« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月28日 (月)

明日、急遽、スタンディング

明日、3月29日は、安保法制施行の日。
国会前では今日も、反対の声をあげてるひとたちが集まってる。

金沢でも、急遽、明日、スタンディングしよう、となったもよう。
国会前を感じながら、こんなふうに臨機応変、行動するって、ほんとに大事なこと。

私も駆けつけたいきもち、マウンテンマウンテンなんだけど、
信州に行く前に風邪っけだったのが、すっきりせず、
(ので、ちいろばさんでは、♪13条のうたが歌えなかったの)
明日は大事をとって、家にいます。
行ける方、ぜひぜひ!

https://www.facebook.com/events/101989646869804/

「私は安保法制の施行に反対します」
#本当に止める

<あす、3月29日が安保法制施行の日です>

      ♪拡散希望♪

★急きょ、抗議のスタンディングをすることにしました!☆

29日(火)13時 武蔵が辻交差点付近

国会前抗議につらなって、金沢でも意志表示しましょう。

私たち、まだ忘れてません!
丁寧に説明してもらってません!
私はNOです!と

いろんな思いを意思表示するために、

一部団体の方もいらっしゃるかもしれませんが
個人参加で結構です!

あくまで自分で、孤独に思考し判断して行動しましょう。

どなたでも、ご一緒しましょう。
よろしくおねがいします!

********もひとつのお知らせもあわせて。

そのあと、ピースウォーク金沢最終実行委員会(昼の部)をおこないます!

実行委員会のあと、メロポチさんでの上田千晶ちゃんの写真の搬出をしますので、ご協力ください。

ピースウォーク金沢2016 最終実行委員会
3月29日(火)13:45~
メロメロポッチ!
  今年のピースウォークの反省
  会計
  写真搬出

|

対人援助学マガジン最新号

団士朗さんが編集長をされている「対人援助学マガジン」が、3ヶ月ごとの更新。最新の24号がウェブにアップされました。
私もずっとここに、「きもちは、言葉をさがしてる~「紅茶の時間」とその周辺」と題して、私の今、を書かせていただいています。
私にとっては、私の今を記録する、とても貴重な場所だと思っています。

どの方の連載のバックナンバーも、さかのぼって読むことができます。
それぞれの興味あるテーマをさがして読み続けていただけたら、参考にできることがこのマガジンの中にいっぱいつまっていると思います。

http://humanservices.jp/magazine/index.html

団編集長の巻頭言。いつも、今、をみすえる言葉でつらぬかれている。
今号でも、こんなふうに。

「結局のところ、あなたは何をするのか?はいつの時代にも問われている。私達は多くの場合、今自分のしていることは何となく分かっているが、十年後にそれがどのような意味を持つのか、持たないのか等まるで知らない。
だから今自分のしていることが、ある意味ですべてである。今できない者はずっとしないのだろう。なぜなら時間はいつも、今の連続だからである。「明日から始める」と言う人の明日は永遠に明日である。
今日、今、何をするか、何をしているのかが問われているのだと覚悟すれば、世界は分かりやすい。予言や占いにかまけているヒマなどない。寿命の有限は誰に解説されるまでもない。今日、今が晩年であったことを知るのは、死んでからのことだ。」

|

八千穂のちいろばさん

信州は上田の、無言館。前々から行きたいとねがっていた場所。しずかな祈りの館。
画家をめざした画学生さんたちの、自画像や、愛する人や家族を描いた作品がほの暗いあかりのなかで浮かび上がってくる。

どんなにどんなに描きつづけたかったか、愛するひとと、どんなにどんなに一緒にいたかったか。
そういった個人の願いが、すこしも大切にされなかった、戦争の時代。遠い昔のことって、ちっとも思えなかった。

上田駅からすぐの、小宮山量平さんの編集室では、本に囲まれたお部屋で、石川文洋さんのお話を、たくさんの写真をみながら聞かせていただく。

そのあと、6月によんでいただくことになっている上田の安井さんとはじめてお会いしました。
信州とのご縁がまた、ひろがっていきそうです。

********

上田から車で一時間ほどの八千穂に向かう。翌日おはなしにいく、森のようちえん、ちいろばの園長さんと駅でまちあわせ。

160326_ 八千穂には、25年も前、八千穂夏季大学というのに原発のおはなしでよんでいただいたことがある。
駅のホームにちいさな水車があったのをおぼえてたけど、それがなんと、今もあったよ!

園長さんの先導で、どんどん山をのぼって、織座農園さんのおうちに到着。
織座農園の野菜をたべてくれる人たちが、農業体験などをしに大勢できても泊まれるように、と典子さんが考えての、大きなおうち。
これまでの20数年、消費者さんや、農業の研修生さんや、実にいろんな人たちがここに来て、おとまりしていったんだろうなあ。
クッキングハウスの人たちも織座さんにお泊まりしたこと、何度もあるんだものね。

薪ストーブの燃えるお部屋の一角には、私の本たちといっしょに、クッキングハウスの本たちも寄り添ってならんでいた。160326__2
4半世紀前に、「まわれ、かざぐるま」の本で私を知ってくれた典子さんが、いのみら通信の読者さんになり、通信に何度もでてくるクッキングハウスを知り、
今では定期的にクッキングハウスに織座の野菜を配達している。

10年以上も前、典子さんは私のけんぽうおはなし会に、若い人たちを連れて聴きにきてくれた。
今回も、そんな若い人たちにきいてほしくて、ちいろばさんでのおはなし会を、典子さんが企画してくださったのです。

織座さんで農業研修をした若い子たちが、つぎつぎと結婚して、子どもがうまれ、その子どもたちが通うようちえんがあったらいいなあ、
という典子さんの願いと、八千穂で幼稚園をひらきたい、という若い園長さんの願いとがかさなって、
森のようちえん、ちいろばが、廃校になった小学校を園舎にして、数年前にスタートしたのでした。

160327_ 27日のおはなし会は、そのちいろばさんが会場。
大人の参加者20名よりも、元気なこどもたちの数の方が多い、というにぎやかであったかい会場。
その場の空気そのものが、平和を、しあわせを、かんじさせてくれるものでした。
ちいろばさんの壁には、ちきゅうのキルトもかざられました。
ストーブの脇に貼られた歌の歌詞は「あなたが夜明けをつげる子どもたち」、ああ、笠木さんの歌、ここでも歌われているんだね、、、160327__2

おはなし会のあとのもちよりお昼ごはん会。
ちいろばの子どもたちが、いただきます、のあいさつををしてくれたよ。

♪どうしておなかがへるのかな。けんかをするとへるのかな。
せなかとおなかがひっつくぞ。
おとうさんおかあさん、それからしぜんさんに感謝して、いただきます!

|

2016年3月26日 (土)

信州へ

昨日の報ステ報告を、いろんな方がシェアしてくださって、うれしい。
信州のあやさんはすかさず、父がうつってたテレビ画面を写真にとって、送ってくれました。

さて、あす、あさってと信州です。(あ、もう今日だ)

明日は上田の無言館と、石川文洋さんのお話ききに小宮山量平さんのエディターズルームへ。

あさっては、八千穂村の織座農園からすぐの、森のようちえん、ちいろばさんへ。
とっても寒いらしいので、湯たんぽ持って来て〜〜と、織座さんより忠告ありました!

|

2016年3月25日 (金)

報ステ 半世紀前の「緊急事態条項」特集

Ca08w71z 古館さんの報道ステーション、できるかぎりみています。
彼の出番は3月いっぱい。ここんとこの特集はすごい迫力です。
昨夜もみました。

2月末にも、半世紀前の岸内閣の憲法調査会の特集をしてました。
そもそもが9条をかえることを目的としてつくられた調査会で、改憲を声高にいう議員や見識者が続出。
その肉声テープを鈴木さんという方が発掘して、今回、私たちがそのなまなましい声を聴くことができるようになった、という特集でした。

その肉声テープの声が昨日もテレビからながれたけど、今回のテーマは、『緊急事態』条項。
緊急事態条項を憲法にかきこむべし、という意見が、岸内閣の調査会内でも、大きな声で論じられていたということ、
昨日の報ステではじめてしりました。

戦争や災害の時のみならず、内乱や暴動の時にも、国民の権利を制限することができる、という明治憲法14条の緊急事態。
明治憲法には、「天皇は、戒厳を宣言す」とあります。
たとえば国内の治安が乱れて、軍のちからでないとおさまらない時などにもその緊急事態宣言を出せる。
昭和30年代の岸内閣憲法調査会委員の多くが、それを現在の日本国憲法にもかきいれるべきだ、と主張したのです。

数少ない護憲派の、もと最高裁判事の、真野たけしさんが
「ヒットラーの例をみてもわかるように、権力を担うものが、この先どういう種類の人間がでてくるかわからないだろう」と反対意見をのべていました。
こんな条項を憲法に一度書き込んだら、時の権力者がどのように恣意的にこの条項をつかって、国民の権利をうばうか、誰にも保障できない、ということです。

この特集をくんだのはもちろん、
与党がこの夏の選挙に勝てば、今の憲法にはない98条99条の「緊急事態」条項の改憲発議をする、と安倍さんが近ごろ盛んにいっていることに呼応してのもの。

目をこらして、白黒画像をみてました。護憲派の蝋山さんが意見をのべる、その隣りに、父の姿を発見!
ほんの一瞬だったけど確かに見つけたよ。

池田内閣の時代まで続いた調査会としては、改憲の意見がダントツ多かったけども、憲法は変えられなかった。「緊急事態」の条項も、もりこまれなかった。
それは、先の大戦の傷が、あまりに深かったから。
国民の多くが、戦後の日本国憲法を支持していたから。
少数派の父が、9条をかえる必要はない、という意見をのべた根拠のひとつが、やはり、この圧倒的な世論の支持でした。
そういう父だったから、おそらく緊急事態をいれることにも反対していたと思います。

*********

報ステのこの日のコメンテーター、木村草太さん。
安倍さんが今、憲法に盛り込もうとしている緊急事態条項。
どんな時にそれが必要かの理由として、外部から攻撃を受けたとき、大災害、そして内乱等、があげられているけど、
木村さんは、「この”等”が曲者です、”等”の中に、いろんなものをいれることができてしまう。デモであったり、ストライキもはいるかもしれない」と。
それは、支配者がすべての権利をにぎる、個人の人権が制限されるということだ、とその危険性ものべていました。

木村さんは「暴動は、政府が民衆の声と向き合わない時に、反対意見に耳を貸さない時に、おこる。←(これって、まさに今の政権の姿勢だ!)
国民の側に、めんどくささをうけいれる覚悟がいる。国民が、政府に何でもきめてもらおうとする、政府にたのんでしまう、そうなった時、それこそ思考停止におちいる」と。

ひとが、ひとらしく生きる社会のためには、そのめんどうくささを引き受ける覚悟が、たしかに要るのだ、と私も思います。
私たちが今、かろうじて手にしている自由と権利は、私たちが、普段からの不断の努力の12条をし続けることでしか、守れない。

それって、本当にめんどうくさいよね。めっちゃ手間ひまかかるよね。選挙で一票投じて、はい、それで終わり、じゃないものね。
でも、私はそのめんどくさいこと、してこうと思う。私がオカシイと思うことにオカシイ!と声あげられる自由を、これからもそうできる未来を、誰にもうばわれたくないから。

|

2016年3月24日 (木)

ママの会、リニューアル

「ママの会」リニューアルしました!

**********

夏の参議院選挙まで、100日をきりました。

衆参同時選挙などと騒がれているこの時期に、
ママの会はあらためて原点に戻り、

「私たちは何をしたいのか?!」
「目標を明確にしたい!」「これからの活動の方向性をはっきりと示したい」
と考えました

結論から先にお伝えすると

今後ママの会@石川は、リニューアルします!

安保関連法をきっかけとして昨年の夏から様々な活動をする中で、
今、私たちが直面している社会問題の多さに愕然とする日々。

そして、この石川でもっとも深刻なのは「投票率の低さ」と
次の選挙でわたしたち一人一人が何を問われているのか?
多くの方にそれが周知されていないことだと痛感しました。

ここ石川でも確かに小さな変化は起きています。
けれどもそれはまだまだほんの一部に過ぎません。

「大人たちが18歳から選挙に参加しろって勝手に決めたけど、
私たちは政治の勉強も選挙の勉強もしていない。それなのに投票だけしろって酷いと思う」

ある高校生が訴えていました。その通りだと思いました。

「せいじ」と「せいかつ」は密着しているよ!」

「私たちは一人一人たいせつな存在。私たちの1票は、「義務」じゃなくて「権利」なんだよ!」

ということを、

新たに選挙に加わる子ども達、
そして選挙に関心のない大人たちに

選挙自体が「つまらなく、難しい。だから関心が持てない」ではなく、

「楽しい!ワクワク!だからもっと知りたい、参加したい!」

という流れになるように、いろいろなイベントを展開していきたいと思っています。

これまで新しいワクワクを打ち出すべく「ママの会有志」として
関わってきた柴田未来さんの応援についても、
柴田さんの政治団体「一人ひとりを大切にする明日をつくる会いしかわ」が発足することもあり、

これからは「ママの会@石川」と切り離し、
応援をしていきたいメンバーは個人的にその政治団体の中で動くことになりました。

「ママの会@石川」は、等身大で出来ることをモットーに、今最優先でやらなければならないことを積極的に行っていきます。

みなさま、どうぞ宜しくお願い致します。

|

本間くん、金沢弁護士会で。

20日のピースウォークに先立って、本間くんが金沢弁護士会で講演しました。

等身大のふだんの言葉で、語ってくれた。

思ってること、かんがえてきたこと、まなんできたこと。吟味して、言葉にしてるから、ひとことひとことが、伝わって来る。

*********

「権力の暴走は危ない」 シールズの本間さん、金沢で講演/石川
毎日新聞2016年3月22日 

http://mainichi.jp/articles/20160322/ddl/k17/040/156000c

安全保障関連法をテーマにしたシンポジウム「安保法制廃止に向けて −いま私たちにできること」が20日、金沢市丸の内の金沢弁護士会館で開かれた。同法に反対する学生団体「SEALDs」(シールズ)の中心メンバーで、筑波大3年の本間信和さん(21)が講演。これまで展開してきた抗議活動について、「一言で言えば権力と闘っている」と述べ、市民主体の運動の意義を訴えた。

 勉強会は金沢弁護士会が主催し、約100人が参加した。

 本間さんは「権力は本質的に、長続きすると自己拡大が目的になり、どこまでも暴走する」と指摘。「そのことに自覚的でない人に(権力を)持たせると危ない」と語った。

 29日の施行が予定される安保法の是非が夏の参院選の争点の一つになりそうだが、「その時々の結果で全てが変わるわけではない。(廃止に向け)長期的にやっていかないといけない」とし、選挙後も見据えた継続的な取り組みの必要性を強調した。【金志尚】

|

2016年3月21日 (月)

今日、トークイベント@湯涌創作の森

3月20日 北陸中日新聞一面トップに本間信和くんのインタビュー記事が掲載されました!
今日2時からの本間くん、千晶ちゃん、若者たちのトークイベント@湯涌創作の森森。2時から。当日券あります!

*************

自衛隊員の戦死が 当たり前の社会 絶対おかしい (北陸中日新聞一面)
http://www.chunichi.co.jp/…/ar…/news/CK2016032002100012.html
シールズ・本間さんの決意

 安全保障関連法に反対する学生グループ「SEALDs(シールズ)」の中心メンバーの一人、本間信和さん(21)=筑波大三年=が法の成立から半年を迎えた十九日、金沢市内で本紙の取材に応じ「安保法は僕たちの意見を無視した政治の反映だ。絶対に廃止する」と強調した。(蓮野亜耶)
 「世界情勢を見れば必要最低限の犠牲も仕方がないという意見もあるが、自衛隊員が戦死することが当たり前という社会は絶対におかしい」。安保法が二十九日に施行されると、駆け付け警護により自衛隊が戦闘に突入する危険が高まることを問題視。自衛隊が、国連平和維持活動(PKO)に当たっているアフリカ・南スーダンに派遣されれば、自衛隊員の戦死が現実味を帯びることを懸念する。
 「あきらめてしまえば、民主主義は崩壊する。廃止されるまで声を上げ続ける」。今後は、南スーダンに派遣される自衛隊員がどんな危険にさらされるのかを具体的に伝え、安保法廃止の世論をつくる意向。
 金沢市内では地域の活性化を目指す学生団体が数多く活動しているが、政治を語り合う団体がないことも指摘。本間さんは「まちづくりは政治とは切っても切れない。まちづくりを入り口に、若い人たちが政治を語れる土壌をつくってほしい」と期待した。
 本間さんは昨年五月から国会前で抗議デモに参加し、各地でも講演を通して、若い世代を中心に法の廃止を呼び掛けている。催されたデモに加わるため金沢入りした。

|

2016年3月19日 (土)

きのうの報ステ ワイマール憲法の特集

昨日の報ステ、渾身の、ワイマール憲法の特集でした、国家緊急令と全権委任法。

あんまりにも自民党草案の「緊急事態条項」と文言がにていて、そしてアベさんの言葉があんまりにもヒットラーににていて、ぞ〜〜としました。

強いドイツをとりもどす、この道しかない、平和と安全のために、
って、ヒットラーはいったんだ。

ああ、、、
草案の緊急事態条項の危険性にみながきづくまえに選挙に突入か、
と思ったら、いても立ってもいられないようなきもちになる。

それでできるかぎり、けんぽうのおはなしの出前にでかけています。
そうせずにはいられないきもち。
しないのは、あとから私が悔やむことだから。

********

きのうの報ステは、録画しました。

http://tr.twipple.jp/h/13/23/緊急事態条項x報ステ.html
こちらは、ツイッターのまとめです。これみるだけでもとてもよくわかる。

|

2016年3月18日 (金)

ピースウォーク金沢2016

20日は、これで15回目となるピースウォーク金沢2016の日。
ことしは、シールズの若者、本間くんと千晶ちゃんの2人も参加!一緒にコールして、一緒に歩きます。
その翌日、21日には、湯涌創作の森にて、シールズの2人と金沢の若者2人も参加しての、トークイベントがあります。
どちらにでも、もちろん、お時間がゆるせばその両方ともに、ぜひぜひご参加くださいませ。
私も一緒にあるきます、聴きます。

20日のピースウォークは午後1:30 四校記念公園集合、集会をして2:30~歩き始めます。
終点は、タテマチ広場。参加されてピース割りマップをうけとると、タテマチや柿木畠の協賛店で、お茶やお買い物すると割引してくれます。

160316_peacevote 私はこんなプラカードをもって歩きます。
平和って、抱きしめてるだけじゃ、胸ん中で思ってるだけじゃ、守れないからね。
「PEACE に VOTE!」平和に一票、投票するぞ!って意志をこめたプラカードです。投票は、私の、大きな12条する、です。

21日の若者たちのトークイベントに参加ご希望のかたは、どうぞ私までご連絡くださいませ。
ご予約の方は、1000円、当日の参加費は1200円となります。

*******

先日の実行委員会に取材に見えた毎日新聞さんが、こんなふうに書いて下さいました。ありがとうございます!
   ↓

ピースウォーク
平和願い、一緒に歩こう シールズの2人招く「一歩踏み出せる場に」 20日、金沢で /石川

平和を願い街中を行進する「ピースウオーク」が20日、金沢市内で開かれる。
2001年の米同時多発テロをきっかけに始まり、毎年、市民有志が続けてきた。
昨年9月に集団的自衛権の行使容認を柱にした安全保障関連法が成立し、「戦争に巻き込まれる」不安が高まる中、主催する実行委員会は多くの参加を呼びかけている。【金志尚】

 ピースウオークは当初は数人のメンバーで始まったが、近年は200人ほどが集まり、平和への思いを訴えている。
今年は安保法に反対する学生団体「SEALDs」(シールズ)の中心メンバーとして活動する本間信和さん(21)=筑波大3年、植田千晶さん(20)=日本大2年=の2人も招き、一緒に行進する。

 当日は午後2時半にいしかわ四高記念公園(金沢市広坂2)をスタート。音楽を鳴らしながらシュプレヒコールを上げる「サウンドパレード」形式で、周辺市街地を約1時間歩く。

 01年からウオークの参加を続ける実行委の小原美由紀さんは「おかしいことは『おかしい』と言えるように、一歩踏み出せる場にしたい。見に来るだけでもいいので、こういう場があることを多くの人に知ってほしい」と呼びかける。

 関連イベントとして21日午後2時から金沢湯涌創作の森(同市北袋町)で本間さん、植田さんによるトーク会がある。

 また、芸術学部写真学科の植田さんが国会前のデモの様子などを撮影した写真の展示会が、20日から27日まで近江町市場内の喫茶店「メロメロポッチ」(同市下近江町)、23日から4月3日まで県女性センター(同市三社町)でそれぞれ開かれる。

|

2016年3月17日 (木)

教文館さんのナルニア国に。

銀座の教文館さん、ありがたいことに、けんぽうぶっくをおいて下さってます。
本のご紹介が、また、とてもうれしい。
http://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/weblog/db321da7

******↓******

ナルニア国ではこれまでにもいろいろと憲法に関する本をご紹介してきました。どの本もみなよい本ですが、憲法の専門家(学者や弁護士)の書いた本は、どうも難しそうで手が出ない・・・という方もいらしたかもしれません。そんな方にもぜひオススメしたいのがこの本『わたしとあなたのけんぽうBOOK』です。

著者の水野スウさんは金沢のご自宅で30年以上、お母さんと子どもが集う“紅茶の時間”という場を設けていらっしゃいます。その中で憲法についても学びあってこられたのだとか。この本の中では、去年の夏に起こったいろいろなことを含め、私たちがあの出来事をどうとらえ、これからどうしたらいいのか、もう一度足元を見直すためのヒントがいっぱい詰まっています。

日本国憲法と言えば皆さんすぐに9条を思い浮かべると思いますが、私たちの生活にとって9条ってちょっと遠くないですか?戦争放棄も平和も大事だけど、そんな大きなことばかり考えて日々を送っている人は少ないかも。でも憲法の中には、もっと私たちの生活に密着した大事なことが書かれているんです。この本の第2章「憲法13条 あなたはほかの誰ともとりかえがきかない」、ここだけでもまず読んでみてください!「私たちって憲法に守られていたんだ」ということが、心にすとんと落ちるに違いありません。

********

このひとつ前の記事ものぞいてみてくださいませ。
3月20日と21日にイベントをする、しるしる憲法のキャラクターの、すてきなオオカミくんの紹介がのっています。
21日のしるしる憲法では、雨宮処凛さんと娘がお話しすることに。

|

2016年3月16日 (水)

「折り梅」@紅茶シネマ

Photo 今日の紅茶ミニシネマ「折り梅」、6人でみました。

吉行和子さん、原田美枝子さん、このふたりがいい〜〜〜!!あ、加藤ときこさんも、リリーも。
そして、やっぱりここでも、人をかえることはできない、自分がかわると相手も、まわりも、かわっていく
という、コミュニケーション、関係性の基本が、きちんと描かれていました。

いくつもの場面で、亡き姉を思いだすところがあり、
一緒のふとんで寝るとこや、ちいさな子どものころの話をするとこや、
何度も胸がじんとしました。

14年前の映画なので、まだ、この時代には、認知症、という言葉がつかわれていなかったのだ、ということもわかります。
でも、基本的なことは、ちっとも古くない。

この病気になってからのおかあさんを、ほめたこと、ありますか?という問い。
ないなあ、怒ってばっかりいた、そういう自分に自分できづくとこも、とってもいい。

ひとが、ひととして認められること、
そのままで、ありのままで、等身大で、Beで、みとめられること、
そのままで生きてていいんだとおもえること。
それを受け入れた時に、そのひとを、どうしようもなくいとおしい、と、思えてくるのかもしれないなあ。

ほめシャワの一番深いとこにも、13条の本質にも、つながるとこだ、って思った。

70年生きて来て、それまで眠っていた、その人の内なる輝き。内なる可能性。
おかあさんが絵を無心に書いている場面では、80歳になってはじめて絵を書き出したという、クッキングハウスの松浦さんのお母さんのことも、
同時に思いだしていました。

いい映画、みせてもらいました。
松井さん、ありがとう。
「憲法の未来」の完成、楽しみにしています。
来月、『レオニー』をみてから、紅茶シネマの参加費を、カンパとしておくらせていただきますね。

|

2016年3月15日 (火)

4月広島へ

4月10日に広島へお話にいきます。
翌11日は、自然食品のお店のあったかぽけっとさんでおはなし会。
(お店の開店前なので、モーニングおはなし会。9:00〜11:00)
いんのしまいさんともまた逢える、ごほうびつきの出前旅です。

広島では、25、6年も前に、げんぱつのことで初めて広島によんでくださった、けいこさんちに泊めていただきます。
21年前、ウクライナのニーナ先生といっしょに、金沢の平和サークルむぎわらぼうしのみなさんと、貸し切りバスで広島に行った時も、
私たち親子だけ、けいこさんちに泊めていただいたのでした。

その時、沼田鈴子さんのお話を平和公園の中でお聴きできたのも、けいこさんがつなげてくださったおかげです。
ニーナ先生と沼田さんが、私たちはともに放射能の被害をうけた姉妹です、といって、抱き合ったこと、今も覚えています。

********

https://www.facebook.com/events/194473454249033
水野スウさんお話会
ほめ言葉のシャワーから平和へ 
~社会のことふつうに話そう。暮らしのことだもの~ 

「ほめ言葉のシャワー」とは、水野スウさんが行っている「あなたが言われてうれしかった言葉はなんですか」という問いかけで始まるワークショップ。そこには、「あなたは、ほかの誰ともとりかえがきかない大切な存在だよ」というメッセージが込められています。
スウさんは、このメッセージって、憲法13条に書かれていることと同じだと気付きました。一人ひとりが大切な存在で、幸せになる権利があるってこと。
政府は、この憲法を変えようとしているみたい。変えられようとしているのは、9条だけじゃないよ。一人ひとりの幸せよりも、国全体の方が大切なの?
安保法とかニュースで言っているけど、なんか難しそうでよくわからない。
近所のママ友と話すには話題にしづらい。
でもね、社会のこと、ふつうに話そうよ。だって、私たちの暮らしのことなんだから。

・日時:2016年4月10日(日)13:30~16:00(開場 13:00)

・場所:安佐南区民文化センター 大広間
      (広島市安佐南区中筋1丁目22-17)
      アストラムライン 中筋駅より徒歩5分

・参加費:1000円

・参加定員:40名
・託児有り(先着 15名、申し込み要)

・主催:
poco a poco ~あったか未来をつくる会~ from Hiroshima
安保関連法に反対するママの会@広島

<申し込み・お問い合わせ先>
 Mail: pocoapoco.h@gmail.com
Tel: 090-2601-5734 (長橋)

|

明日の紅茶は「折り梅」を。

Photo 明日の紅茶ミニシネマで見る「折り梅」、以前に石川県内、40カ所で上映会したことあったそうです。
松井さんに1月にDVDをいただきましたが、わざとまだ見ていないので、明日、はじめて作品を見せていただくのを楽しみにしています。
2:00〜見ます。

見終わったら、いつものようにまた語り合いましょ。
参加費は300円頂戴しますね(憲法の未来への制作カンパとして)。

2月に見た「ユキエ」といい、「折り梅」といい、アルツハイマーや認知症のこと、家族のうけとめ、家族の介護、などなど、
今、多くのひとに関心・関連のあること、こんなに前から映画でつたえようとしていた松井久子監督さん、
あらためて強い意志と強い問題意識をおもちだったんだなあ!と。

「憲法の未来」は4月半ばにできあがるとお聴きしてるけど、それを見せていただくのもすんごく楽しみ!

|

3月20日 湯河原女性9条の会・いまけんとじみけんのお芝居

3月20日、湯河原女性9条の会9周年のつどいは、「憲法をかえて日本をどういう国にするの?」。
東京演劇アンサンブルのオリジナルお芝居、じみけんといまけんをくらべてみよう、というのを見るのですって。

この脚本、おくっていただきました。
というのも、台本のなかに、娘の13条やさしい日本語訳と読み解きがでてくるからです。

ぐいぐい引き込まれてよみましたが、めっちゃめちゃおもしろい!笑える!
そして、いまけん(現在の日本国憲法と)じみけん(自民党草案)とのちがいが、くっきりと理解できる!
この脚本は劇団員さんたちがいっぱいはなしあいながら書いていったのだとか、とってもいい台本です!
娘が東京でであった方が、けんぽうぶっくをよんで下さり、台本の中に活かしてくださったのですって。

けんぽうをつたえるのに、語りもあれば、落語もあれば、そしてもちろんお芝居も、あるのですね。

女性9条の会、とあるけど、男性でもどなたでも、見にいらしてください、とのこと。
湯河原商工会館(湯河原駅前、階段下)2:00〜3:00 700円 

|

明日、「折り梅」のミニシネマ紅茶

2 明日、3月16日の紅茶の時間は、またまたミニミニ紅茶シネマ。
2002年に劇場公開された映画「折り梅」を観ます。2:00〜

松井久子さん監督作品、とても話題になり、全国1000ヶ所で自主上映会がひらかれたというこの作品「折り梅」。

DVDのカバーには、「折れても、老いても、美しく咲く梅のように、いのちが輝く。これはあなた自身の物語です」と書かれています。

主演は、原田美枝子 吉行和子 ほか。

参加費は300円。松井さんが今つくってらっしゃるドキュメンタリー「憲法の未来」への制作カンパとさせていただきます。

ミニミニシネマは、1月の、「何を怖れる」からはじまっています。
憲法の未来をいっしょうけんめい創っておられる松井久子さんの志に、すこしでもなにかお手伝いしたくて、いただいたDVDを紅茶で見ています。

来月は、イサムノグチのおかあさんをモデルにした映画「レオニー」を見る予定です。

|

3月20日はピースウォーク2016金沢です!

ことしで15回目になるピースウォーク、ことしの企画もすてきですよ!
ぜひご一緒に歩きましょう。

ことし2月、豊橋にけんぽうやちきゅうキルトのお話をしにいきましたが、その時2回も参加してくれたかわいい大学生さんが、ピースウォークに参加します!と今日、しらせてくれました。

同じ大学生の本間くんや千晶ちゃんのお話もきくので、金沢にお泊りの旅ですって!
うれしいね。

✿・・・・・・・・・✿
ピースウォーク金沢2016!
 今年のテーマは
  「抱きしめるだけでは守れない PEACEにVOTE!」
SEALDs本間信和くん、植田千晶さんが金沢へ!
https://www.facebook.com/events/1045152198890651/

◇3月20日(日)
  13:30 いしかわ四高記念公園(旧・中央公園)集合!
      集会スタート
  14:30 ウォークスタート
  今年はCOFのご協力をいただき、初のサウンドパレードです! 
  SEALDsにコールしてもらいますよ!ご一緒に♪
  プレゼントやサービスがうけられる PEACE割のお店へGO!
  夜は創作の森でゲストを囲んで交流会♡

◇3月21日(祝)SEALDsトークイベント!
「抱きしめるだけでは守れない、PEACEにVOTE!」
(こくちーずでの予約が必要です!)
https://www.facebook.com/events/1574929616163431/

3月21日(月・祝)SEALDsトークイベント開催!
  「抱きしめるだけでは守れない、
            PEACEにVOTE!」
   映像×トーク×ディスカッション
   14:00~16:30
    創作の森 交流館研修棟2階
   参加費1000円 当日1200円 学生無料 ※要予約

☆同時開催!☆
SEALDs うえだちあき写真展
◇喫茶「メロメロポッチ」
3月20日(日)~27日(土)※21日(月・祝)はお休み
◇石川県女性センター「アートギャラリー」
3月23日(水)~4月3日(日)午前9時~午後9時

<<ピースウォーク金沢実行委員は個人の思いでボランティアで活動しています。ワンコインカンパ募集中です!>>

☆ピースウォーク金沢とは
2001年10月、石川県金沢市で数人の市民が911をきっかけに始めたピースウォーク。03年以降はイラク開戦の3月20日前後に香林坊・竪町など市内中心部を歩く。個人参加で、近年では150~200人が参加。
ピースウォーク金沢2016
https://www.facebook.com/pwkkanazawa2016/

|

きもちは、言葉をさがしている、のワークショップ

13日、花色木綿さんでのコミュニケーションワークショップ「きもちは、言葉をさがしている」。
おちついた空間で丸いテーブルをかこんで、この日の参加者は6人。はじめてあう男のかたの方がおおかったので、
さて、どんな時間になるかな〜〜って思ったけど、あったかい時間になったようで、よかった!
こういう時間にはじめて参加した男のかたが、あったかかった、はじめて味わったきもちでした、と言って下さって。

もともとは、けんぽうのお話をした前回に、平和を語る・伝える時には、コミュニケーションの練習がきっと必要だね、
いわゆる、せいじてき、と言われる話(セイジさん、とよぶことにしよう)をするのがとってもむずかしい、と感じてる人もいっぱいいそうだしね、
といった話から、今回のワークショップをすることになったのでした。
もちろん、ワークしたからといって、明日からセイジさんを楽に語れるわけもまったくなく。

この日にしたのは、いろんなところでこれまでもしてきたコミュニケーションワークショップの、基本スタイルと同じです。
でもこれをすることで、自分のふだんのコミュニケーションにきづきます。
きもちを言葉にするって意外とむずかしいなあ/または、意外と楽しいなあ、とか、聴くって/または、聴いてもらうって、大切にする/または、大切にされる、ってどういうことだろう、とか、
あなた/わたしメッセージってなんだろう、とか、ちいさなゲームのようなことを通して、それぞれに感じてもらう時間。

いつもと違うのは、ゲームのようなワークの合間合間にはさむエピソードが、セイジさん関連、ということだけ。
セイジさんの話をする時においてけぼりをつくらないこと、とか、想像力が必要だね、とか、相手を理解するのはまず聴くことからだね、とか。

自分のみぢかな人と、自分のきもちも相手のきもちも大事にしながら、わたしメッセージでコミュニケーションする、
このことが、もしいつもうまくできないでいるとしたら、
平和や戦争やセイジさんの話を、その人と/または誰かと、するのは、多分もっともっとむずかしい。
そういうこと日ごろから熱く思ってる人ほど、相手を説得したくなったり、上から目線になったり、わかってくれないとなると攻撃的になったり、責めたり、
というあなたメッセージのオンパレードになってしまう、、、。
そして実は、自分のみぢかな人とのコミュニケーションこそ、きもちのキャッチボールこそが、いちばんむずかしい。
だから、そのキャッチボールに、練習が必要なのですねぇ。

160314_ 参加した20代〜70代?までの方が、みっちり2時間半、それぞれにきづいたいろんな言葉を、この日のちいさなノートにいっぱい書き込んでくれていました。

この日のワ―クの芯をなすものは、どこから来たかなあ、と考える時、私の場合は、ああ、やっぱりクッキングハウスでのコミュニケーションの学びのおかげだ、
って、またあらためて思うのでした。


|

2016年3月14日 (月)

織座農園さん

3月末、前々からお約束していた織座農園の典子さんに逢いに、信州は南佐久郡八千穂村(今は佐久穂町、というそうです)に出かけます。

典子さんは25年以上も前からいのみら通信の読者さんでいてくださって、はじめて出逢えたのがその何年後かのクッキングハウス、というのもなんと不思議なご縁!
今はクッキングハウスに定期的に、お野菜を配達していらっしゃいます。
私も織座さんの有機のお野菜を月にいちど届けていただくようになって、これで10年くらいになるでしょうか。
典子さんは、農業をめざす若者たちのこともずっと育ててきて、彼女自身もいろんな人たちに助けられながら農業を続けて来てる人。
その誠実さが大好きな、すてきなひとです。

10年以上も前に、信州や浦和に憲法のお話をしにいった時も、若い人たちを連れて聴きにきてくださいました。
去年11月の松本と長野でのけんぽうかふぇにも、若いみわちゃんと2人で来てくれました。
いつか織座さんをお訪ねしたい、という願いがやっとこの度、かないます。
しかも今回は、まあさんと一緒の信州ドライブ旅行をかねて、というマレな旅なのが、なおなおうれしい。

*******

3月26日、織座さんと上田の無言館でまちあわせ。午後は、小宮山量平さんの編集室、「Editor's Museum」とよばれる場所で、石川文洋さんのお話をお聴きします。
小宮山さんは、上田出身。理論社を創られた方。小宮山さんが亡くなられた後は、娘さんが編集室のあとを継いで、ゲストをおまねきして市民が学べる場をつづけていらっしゃるそうです。
この日の文洋さんのお話は「私が見た戦争と、沖縄の米軍基地」とのこと。
なんとすごいごほうびつきの、信州の旅でしょう!

翌27日日曜日は、織座さんから車で5分という、森の幼稚園ちいろばさんで、お話させてもらいます。
まだちらしを拝見していませんが、午前10時ごろより。
内容は、3月初めに信州にうかがった時のように、「ほめ言葉のシャワーから平和へ」となると思います、たぶん。
その時、参加出来なかった方、もし足をのばせるようでしたら、ちいろばさんでのおはなし会へどうぞおでかけくださいね。
(っていっても長野県は広いので、須坂からだと車で3時間、諏訪からだと1時間半くらいかかるそうです)
参加ご希望のかた、織座さんにご連絡をお願いします。090−5545−8940

*********

4年前の春、佐久穂町に開園した森の幼稚園 ちいろばさん。
長野県南佐久郡佐久穂町大字八郡1974-1

その入園式のもようがみられます。廃校になった学校が、ちいろばさんになったそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=Ti6P-x5dRpE

ちいろばさんは、こんな幼稚園。園長先生の言葉。
http://chiirobaforest.blog.fc2.com/blog-category-2.html
 

|

2016年3月12日 (土)

明日13日、花色木綿さん。

花色木綿さんで、前回はけんぽうのお話を。
その中で、平和を伝える時には、コミュニケーションがとても大事だね、という話になり、
花色さんからのリクエストもあったことから、今回(ってか、もう明日の13日です、10:00~12:30)「コミュニケーションワークショップ~きもちは言葉をさがしている」をすることになりました。

はじめは、コミュニケーションの準備体操でゲームのようなことを。あなたメッセージとわたしメッセージの違いや、自分にも相手にもきもちのいいコミュニケーションってどんなのか、練習してみる時間。

それから、今、気になっている自分をとりまく社会のこと、誰に、どんなふうに伝えたいのか、そんな話もしあいたいですね。
けんぽうのことや、あんぽのこと、”せいじてき”と一つにくくられることに、私はずっと違和感があります。
そしてまた、せいじてき、とされる話をするのが、どうしてこうもむずかしいのだろう、とも思います。

先日、越前にけんぽうのお話に行った時のちらしにあった「社会のこと、ふつうに話そう 暮らしのことだもの」という言葉が、
わたしにはとてもしっくりくるので、この日のも、普段着の言葉で、社会のこと、ふつうに話していけるための練習の時間になればいいな、と思っています。

ワークショップというだけで、ハードル高く感じる方もいるみたいけど、たぶん、楽しんでもらえる時簡になるとおもうよ。
そして、日ごろのコミュニケーションにもたぶん、ヒントを見つけられる時間になると、私は思っています。

今からでも、参加してみよっかな、と思う方、水野までご連絡くださいまし。
花色木綿さんは、尾崎神社斜め向かいの、古民家カフェです。お車は、神社にお代をはらって、境内にとめられます。

|

12日の、ありがとう石川

11日と12日の、「ありがとう石川」
一つ一つが、すばらしい企画でした、いのりこめて、感謝こめて、みんなでつくりあげたことがよくわかりました。

そして、今日のダキシメルオモイの朗読会、ほんとうにたましいのふるえるような朗読会でした。
音楽も歌も、植松さんの朗読も、ママたちの、自分の絵の前での想いの朗読も、ちからがあり、愛があり。
涙がぼしゃぼしゃとまりませんでした。
がんばったねえ、みんな。ささえあってるねえ、みんな。

会場のしいのき迎賓館の、中にも外にも、すっごくたくさんのお店。
朝のうち降っていた雪も開会のころにはやんで、午後には晴れやかな青空までみえる3月の空となり、
大勢のひとが、いくつもの場面で、「ありがとう石川」の想いにふれたと感じました。

何よりも、このコンセプトがすごいなあ。
避難、移住してきた自分たちを、うけいれてくれた石川と石川の人たちに、北陸の人たちに、感謝を伝えたい、
そして、亡くなった人たちに祈りを捧げたい、
これからも一緒に歩いていきたい、
その想いを、こんなふうなかたちで表現していこう、と考え、実行した方たちに
私の方こそ、ありがとうございます、と言わせてくださいね。

|

3、11のきゃんどるないと

160311_ 3、11の日の夜、金沢でのキャンドルナイト。
県内に移住して来た方たち、支える人たちとでちからいっぱいあわせて準備して。
すばらしい、こころにしみる、キャンドルナイトでした。

160311__2

しいのき迎賓館の前の大きな椎の木のあいだにともされた何百ものキャンドルたち。
笛の音からはじまり、黙祷、けいちゃんのメッセージ、相馬弁で聴く「豆を煮る」の朗読と歌、息をのむようなファイアーパフォーマンス、
そして、古代フラのふりつけで、祈りをこめて踊る「イマジン」。

160311__3 3月のこの日の夜、とっても寒い日になったけど、こころのなかはちがったよ。
たくさんのたくさんの人たちが集まり、ともしびをみつめたよ、想いをこめたよ。

******

さあ、今日12日は、「ありがとう石川」の2日目@しいのき迎賓館。
ダキシメルオモイに描かれたママたち、ご本人による朗読を楽しみに、
コンサートやじわもんマーケットや、、、たくさん、見て回ります、出逢ってきます。

朗読会は1時からですが、整理券を会場にて10時よりくばります。

どうかたくさんの方が足をはこんでくださいますように。
ありがとう石川へ。

|

2016年3月10日 (木)

13日 コミュニケーションワークショップのおしらせ。

Photo 明日11日のキャンドルナイト7:00~@しいのき迎賓館
あさって12日の、ありがとう石川のイベント&じわもんマーケットにも多くの方がきてくださいますように。

*******

その次の日の13日は、花色木綿さんに2回目の出前。(尾崎神社の斜め向かいの古民家カフェ。お車は、神社にお代をおしはらいしてとめることができます)
10:00~12:30 お茶代として参加費500円。定員は10名まで。
https://www.facebook.com/events/1519638881670893/permalink/1526204864347628/

前回はけんぽうのお話を。その中で、平和を伝える時には、コミュニケーションがとても大事ね、という話になり、
花色さんからのリクエストもあったことから、今回、「コミュニケーションワークショップ~きもちは言葉をさがしている」をすることになりました。
はじめは、コミュニケーションの準備体操でゲームのようなことを。あなたメッセージとわたしメッセージの違いや、自分にも相手にもきもちのいいコミュニケーションってどんなのか、練習してみましょう。
それから、今、気になっている自分をとりまく社会のこと、誰に、どんなふうに伝えたいのか、そんな話もしあいたいですね。

けんぽうのことや、あんぽのこと、”せいじてき”と一つにくくられることに、私はずっと違和感があります。
先日、越前にけんぽうのお話に行った時のちらしにあった「社会のこと、ふつうに話そう 暮らしのことだもの」という言葉が、
わたしにはとてもしっくりくるので、この日も、普段着の言葉で、社会のこと、ふつうに話していけるための練習の時間になればいいな、と思っています。

まだ人数には余裕があるようです。参加ご希望のかた、どうぞ花色木綿さんか、私までご連絡くださいませ。

*****

来週3月16日の紅茶の時間は、またまたミニミニ紅茶シネマ。
2002年に劇場公開された映画「折り梅」を観ます。2:00〜

松井久子さん監督作品、とても話題になり、全国1000ヶ所で自主上映会がひらかれたという「折り梅」、
DVDのカバーには、
「折れても、老いても、美しく咲く梅のように、いのちが輝く。これはあなた自身の物語です」と書かれています。
主演は、原田美枝子 吉行和子 ほか。

参加費は300円。松井さんが今つくってらっしゃるドキュメンタリー「憲法の未来」への制作カンパとさせていただきます。

|

しるしる憲法@豊島区要町あさやけ子ども食堂

あ〜〜、聴きにいきたいな、おもしろそう!

この日、金沢はピースウォークの翌日、SEALDsの本間くん、植田千晶ちゃんのトークイベント&千晶ちゃんの写真展@湯涌創作の森。

東京ちかくの方は、豊島区要町のあさやけ子ども食堂へ!
石川の方は、湯涌創作の森へ トークイベントは2:00〜4:30 !

********ここから、娘より。

3月21日、池袋の要町あさやけ子ども食堂さんで、けんぽうのお話の出前をします!
「しるしる憲法」さん主催の1DAYイベント、午後の部。

私は憲法の専門家でもないし、なんの資格をもっているわけでもなくって、憲法とのつながりと言えば、ただ母と一緒に『わたしとあなたの・けんぽうBOOK』をつくったぐらい。

そんな普通な私が、なんでお話の出前に!?という、そもそものきっかけ、「私がけんぽうと出逢った瞬間」のことを、今回はお話ししたいなと思います。
私は「私」を主語にしてしか語れないけど、個人的なことって、実は普遍的なことにつながってる。

なんでもない人のプライベートな憲法との出逢いの話が、へ〜憲法ってこういうものなんだ、って知る、ささやかな入口になれたらいいな。
だから、これはお勉強会でも講座でもなく、「ふだん着のけんぽうのおはなし」。

最近“けんぽう”ってよく聞くけど、私とは関係ないし…難しそうだし…という方、そもそも、皆なんでそんな憲法、けんぽう、言ってるの!?という方に聞いていただけたらとっても嬉しいです。

なんとゲストスピーカーに、雨宮処凛さん!

これ、まったくの偶然なんですけど、実は私がけんぽうと出逢うまでのストーリーには、処凛さんはなくてはならない存在なんです。
そのことを人前でお話しするのは、今回が初めて。

こんな機会でもなければ、きっと一生人前では話すことなかっただろうな。
21日の日は、私にとってまるで天からふってきたご褒美のような1日になりそう!
もしもお時間が許せば、ぜひぜひ、ふだん着のけんぽうのおはなし、聞きにいらしてくださいませ。

ちなみに、午前の部は、北海道で小学校の先生をしている村越さんをお呼びして、ユニークな憲法のワークショップ。
めっちゃおもしろそうです〜。

前日の20日は、マガジン9さん主催で、村越先生のワークショップ・拡大版@高田馬場。
この日は、ドイツから市民活動を研究しているパウルクニープさんもゲストスピーカーにやってきて超豪華ですよ!
カフェで、学校で、やってみよう!「12歳からの憲法ワークショップ」実践編
http://www.magazine9.jp/article/gakko_reception/26154/

ところで、しるしる憲法さんて、お名前がすてきだよね。
憲法変える?変えない?の前に、実は知らないよってこの方がずっと多いと思うから、しるしる、がいいな、って。

|

3月9日 ダキシメルオモイ@紅茶

160309_ 9日の、ダキシメルオモイ@紅茶の時間。
この日は、6枚のダキシメルオモイたちがきてくれました。
これまでみたいに橋の上から吊ってかざるのでなく、今回はこんなふうにならべてみたよ。
去年も紅茶にかざられていた父娘さんとは、またあいましたね、という感じ。
2人の坊やをだきしめてるのは、ほんとにみぢかな、いとしい母子。
後ろ向きの坊やをぎゅっと抱きしめているのは、この前、県外であえた母子。
あ、この方はおととしのピースウォークで一緒に歩いてくれたなあ。

先週とはまたちがって、ゆったりした、しずかな朗読会。先週はなかったテーブルを囲んで、10数人で聴きました。
「ありがとう石川」を記念しての、想いの文章を冊子にしたものを、奈良井さんがもってきてくださり、
その字を追いながら朗読をきいていると、また、耳だけで聴くのとちがうはいりかたもします。
(目を閉じて耳だけで、ももちろんいいのですが)

奈良井さん、義本さんだけでなく、参加している私たちもかわるがわるによみました。
私は、もうすぐ2人目の赤ちゃんがうまれてくるママの詩をよませてもらいました。
よみながら、私の知る3人のママたちの詩に、「キラキラ」という言葉がどれもはいっていることが、
不思議な感動でした。

この日は、午前中に高校入試を終えたばかりの男子くんが、おかあさんと一緒にきてくれたのもうれしかったな、
おかあさんは先週もきてくださったのです。12日のしいのき迎賓館では、お店もだされます。

一つ一つの詩のあとには、その作者さんにまつわるお話や、福島の空の青さ、広さのお話も。
「豆を煮る」の作者さんは12日にきてくださって、相馬弁でよんで下さる由。
石川に移住したママたちも、その絵の前で、ご本人による朗読を。
どうぞどうぞ、聴きにいらしてくださいね。

9日の紅茶には、北陸朝日放送さんが取材にみえました。
11日、キャンドルナイトの日の生中継をいれながら、6:15〜6:30ころまで、ダキシメルオモイ朗読会@紅茶が放送されるそうです。
5:30からの放送では、浅田さん夫妻へのインタビューもあるとのこと。
キャンドルナイトに参加するかたは、5:30〜7:00まで、HAB録画してみてね!(私もだ)

なお、2日に取材してくださったテレビ金沢さんのは、今日10日の夕方のテレ金ちゃんにて放送される予定です。

*******

3.11から5年の、「ありがとう石川」 
3月11日キャンドルナイト 7:00〜 @しいのき迎賓館のおおきな椎の木の前で。
3月12日 ありがとう石川のイベント&マルシェじわもんマーケット10:00〜4:00@しいのき迎賓館。
コンサートや植樹や朗読会など、そしておいしい食やすてきな工芸のお店がたくさん!

ダキシメルオモイの朗読会は1:00〜ですが、定員が70名(あとすこし立ち見の方)ときまっていますので、
午前10時から整理券をくばります。その整理券が早い時点でなくなると、1時にいらしてもはいれなくなるので、聴きたい方はどうぞお早めに。
券を手になさってから、ごゆっくりとコンサートやお買い物やおいしいものをお楽しみくださいませ。


|

2016年3月 8日 (火)

ダキシメルオモイ紅茶の時間

160302_ 明日9日の紅茶の時間も、ダキシメルオモイ+ちいさな朗読会します。160302__2

先週はたくさんのひとでしたが、明日はたぶん、しずかな、ダキシメルオモイ紅茶。
どうぞおこしください。
朗読会はおそらく2時ころから。

そして3月12日は、「ありがとう石川」@しいのき迎賓館。
ダキシメルオモイの展示もあります。
朗読会は1:00〜2:00

|

須坂のおはなしの森

160306_ 3月6日は、須坂のおはなしの森というすてきなおうちが会場でした。
地域の私立図書館&文庫としてあけていらっしゃるのは、桜井さん。週に二回、もう15年もあけておられるとのこと。
(紅茶は33年目だけども、週に一度だけ、週休6日の場だからね。おはなしの森が週2で16年目、ってすごいことです。
すてきな絵本がいっぱい棚にみやすく並んでいました)。

160306__2

この日をよびかけてくださった淳子さんと紀子さん、午前と午後と、すこし年齢をわけてくださったようで、
午前はちいさな子をもつおかあさんたちが多かったです。

20数年前に、神奈川の川和保育園にお話に行った時に聴いて下さった方や、
28年前にであって、「ピースネットニュース」を書かれてた方が今は信州にお住まいで、参加されてたり。
(そのころの私は、紅茶仲間と、国家秘密法案に反対していたんです。その記事が、ピースネットにかかれてた!!
本人の私も忘れてたのでびっくり。そんなにも昔から、政府は、秘密法、的なものをつくりたかったのですね)

午前の部では、真ん前で12歳の女の子が、私の目をずっと見ながら話をきいてくれてたので、
彼女にわかる言葉で全部話そう、と心しました。ありがたい聞き手でした。
彼女の、おみやげにもちかえりたい、印象的だったこの日のキーワードは、
「わたしメッセージ」という言葉で、それがいっそううれしかったです。

160306__3 ********

主催された淳子さんがこの日の様子をこんなふうに。
   ↓

水野スウさんをおよびしての
「ほめ言葉のシャワーから平和へ」

スウさん、参加して下さった皆さん
ありがとうございました。

とてもいい会になりました。

午前の部は
お母さんと一緒に小さなお子さんがたくさん来てくれました。
絵本を読んだり、お外で氷鬼して遊んだり。
みんなで仲良く過ごしてくれたね。
おかげでお母さん達はスウさんのお話しをしっかり聞けました。
一人、6年生の女の子は大人と一緒にお話しを聞いてくれて、憲法13条も朗読してくれました。

午後の部は
ちょっと年齢層が上がりました。
子育てが終わった年齢が主でしたが、その中から

「自分達には孫がいないから良かったと言っていたがもう言わない。良かったというのは、これからの日本が大変な事になりそうだから。しかし、次世代の為に今やれる事をやると決めました。」

と言われる方がいました。

スウさんの、優しくて深くてそして意思のあるお話しをお聞きしながら、
皆さんと気持ちがつながった気持ちがしました。

幸せだな、と思う時の事を書いてもらったら、
6年生の女の子がこう書いてくれました。

「さばかんをたくさん食べれる時
新しいマンガ、本を思いっきり読める時
外で思いっきりかけまわる時
たくさんあるぞ!」

今、こういう事がかなわない子ども達がたくさんいる。

すべての子ども達がこんなふうに幸せを感じる事ができますように、憲法12条にある不断の努力をちっちゃくてもしていきたいです。

憲法12条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。」

憲法13条
「すべて国民は、個人として尊重される。」
憲法25条
すべて国民は,健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

12条+13条=25条 だ!

とスウさんは大発見されました(*^^*)
私達に教えて下さいます。
*******淳子さんのリポートここまで。

|

富士見の森にて

5日の午後は、富士見の森オフィスというすてきな空間にて。

子育て中のママとそれにパパと。おとなの男子の大活躍する会場は、とてもなごやか。
子どもたちのこと、よくみてくれて、一緒にあそんで。
もちより夕ご飯の時には、たこ焼きやいてくれる人までいましたよ。
八ヶ岳のピースパレードの仲間たち、みなさん、きもちのいい方たちでした。

そもそも3月の長野行きは、諏訪の真理さんが声をかけてくれたことから。
あっという間に4つの場所がきまって、びっくりした私に、
信州のママたちの危機感がそれくらい強いんだと思います、と真理さん。

その真理さんは当日は体調が良くなくて、参加できなくてそれは切なかったろうけど、
仲間たちがその想いをひきついで、みごとなチームワーク。
一緒に平和をねがって、八ヶ岳で12条しあっている仲間たちだということ、
とても感じました。

こういう場で憲法を語れるしあわせ。
また、この日のおつりが長野の地にひろがっていくこと、peaceのpiecesがふえていくこと、確信しています。

前に、松本や長野で話をきいてくれたあやさんも参加。
あやさんはお仲間たちと、社会のことも自由に語りあえる場、「おこひるカフェ」をすでにはじめています。
こうやって自分からうごく、はじめるひとがふえてる。出前のうれしいおつり。

この日のうれしい再会は、富山出身の志穂ちゃんとそのファミリー。
志穂ちゃんは、別の大学から医学部をうけなおして、お医者さんになった女の子。
生まれて半年の赤ちゃんをつれて参加、私も抱っこさせてもらいましたよ。

諏訪に向かう帰り道、真理さんちに少しだけお寄りして、ハグできました。
この場をつくってくださってありがとう、と。

|

辰野のこめはなやさんにおとどけ

Photo 3月5日は、長野から塩尻駅までいって、松本のゆかりさんの車に乗せてもらって、辰野のこめはなやさんでお話。

なんと、ちいさんこと、人形劇の木島千草さんがこの日来てくださってて!
久しぶりにあったのだけど、うれしくて、あうんの呼吸でハグしあってたら、それを見てたゆかりさんだったかが、
「アウンサンスーチーさんだ!」と言ったので、みんなで大爆笑&納得!

ここのとこ、すんごく長野によんでいただいてる。
8月伊那。11月松本と長野。12月長野。そして、今回。

ふりかえると、伊那には、12年くらい前、伊那の生協の子育て講座で、智子さんがよんでくれたのだった。
かつて松本に住んでいた智子さんが私を知ったのは、ちいさんつながり。
そして、ゆかりさんもちいさんとなかよくて、一緒に松本でピーススタンディングなどしてる。
この日は、伊那から智子さんも娘さんも、参加。
そう思うと、スーとチーがここで再会できたのは、その確認、という意味でも大きなことだったんだね。

こめはなやさんのストーブの横で語るここちよさ。
いっつもおもうけど、語りはまさに一瞬一会のライブ。
この日も、13条と12条のすごい発見を、一番前できいてくれてたちいさんがしてくれた。
その発見はあまりにすてきだったので、以後、すべてのライブの場で言おう!ときめた。
(午後の富士見でも、翌日の須坂でも、もちろん言いましたよ)
ちいさん、すばらしい発見を、ありがとう!

お昼は、こめはなやさんのおいしい野菜カレー。尚子さん、スタッフのみなさん、ありがとう。

******

ちいさんの3月始まりの今年のカレンダー、もうわが家に届いています。
トイレにいつもかけてる細長いカレンダーです。ご希望のかた、おしえてね。とっておきますので。

|

2016年3月 4日 (金)

明日、信州へおとどけ。

Photo 今から、21美さんに、mai worksのほめシャワの納品にいって、夜は、東京の豊島区で子ども食堂をされてる方のお話をききに行きます。

明日の朝が早いので、今夜は金沢の隠れが泊。
5日、6日と信州にいってきます。

https://www.facebook.com/events/1658500317770746/

6日は須坂というところにうかがいます。

日曜の夜まではパソコンのメールがよめません。ご不便おかけしますが、お返事が遅くなりますこと、ご了承くださいね。

|

岸内閣憲法調査会

26日の豊橋の帰りによった名古屋のバンドエイドのおうち。
バンドエイドのブログにいきいき、その時間のことがかいてありました。
前の日に、豊橋のホテルでみた、報道ステーションのこともいっぱい話した話した!

***バンドエイドのブログより一部抜粋。

午後はスウさんを名古屋駅まで迎えに行きました。対話をしながらのアットホームな憲法のお話が大好評で、全国飛びまわって講演しているスウさんだけど、昨日と今日は豊橋だったので、名古屋で途中下車してくれたのです。数時間のひととき、たこ焼器でゴルフボールのようにちっちゃく丸めたひじきごはんを焼いたり、小麦粉じゃなくて、だし汁でといた卵を流して、豆腐や野菜を入れて・・・まぁ、卵とじボールっていうか、オムボールっていうか、何でも放り込んで実験ディナーつきペチャリング。(こんなingあるかいな?)

スウさん、昨夜の報道ステーションを豊橋のホテルで見てて胸がドキドキしたと言う。
まずは↓を見るべし!
http://www.dailymotion.com/video/x3u90vf

  ジャーナリストの鈴木昭典氏が発見した60時間に及ぶテープがCDに復刻され、かなりクリアに議論が聞けます。岸総理がお友だちばかり集めた憲法調査会の中で、護憲の意見を貫いたのは極わずか。その中の一人がスウさんのお父さんでした。

憲法9条は
●発案者は幣原総理
●マッカーサーに提言しマッカーサーが感動して受け入れた。

********************************
  内閣の憲法調査会は、1956年(昭和31年)6月11日に内閣に設置された委員会的機関で、国会議員30人以内+学識経験者20人以内とされ、他に必要に応じて専門委員を増置するほか、常設の事務局が庶務を処理した。1964年(昭和39年)7月3日に内閣と国会へ「憲法調査会報告書」を提出し実質的な活動を終え、1965年(昭和40年)6月3日に廃止された。
***************************************

 スウさんのお父さんは弁護士水野東太郎氏。改正不要論でした。放送の映像の中にはお父さんの姿は現れませんでしたが、あの中にお父さんがいたんだと思えば、胸が高鳴らないはずありません。私だってドキドキしてしまいます。私は以前、水野氏の会議資料をネットで少し見つけたことがあるのですが、会議の肉声がクリアに残されていたとは、本当に驚きました。

<憲法調査会高柳会長の最終盤での発言>
 第九条はユートピアであると見えるかも知れないが、戦争放棄を不変ならしめるのでなければ、人類が滅亡してしまうというビジョンが含まれている。
 第九条は一つの政治的宣言であると解釈すべきである。

******バンドエイドのブログは、ここまで。

その岸さんの孫のアベさんは、いまの国会でほぼ毎日、声高に改憲を口にしている。
そうやって、改憲に対する国民の免疫をつけようとしているのだろうか。

私自身、憲法を一言一句かえちゃいけない、とは、思っていません。
思考停止は、していません。
だって、かえたいとこ、確かにあるもの!

でも、いまの政権が憲法をかえようとするのには、断固、NO! を言います。

理由は明解。
去年の国会で、あんなにも憲法を、国民主権を、無視した政治をしてきた内閣が、
内閣の方から憲法をかえよう、って言い出すことが、そもそも本末転倒だからです。

憲法をまもって政治をする(これが、立憲民主主義)政治家が、
国民の公共の福祉のために、国民のしあわせのために、憲法をよりよくしようとしてかえるのなら、私も反対はしませんよ。

選挙は未来をきめること。
今の国会のありようをきめているのは、3年前の参院選と2年前の衆院選の、結果です。
二つの選挙の結果、憲法によってでない、数による政治が、まかりとおってしまってる。
そのくらい、選挙の意味は、でっかい!
私はかならず選挙に行きます!私の一票は、おおきな12条です。



|

3月のおしらせいっぱい。

150417_ 3月20日と21日は、2日間にわたるピースウォーク金沢のだいじなイベント。
その実行委員会が明日5日、あります。
私は信州のママたちからよばれて、5、6日とけんぽうかふぇ出前にいっていて参加できないけど、行ける方、ぜひぜひ!!

***********

ピースウォーク金沢2016の、第6回実行委員会
 3月5日(土)13:30~ 近江町交流プラザ 4階和室
とにかく人数が足りていません(@_@) この日20人集めたい!
取材も入るかも!
当日スタッフ・カンパも大歓迎!
<当日スタッフ大募集!実行委員も募集してます!>
3月に入りました! 大事な実行委員会です☆
できることがあればちょっとやってみようかな?というはじめての方歓迎です!

*******

3月11日は、あの日から満5年。
しいのき迎賓館前にて、復興への祈り、キャンドルナイト。7:00〜8:00
この夜につかうろうそくの瓶のかざりつけ、ほんのちょびっとですが、2日の紅茶でも、みんなの手でお手伝いしました。

3月12日は、「ありがとう石川」10:00~4:00まで@しいのき迎賓館。
1:00~2:00には3月2日の紅茶でよまれたような、ダキシメルオモイの絵の展示と、想いの朗読会。
迎賓館のガーデンホールでも、中でも、いろんなイベントがあります。
じわもんマーケット、食や工芸などなど、30以上のお店がでます。
ちょこっとでもお立寄を!私も行きます。会場でおあいできるといいな。

********

3月13日 「コミュニケーションワークショップ〜きもちは、言葉をさがしている」10:00〜12:30
@茶論 花色木綿 - さろん はないろもめん 金沢市西町四番丁17番地6 尾崎神社斜め向かいの古民家のカフェです。

花色木綿の智子さんからのよびかけはこんなふう。   
「自分の好きな映画や本の話をするように、気軽に政治や憲法の話をできるといいな
いろんな人の立場や経験を尊重しながら、でも、しっかりと自分の考えを相手の心に届くように伝えるにはどうしたらいいのかなーそんな方法について、水野スウさん(紅茶の時間主宰)にご案内いただきなごら、簡単なゲームやワークを通して一緒に学んでみませんか?
定員は10名程度 会費500円です」
お申し込みは、花色木綿さんのイベントページまで。
https://www.facebook.com/events/1519638881670893/  

または直接、水野までご連絡ください。

******
3月20日は、ピースウォーク金沢2016!
 今年のテーマは
  「抱きしめるだけでは守れない
           PEACEにVOTE!」
SEALDs本間信和くん、植田千晶ちゃんが金沢へ!
https://www.facebook.com/events/1045152198890651/
2016年3月20日(日)
  13:30 いしかわ四高記念公園(旧・中央公園)集合!
      集会スタート
  14:30 ウォークスタート
一緒に歩こう!
  終了後は タテマチや柿木畠のお店で
    うれしいPEACE割を企画中!

石川県内全域、全国からのご参加、お待ちしていま~~す(^o^)丿!

<<ピースウォーク金沢実行委員は個人の思いでボランティアで活動しています。ワンコインカンパ募集中です!>>
☆同時開催!☆
SEALDsうえだちあき写真展
メロメロポッチ、女性センター、創作の森など!
☆3月21日(月・祝)SEALDsトークイベント開催決定!
  「抱きしめるだけでは守れない、
        PEACEにVOTE!」
  13:30~16:00
    創作の森 交流館研修棟1階
   参加費1000円 当日1200円 学生無料 要予約
https://www.facebook.com/events/1574929616163431/




|

2016年3月 3日 (木)

ダキシメルオモイ@紅茶

ダキシメルオモイ@紅茶には、思いのほか、たっくさんの方がいらしてくださったよ。

30人以上?それにメディアのかた。(テレビ金沢さんのオンエアは、3月10日の夕方のテレ金ちゃんだそうですよ)
3.11の前の日だね。石川の人は、4チャンネルに注目。

小林憲明さんのお話、これまでに91組の親子を描いてこられたのですって。
普遍の想いがあるなあ、ダキシメル、には。
去年は、「小さき声のカノン」上映にあわせて、石川県内9カ所くらいで展示。そうやって、石川を、ダキシメル、で抱きしめてくれた小林さん。160302__3

160302_ はからずも、3年連続で、ダキシメルオモイ@紅茶。
ことしは、11枚の絵が紅茶にならびました。
あらたに描かれた、関東から石川に移住した、ママとおさなごの絵。
どの絵もごくごくちかしいママたちなので、とってもとてもいとおしい。
その絵の前で、自分の想いを朗読してくれたママたち。160302__2

来週も紅茶に展示しますが、3月12日には、もっとおおきな舞台でみることができますよ。
しいのき迎賓館にて、「ありがとう石川」の一環で、1:00〜2:00 紅茶でよまれたような、想いの朗読もあります。

12日は10:00〜4:00まで、迎賓館のガーデンホールでも、中でも、いろんなイベントがあります。
じわもんマーケット、食や工芸などなど、30以上のお店がでるそうです。

前日の3月11日の夜は、復興への祈り、キャンドルナイト。
この夜につかうろうそくの瓶のかざりつけ、ほんのちょびっとですが、2日の紅茶でも、みんなの手でお手伝いしました。

********
3日のニュースで、志賀原発一号機の下に活断層を否定できない、と規制委員会の判断。
これに従えば、一号機はハイロへ。
北電はどうにもこうにも従いたくないようだけども。

|

2016年3月 2日 (水)

今日、ダキシメルオモイ@紅茶

160228_ 今日の紅茶。

小林憲明さんと、ダキシメルオモイ。
そして、ダキシメルオモイに描かれたママたちが、自分のきもちをその絵の前で朗読します。

参加してる私たちも、即興で、よみます、よみましょう。

紅茶はいつもどおり、1:00からあいています。
朗読のあとは、3月11日の「ありがとう石川」のキャンドルナイトでつかうろうそくづくりも
一緒にしましょう。

今日3月2日の北陸中日社会面に、ダキシメルオモイの、大きな記事ものってます。

**追伸
ちいおばさん(木島千草さん)の、3月はじまりのつぶやきカレンダー到着しました。
一部500円。紅茶の玄関においています。
もしかしたら、信州の出前先でちいさんにもあえるかも。

|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »