
イベントページ▽
https://www.facebook.com/events/1652371205024880/

|

ダキシメルオモイ@紅茶

140326_ 3月2日の紅茶で、ダキシメルオモイに、そして田原からみえる小林憲明さんともあえますよ。
どうぞどうぞおでかけくださいませ。

小林さんがあらたに描かれた、関東から石川に移住してきた家族、親子。
どの絵も、いとしいわが子を抱きしめているよ。

25日に豊橋であえた小林さんと、またこんなにすぐに、今度は紅茶で逢えちゃう不思議。

これで3年連続、春にダキシメルオモイに紅茶で逢える不思議。

紅茶は1:00open〜6:00まで。水野宅。

*****

3月2日の紅茶では、詩の朗読会もあります.

2:00ころからかな。
ならいさん、むらかみさん、ぎもとさんたちが読んでくださる予定。

即興で、私も読みます。よかったら、いらしたみなさんも読んでくださいな。

ダキシメルオモイの絵は、翌週9日の紅茶でも見れますが、小林さんと会えるのや、朗読は、2日のみです。

3月12日には「ありがとう石川」の中で、しいのき迎賓館の中で、ダキシメルオモイが展示され、朗読会もあります。

ダキシメルオモイ 石川巡回展
https://www.facebook.com/events/842963319163472/

|

越前へおとどけ、そして高橋源一郎さん。

Photo 27日、越前へ。
いつもは、ちいさな輪の中でお話することが多いのだけど、この日は150人以上もみえて、どきどき。連携してこの日を用意した方達が、きっとそれぞれのグループのかたにいっぱいお声かけしたんだとおもう。ありがとうございました。

大津から聴きにきてくれた、紅茶つながりのけふさん、一番前できいててくれて安心できました。大学の後輩さんも、福井や丸岡からのだいすきな人たちも、ママの会のママも。

この日は、やさしいけんぽうの話(その中心軸にあるのは、ヒサさんがちらしに書いてくれた「社会のこと、ふつうに話そう、暮らしのことだもの」という想い)。
主催者さんからのリクエストもあって、13条のかえ歌のあとに、グループトークのワークと、単語な感想のおすそわけを全員で。
これを2時間枠でしたので、時計とにらみっこしながら、ぴったし時間どおりにおわれた時は、さすがに、ほっ。

この日も、弁護士さん、市議さんが参加してくださってた。こういうお仕事の方の参加が近ごろよくあるのもうれしいことです。

*********

その後、高橋源一郎さんの講演会に直行。
(鈍行列車の中で熟睡したので、とっても休めた)

ラジオではよくお話きくけど、生げんいちろうさんははじめて。
話し始めは一体どこに連れて行かれるのかなあ、っておもってた(?)けど、最後はみごとに着地!

恋人同士の間にも生まれる民主主義、家族の間にも、親子の間にも。集団があれば、そこに生まれるデモクラシー。
自分の生きてる現場で、話す、相手の話を聴く、意見が違っても、相手を尊重する。
ひとりひとり違うけど、でも、同じ権利をもっている、dあなたもわたしも、同じ人間だよ。
違いをもった人間同士、なにか決めるために強力しあうのが、デモクラシー。
互いを尊重しあって、話しあって、そうやって出た結果には従う。それが民主主義。

高橋さんが50年かかって、自分の経験を通じて、子育てを通じて、自分の納得する「思想の再定義」をしてきた。
そのことを考えること自体が、民主主義だ、という結びの言葉に、うん、そうそう!!と。

|

豊橋へおとどけ

25、26日と、豊橋の2日間。
12月は土日の出前、今回は、前回あえなかった方たちができるだけ参加できるようにと、のりPさんが平日の出前を企画してくれました。
3場所とも、路子さんの「ちきゅう」キルトのおはなしをどこかに織り込んでね、のリクエスト付き。

1日目の午後は子育ての話を中心に。
ダキシメルオモイの小林憲明さんが田原からきてくださって、テーブルの上にひろげた「ちきゅう」を、驚きと感動の表情でじ〜〜っくりと見てらした。
この日の話は、娘が赤ちゃんだったころ、遅咲きの藤の花をみて、あなたはあなたなりの花におなり、と言えた日のことや、紅茶の時間をはじめたこと、
CHANTOの呪縛のこと、などなど。
そして、豊橋では初の、ほめ言葉のシャワーのワークショップもしました。もちろん小林さんも、これにも参加。きっと不思議な体験だったろうなあ。
最後はアカペラで、13条のうた。

夜の部には、路子さんのおつれあいさんがきてくださいました。
路子さんの発案で、かざぐるまフレンッシップキルトをたくさんの人たちと縫ったこと。
今から27年も前に、路子さんがたったひとりで「ちきゅう」を縫い上げたこと。
今おもえば、これってまぎれもなく、路子さんオリジナルの、12条だ!
すでに憲法のことは知ってる方が多そうだったので、この日は、「伝える」ということを隠しテーマにして、語りました。
前回お会いした方のお顔もみえるし、現役の市議さんたちも参加。

*******

翌日、3つ目の出前メニューは、「ちきゅうキルトとチェルノブイリと3、11、そして今」というタイトルだったはずが、
前の晩、のりPさんが、「明日は、スウさんは何でできているか、ってこと話してほしいから、『スウさんのつくりかた』というタイトルでいきましょう」と、突然のタイトル変更。
うわわわ。おそらく話の中にでてくる「戦争のつくりかた」の絵本とかけているんだな、とすぐにわかったものの、一瞬あせった。
だけどよく考えてみるとこれって、とても本質的な、深〜〜いテーマに違いない。

私はいかにして、今のような私になっていったのだろう。そうやって、過去の自分にインタビューしてみた。
この問いは、哲学的で、個別だけど、普遍の問い。
ああ、こんなふうにして、私は今、ここにいるんだなあ、と、話しながら自分自身を再確認すると同時に、
聴いてるみなさんの方も、そもそも自分は今日、なんでここにいるんだろう、そうか、いついつ、あの人と、あの本と、あの出来事etcと出逢って、なるほどねえ、自分って、こんなふうにしてできてきてたんかも、、、という、同じ質の問いかけを、おそらくしてくださってたと思う。

この日は、大学の同級生が2人、静岡からお仲間ときてくださった紅茶つながりの方たち、
父とつながる刈谷出身のおふたり(なんと私を高校生の時から知ってる!)、いのみら読者さんご夫婦、そして、12月の豊橋で会えた方、今回はじめて逢えた方たち、、。
蒲郡から、制作中のかざぐるまフレンドシップキルトを持って来て下さった方もいて、ちきゅうキルトとかざぐるまの両方をみなさんに見ていただくことができました。

*******

3つの出前を無事終えて、帰りにうれしい寄り道。名古屋のバンドエイドのおうちに寄せてもらって、たこ焼ききでつくる、いろんな具入りのたまごやき?をふうふう言いながらごちそうになる。
今回の豊橋と私をむすびつけてくださった、バンドエイドのおともだちにも電話でありがとうがいえてうれしかったなあ。
のりPさんはじめ、そういうおひとりひとりにあらためて感謝。

ところでところで、あなたはなんでできていますか。今のあなたは、いかにして、今のあなたになりましたか。

110812_

|

2016年2月28日 (日)

アキ君のスピーチ@熊本

アキ君スピーチ

小原美由紀さんの、かきおこしのおすそわけ。
**********

「民主主義の最前線がいま、ここにありますよ、きっと。」

2月27日の熊本「くまみん集会」 奥田愛基(4か月ぶり?)スピーチを文字起こししました!

☆::::::::::☆

こんにちは。
実は、僕はこういうところでスピーチするのが、昨年の9月か10月ぶりです。

なにをやってたかっていうと、殺害予告とかいろんなことがあったりして、
学校に戻ったりで、たいへんでした。
正直ちょっと疲れて、学校も一か月くらいいけないっていうか
満員電車に乗るのがちょっと怖いというのもあったので・・。

安倍政権の安保法NO!とずっと言ってるんですけど、
なかなか「YES!」と言えることがない。
このさきどうなっていくのか、野党共闘も全然決まらない。
どうしようかな・・。
そんな中で一番初めに見つけた、僕の中の「YES!」という言葉が、あべひろみさんが出たことでした。
(拍手)
よかった!と思いました。

「デモで社会は変わらない」という人たちに対して、
哲学者の柄谷行人さんが「デモで社会は変わらないというが、デモをすることでデモができる社会になる」といいました。
実際昨年、そうなったと僕は思っています。

全国各地でデモを行った若者たちが、おかあさんたちがお父さんたちが、おじいちゃんやおばあちゃんの世代が、動いていました。

今年の夏は、こういいたいと思います。
「私たちは社会を変えることができる。選挙を通して、選挙ができる社会に変わることができる、変えることができる!」

僕はデモには参加したことはありましたけど、
選挙の応援することは、・・はじめてです。こうやって誰かを応援するのは、はじめてです。社会は変わっています。
(拍手)
できないことばっか言っててもしょうがないです。
できないことはできないからできないんです。
しかし、できることはできるから、できるんです。
できることをやっていきましょう

絶望に負けそうになる、って言葉をよく耳にします。
けれど、ある映画監督は、こういっていました。
バッドエンドというかグロテスクな映画を撮っていた方なんですけど、震災後、
結論をかなり希望的な映画にかえたんですね。
どうして変わったんですか?と聞かれて
「希望に負けました」
と言ったんですね。
社会なんてどうでもいいや、とか
やったって、どうしても変わらないとか、思っていたけれど、
「希望に負けました」。
愛なんてどうでもいいや、とか、助け合うってどうでもいいや、とか思ってた人が
希望に負けた、って言うんです。

負けっぱなしな人生かもしれないけど、
どうせ負けるなら
希望に負けたほうがいい!
戦争をするよりも、しないほうがいい!
(そうだ!拍手)

これから先に、9月に派遣が予定されている南スーダン。こないだ難民キャンプで16人の人が亡くなりました。
ぜひ、YOUTUBEで検索してみてください。
その光景は、まさに戦争そのものです。

武器を持った国連の兵隊が、難民保護の名のもとに撃たなければならない。
私たちの国がそれをするべきか、しないべきか。
それは今回の選挙にかかっていると思います。

私はしたくありません。
自衛隊は軍隊ではありません。
自衛隊が行った行動の責任の主体は、自衛官個人にあります。
国家の名のもとにやった殺人のことを、自衛官個人におしつけるんですか?
国の責任としてやっていることを、「あなた個人の総合的な判断で撃ったんでしょう」、と
殺人罪で裁くんですか?
そのような、個人を大事にしない国に、未来はありません
保育園がなくて、働くことがままならない国に、未来はありません。
1人の人間がひとりの人間として生きて行ける社会に。

「自己責任」っていうんならば、
自己責任くらい、とれるような社会にしろよ!と
今は、その責任すら とれない社会になっている。
最低限、国がやるべきことをやれ!
社会がやるべきことをやれ!
そのために俺は、俺ができることをやります。

正直怖くて、学校行けなかったとき
ちょっと、若干、もうやめようかな、って思ったんすけど、
でも、またこうやってきています。
(拍手)

民主主義ってなんなの・・かな、っと いっつも思うんですけど、
今見えている光景が僕にとってはとても希望的です。
デモとはまた、違う局面に来ている。

民主主義の最前線がいま、ここにありますよ、きっと。
(大きな拍手)

「民主主義ってなんだ!」 「・・これだ!」
「民主主義ってなんだ!」「これだ!」
「民主主義ってなんだ!」「これだ!」
「民主主義ってなんだ!」「これだ!」

ありがとうございました!

☆::::::::::☆

6分で、こんな魅力的なスピーチができるってすごいな、やっぱ。
そして、高橋源一郎先生と、師弟関係かんじます笑

愛基くんに続く、

あべ広美さんのご挨拶もとてもわかりやすくて、気持ちが伝わって、よかったです!

ぜひ聴いてみてください!

もっと聞くと
「あべはひろみ!」ってコールも。楽しい(*^_^*)!

熊本、うらやましい。

全国も、続々、あとに続けたらいいですねーー!!

メディアによるインタビューもあります!
(これもおススメ!)

<動画  奥田愛基・あべ広美 メディアによるインタビュー 21分>
https://www.youtube.com/watch?v=Fbxaw1MiVmc

写真はWDW@熊本のtwitterからお借りしました!



|

2016年2月24日 (水)

豊橋へおとどけ

140329_ 25日、26日と豊橋にいってきます。
今回は、ひさしぶりに路子さんの「ちきゅう」キルトと一緒の旅で、一足早く、ちきゅうだけもう豊橋入りしていて、のりPさんとおともだちの何人かのとこをお訪ねしているもよう。
27日は越前へ。

そんなこんなの週末です。
メールやメッセージいただいてもお返事遅くなること、ご了承を。

ちきゅうキルト、豊橋でのご用がすんだら、次はあるところに何ヶ月かとどまることに決めました。
またいろんなひとにちきゅうに出逢ってもらえそうで、うれしいな!

そして、3月2日の紅茶は、「ダキシメルオモイ」と朗読会。朗読会はたぶん2時頃から。150415_
その前に展示をします。(紅茶は1:00〜)
絵を描かれた小林憲明さんも、3年つづけて、紅茶に来て下さいます。
どうぞダキシメルオモイに、小林さんに、愛にきてね(もとい、逢いにきてね)。

|

2016年2月23日 (火)

ダキシメルオモイ

3月2日、来週の紅茶で、ダキシメルオモイに、そして小林憲明さんともあえますよ。どうぞおでかけくださいませ。

即興で、詩の朗読会もあります。
ならいさん、むらかみさん、ぎもとさんが読んでくださる予定です。あ、わたしも読むのかな?

ダキシメルオモイ 石川巡回展
https://www.facebook.com/events/842963319163472/

|

私たちの主権」委員会のカバー写真

https://www.facebook.com/syukenJP/

松井久子監督さんが今つくっている映画、「憲法の未来」。それを応援している「私たちの主権」委員会さんが、けんぽうBOOKの写真を、カバー写真につかってくださってます。
ちょっと照れてる感じの、BOOKです。

このけんぽうBOOK、ジュンク堂の難波店さんにもおかせていただいています。本の大海原のなかで、うもれてやしないかとちょっと案じてますけど、どなたか、見つけて下さいますように。

|

2016年2月22日 (月)

柏崎におとどけ

柏崎では。、若い方達、子育て中のパパ、ママもきてくださっててうれしかったな。
関川村からは、こんさん親子も、3代で。

3時間枠だったので、一時間ごとに休憩をいれながら。

1時間目は、紅茶の時間のはじまりのこと、きもちは言葉をさがしていること、CHANTOの呪縛のこと、doとbeのこと、その子、その人の、いいとこって?の定義。

2時間目は、ほめ言葉のシャワーの本がうまれたわけ。そこからどうして,娘の、13条の発見へとつながったかってこと。ほめ言葉のシャワーから平和へ、という言葉の意味。13条と12条が、実はコインの裏表。娘の発案した、すきま12条という言葉の紹介も。

3時間目は、みなさんと実際に、ほめ言葉のシャワーのワークショップ。
贈りものの言葉のリレーも。

160221_ 平和でつながるママの会のママたち、いっぱいいっぱいありがとう。
お部屋もすてきにかざって、手づくりのお茶も何種類も用意してくれて、きてくださったみなさんへのおもてなしのきもちを、たくさん感じました。
きもちのいい、すてきな若いママたちでした。

石川のママの会のママたちもですが、子どもを毎日そだてながら、こういう会を企画し、準備し、実行する、って、手間ひまいっぱ〜〜い、かかること。

そして、平和を創っていくって、そういう手間ひまいっぱいかかること。
でも、いま、うごかずにはいられないきもち。

ごくごくふつうのママたちが、それまで特には、国のすることに関心のなかったママたちが、強くそう感じてる状況が、今のこの国。

そうだね、一人一人が12条しないと、それぞれに自分で民主主義しないと、民主主義って、簡単にこわれちゃうものなんだ、と、いま、多くの人たちが感じてるように思っています。


|

みらい事務所オープン

160218_ 2月20日、みらい事務所オープン。

マゼンタとよばれるあざやかなピンク色に彩られた事務所で、朝から夕方まで、トークイベントとマルシェ。
おいしいもの、うれしいお買い物、いっぱいしました。160218__2

選挙事務所っぽくないなあ〜〜、なんかこれまでのとは違うなあ〜〜
ってみなさん、感じて下さってる気がしたよ!

マルシェで、12条クッキー、13条クッキー、れんこんちっぷなど、柏崎のママのお土産用にゲットしました。

3つのテーマで柴田さんと語るトークイベントとマルシェ、終了後のみんなのえがお。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=980855915322132&set=gm.485095791697539&type=3&theate

さあ、ここからまたはじまるよ!

いらしてくださった方達、お店だしてくださった方たち、ほんとにありがとうございました!これからもよろしくおねがいします。

私は午前中の進行役をさせてもらって、午後は勉強会へ。
夜の電車で柏崎にむかったので、この場にはいなかったけど、みんなのえがおからつたわるものがいっぱいあるよ!
おつかれさま、そして、短期間で、ほんとによくよくここまでしたね!!
柏崎のママたちにも石川のママのこと、いっぱいはなしてきたよ。
r

|

2016年2月19日 (金)

みらいに逢いにの4回目+明日、未来事務所オープン

19日、柴田未来さんとの茶話会@教育会館和室。
1月に紅茶ではじめてした「みらいに逢いにきませんか」からかぞえると、これで4回目です。
能登の志田さんとふたりで呼びかけましたが、柴田さん本人もFBのイベントページつくってよびかけてくれて。(有り難し!私はそういうスキルなくてつくれない)。

10人みえるかな、と思っていたら、どんどんふえて、24人の方が参加。和室がいっぱいになりました。
参加費は、会場費として300円。柴田さんまで、「わたしも払う〜」とかいって、あらら、しっかりお代もらっちゃったよ。

おいたち、自分のherstory、立候補した想い、そして政策。
暴力によらず、戦争をせずに400年つづいてきた金沢のまちの責務、から学んだことにについても。

選挙に勝ったから権利がある、というけど、それは違う。立憲民主主義とは、いっときの多数決ではきまらないもの。
権力というものは、それを手にしたものが濫用しやすい、それは歴史が教えてくれている。
だからこそ、それをしばるのが憲法なのに、憲法違反と誰もが疑わない安保法制が、実際に通ってしまった。
誰かが、じゃない、自分でよければ、自分が立つしかないな、って思った柴田さん。

「アベさんが言う、一億総活躍、なんて言葉で、一億分の1に、私はされたくないです。
自分って変わってる、と自分でも思うけど、こんなヘンなのでも生きていける、そういう社会であってほしい」

うん、まさに、これが13条のいうところの、「個人として、尊重される」っていうこと。
(と、私も充分に変わってるらしいので、ここんとこ、おおいにうなづいたのでありました)

加賀から、能登から、柴田さんと出逢うためにきてくださったみなさま、ありがとうございます!
こんなひとだったよ。こう言っていたよ。ここがよかったよ。
そんなことごと、どうかまわりの方達にお話してくださいね。

明日20日は、いよいよみらい事務所がオープン。
トークイベント&マルシェにどうぞおこしくださいませ。

************

明日です!
お子さまが靴を脱いで遊べるスペースや、授乳、おむつ替えもできるスペースもありますよ~♪
お車は、事務所向かい側の「とりあえず吾平・金沢駅西店」さんの駐車場にお願いします^^
素敵な出会いとワクワクの詰まった1日になる予感でイッパイ!
是非、お越し下さいませ♪
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆★ ☆

弁護士という「通訳」のプロ、しばた未来(みき)さん。
石川県のわたしたちの声を政治に届けようと立ち上がっています。
新規開設の、しばた未来さん後援会事務所。
後援会事務所って、
政治家さんや、支援者の方々が集まって、、、、
何してるの???
と、近寄り難く、
疑問に思う場所でもありますよね。
もちろん
何やら政治のお仕事をする事務所でもありますが、
わたしたちが政治に身近にふれる場でもあります。
明日はトークイベント&マルシェを開催します!
お話を聴きにくるだけでもよし、
お買い物にくるだけでもよし、
気軽に足をお運び下さいませ♫
ーーーーー
<イベント詳細>
日時/2月20日(土)9:40〜16:00 <入場無料>
会場/しばた未来 後援会事務所(金沢市駅西新町1-1-18)
駐車場/事務所向かいの「とりあえず吾平 金沢駅西店」さんの駐車場をご利用ください。
【陣太鼓ライブ】
◎9:40〜10:00
【トークイベント】
◎10:00〜10:30
『暮らしと子育て 安保で何がかわる?』
対談/ママの会@石川 市井早苗さん
◎11:00〜11:30
『食べること&食べ物をつくること 
日本の食と農は、TPPでどうかわる?』
ナビゲーター/小浦むつみさん(コミュニティトレード アル 代表)
◎15:00〜15:30
『女性の生き方と社会、人間らしい暮らし』
対談/セクシャリティカウンセラー、助産師 あねざきしょうこさん

【カフェコーナー】
◎12:00〜15:00
<政治、私に何ができる?>をテーマに
マルシェのおいしいお茶とお弁当を楽しみながら、
いっしょにワイワイおしゃべりしませんか。
夏の参議院選を “ いい選挙・楽しい選挙 ” にするために
わたしにもできることってなにかある?
あるならやってみたい!
と思う方は、どうぞお集まりください。
出入り自由、お気軽にどうぞ!
【ミニマルシェ】
◎10:00〜16:00
・オーガニックcoffee 『旅カフェ』
・カラダに優しいおやつ 『Tree life』
・野菜のみで作ったコイノボリカレー 『コイノボリ食堂』
・お弁当と雑貨 『そらまめくらぶ』
・絵本と石鹸 『宇吉堂』
・フェアトレードおやつ 『アル』
そのほか、無農薬お野菜など

https://www.facebook.com/events/480154442191674/

|

ファイナル栴檀のつどい

七尾一本杉商店街のおかみさんたちとの、コミュニケーションの勉強会、はじまったのが今から17年も前だったとあらためて知って、びっくり。

「栴檀のつどい」となづけて、はじめは2ヶ月に一度の夜のあつまり。いつごろからか、おかみさんたちも忙しくなって、3ヶ月、4ヶ月に一度、
それでも休むことなく続けてきて、きのうが、そのファイナル栴檀でした。

栴檀仲間のなかから、花嫁のれん展のアイディアが生まれ、実際にそれが動きだし、一本杉商店街の、4月末から母の日までの、毎年かかせない大事な催しとなり。
花嫁のれん展は、東京へも、関西にも旅をして、世界へもはばたき、そして今、花嫁のれん号が、金沢から能登へと走る。
ついに今年の4月には、一本杉通りに、常設の花嫁のれん館がオープンするのです!

これまで以上に忙しくなるおかみさんたち。一つの区切りとして、ここらで、17年の栴檀の歴史をとじることに。
コミュニケーションの練習だけにとどまらず、社会の話もいっぱいしましたね。
すくない時間をやりくりして、みなさん、ほんとによく参加しつづけてくれました。
いつもすてきな会場を提供してくれた高澤ろうそくさん、なお、ありがとう。

160218_

最終回の昨日は、出てこれたおかみさんたちと、
まずは、「私の日々のルーティーン」というお題のウォーミングアップからはじまり、
最後は、自分に宛てて書く、「私への感謝状+表彰状」というのをしました。
一人ひとりの書いたそれを、私が、厳粛な顔して読み上げてから、うやうやしく、一人一人に手渡しました。
「○○殿、あなたは長い間、本当によく、、、、しましたね」というふうにはじまる、それぞれへの表彰状。
どれもこれも、すてきなご自分へのラブレターでした。

栴檀のつどいは幕をとじるけど、一本杉とのご縁はもちろん今後も。
ず〜〜っと、お嫁さんとして、おかみさんとして、おかあさんとして、がんばってきた栴檀の仲間たちを、誇りに思います。

みなさん、5月の連休ごろ七尾を訪ねることがあったら、ぜひ、花嫁のれん展をみてくださいね。
そして、のれん一枚一枚にこめられた、家族の物語を、一本杉の語り部おかみさんたちから、聴いてくださいね。

|

紅茶ミニシネマ「ユキエ」

松井久子監督の、『ユキエ』上映会@紅茶は、雪模様だったこともあり、金沢よりうちのほうが豪雪?地帯なので、とってとてもミニミニシネマ。

はじめのうちはその病気を、本人のユキエも、夫のリチャードも、息子たちも、とうていうけいれられない。
それでもやがて、リチャードは、それまで、ある意味、執着していたものを、手放す決意をする。
それまでのことをふっきって、ほかのことに心奪われることなく、
もうこれからは、ユキエだけを見て、ユキエと一緒に生きていく自分なのだ、、と心を決める。

説明の多くない映画だけに、ゆっくりとした画面のなかで、見る側がいっぱい感じる、考える。そういう時間をもらいました。

「あなたは、私の息子、なのね。私はこれからあなたたちに、スローグッバイを言っていかなくちゃならないの」
ユキエが、自分で自分をうけいれていく、この場面も心にしみたなあ。
もう一度観ないと、正確じゃないかもしれないけど、ユキエのこのせりふの場面が、前見た時も、今回も、ああ、、、と。

リチャードさんが、ユキエの尊厳を守りつつ、静かでいとおしいユキエとの時間を抱きしめていく感じが、とってもよかった。

16、17年前に見た映画を、もういちど観る、って実にいい体験でした。
脇役の、ユキエのともだちを演じているのは、草村礼子さんだったことも今回見て、気づきました。
あ、この映画にもでてらしたんだねえ。
草村さん、中央線の電車の中でお声かけて、知り合って、3年前の、ファイナル西東京紅茶に、来て下さったんですよ。

来月は、『折り梅」を見ます。3月も第3週の、16日の紅茶で。
参加費300円は、貯めて、『憲法の未来」制作へのカンパとさせていただきます。
Photo

|

信州へお届け。

水野スウさん 出前・紅茶の時間
『ほめ言葉のシャワーから平和へ』
~憲法のこころをやさしい言葉で~

会場:富士見 森のオフィス
日時:3月5日(土) 15:00~17:30 
参加費:1000円(高校生以下無料)

申し込み・問い合わせ:
Tel:070-1058-8434(藤森)
E-mail:8tsu.peace.mom@gmail.com

主催:水野スウさんを囲んで憲法の話をする会
共催:八ヶ岳ピースパレード

※ママ向けですが、どなたにも聴いていただける内容です。
※お子さま連れも歓迎、みんなで見守り育児をしながらお話をききます。授乳用、小さなお子さまのおやつ・お昼寝に使う和室も用意します。
※定員20名程度、なるべくお電話か電子メールにて予約をお願いします。

*******

主催者より

「ほめ言葉のシャワー」というのはスウさんがここ10年ほど取り組んでらっしゃるワークショップです。「あなたが言われてうれしかった言葉はなんですか」で始まるワークショップ。

そのワークショップから生まれた言葉たちを集めた手のひらサイズの本の、最後のコラムに書かれた「あなたの存在は、ほかの誰ともとりかえがききません」という言葉と、憲法13条はピッタリ重なっている!

これはスウさんの娘さんの発見だそうですが、そこから「13条のうた ほかの誰とも」という歌が生まれたそうです。

今回は、ほめ言葉のシャワーから、憲法13条へと繋がったそのくだり、13条ととなりあわせの12条のこと、気になる選挙のこと…時勢を意識しながら、″今だからこそ″しっかり知っておきたい憲法のお話を、やさしい言葉でスウさんからおききしたいと思います。

尚、今回はスウさんのお話をぜひ聞きたい、という信州のママたちの想いにスウさんが応えてくださりました。

富士見町以外にも下記の予定でお話会があります。お近くの方はぜひ足をお運びください。申し込み、お問い合わせはそれぞれの問い合わせ先までお願いします。

3/5(土)9:30~11:30 
辰野 こめはなや
申し込み・問い合わせTel :0266-46-3022 (小澤)

3/6(日)午前の部10:30~12:30 
須坂 おはなしの森(絵本の文庫)

3/6(日)午後の部13:30~15:30 
須坂 おはなしの森(絵本の文庫)

申し込み・問い合わせTel:
小布施町 090-7213-8006(竹内)
長野市 090-9668-3371(今井)

https://www.facebook.com/events/1658500317770746/

|

明日、みらい事務所、オープン!

ついに明後日20日!しばた未来さん後援会事務所開きが行われます!
今日はしばた未来サポーターズのみんなと
事務所の飾り付けをしてきました^^

でっかいダルマが鎮座していたり、議員さんの名前入り毛筆で「必勝!!」とか書かれているあれやこれやは全部ナシ!

壁を彩るのは、市民のみなさまの笑顔いっぱいのメッセージ写真!
そして、こどもたちが描いた個性豊かな可愛い絵!

これまでの政党選挙のイメージを打ちこわし
本当の意味で市民の声を反映する、市民のための事務所がOPENします^^

陣太鼓の演奏をはじめ、今だから知りたいアレコレをテーマにしたトークライブ。
地産地消や、安心安全に拘った素敵なお店が勢ぞろいのマルシェ♪
お話を聴きにくるだけでもよし、
お買い物にくるだけでもよし、
気軽に足をお運び下さいませ♫
イベントページはこちら↓↓↓
トークイベント&マルシェ @みらい事務所

https://www.facebook.com/events/480154442191674/

https://www.facebook.com/mamanokai.ishikawa/

|

2016年2月17日 (水)

豊橋へ

111023_ 12月にうかがった豊橋に、ふたたびよんでいただきます。
今回は、路子さんの「ちきゅう」と一緒の旅です。

前回、出逢えた方との再会、はじめてお目にかかる方との、「はじめまして」が楽しみです、
なんといっても、ちきゅうと一緒なのがとってもうれしい!

■2月25日(木)
NPOまんま子育て講座「ほめ言葉のシャワーde子育て」 
  13:00~15:00/旧生活家庭館 集会室
  (豊橋鉄道渥美線南栄駅徒歩5分)
  主催:NPO法人「NPOまんま」/会費500円

「12条すること=投票」de平和をつくる
  19 :00~21:00  /オレンジプラザ2階会議室(豊橋駅より徒歩7分)
    (豊橋市松葉町2-63)
  主催:まどか文庫/会費500円

■2月26日(金)
キルト「ちきゅう」をともに、スウさんが語る
〜チェルノブイリ・3・11、そして、今。〜
 10:00~12:00/  穂の国とよはし芸術劇場プラット(豊橋駅線路沿い。徒歩3分)
  主催:とよはし「市民て~ぶる」会議 会費500円

お申し込みは渡辺さんまで。090−8545−8900 

|

柏崎へ

2月21日、柏崎にいってきま〜〜す。
若いママたちがよんでくださいます。

***********

「子どもはほめて育てる」
そんなことはわかっているつもりでした。
・・・でも、うまくいかない。
そんな時に出会ったのが、
水野スウさんの『ほめ言葉のシャワー』でした。
ママがホンワカすると家族もホンワカ。
ちょっとだけできたゆとりで、
今私たちの周りで起きていることを一緒に考えてみませんか?
     主催:平和でつながるママの会(ナガトミ)より

☆出前・紅茶の時間『ほめ言葉のシャワーと平和』
 お話 水野スウさん(石川県河北郡在住)

☆日時 2月21日(日)
    Open 13:00  Start 13:30

☆会場 シーユース雷音
    (柏崎市西港町12-11 Tel.0257-22-5740)
    柏崎駅から海突き当たるまで直進。
    突き当たりを左折すると右側に見える白い建物。
    車で5分、
    徒歩20分(・・・ですが時期的に険しい道のりです)

☆参加費  事前予約の方 1500円
      当日参加の方 1800円

☆お申し込み方法
 イベントフォームより参加表明の方は1500円にて。
 電話・メールでお知らせいただいても結構です。
 電話 090-2305-5819(ナガトミ)
 メール yuikenkou48haru@gmail.com

☆紅茶・コーヒー等のお飲み物、手作りお菓子をご用意しています。
会場の関係でお菓子がお持ち帰りになります。
お子様用のお茶菓子の持ち込みは問題ありませんが、
オトナの方、申し訳ありませんがご了承ください。

☆お子様連れ参加オッケーです。
 託児ではありませんが、キッズスペースがあります。

☆現役ママでなくても、ぜひご参加ください(^^)

☆「紅茶の時間」って?水野スウさんって??
1983年から毎週水曜日に自宅をひらいて、
「紅茶の時間」を続けておられます。
語り合い、聞きあい、私たちをとりまく社会の問題についても
学びあっているそうです。
そんな素敵な「紅茶の時間」を、
柏崎に出前していただくことになりました♪

「ほめ言葉のシャワー」はワークショップも含まれます。
子どもたちに贈りたい言葉、ママたちに贈りたい言葉、
パパだってあたたかい言葉で誉められたい!

寒い季節ですが、心はホカワカするはずです。

心にあたたかい灯がともったら、
そのホカホカを分け合ってみませんか。
寒い空の下で飢えて振るえる子どもに、
爆撃に怯える子どもに・・・。
そして、今私たちの国で起きていることを知るために。

大切な子どものいのちを預かり育ているママ達と、
共有したいことがたくさんあります。

「ほめ言葉のシャワー」と「平和」をキーワードに、
つながりましょう(^^)

|

花色木綿さん

花色木綿さんの、とってもすてきなHPができました。
http://hanairomomen0701.wix.com/hanairomomen

おしらせついでに少し先のおしらせも。

「コミュニケーションワークショップ~きもちは、言葉をさがしている」
3月13日 10:00~12:30 @花色木綿さん

花色木綿の智子さんより

「自分の好きな映画や本の話をするように、気軽に政治や憲法の話をできるといいな
いろんな人の立場や経験を尊重しながら、でも、しっかりと自分の考えを相手の心に届くように伝えるにはどうしたらいいのかなー
そんな方法について、水野スウさんにご案内いただきなごら、簡単なゲームやワークを通して一緒に学んでみませんか?」

定員は10名程度 会費500円です
*****お申し込みは、花色木綿さんか、私まで。

|

みらい事務所がopenしま〜す。

Photo みらい事務所がいよいよ20日にオープンします。
その日のトークイベント&マルシェのおしらせもかねて、みらい事務所にて記者会見がありました。
しばたさん、岩淵先生、さなえちゃん、その横に私も。

20日のトークイベント&マルシェからして、
ふつーの選挙事務所びらきとは、なんか、どこか、違いますぞ!
いまからわくわくしています。

そのこと、20日にみなさんにきていただいて、ご自身で感じてほしいなあ!って思っています。
ほんの少しの時間でも、おたちよりくださるとうれしいな。
私も午前中はそこにおります。

しばた未来さんのHPも本日オープンしましたよ。
とてもおしゃれですてきなページ。
  ↓
https://www.shibatamiki.com/

自己紹介や、政治にむける想い、こちらからごらんいただけます。
石川再発見リポートは、これからちょくちょく更新されていく予定です。
いいな、って思ったら、どうぞ、いいね!をしてくださいね。

|

2016年2月16日 (火)

