« 辰野のこめはなやさんにおとどけ | トップページ | 須坂のおはなしの森 »

2016年3月 8日 (火)

富士見の森にて

5日の午後は、富士見の森オフィスというすてきな空間にて。

子育て中のママとそれにパパと。おとなの男子の大活躍する会場は、とてもなごやか。
子どもたちのこと、よくみてくれて、一緒にあそんで。
もちより夕ご飯の時には、たこ焼きやいてくれる人までいましたよ。
八ヶ岳のピースパレードの仲間たち、みなさん、きもちのいい方たちでした。

そもそも3月の長野行きは、諏訪の真理さんが声をかけてくれたことから。
あっという間に4つの場所がきまって、びっくりした私に、
信州のママたちの危機感がそれくらい強いんだと思います、と真理さん。

その真理さんは当日は体調が良くなくて、参加できなくてそれは切なかったろうけど、
仲間たちがその想いをひきついで、みごとなチームワーク。
一緒に平和をねがって、八ヶ岳で12条しあっている仲間たちだということ、
とても感じました。

こういう場で憲法を語れるしあわせ。
また、この日のおつりが長野の地にひろがっていくこと、peaceのpiecesがふえていくこと、確信しています。

前に、松本や長野で話をきいてくれたあやさんも参加。
あやさんはお仲間たちと、社会のことも自由に語りあえる場、「おこひるカフェ」をすでにはじめています。
こうやって自分からうごく、はじめるひとがふえてる。出前のうれしいおつり。

この日のうれしい再会は、富山出身の志穂ちゃんとそのファミリー。
志穂ちゃんは、別の大学から医学部をうけなおして、お医者さんになった女の子。
生まれて半年の赤ちゃんをつれて参加、私も抱っこさせてもらいましたよ。

諏訪に向かう帰り道、真理さんちに少しだけお寄りして、ハグできました。
この場をつくってくださってありがとう、と。

|

« 辰野のこめはなやさんにおとどけ | トップページ | 須坂のおはなしの森 »