« 広島におとどけ | トップページ | 東京へ、いってきます。 »

2016年4月22日 (金)

レオニー@紅茶ミニシネマで見ました

昨日の紅茶ミニシネマ。

イサムノグチのお母さん、レオニーの物語。
彼女の人生の選択の仕方、日清、日露のあの時代に、決して自分をまげない女性は、まわりからどんなに”変人”にみられたことか。
自分が選択したことで、それがどんなにつらい厳しい道になっても、その結果をひきうけて、他者を責めない、レオニーの生き方。

アメリカの大学時代に津田梅子に出逢い、日本では、小泉八雲亡き後のミセス小泉のこどもたちの英語の先生もするレオニー。
イサムの芸術性を、イサムが10歳の時にすでにみぬいていたレオニー。

アメリカでも、ましてや日本でも、女性に人権なんてない時代。
それでもレオニーはそれを追い求めて、自分にまっすぐに生きることをつねに選ぶ。

激しく生きたレオニーが、自然のなかでおだやかなこころもちで生ききる、そのしあわせをとっても感じた。

どうして松井さんがレオニーを撮りたかったか、レオニーに惹かれたのか、すっごくわかる気、した!
そして、どうしていま、松井さんが憲法の映画を撮りたかったかも、わかるね〜〜!と、映画をみた後、紅茶で語り合ったことでした。紅茶で観れて、ほんとによかった!

この日は、早稲田で「不思議なクニの憲法」を見たばかりの小谷村の陽子さんが、小谷に帰る前にはじめて紅茶を訪ねてくれました。
この映画、前から見たいと思っていたんですって。

*******

その「不思議なクニの憲法」上映会、石川では、
5月7日(土)2:00〜5:00 1000円 
@紅茶・津幡町の水野宅  076−288−6092  主催/紅茶の時間
ミニシネマ紅茶とちがって、この日は大きなスクリーンで観ますよ!
5月8日(日)2:00〜5:00 1000円
 @スペースみらい(武蔵のすき家の2階)入り口はうらがわなので、すき家の後ろ側におまわりくださいね。
076−204−6067 
主催/「『不思議なクニの憲法』を観て、話す会」
お問い合わせ&お申し込みは水野まで。

川口では5月1日、2日、とするよ、と紅茶つながりの川口の博子さんからお知らせ。
京都でもするよ、と京田辺の順子さんから。なんとその初日に私、京田辺にいくのです、シンクロ!

「不思議なクニの憲法」、京都でも 立誠シネマ京都市中京区備前島町310-2(木屋町蛸薬師下ル)
元・立誠小学校 南校舎3階 080-3770-0818(受付)2016年6月4日〜6月17日であります。

3月にお話にいった須坂できいてくれた人が、須坂で上映会する計画もあり、とのこと。
岡山でもするっていってたな。
日本各地でぞくぞくと、「不思議なクニの憲法」ミニ上映会が出没しそうだ!

|

« 広島におとどけ | トップページ | 東京へ、いってきます。 »