浦スタのポテコさん

130424_with 先日のおやこらぼけんぽうぶっくトーク、浦スタ、こと、浦和スタンディングのお仲間たちが、さそい合って聴きにきてくださってたようで、
浦スタのブログに、めいめいの方がかきこんでくださっていました。

そのおひとりのスーパーポテコさんが、ご自分のブログに、こんなふうに。

***********

水野スウさんは、10年ほど前から、
あなたが言われてうれしい言葉を折り紙に書いてもらうというワークショップをやっていて、
その言葉を集めた「ほめことばのシャワー」という本を作った。

何か大きなこと、偉いことをする(do)をほめるのではなく、
存在すること自体(be)をほめる。

当時、自分が世の中の役に立っていないのではと悩んでいた娘のマイさんは、
自分を好きになれない自分に届く本を作ろうと思い、母を手伝った。
その時、「あなたの存在はほかの誰ともとりかえることができない」というコラムを書いた。

その後、親子で「平和」について語ってほしいという依頼が来て、
頭の丸いスウさんは、ルンルンやる気満々。
四角い頭のマイさんは悩み、平和と言ったらハトか憲法かなと、改めて憲法を読み直した。

そして、13条を発見した。自分が生まれる前からある憲法が、
自分がコラムに書いたことを認め、尊重してくれている!
「生きていていいんだ」と、初めて思えた。

マイさんは、3年前に結婚した夫に、ある時「アべさんてひどいよねー」というと、
夫の返事は「なんで?」

マイさんは、烈火のごとく怒ったが、その言葉の裏には、「感情的にならないで」
「事実を教えてほしい」「自分も理解したい」という意味があることに気付いた。

夫と一緒に出かけたミドルズの新宿フラッシュモブで見た
「アべはアクマ」のようなプラカードに、自分が攻撃されているような気がした。
その後の「ハッピークリスマス」の、まったく攻撃的でない歌詞に、泣いてしまった。

気持ちが固まっていて、よしやるぞ!という人たちが集まる場所は、
デモや大きな集会や勉強会などがある。

でも、まだもやもやしている人、よくわからないけどなんかおかしいと思っている人はたくさんいる。
そういう人たちに向けて、けんぽうBOOKを作りたいと思った。
答えが出なくても、隣の人と話すだけで心が楽になれる場所を作りたいと思った。

「何かしたい」と思った時、「やろう」と言ってくれた人がいた。
やり終えて、12条のハードルが下がった気がした。
いろんな色のグラデーションの人たちが「自分の12条する」で集まれる。
大きなことではないから、「スキマ12条」
語り合う会をもっとやりたい。

お二人の親子漫才の後、13条のうたを歌ってくださり、
(親子の素晴らしいハーモニー!)
10人くらいのグループに分かれて、今日持ち帰りたい言葉を折り紙に書いたりトークしたり。
最後まで皆さん笑顔の、ほっこりする集まりでした。水野さん親子の人柄なのでしょう。
トゲトゲした心がいやされ、本当に幸せな時間でした。

水野スウさんとマイさん、企画してくださった溝井さん、
お手伝いの皆さん、参加した皆さん、本当にありがとうございました。

********ポテコさんの投稿、ここまで。ポテコさん、ありがとう!

|

2016年2月15日 (月)

ことしのピースウォーク金沢

ピースウォーク金沢2016!ことしもすてきなゲストが金沢に!!
あなたも一緒に歩こうよ。語ろうよ。歌おうよ。
*************
 今年のテーマは
  「抱きしめるだけでは守れない
           PEACEにVOTE!」
SEALDs本間信和くん、植田千晶ちゃんが金沢へ!
2016年3月20日(日)
  13:30 いしかわ四高記念公園(旧・中央公園)集合!
      集会スタート
  14:30 ウォークスタート
一緒に歩こう!
  終了後は タテマチや柿木畠のお店で
    うれしいPEACE割を企画中!
✿・・・・・・・・✿
石川県内全域、全国からのご参加、
       お待ちしていま~~す(^o^)丿!
<<ピースウォーク金沢実行委員は個人の思いでボランティアで活動しています。ワンコインカンパ募集中です!>>
☆同時開催!☆
SEALDsうえだちあき写真展
☆3月21日(月・祝)SEALDsトークイベント開催決定!
  「抱きしめるだけでは守れない、
        PEACEにVOTE!」
  13:30~16:00
    創作の森 交流館研修棟1階
   参加費1000円 当日1200円 学生無料 要予約
  ※詳細については後日お知らせします※
https://www.facebook.com/events/1045152198890651/?ref=4&action_history=null&source=4

|

紅茶ミニシネマ「ユキエ」+未来に逢いに+マルシェのおしらせ

Photo_2 2月17日水曜は、紅茶ミニシネマで「ユキエ」上映会。2:00〜 参加費300円@水野宅

先月、「何を怖れる」の上映会紅茶ミニシネマにいらしてくださった松井久子さんの、監督初作品が、この「ユキエ」です。
戦争花嫁として海をわたったユキエが、アルツハイマーになり、この病気のことが今よりまだまだわかっていない時代に、ユキエ自身、そしてアメリカ人の夫、子どもたち、ともに悩み、苦しみながら、お互いを、そしてこの病気を理解しようと、努力する。
スローグッバイ、という言葉を、この映画で初めて知りました。倍賞美津子さんがとても好演してました。

松井監督さんは、13日のおやこらぼけんぽうぶっくトークにも、カメラをもって参加してくださってた。
「憲法の未来」の映画は、これからいよいよ編集の作業にはいるそうです。
12日、私たち親子は、クッキングハウスで古今亭菊千代さんの落語をききましたが、菊千代さんは、映画「憲法の未来」の応援団長さん。
羽織の紋も、9条の9でした!
どうぞみなさんも「憲法の未来」を応援して下さいね〜!!
「ユキエ」を見にきてくださることも、そのひとつだよ。

********

2月19日、みらいに逢いにきませんか、の第4回。
3:30〜5:00 @香林坊教育会館2階和室にて。

まだ柴田さんと直接会ったことのない方、ぜひこの機会にいらしてくださいませ。
柴田さんは、めちゃくちゃ憲法違反の安保法が通ったことへの強いいきどおりを感じて、大きな決心をした弁護士さん。
でもそれだけじゃない。いろんな話、じかにあって、聴き、訊きたいことを尋ね、そして話しましょう。

******

翌20日は、『トークイベント&マルシェ@みらい事務所」が柴田未来さんの事務所であります。
どうぞどなたでも気軽におたちよりくださいな〜〜。私も午前中はそこにいます。
https://www.facebook.com/events/480154442191674/

******

その次の日は、私は柏崎で「ほめ言葉のシャワーと平和」の出前紅茶です。

|

おやこらぼけんぽうぶっくトーク

Photo 13日は、娘と私の、おやこらぼけんぽうぶっくトークを川口で。
FBなどでおしらせしてない、短期間のよびかけ企画でしたが、ぎゅうぎゅうつめの40人越え!

いらしてる方はみなさん、もうけんぽうぶっくをよんで下さってる方たち、とのことだったので、文字通りのぶっくトーク。
去年5月、憲法の本をつくる!と私が宣言してからひと月半おくれで、娘の、本づくりモチベーションノが自分ごとになった話。
本づくりの中の、それぞれの役割や、親子のあたまのつくりの違いなど。

いちおう2人でうちあわせしていったけど、ところどころ言うことわすれちゃったり、ずっこけたり。
その分、みんなにいっぱい笑ってもらい、考えてもらいの、ノンストップ2時間半。

いわゆる、せいじの話って、なぜこうも語りにくいんだろ。
もやもやや違和感を大事にしながら、答えがでないことでも一緒にかんがえていきたい、語り合える場をつくりたい。
そう考える中で、娘がおもいついたのが、「すきま12条」。
覚悟きめたひとたちだけがする、りっぱな、おおきな12条も大事だけど、
そんな12条のすきまをうめるような、ささやかな12条を、自分はしていこう、って。

相手をせめるような、攻撃的な口調やことばでは、本当に伝えたいことは伝わらない、それがどんなに正しいことでも。
政治の話をする時も、わたしを主語に、誠実に、相手につたえていく努力。
(ああ、これはまさに、私がクッキングハウスで学び続けてる、きもちのよいコミュニケーションの基本のことと重なります)
選挙の話はとりわけ、「段差」がおおきいけど、あ、そこ、段差にどうぞおきをつけください、みたいなきもちで語ってくこと、いっそう大事だね。

さてさて、平和を創っていくのに必要な、いくつかの「しょん」って、何でしょう?
私の考えたのは、コミュニケーション+イマジネーション+アクション。
ほかにもきっといっぱいありそう。これからも、考えていきたい。
(「しょん」はつかないけど、もちろん、愛は、必須です!)

13条のうたの親子デュエットのあとは、いらしたみなさんにそれぞれ、今日もちかえりたい言葉か、自分のできるすきま12条をかいていただいて、それをもとにグループトーク。
最後に、各グループのお一人から、みなさんの言葉を発表してもらいました。

「憲法の未来」を今、制作中の松井久子監督さんも取材かねてきてくださってました。
私たち自身、終わるなり、おもしろかった~たのしかった~~!と思わず声にでて。
大爆笑となみだがいっぱいの、親子漫談トークでした。

そのあとは、東京駅で、娘のパートナー、せいちゃんとまちあわせして、3人で食事しながら、この日の報告を。
せいちゃんのマイクとアンプを、キャリーバッグにいれて持っていったのも、ほんと、大助かり!
娘のいろんなアクションを、いつも理解しようとし、そしてうしろから支えてくれてること、ほんとにありがたいなあ、って思ってます。

********

ぶっくトークに参加されていた、浦和スタンディング、通称、浦スタのみなさんが、それぞれに、感想をかきこんでくださっています。
いろんな角度からの感想をよむことで、この日の雰囲気があざやかに思いだされました。
浦スタさん、ありがとうございました。シェアさせていただきます。

http://blog.livedoor.jp/ura_sta/archives/3800277.html#comments

|

2016年2月11日 (木)

戦争のつくりかた、アニメーション。

東京にいくちょっとまえ、
長野県は須坂の竹内さんとお話しました。
3月5日、6日、と、信州のママたちがよんでくださいます。

その予告編をちょぴっと。

そして、この、絵本「戦争のつくりかた」のアニメーションもぜひ!

先日、娘たちが、この絵本の作者さんのうちのお二人をおまねきして、
私たちの、『今を知る」という会を東京でひらいたのでした。

*******

竹内さんより。

是非、みてください。
この中で言っています。
「憲法は政府がやるべき事とやってはいけない事を
私達が決めたおおもとの決まりです」
憲法は私達がやらなければいけない事も決めています。
わかりやすく憲法の事をお話してくださる
石川県に住む水野スウさんをお呼びして、
「けんぽうカフェ」を開きます。
3月5日 (土) 辰野町 富士見町
3月6日 (日) 須坂市
詳しくは、後でお知らせします。
小さいお子さんと一緒に聞けますよ。
私達ができる事を

http://noddin.jp/war/index.html

|

紅茶ミニシネマ「ユキエ」

2月17日水曜は、紅茶ミニシネマで「ユキエ」上映会。2:00〜 参加費300円@水野宅

151122_ 先月、「何を怖れる」の上映会紅茶ミニシネマにいらしてくださった松井久子さんの、監督初作品が、この「ユキエ」です。

戦争花嫁として海をわたったユキエが、アルツハイマーになり、この病気のことが今よりまだまだわかっていない時代に、ユキエ自身、そしてアメリカ人の夫、子どもたち、ともに悩み、苦しみながら、お互いを、そしてこの病気を理解しようと、努力する。
スローグッバイ、という言葉を、この映画で初めて知りました。倍賞美津子さんがとても好演してた。

1997年の作で、私が見たのは15年ほど前だったかと思いますが、そんなにも前に、しかもアメリカで、こういう映画をつくろうと決心した松井さんって、すごいひとだ!

今、「憲法の未来」を制作中の松井さんとお会いしたのは、去年12月。シールズの元山くんの取材で金沢にみえたのでした。

強い意志をもった、パワーのあるすてきな女性、という印象でしたが、その時はこの方が「ユキエ」の監督だったとは知らなかったんです。
こんなにも時を経て、あの映画の監督さんとであえるとはね。しかも憲法を介して。
今日からの上京中に、おやこらぼけんぽうぶっくトークしますが、そこでもお会いします。

紅茶では、「ユキエ」につづいて、3月の紅茶で「折り梅」、4月の紅茶で「レオニー」(イサム・ノグチのお母さんの物語)と、松井作品のミニシネマ紅茶をする予定です。

       ********

なお、私は今日の午後から東京へ。もどるのは13日夜遅くですので、その間はメールでのご連絡ができませんこと、ご了承ください。

|

2016年2月 9日 (火)

ざまみやがれいさんの勉強会

2011214 「どうする?7月の参院選では、野党の票が全部まとまったとしても、自民党の方が有利です」

石川勝手連のFBのトップページに今、出ている言葉。

そう、足し算しても足りない。
この現実を、がつんと受けとめた上で、自分は何をする?できる?誰に話しかけてく?と。

夏に参院選があるって、県民全員、まだ知ってるわけじゃありません。(ほんとだよ)
いちにんく、ということだって、みんなが周知してるとは言えない。(だから、能登の人も加賀の人も、18歳以上、みんな一票ずつ持ってるよ)

いっぽんかの前に、することいっぱい。しらせること、いっぱい。

選挙があることも、今回のはそれががどんなに重たい意味をもつ特別なものなのか、って、まずはしらせないとね。
カメさんみたいけど、一歩一歩、毎日いうぞ==、って思ってる。
まだ、ウサギさんのようには走れない。

憲法をかえる、と、今、大きな声でいってる安倍首相。
憲法は国のかたち、それを変えようといってるんですから、私たちは慎重にその中味を知らなくちゃ。

知らないうちに、国のかたち(私たちが主権者であること、一人ひとり、自由にいきる権利があること、個人として尊重されること、平和に生きる権利があること)がかえられちゃうとしたら?

選挙で、そういうことがきめられていくのです。

*********

石川勝手連のこの勉強会にも、行きます。
2月24日は、紅茶の日なので、おわるなり、小松に向かいます。

*******おしらせここから。

民主主義と立憲主義を守るために 国会の議席配分を変えるべく市民が立ち上がるという歴史的なムーブメントが今、全国で起こっています!

11月24日の金沢メロメロポッチでの勉強会に続き、第2弾全国ツアーを座間宮さんの出身地、小松で開催します。

衆参同日選挙を念頭に、最新の情勢をふまえた選挙勉強会です。全国で立ち上がった勝手連の取り組み例や「成功体験」などを紹介し地方の重要性を伝えつつ、野党の選挙協力に向けての気運を高めていきます。

日本2週目に挑戦する今回は、前回の内容を整理しつつ、新しい内容となります。一度目に足を運ばれた方も是非いらしてください。

笑いあり、目からうろこあり!の楽しい勉強会に致します!
-------------

◆日時◆
2016年2月24日(水) 19:00〜21:00
◆場所◆
称名寺
住所:小松市西町96
https://goo.gl/maps/ERyzjvZ2cfL2
≪交通案内≫
JR小松駅から0.3km

≪近隣有料駐車場のご案内≫
会場には駐車場がございますが、 お体の不自由な方の優先とします。
小松駅西駐車場等、近隣の有料駐車場をご利用ください。

◆参加費◆ 1000円(資料代)
◆お申込み、お問い合わせ◆ FBイベントページ、メールもしくはお電話にて
・ご氏名
・参加人数
・ご連絡先
・所属団体
をご連絡ください。
≪メールアドレス≫ akkyo_0321@yahoo.co.jp
≪電話≫ 090-3766-3187(山崎)

|

2016年2月 8日 (月)

みらい事務所いよいよopen!

131211_ 2月20日、いよいよみらい事務所がオープンします。

この日は、わくわくする企画がいっぱい。ちょこっとでも、ずっとでも、どうぞ気軽に事務所におこしください。

テーマ別の、トークイベントも、マルシェも、ありますよ。

https://www.facebook.com/events/480154442191674/

弁護士という「通訳」のプロ、しばた未来(みき)さん。
石川県のわたしたちの声を政治に届けようと立ち上がっています。

新規開設の、しばた未来さん後援会事務所。

後援会事務所って、
政治家さんや、支援者の方々が集まって、、、、
何してるの???
と、近寄り難く、
疑問に思う場所でもありますよね。

もちろん
何やら政治のお仕事をする事務所でもありますが、
わたしたちが政治に身近にふれる場でもあります。

当日は
トークイベント&マルシェを開催します!

お話を聴きにくるだけでもよし、
お買い物にくるだけでもよし、
気軽に足をお運び下さいませ♫

ーーーーー

<イベント詳細>

日時/2月20日(土)9:40〜16:00 <入場無料>
会場/しばた未来 後援会事務所(金沢市駅西新町1-1-18)
駐車場/事務所向かいの「とりあえず吾平 金沢駅西店」さんの駐車場をご利用ください。

【陣太鼓ライブ】
◎9:40〜10:00

【トークイベント】
◎10:00〜10:30
『暮らしと子育て 安保で何がかわる?』
対談/ママの会@石川 市井早苗さん
◎11:00〜11:30
『食べること&食べ物をつくること 
日本の食と農は、TPPでどうかわる?』
ナビゲーター/小浦むつみさん(コミュニティトレード アル 代表)
◎15:00〜15:30
『女性の生き方と社会、人間らしい暮らし』
対談/セクシャリティカウンセラー、助産師 あねざきしょうこさん

【カフェコーナー】
◎12:00〜15:00
<政治、私に何ができる?>をテーマに
マルシェのおいしいお茶とお弁当を楽しみながら、
いっしょにワイワイおしゃべりしませんか。
夏の参議院選を “ いい選挙・楽しい選挙 ” にするために
わたしにもできることってなにかある?
あるならやってみたい!
と思う方は、どうぞお集まりください。
出入り自由、お気軽にどうぞ!

【ミニマルシェ】
◎10:00〜16:00
・オーガニックcoffee 『旅カフェ』
・カラダに優しいおやつ 『Tree life』
・野菜のみで作ったコイノボリカレー 『コイノボリ食堂』
・お弁当と雑貨 『そらまめくらぶ』
・絵本と石鹸 『宇吉堂』
・フェアトレードおやつ 『アル』
そのほか、無農薬お野菜など

ーーーーー

イベントに合わせまして、
「みらいへのメッセージ」受け付けております♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.facebook.com/events/1029731940418066/

|

19日、柴田未来さんを囲んで

160113_ 2月19日、柴田未来さんを囲んでトーク、のおしらせ。
3:30〜5:00 @香林坊教育会館2階和室にて。
まだ柴田さんと直接会ったことのない方、ぜひこの機会にいらしてくださいませ。
めちゃくちゃ憲法違反の安保法が通ったことへの強いいきどおりを感じて、参院選に立つ決心をした弁護士さん。
でもそれだけじゃない。いろんな話、じかにあって、聴き、訊きたいことを尋ね、そして話しましょう。

どうしてこの日に、なのかというと。
安保法制の可決されたのが9月19日だったことから、毎月19日、石川ではレッドアクションというグループの人たちが、街に立っています。
この日も、1:00〜1:30まで、香林坊アトリオ前で、スタンディグ。(時間、30分早くなりました)
実は、私もレッドアクションに名をつらねさせていただいてるのですが、いつも時間があわず、一緒に立つのはこの日が初めて。
同じく19日には、4:30から四校記念公園の前に、ピーステントも設置されます。
せっかく街にでてきたのだから、レッドアクションとピーステントの間の時間を活かして、
柴田さんとあってみませんか、ということで、この集いを企画した、というわけです。
ご参加、どなたでも。能登の志田弘子さんと一緒に、私もお待ちしています。

参加ご希望のかた、もしお名前おしらせいただけるとなおありがたいです。

|

2月東京へ

121129_ 2月12日、クッキングハウスに、古今亭菊千代さんの落語を聴きにいきます。
菊千代さんは、映画監督の松井久子さんがいま撮ってらっしゃる「憲法の未来」というドキュメンタリーの、応援団長さんみたいな方。
私ははじめてお会いします。クッキングハウスでコンサート、はよくあるけど、落語、ってのは初かな。楽しみ!

クッキングハウスのみなさんと会えるのも、去年7月の、パパラギコンサート(笠木さん作詞の、パパラギの歌の数々)以来。
そうそう、その日、関川村のコンさんと、娘と一緒に、金曜夜の国会前に行ったのでしたっけ。

*****

翌13日は娘とおやこらぼ・けんぽうブックトークを。
去年11月に津幡の紅茶でして、これで2回目。ひろくお知らせせず、個人的にお声かけしたけど、すでに満員御礼の由。
いつもはピン(一人)で語る私ですが、東京に出た時は、こんなこともできるというわけです。
丸い頭と四角い頭の、母娘コラボの本つくり秘話(なんちゃって)。

******

2月14日 小松おやこ劇場さんに、出前紅茶 2:00〜4:00
「ほのぼのコミュニケーションワークショップ〜〜子育て中のお母さん、スウさんとちょっと一息、“ほめ言葉のシャワー”を体験してみませんか?」
@こまつまちづくり交流センター(小寺町乙80−1)参加は無料ですが、託児を希望される方は、お菓子代として、100円。
託児のお申し込みは、おやこ劇場さんまで(0761−21−4601)劇場の会員さんでなくても、どなたでも。

|

紅茶姉妹旅

2月初め、津幡+京都+川越紅茶姉妹の4人で、京都へ一泊旅してきました。
これで3回目となる、紅茶の姉妹旅。話し始めたらとまらないおしゃべり、さながら、きもちとからだのじゃぶじゃぶお洗濯デー。

160201_ かつこさんの案内で、大徳寺の高桐院や東福寺へ。
平日でもあり、高桐院では、しいんとした静寂の緑のお庭を、ゆったり、たっぷり、あじわいました。
十両、百両、千両、万両、の赤い実の違いもわかったよ。

お風呂やさんだったという建物がおしゃれなかふぇになってる西陣の更紗。
そのお隣、紙を大事に大事にリサイクルしてアートなノートにまでしてる、紙もの小物のちいさなお店も。160201__2

160202__2 お泊りしたとこが、あぱーとてる、とよぶ、なんともかんとも不思議なホテル。
お部屋の半分が、おおきなおおきなたった一つのベッド!に占領されてるのです。
6人寝れる、というまっしろい大海原みたいなベッドに、4人で一緒にお泊まりしました!


2日目のランチには、京田辺の順子さん、せっちゃんも合流。
川越のジュンコさん、なみちゃんを見送った後は、ランチしたカフェでそのまま放課後みたいな、即席ミニけんぽうかふぇを。
6月ごろには、きっと順子さんたちのところにもうかがえそうです。

「社会のこと、ふつうに話そう、暮らしのことだもの」という、越前のヒサさんからもらった言葉通り、今の私はどこででも語りたい、って思う。
だって、みんなに知ってほしくてたまんないもの。いま私たちが手にしているけんぽうのこと、今度の選挙がどれだけ大事な機会か、ってこと。
見て見ぬふりしてたら、一体この国はどこへいってしまおうとしてるのか、ってこと、などなどなど。

|

2016年2月 7日 (日)

金森俊朗さんの、「いのちと政治」の授業

金森さんの「いのちと政治」の授業が、2月6日、石川勝手連の主催でありました。

みゆきちゃん、メモだけでどうしてこんなに正確に再現できるんだろ〜〜、アメーイジング!!

奥田あきくん、9条じゃ、一致点をみいだせないから、っていってたね。秘密法だったら、やばくね、って、一致できた、って。
その言葉が印象的でした。
金森さんの、たましいを感じるすばらしいお話だったよ。

私たち一人一人が、どう生きるか。
その生き方を、子どもたちに手渡せるか。

*************

金森先生大好きなママたちが、軒並み子どもや自分の風邪で欠席だったため
金森俊朗先生「いのちと政治」の授業☆第1回いしかわ勝手連学習会☆を、できるだけ、書きました。     文責・小原美由紀 

**********

選挙は、「候補者」に狙われたことがあるのですが(笑)、もうそれはないので、当選を狙える候補者を市民みんなの力で押し上げるため、いしかわ勝手連の顧問を引き受けた。 昨年肺がんを患い二か月入院した。現在もステロイドを飲んでいる。大切な仲間が同じ病気で先日亡くなった。そんな思いもあり、この流れを変えるために一石を投じられたらと思っている。

五日市憲法について、こういった人は、誰でしょう?「日本各地の少なくとも40数か所で作られていたと聞きましたが,近代日本の黎明期に生きた人々の,政治参加への強い意欲や,自国の未来にかけた熱い願いに触れ,深い感銘を覚えた」 スウさんは、わかるな。
スウさん「皇后美智子さま」 そう。
http://www.kunaicho.go.jp/okoto…/…/kaiken/gokaito-h25sk.html

日本国憲法を自民党は押しつけ憲法だと言っているが、ふつうの人たちが勉強をしてつくりあげた憲法草案があった。高知県の植木枝盛も。

SEALDsの長棟はなみさんは、スピーチの中で、こう言っている。
「夏がくるたび、この国は戦争の臭いがして、光り輝く夏は、少し陰りを帯びるような気がしていました。
 私が小さい頃、広島に近い山口県に住んでいたので、なおさらだったのかもしれません。
 8月6日、毎年同じ日、同じ時間に、遠くから聞こえるサイレンをお母さんと一緒に手を合わせて聞きました。そして、『ああ、今年も夏が来たなぁ』と毎年感じていました。
 『火垂るの墓』を姉弟で泣きながら観たり、『はだしのゲン』を夢に出るほど読んだり、学校では、毎年戦争の授業があって、戦争の話を聞きました。」
「嫌がりながら日本国憲法を覚えたり、9条のプリントだけなぜか配られたり。戦争は理不尽なもの、あってはならないもの。」
「この国は日本国憲法、特に憲法9条と、それによる平和を誇り、しっかりと教育してきたと私は思っています。
 私が受けた教育は間違っていなかった。今ここで、声を上げる私を作りました。
 私はそんな国と学校を誇りに思っているし、これからもそうありたい。70年間、戦争をしなかった。他の国の人に対し、直接銃口を向けなかった。ひとりも殺さなかったという事実が、この国を守っている。そのことを誇りに思うべきです。」大学三年生です。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/258004

こういうふうに語れる私を育ててきた教育が、この国を守っている、と彼女は言いきっている。
今の自民党政治安倍政権は、この国そのものを崩壊させようとしている。

政治家の使命は、教師と同じ。「聴くこと」。長く誠実に働いてきた人の声を聴けるか。弱者の声を聴くことができるか。

テレビの座談会に出席した時にこう発言した。 若者に「夢を持て!」というけれど、このテーブルも、マイクも、すべて、名もなき人がつくった。コツコツと誠実に生きてきた人たちを軽んずる雰囲気がこの国にあるのでは。そういう人たちの声を聴くのが政治家ではないか。

なにが国をつくり、なにが国を守っているのか。

江戸でしいたげられた人たちが明治に入り、熱っぽく説いたものが、日本国憲法となるまでに、多くの血が流され、多くの犠牲のもとに、できた憲法。

聴いていなかったがチラシをみたら「授業」と書いてあるので、ちょっとは授業らしく。憲法第97条を読む。 

・・・・・・・・・・・・・・
第九十七条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
・・・・・・・・・・・・・・

「信託した」信頼し、託されたもの…後の人たちに託さなければ。私たちはリレーのある位置を占めるものにすぎない。
預かりものであり、借りものである。

安政の時代、(金沢の)東山で 2000人が山に登って、城に向かって「ひもじいわいやー」「米くれまいやー」と、シュプレヒコールですよね。(泣き一揆)平和的闘争でしたが、つるぎから全土へと広がるきっかけになった。
<参考>http://article9.jp/wordpress/?p=5823

そのため、一揆の首謀者の7人が処刑。「七稲地蔵」として残っている。
師と仰ぐかつおきんや先生の「安政五年七月十一日」を(小学校教諭時代)小学校6年生と読みあった。

「このような人たちは、今もいるのだろうか?」6年生はどう答えたか。
この子たちの夏の朗読劇を演じる人たち、実行委員会の人たち、広島長崎の被爆者の人たち、その苦しみのわかる人たち、戦争を生き抜いてきた人たち・・
子どもたちは、歴史上に生きてきた人たちが、脈々と今、生きていることに気づいていた。

安倍政権を構成する人たちは、憲法がこのように誕生してきたものととらえきれていない。

「積極的平和主義」という言葉を多用した。「消極的平和主義」とは、今ある戦争をなくすこと。ほんとうの意味の「積極的平和主義」とは、貧困、差別、戦争につながるものをやめていくこと。
安倍さんが「平和のために貢献」といった意味の英語をアメリカの議会でスピーチ。一国の首相が、なんら国民的合意もなく国会でも話さず、総意として話してくるというのはどう考えてもおかしい。

世界での日本国憲法の価値・・・武器を持たないで平和をつくっていく。
その価値を我々自身が知らされていない、知っていない。子どもたちに伝えてこなかった、ということが問題。子どもたちを裏切り続けている。

第一次安倍政権は、「日本の子どもたちは凶悪化している」と言って教育基本法を変えた。自殺者者は、三万人台から二万人台になったが、でかでかと報道されるのは「いじめられ自死」のみ。 事実、正確さを欠いた報道がはびこる。教員は圧倒的にそれを信じている。学校目標で多いのは「思いやりを持とう」。

平和をつくる力とはなんなのか? 中村哲さん・・アフガンに緑豊かな大地を、と医者が井戸を掘る。ペシャワール会、日本のカンパだけでやっている。膨大な水路をつくってきた。日の丸をつけていれば、誰からも狙われなかったが、最近はつけている方がこわいと。
イスラム国をつくったのは武力による憎しみの連鎖。「やられたらやりかえせ」の雰囲気。子どもたちですら大人たちが信じられない現実。

生き方として、我々が平和をつくっていく。市民たちに「日本の平和をつくる力」がある。私たちは、平和をつくってきたんだ、ということに自信を持とう。平和をつくってきた人は限りなくあるはず。それを、こどもたちに手渡すこと。

きょうもそうでしょう?動員によってじゃなく、自主的に納得する人たちが集まっている。

奥田愛基くんと話した時(2015年3月)、どうして憲法九条じゃなく、秘密保護法に反対したのか、と聞いた。彼らの感覚で、「秘密にされる」ということがヤバい、と思ったと。
市民がひとりひとりの人間として参加する・・・彼らは大きな流れをつくった。
この一年間、頑張ってきたものを、政治の力にできないか。

あてにしたいのは幼子を持つ親たち。そしてかわいい孫を持つじじばばたち。みんなで会を立ち上げられないか。いまできることは 市民連合を大きくすること。プラス、勝手連の野党共闘。
現時点で、民主はまだ統一できない。でも、政党はそれぞれの思惑があって難しい。
「子どもたちだけには、平和を手渡したい」、という大きなひとつの願いのもとに。

憲法と同い年の私は、「一生、銃を持たない」という人生を全うできそうです。本当の意味で殺したい、という思いをかうことはなかった。
でも、安倍総理は「憲法九条を変える」ともうはっきり言っている! 
このままでは死んでも死にきれん。だが、いのちの制限はある。 後悔しないように、石川でも統一が可能になれば、と思う。

難しいが、石川には 内灘闘争や、珠洲の原発を呼びこまなかったという政治的遺産もある。 「こどもたちのために」「だれのこどももころさせない」を、最大のスローガンにしながら、頑張りましょう。

※メモだけをもとにしているので、間違いがあれば教えてください※

************

石川勝手連さんの、動画アーカイブはこちら。勝手連さん、素晴らしい企画をありがとう! http://ishikawa-katteren.com/2016/02/kanamori/

|

2016年2月 5日 (金)

2月の出前のおしらせ

160203_ これは、雪のまだ残る庭に、この春はじめて咲いたリュウキンカ。いつもより早すぎる!

*****

2月14日 小松おやこ劇場さんに、出前紅茶 2:00〜4:00
「ほのぼのコミュニケーションワークショップ〜〜子育て中のお母さん、スウさんとちょっと一息、“ほめ言葉のシャワー”を体験してみませんか?」
@こまつまちづくり交流センター(小寺町乙80−1)参加は無料ですが、託児を希望される方は、お菓子代として、100円。
託児のお申し込みは、おやこ劇場さんまで(0761−21−4601)劇場の会員さんでなくても、どなたでも。

********

2月21日(日)柏崎へ出前紅茶。1:30~4:30
「〜子どもたち、ママたちへ贈る~ほめ言葉のシャワーと平和。」
シーユース雷音(柏崎市西港町12-11)にて
参加費:事前予約1500円(当日1800円)問い合せ申し込み:ながとみさん(09023055819)
主催:平和でつながるママたちの会

去年10月にうかがった新潟県関川村での紅茶に、柏崎から参加してくれていたながとみさんが、お仲間のママたちに声をかけて、この会を企画してくれました。
平和でつながるママたち、っていうグループ名もすてきですね。
この日の時間枠はたっぷり、ゆっくりと柏崎紅茶の時間を、私も楽しむつもりでまいります。

**************

12月にうかがった豊橋へ、ふたたびの出前紅茶。今回は、紅茶仲間の安宅路子さんが27年前につくった「ちきゅう」キルトと一緒の出前旅です。

2月25日(木)1:00〜3:00
子育て講座「ほめ言葉のシャワーde子育て」
@旧生活家庭館 集会室  (豊橋鉄道渥美線南栄駅徒歩5分)
子育て中の人、支える人、子育て支援センターの方達に向けての話。ほめ言葉のシャワーのワークショップつき。
  主催:NPO法人「NPOまんま」/会費500円

2月25日(木)7:00〜9:00
 「12条すること=投票」de 平和をくつる。
@オレンジプラザ2階会議室(豊橋駅より徒歩7分)豊橋市松葉町2-63
  主催:まどか文庫/会費500円

2月26日(金)10:00〜12:00
キルト「ちきゅう」をともに、スウさんが語る〜チェルノブイリ・3・11、そして今。〜
@穂の国とよはし芸術劇場プラット2F(豊橋駅線路沿い。徒歩3分)
  主催:とよはし「市民て~ぶる」会議 会費500円
お問い合わせは渡辺さんまで。(090ー8545ー8900)

********

2月27日(土)1:30〜3:30
「スウさんのやさしい憲法の話」集まろう 語ろう 自分の思い
@越前市福祉健康センター 多目的ホール
〒915-0071 越前市府中1丁目11-2(アルプラザ平和堂4F )
4Fの駐車場をご利用ください(無料)
参加費:500円(高校生まで無料)託児無料!
問合せ先:(0778)42-1396 (五十嵐さん) 
(お申込みなしでもご参加いただけます。託児ご希望の方はご予約ください)

とてもやわらかい色調のちらしは、越前のだいすきなともだち、ヒサさんが描いてくれました。そのちらしに、ヒサさんが「社会のこと ふつうに話そう 暮らしのことだもの」と手書き文字で描いてくれたのもうれしいな。
この会の実行委員会には、武生をはじめ、いくつかの地域の9条の会も、原子力防災を考える越前市民の会も、そしてママの会@福井も、はいっています。

どこかの出前先でおあいできたら、うれしいです。

|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »