« 金森俊朗さんの、「いのちと政治」の授業 | トップページ | 2月東京へ »

2016年2月 8日 (月)

紅茶姉妹旅

2月初め、津幡+京都+川越紅茶姉妹の4人で、京都へ一泊旅してきました。
これで3回目となる、紅茶の姉妹旅。話し始めたらとまらないおしゃべり、さながら、きもちとからだのじゃぶじゃぶお洗濯デー。

160201_ かつこさんの案内で、大徳寺の高桐院や東福寺へ。
平日でもあり、高桐院では、しいんとした静寂の緑のお庭を、ゆったり、たっぷり、あじわいました。
十両、百両、千両、万両、の赤い実の違いもわかったよ。

お風呂やさんだったという建物がおしゃれなかふぇになってる西陣の更紗。
そのお隣、紙を大事に大事にリサイクルしてアートなノートにまでしてる、紙もの小物のちいさなお店も。160201__2

160202__2 お泊りしたとこが、あぱーとてる、とよぶ、なんともかんとも不思議なホテル。
お部屋の半分が、おおきなおおきなたった一つのベッド!に占領されてるのです。
6人寝れる、というまっしろい大海原みたいなベッドに、4人で一緒にお泊まりしました!


2日目のランチには、京田辺の順子さん、せっちゃんも合流。
川越のジュンコさん、なみちゃんを見送った後は、ランチしたカフェでそのまま放課後みたいな、即席ミニけんぽうかふぇを。
6月ごろには、きっと順子さんたちのところにもうかがえそうです。

「社会のこと、ふつうに話そう、暮らしのことだもの」という、越前のヒサさんからもらった言葉通り、今の私はどこででも語りたい、って思う。
だって、みんなに知ってほしくてたまんないもの。いま私たちが手にしているけんぽうのこと、今度の選挙がどれだけ大事な機会か、ってこと。
見て見ぬふりしてたら、一体この国はどこへいってしまおうとしてるのか、ってこと、などなどなど。

|

« 金森俊朗さんの、「いのちと政治」の授業 | トップページ | 2月東京へ »