« 首相官邸前で | トップページ | 東京あたりへおとどけ »

2016年4月18日 (月)

紅茶シネマで「レオニー」

160411_ 4月20日は紅茶ミニシネマ。
松井久子さん監督作品。
彫刻や庭園、建築、舞台などてがけたユニークな芸術家であるイサムノグチ、彼のお母さんをえがいた「レオニー」というDVDを紅茶でみます。
2:00~5:00 参加費300円(みなさんの参加費は、松井さんの憲法の映画へのカンパとします) @紅茶・水野宅 

松井久子さんは、「ユキエ」「折り梅」フェミニズムを生きた女性たちのドキュメンタリー「何を怖れる」といった作品を作ってこられた映画監督さん。
イサムノグチについては、こちらを。http://www.isamunoguchi.or.jp/
レオニーについては、こちら。https://www.youtube.com/watch?v=pljvFUaIebU

紅茶シネマは1月から毎月、ふつう紅茶の水曜日にしてるので、いつもミニミニシネマです。
でもこの日は、遠くからの方も、ご参加希望の連絡くださってます。

2月から毎月、松井さんの作品を紅茶ミニシネマでみてきましたが、そのきっかけは、松井さんが制作中だった「憲法の未来」という映画の取材を1月に紅茶でおうけしたことから。
その憲法の映画が、「不思議なクニの憲法」という新しいタイトルで、この4月に完成したばかりです。
『レオニー」の感想をはなしあったあと、この新しい憲法の映画の話もすこしさせてくださいね。

紅茶の時間では、5月7日(土曜日、です。水曜のふつう紅茶ではなくて)にこの映画をみることにしました。
2:00〜5:00(映画のあとのトークタイムもふくめて) 参加費1000円 @紅茶・水野宅

5月1日から参院選前までは、自主上映会しやすいよう、松井監督がかんがえてくださったので、家でも上映会することができます。
松井さん、ありがとう!
みなさんの街でもぜひ自主上映会ひらいて、あつまったみなさんとけんぽうのこと、かたりあってくださいね。

映画「不思議なクニの憲法」公式サイトhttp://fushigina.jp/

|

« 首相官邸前で | トップページ | 東京あたりへおとどけ »