« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月30日 (木)

市民連合のガイドブック

160630_ 市民連合作の、参院選2016ガイドブック、すぐれもの!!
娘が手にいれておくってくれた。

7月2日にまにあうな!
とってもいい中味です。

|

野々市フォルテでの未来さん

Photo こういうしばたさんだから応援する!っていってた女の子がいました。今日は野々市にいけなかったけど、野々市フォルテでのスピーチを、facebookの動画で感動を共有しています。

FBの動画のサイトは、ここからではみれないようなので、スピーチ部分、すこし要約しますね。

*******

しばたさんが、チンドン屋さんのような選挙カーから、ひとりひとりに声かけてる。
白峰のおうちの屋号の木の札を一枚一枚よみあげながら、おうちのひとに声をかける。
そこに住んでるどっかのだれかにおはなししてるつもりはない。
目の前にいるひとりひとりに、話を聴いてもらいたい、その方達と一緒に未来を共有したい。 
そこに生きてる一人一人の人生がある、けっしてどっかの誰か、さんじゃない、一億でくくられるものではない。  

ああ、この感覚、ひとりひとりになんて声かける?と、5月の末に、しばたさんといっしょにプチ戦略会議したとき、バス停で重い荷物もってたってるおばあさんになんて声かける?っていう設定をたてたのは、まさにまさに、こういう想いだったんです。

1分前は見知らぬ誰かでも、直接声かけることで、その人は、見知らぬ誰かさんじゃなくなる。そのことを、いま、柴田さんは毎日やってるんだ。 

「そういえば、国から、わたし、大事にされた覚えがない」といって涙した人の話もしてた。
私たち、国から、大切にされてますか?私もそんな覚え、ないです、としばたさん。

年金がギャンブルにつかわれてる事実もはっきりとつきつけて、今の政治を問う。

政治は、戦争をいっしょうけんめいでさけるもの。私たちの人生をよくするためにあるもの。
今、政治がそうなってるか?って、正面から、しばたさんは問うている。

|

選挙フェスから藤田早苗さんお話会へ

2日に金沢におみえの藤田早苗さん、一時帰国中、日本のあちこちで講演、そして、11の大学で授業。

2日午後3時からのおはなし会@スペースみらいの前は、タテマチ広場での選挙フェス(未来さんの個人演説会と個人個人のスピーチ、ダンスもうたもあり←こちらは、1:00〜2:00)にも藤田さんをおつれします。

藤田さんとなましばたさん、ちょこっとでもあえます!

各地のちらしにまじって、イッコだけ手書きちらしが、金沢の。

http://hyogen-tsutaeru.jimdo.com/

|

昨日という日と、はじまりのひかリンゴ

シ―ルズ関西の「はじまりのひかリンゴ」、とってもとてもすってき〜〜〜〜!
シールズ関西さん、そしてたんげさん、ありがとう。
ぜひぜひ、みてください。
これです。

https://www.facebook.com/sealdskansai/

きのうの紅茶でね、すんごいうれしいことあったんだよ、きてた若い男の子がね、はじめての投票にいったんだよ。
その翌日、これみたからめっちゃうれしい。

きのうはね、朝、津幡駅とAコ―プで、30分ずつ3人で未来さんなりきりしたの。

きのうという日は、私の大切な紅茶のともだち、ミチコさんがなくなって5年目のいのちの日だったから彼女んちにいって、すこしおはなしした。

それから金沢駅でしばたさんのガイセンきいて、共産党の副委員長さんのおはなしもきいて、
紅茶に遅刻してもどったら、もう2人きてて、その男の子は、紅茶の本棚から本えらんでなんか読んでた。

その彼がぽそっといったの。
「あ、オレ、期日前投票、いってきました。
勝手にきめられるのやなんで。
入れる権利あるから、何もしないより、した方がいい」

たぶん、彼のはじめての選挙。
このところ紅茶によくきてて、私たちの話もずっときいててくれたんだな、
先週、「映像の世紀」も「戦争のつくりかた」のアニメも一緒にみた。
ところで何の本読んでるんだろ、っておもったら、アレンネルソンさんの「戦場で、心壊れて」だった!!

前回の選挙にいかなかったひと。4922万人。プラス18歳と19歳の240万人。
そのひとたちって、希望なんだよ。
今まで選挙に行ってた人たちが行くだけじゃ社会かわんないから。
行かなかった人たちがいっぱいいくことで、変わってくから!

|

2016年6月29日 (水)

2日は選挙フェス。

この選挙フェスに藤田早苗さんを連れてこう!って思ってます!
このフェスのあと、3時から、スペースみらいで、「どうなってるの?私たちの知る+表現の自由」というテーマで、藤田さんのお話をおききします。
イギリスから来日中、11の大学で授業されます、市民主催の講演会も多数。聞きにきまっしま。

     ↓

VOTE for Our Future vol.2  
私たちの未来は、私たちが選ぶ。選挙フェス@KANAZAWA

大盛況だったクラブイベントに引き続き
7月2日は野外で歌と踊りとセンキョのお祭り
やっちゃいます!

出演者・ゲストは随時更新します♪

今週末は、タテマチ広場でワクワクしよう!

みなさまお誘い合わせの上、ぜひお越し下さい♪

日 時 : 7月2日(土) 13:00 start / 14:00 close

会 場 : タテマチ広場 

主 催 : みらいにYES!プロジェクト・しばた未来選対本部

|

せいけんほうそう

6月27日(月)から政見放送スタートしています!
政見放送では、しばた未来候補が約5分にわたり、政策を訴えているものです。テレビやラジオがあればだれでも視聴可能です。

お知り合いに広く政見放送の日程を知らせることは自由にできます。「しばた未来の政見放送をぜひ見てほしい」とオススメやシェアしてもらえたら嬉しいです。

日程が分からない人にはこのページのアドレスを送るか、この画像を送ってお誘いください。

‪#‎しばた未来‬ ‪#‎政見放送‬

|

7月2日、藤田さんおはなし会

110815_ 7月2日、イギリスからのお客様、藤田早苗さん(エセックス大学人権センターフェロー)をおむかえして、おはなし会をひらきます。

すでに来日され、岡山や大阪での講演会もされていて、来日中に11の大学でお話される由。

藤田さんのFBはこちらです。
https://www.facebook.com/sanae.fujita.142
こんなすごい活動されてる方を、石川県では金沢だけでひとりじめ!!

なお、2日はみらいにYES!の市民でもりあげる選挙フェスが1:00〜2:00まで、タテマチ広場でくりひろげられます。
ここにも藤田さんをご案内するつもり。石川の市民の熱気を感じていただこう!ってわけです。
(終わってから武蔵のスペースみらいにいけば、ちょうど開場時間にまにあいますもんね)

*********

7月2日(土)3:00~5:00 藤田早苗さんに聴く・訊くの会。 
「どうなってるの?私たちの、知る+表現の自由 ~国連特別報告者が、日本に来たわけ~ 」
@スペースみらい(076-204-6067)武蔵のすき家さんのあるビルの2階、入り口はビルの裏側にあります。 参加費500円

今年4月、アメリカから国連特別報告者として、デビッド・ケイさん(カリフォルニア大教授、国際人権法)という方が、今の日本における「表現の自由」を調査するため来日されたこと、覚えていますか。
彼の来日は、藤田さんからの、国連へのふだんの努力のはたらきかけがあってやっと、はじめて実現したもの。ケイさんは本来、12月に来日の予定が、政府からの直前の要請で延期されていたのです。

ケイさんは、報道の自由、ヘイトスピーチ、特定秘密保護法の影響などを、政府要人やジャーナリストや弁護士にインタビューして調査し、政府からメディアへの圧力があること、また、それを押し返すメディアの力も弱まっていること、
また、憲法に保障されている私たちの表現の自由が、自民党の改憲草案では制限されていることも問題だとして、報道の独立性が重大な脅威に直面している、と強い警告を発しました。

イギリス在住の藤田さんは、ケイさんと同じく、国際人権法がご専門で、特定秘密保護法を英訳して国連に知らせてくださった方です。
日本は、国連から人権侵害の勧告を何度うけてもそれを無視しつづけていますが、それも含め、今の日本が世界からどのような国にみられているのか、私たちは知らないことが多すぎるかもしれません。

2010年に世界で11位とされていた日本の報道の自由度は、安倍政権のもと、2016年には72位にさがったといわれています。
海外に住む日本人は、今や、日本人であることがリスクにさえなってきた、という話も聞きます。
今の日本、そして日本のメディアの問題が、国連や国際社会からは一体どのように見えているのか、
日本に住む私たちにはかえって見えなくなっているお話を、この日は藤田さんから具体的にいろいろ聴かせていただきたいと思っています。
あわせて、私/私たちに何ができるかも、ご一緒に考えたいです。

**********

ご参加、どうぞ、心よりお待ちしています。
場所は、津幡の紅茶の時間ではなくて、武蔵のスペースみらいなので、どうかお間違えなきよう。
お問い合わせ、お申し込みは、水野までどうぞご連絡ください。

076−288−6092

|

選挙にいきまっし!

「選挙にいきまっし」チームによる、学生さんたちへの授業です。
7月5日、私もまたお話にいくことになりました。

********

「選挙にいきまっし!」@金沢大学

なんと、なんと!来週!

「選挙にいきまっし!」が
先生たちの授業枠を3コマ
担当させて頂くことになりましたー!!!

先生、ありがとうございます!!

金大祭りだっ!

学生さんたちの投票のヒントになるように
自分の未来を想像し、ワクワクしながら投票に行けるように
メンバー一同、頑張りまっす!

******

私はこの日、けんぽうきほんのきのおはなしをしにいきます。
はじめにお話させてもらって、後半はいきまっしメンバーによる選挙のおはなし。
90分授業です。

7月5日(火)10:30~の授業

学内外問わず、どなたでも聴講可能だそうです☆★太っ腹や!

日時:2016年7月5日(火)10:30-12:00
場所:金沢大学人間社会第2講義棟102講義室(1階)

みなさま、是非、お越しやす^^

|

なりきりさん

160625__2 しばたさんなりきり隊が石川県内各地に出没してます。
私はもっぱら津幡駅らへんで出没してますが、日曜は六枚町交差点と神谷内交差点に出ました!

29日の朝は、3人で、津幡駅とAコープをハシゴします。

県内でたくさんの仲間が同じことしてる、って思うと元気がでます。
候補者名もどこにもなくても、何もいわなくても、ちかごろは、誰を応援してるかわかってくれるひとがふえました。

|

3場所のおっかけ

160625_ 6月28日夜、しばた未来さんのお話のハシゴしました。

浅野川公民館+大徳公民館+JA二塚支店の3場所で。
どこも超満員!
声のかれてる未来さんだけども、話はじめたらやっぱりいつものしばたさん、熱いきもちこもった、迫力ある語り声。

長生きしてよかったね、と言える社会、子どもを産んで育てたい、という若いカップルに心からおめでとうと言える社会、
夢を描くことを、経済的な理由であきらめなくてよい社会を、やりなおしの出来る社会を、みなさんと一緒につくりたい。
そして、もちろん、平和!安心して生きれる社会。
政策の芯になる話は3場所とも共通してるけど、その前後のエピソードが毎回違う、まさにライブのトーク。

昭和20年に満州で生まれた未来さんのおかあさん、
5ヶ月の赤ちゃんの時、夏の暑い洞窟の中に隠れていたけど、その時の汗疹のあとが今も喉に残ってる。
もしその時に泣いていたら、おかあさんは生きてはいられなかった。泣く赤ちゃんから順に殺されたから。
赤ちゃんの仕事は泣くことなのに、、、。

戦争は、政治と外交の失敗。それはなんとしても避けなきゃいけないこと、そうさせないのが、政治家の仕事なのに。
売られてもいないけんかを、買う国になっていこうとしてる、今のこの国。

東京に住む一部のお金持ちがもっと大金持ちになったアベノミクス。
そうではなくて、政治がもっとふつうの人たちに向かなきゃいけない。

TPPーー農業を切り捨て、国をほろぼして、地方を消滅させる。
林業がたどった軌跡を、農業もたどるんですか、それでは地方のコミュニティが消滅してしまう。
ひとの営みは農業中心にあるのに、工業製品売れれば、農業つぶれてもいいんですか!

石川の農業のこと、真剣に考えれば考えるほど、心の底から怒ってるしばたさん。
どうしてみんな怒らないんですか!って、しばたさん、本気の本気だ。

めっちゃ迫力あった。おっかけしてなおわかった。
そうだよ、私たちももっとちゃんと怒らねば。
政治家さん、本来のしごとしてないなら、さっさと退場して下さい、ってはっきり意志をあらわさにゃ。

|

けいちゃんの、いのちのつながりのお話

096 助産師さんでもあるけいちゃんが、富山の看護学生さんたちにママたちと選挙の授業をしに行った時に話したこと、
金沢大学の勉強会のときにもしてくれたの。

私は以前にもきいてるんだけども、とってもとっても深い話なので、何度きいてもいいので、ここにシェアします。
どうぞよんでくださいな。

けいちゃんのお話。

命の繋がりについてです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私がね、選挙へ行こうよって呼びかけているのはね、特定の誰かに投票してもらいたくてとか、そういうのではなくて、『自分の考えを大事にして欲しい』『未来のことを想像して、関心を持って欲しい。』という思いがあってしています。

今日はここで、選挙に関係ないことに思えても実は、繋がっている大切なことを話させて下さい。

みんなの命、その原型はいつできたと思いますか?

あなたのお母さんの卵子、お父さんの精子が受精するもっと昔。
卵子の原型は、なんとおばあちゃんのお腹の中で完成したのです。

例えば、ここに妊娠5カ月の女性がいるとします。そのお腹の赤ちゃんが女の子であった場合、卵子の元になる原子卵胞は、700万個という、とてつもない数の卵子の原型を作り終えているのです。

これ以上はもう作られない。減っていくのみ。

生れた女の子が成長して生理が来て、そして一生の間に300個~400個という卵子を毎月1個ずつ排卵していく。

つまり、妊婦さんはね、妊娠中に2世代分の命を作り終えているということになるのです。
すごいことですよね。

では、逆を考えてみて。
みんなの命ができる前、受精する前の卵子の原型はいつできたのかな?それは、あなたのお母さんのおばあちゃんのお腹の中で作られていたということになるね。

その時代の生活、どうだったのかな?
想像してみて。
私のおばあちゃんの若い時代は、終戦後食べ物があまりなくて、毎日必死に働いていた。とても苦労した時代だった。
どんな思いで私の原型はそこに存在していたのだろう・・・。

未来のことを考えてみようって、毎日の日常に追われて精一杯生きていたら難しいよね。
でも、女性の卵巣の中には次に生れてくる原型はすでにそこにあるんだよね。

5年後、20年後、50年後のことなんて想像できないかもしれない。でも、関心持って欲しい。自分の生活一つ一つに関心を寄せたら見えてくることだってきっとある。

そうして、つないできた、受け継いできたこの命。
自分自身を大切にして欲しい。

そして、自分の考えを持って、自分で選んで行動して欲しいんだ。

選挙の投票は、自分の描く未来を投じることができるチケットなんだよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

|

これは便利!!候補者一覧表。

すんばらしいものつくってくれて、ありがとう〜〜!!!
とってもみやすい、一目瞭然。
つくってくれた方々、ありがとう。
いいね、だけじゃなくて、いっぱいシェアしよう!おすそわけしよう、だいじな情報。

   ↓

私の地域で選挙に勝つ!2016年夏、一人区参院選野党統一候補者一覧。
http://sealdspost.com/archives/2369

7月10日の参議院選挙が近づいてきました。

全国32の一人区で野党統一候補が成立したけれども、どこに行って候補者を応援していいかわからない。そんな時に必要な情報源として、全国一人区の野党候補者の公式ホームページ、そしてSNSアカウントを、一つにまとめました。

これで応援する候補者の活動情報がわかります。それぞれの候補者の街宣などのイベント情報をチェックして、ぜひ応援に駆けつけましょう!

|

クラブで、トーク。

6月25日、金沢のクラブで、しばたさん個人演説会!

みきさんが生き生きと語ってます。
みきさんのいいとこがいっぱいあふれるような時間でした。
おもしろがりのところ、楽しむことを知ってるところ、だめなものはだめ、ときっぱりいって行動するとこ、ユーモアのセンス、地のままで語るところ、しなやかな、頭の切れのよさ、問題の核心をすばやくつかむところ。
ああ、国会で質問してるとこ、想像する。いい企画でした!!

COFさんが動画をつくってくれました。雰囲気、感じれるよ。

******

VOTE FOR OUR FUTURE~私たちの未来は、私たちが選ぶ~からしばた未来さんのスピーチ動画をまとめました。

前半→https://youtu.be/XcFGltDzYBc
後半→https://youtu.be/tUxDZfepsH0

|

2016年6月26日 (日)

今日26日と明日27日のおしらせ!

150618_ 今日だよ!!はじめてのクラブ体験です。わたしにとっちゃ。

**********

「VOTE FOR OUR FUTURE ~私たちの未来は、私たちが選ぶ。~」

19:00 ~
Program 01「教えて、先生!今さら聞けない 改憲ってなに?アベノミクスってなに?」

<ゲスト> 山崎友也 さん(金沢大学・憲法学)
市原あかね さん(金沢大学・エコロジー経済学)

20:20 ~
Program 02「しばた未来さんってどんなヒト?」

<ゲスト> しばた未来 さん(石川参院選・候補者)

<D J> FRANKKK、SUSUMU KAKUDA

日 時 : 6月26日(日) 18:30 open / 19:00 start / 21:00 close
会 場 : Function Space 広坂1-1-48 広坂ウナシンビルB1F
料 金 : ■若者 500円 ■大人 1,000円
ソフトドリンク&サンドイッチ 付
詳細はこちら
https://www.facebook.com/events/1029478090434181/

*******

明日6月27日18:15 - 19:45
@金沢大学角間キャンパス・人間社会第2講義棟402講義室へ、ママや若者たちとお話にいきま〜〜す。
学生さんたち、どのように聴いてくれるかなあ。

テーマ「くらしとせいじ」
・水野スウ「あなたは、ほかの誰ともとりかえがきかない」
・小原美由紀「不断の努力を普段から」
・選挙へ行きまっしプロジェクトメンバー「あなたはどんな未来を描きますか~同世代からのメッセージ~」
https://www.facebook.com/立憲デモクラシー金沢大学の会-1734564930089073/

|

2016年6月25日 (土)

「あたらしい憲法草案のはなし」

160625__2 ネットで「あたらしい憲法草案のはなし」の1ページ(3原則が変えられてるページ)を見て、読んでみたい!!とすごく気になってたところ、まさに以心伝心、このご本がとどいてびっくり!

「不思議なクニの憲法」の映画をご覧になって、上映会場で「けんぽうぶっく」を見つけて、読んでくださった太郎次郎社エディタスの方が送って下さった模様。
「この本も私なりの12条する活動です」と。
ああ、憲法を介しての、ここでもあたらしい、うれしい出逢い。

書きっぷり、文体の口調が、69年前に書かれた「あたらしい憲法のはなし」そのもので、ぐいぐいひきこまれます。さらに、草案をつくったひとたちの「きもちに寄り添って」かかれているので、あちら側の意図がくっきりはっきり読みとれます。

南野森さんが寄せたコメントのように、たしかに、取り扱い要注意の、というトリセツが必要なくらいの、高度にすぐれた草案ガイドブック。

「紅茶の時間に集うみなさまに回覧して、笑っていただければ幸いです」とありましたが、まわしよみはもったいないので、まとめてお頼みすることとしました。

|

不思議なクニの憲法@クッキングハウス

160625_ 調布の不思議なレストラン、クッキングハウスから、「不思議なクニの憲法」上映会、クッキングハウスでもしますよ〜〜!のおしらせが届きました。

6月30日木曜日 15:00〜17:00 場所はクッキングハウス2階のクッキングスター。
参加費1000円(お茶菓子付き) お申し込みは、042−498−5177まで。

映画の後は、夕ご飯をたべながら語り合いましょう、の時間。夕食代は500円(お得!)
この映画は見て、語る、の時間がとりわけいいんです。おまけに、クッキングハウスのおいしいお食事つきならなおのこと。
選挙の前に一人でもおおくの方にみていただきたい、との、クッキングハウス特別企画です。

ぜひぜひおでかけください。
そして調布にこんなに心休まる安心な場所、おいしいレストランがあること、知って下さいませ。

|

2016年6月24日 (金)

憲法くらべ猫

160623_ お願いしていた猫ちゃんけんぽうくらべが届きました!!(憲法くらべ猫バージョンっていうのが本名みたいですけど)
これをひとに手渡すことも、私の、せんきょうんどう。
   ↑
あ、今度の選挙がとってもとっても重要な意味があるんだよ、と知ってもらうための、一人でも出来る活動のことを、こう読んでいます。
いのみら通信103号を増す刷りして、多くの人によんでもらうようにしたのも、私のできる、せんきょうんどう。
いのみらは2500部が飛び立って行ったよ〜〜。

ゲンくん猫(現在の憲法)とカイくん猫(改憲草案)が、一目瞭然、その違いを説明してくれています。
カイくんの98、98は、今の憲法にはない条項、緊急事態条項のこと。
もしも改憲派が3分の2の議席をとると、選挙後に国会で発議される可能性がおおいにあるのです。
共同通信の事前調査によれば、その可能性、いまんとこ、大きい!!
さあ、どうやってこの流れをかえていく?
一人ひとりのふだんの努力が必要なんだよ!

*********憲法くらべさんより*******

憲法くらべ猫バージョンの小冊子、発送の準備が整いました (^^)/
PDF 版はダウンロードしてご自由にお使いください~ !
高校生、あるいは、小さなお子さんとお母さんにも、是非見て欲しくて、より分かりやすい猫バージョンとなりました !!! もちろん、文字が大きくわかりやすいので、ご年配の方にもご活用いただければ幸いです !
また、小冊子につきましては、申し訳ありませんが製作の実費分だけ頂ければ助かります。
12冊(ワンセット、送料含む)・・・1000円
で発送いたします。
ごめんなさい、送料含むとこんな金額になってしまって。
ご希望の方は、当 FB ページ上部のメッセージボタンを使用してくださいませ。非公開でメッセージをこちらに送信することができます。
お名前と送付先、ご希望のセット数をご記入いただければ、こちらから連絡先等を送らせていただきます。
そののち定額小為替(1000円分)を送っていただきましたら、こちらから小冊子を送らせていただきます。
選挙を目前に控え、憲法の大切さをみんなで考える、そんなきっかけの一つにでもなればと願っています。
ぜひ、カフェや勉強会、集会などで、にゃんこの『憲法くらべ』、ご活用くださいませ(=^・^=)。
https://www.facebook.com/憲法くらべ-811795502285137/?fref=nf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「憲法くらべ 猫」で検索したら、FBの「憲法くらべ」に行けます。

その後、動画もできたそうです!

https://www.youtube.com/watch?v=6TNg8xauLCY&feature=youtu.be

|

2016年6月23日 (木)

出発します ともに。

フルートの透明な音色からはじまった、出発式。
今日の出発式にたちあえて、こころがふるえるくらい、感動したのです。
しょうこさんのスピーチ、ももちゃんのスピーチ、みきさんのスピーチ、
この選挙にかかわることは、まさにじぶんごと。 誰かのためじゃない。自分と自分につながるすべてのいのちのためのじぶんごと。

************みきさんのスピーチ

みなさまこんにちは!
今日は平日のお集まりにくい時間帯にもかかわらず、たくさんの皆さんにお集まりいただきましてありがとうございました
ここにはいらっしゃらないけれど、でもずっとこれまで支えてくださったみなさん
ここに集まっておられる、私の「なりきり隊」・・・県内各地に最近出没していらっしゃる皆さん、街頭に立ってくださっているみなさんのおかげで
半年間、なんとかここまでやってくることができました

やっと、という思いと、いよいよこれからだという思いが複雑にまじっています
思い起こせば、
生まれてはじめて、朝の街頭演説ということを県庁前でやりました
吹雪で中止した2日間以外は、1日も休まずに、毎朝街頭に立って、いろんな方にご挨拶してまいりました
コツコツとした、
どう進んでいるのかもよくわからない
そんな活動を、皆さんに支えていただいて
やっと、ここまでこれました
もちろん 辛いこともありました

ごめん・・最初から泣けてきた・・
(がんばれ!)

そんなときに、
必ず思い出して元気をもらった言葉があります
安保法が強行採決されるかされないかわからない
そんな緊張感を持って集会を持った時に
「勇気を持って生まれてはじめて政治的な集会に顔を出しました」という
若いお母さんから聞いた言葉です

第一子を妊娠した時、つわりでほんとうにつらかった
陣痛で体がバラバラになるかと思った
一人一人がこの世に生を受けるのに、母親がこんな辛い思いをしなければならないんだ、
そうやって生まれてきたのが、いま、日本だけじゃない、地球上にいる全ての人間なんだ、
そんな一人が大事にされない
そんな世界に自分の息子を産み落としたくない、そんな思いで、
ここで声をあげたいと思っている、、
と泣きながら話してくれた彼女の言葉が、いつも、私を支えてくれました

今回、
安保法が強行採決されて
日本が、他国の戦争に参加できる
そんな国になってしまいました
戦争には、破壊しかありません
そこで被害を受けるのは、戦争を始めた偉いひとじゃない
普通に暮らしている私たちが、命を含めて
いろんなものを奪われ、被害を受けるのは私たちです
だからこそ、多くの若い人たちが、若いお母さんが、そして
昔若かった、普通の人たちも、国会を囲んで、反対を叫んだ
でも、 その声は、国会には届きませんでした

去年9月に、私は、
日本で政治が変わってしまっていたんだということに気がつきました
政治家が
議論を尽くすことをしなくなった
国民に安心と安全を提供することをしなくなった
そして、政治家が、保身を考えて自分の信念を曲げても、恥じ入ることがなくなった
こんなことを私は「政治」と呼びたくない

去年の9月、
「日本で立憲民主主義が終わった」と言った人がいました
一度終わったものはもう一回始めればいい。
いまここに集まってくださった皆さんと、もう一回、日本の民主主義を始めればいい
そんな思いで、皆さんの前に立たせていただいております

考えてみれば、民主主義は、最初から私たちに与えられたものではありません。
時に血を流しながら、私たちが歴史を通して勝ち取ってきたものです
いちど勝ち取ったものも、行使しなければやがて剥奪される、ということも、歴史が語っています
もういっかい、私たちの手で、日本で民主主義を始めたい、やりなおしたい
そんな思いで、18日間の参議院選挙を戦いたいと思います

一人でできることには限りがあります
でも、ここに集まってくださった皆さん、
心の中で精一杯応援してくださっている皆さんと一緒に
もう一回この国に民主主義の花を咲かせることができる
そんな気がしています
どうか最後までよろしくお願いいたします

*******

160622_ なりきりみきさん スウふう

|

2016年6月20日 (月)

紅茶ミニシネマと7月、藤田さんのお話会お知らせ

160616_ わが家のあじさいたちが虹のようにいろんな色で、きらきら咲いています。
挿し木した鉢植えのあじさいもちいさな花をつけだしました。どれもみな、個性的、一つとして同じ色はないなあ、と見惚れます。

あさって、いよいよ参議院選挙がはじまります。投票日は7月10日。
選挙で投票するのは、一番おおきな「12条する」だと思っています。
選挙は未来をきめること、そして白票は白紙委任状であること、機会あるごと、どうかまわりの、特に若いかたがたにおしらせくださいね。

この日は水曜なので、午後はいつもどおりの紅茶の時間ですが、2:00からは、紅茶ミニシネマを。
「新・映像の世紀」(NHKスペシャル)の最終回(50分)と、「戦争のつくりかた」(7分半)を見たあと、いつものようにトークしませう。
今回はもちろん、お代はいりませんよ。

***********

あわせてもう一つのお知らせ。
7月2日、イギリスからのお客様、藤田早苗さん(エセックス大学人権センターフェロー)をおむかえして、おはなし会をひらきます。160614_

7月2日(土)3:00〜5:00 藤田早苗さんに聴く・訊くの会。 
「どうなってるの?私たちの、知る+表現の自由 〜国連特別報告者が、日本に来たわけ〜 」
@スペースみらい(076−204−6067)武蔵のすき家さんのあるビルの2階、入り口はビルの裏側にあります。 参加費500円

今年4月、アメリカから国連特別報告者として、デビッド・ケイさん(カリフォルニア大教授、国際人権法)という方が、今の日本における「表現の自由」を調査するため来日されたこと、覚えていますか。
彼の来日は、藤田さんからの、国連へのふだんの努力のはたらきかけがあってやっと、はじめて実現したもの。ケイさんは本来、12月に来日の予定が、政府からの直前の要請で延期されていたのです。

ケイさんは、報道の自由、ヘイトスピーチ、特定秘密保護法の影響などを、政府要人やジャーナリストや弁護士にインタビューして調査し、政府からメディアへの圧力があること、また、それを押し返すメディアの力も弱まっていること、
また、憲法に保障されている私たちの表現の自由が、自民党の改憲草案では制限されていることも問題だとして、報道の独立性が重大な脅威に直面している、と強い警告を発しました。

イギリス在住の藤田さんは、ケイさんと同じく、国際人権法がご専門で、特定秘密保護法を英訳して国連に知らせてくださった方です。
日本は、国連から人権侵害の勧告を何度うけてもそれを無視しつづけていますが、それも含め、今の日本が世界からどのような国にみられているのか、私たちは知らないことが多すぎるかもしれません。

2010年に世界で11位とされていた日本の報道の自由度は、安倍政権のもと、2016年には72位にさがったといわれています。
海外に住む日本人は、今や、日本人であることがリスクにさえなってきた、という話も聞きます。
今の日本、そして日本のメディアの問題が、国連や国際社会からは一体どのように見えているのか、
日本に住む私たちにはかえって見えなくなっているお話を、この日は藤田さんから具体的にいろいろ聴かせていただきたいと思っています。
あわせて、私/私たちに何ができるかも、ご一緒に考えたいです。

今回の一時帰国中、いくつもの大学で授業をされ、各地で講演もされる藤田さん。
石川県でお話がきけるのはこの日だけです。ご参加、どうぞ、心よりお待ちしています。
場所は、津幡の紅茶の時間ではなくて、武蔵のスペースみらいなので、どうかお間違えなきよう。
お問い合わせ、お申し込みは、水野までどうぞご連絡ください。076−288−6092 

|

上田におとどけ

18日、はくたかにのって一直線で信州上田に。
去年の8月からかぞえて長野県へは5回目、けんぽうかふぇのお届けは11回目。

会場にはいるなり、年代越えた男子女子がてきぱき準備していて、きもちいい挨拶の声があちこちから。
中心になってよんでくださった安井さんが、上田でゆたかなひとネットワークを紡いでこられたんだな、って感じる。
160618_ すんばらしい花をダイナミックにいけてたのは、焼き物をしているというミドル男子さん。
題字の紙に天使を描いてくれたおかあさん。160618__2

書籍コーナーの看板を描いたのは何歳だろ、リトルレディ。
160618__3
午前の部は赤ちゃんからシルバーまで。こんなに参加する人の年齢層幅広いのもめずらしい。
以前から9条の会などで活動して来た方達と、去年あたりからつながったママたちと。
去年の長野や松本で話を聴いてくれたママたちもいれば、「不思議なクニの憲法」を観た人たちも。

単語な感想では、
・9条だけじゃなかった憲法
・キンキュウジタイ条項の紙芝居、すごくわかりやすい
・ほんとはすごく身近だった、美しいもの、だったんだね、憲法って
・白紙(投票)はだめよ  
・ぼくらだったら12条を実践しましょう、といっちゃうところ、「12条する」が若い人の感覚でいいですね(っていわれて照れる。えへっ、私の発明でありまする)

160618__4 ランチタイムに6歳の坊やから手渡された折り紙に、きわめつきの超うれしい感想が書かれてた。
「すうさんのうた たいせつにします すうさんえ」
うれしくて泣きそうだよ、わたし。

おいしい手作りランチ、おつけものもバラエティあり、どれもおいしい!

*******

午後の部はほとんどの人がいれかわって、織座農園の典子さんもみわちゃんといっしょに八千穂村からかけつけてくれました。

目の前に高校生が6人。映画を見てくれた高校生もいました。
彼、彼女たちが、ほんとにまっすぐに聴いてくれるので、こっちもいつも以上に気がはいっちゃったらしくて、気づいたら、きゃ!2時間半ノンストップ。
(こんなこと、まずない、いつも約束の時間枠で話しきるよう努力してんだけど、この日は頭のスイッチかんちがい、時計をよみちがえてた)
でもね、終わってから、高校生男子が「めっちゃ楽しかった!授業よりおもしろかった、あっという間だった」っていってくれて、よかった~~。
主催者の安井さん、きっとはらはらしてたでしょう、ごめんね。
高校生の中には18歳が2人も。たのむぜ、おとな!って17歳以下から彼らの未来まで託されてるんだね、っていったら、おおいにうなづいていた。

紙芝居の最後に出て来る、「PeaceにVote!」の言葉。高校生の彼らがいるからなおさら、Peaceの説明をきちんとしたかった。
積極的平和と、積極的平和主義とはまるきり違うこと。
前者は、貧困や差別、格差のない社会のこと。
後者は、英語でいうとすごくわかりやすい。
proactive contribution to peace. プロアクティブとは、戦略用語で、「先制攻撃」、つまり、専守防衛じゃない方法で平和に貢献する、って意味です。
私が選挙で投票するのは、積極的平和な、安心してくらせる社会を、ともにめざす候補者です。

印象的だった言葉を書く単語な感想の時、もと先生をしてらした、たぶん私と同年齢の男の方が、高校生が真剣にうなづきながら聴いている姿に、感動して、、と、涙され。

その高校生たちの何人かは、「I am a piece of peace」という言葉をあげていました。
そういう感覚こそが、I am 主権者、って意識することだよね、と話したことをうけて。

終わってから一緒にお茶した時、一人の高校生の女の子から、「私たちが来たこと、おとなたちはどうしてこんなによろこんでくれるの?」と質問されました。

そりゃね、めっちゃうれしい。だってそれは、バトンを受けとってくれる人がここにいる、ってことだもの。
そうなんです、バトンを手渡したくて、私、いろんなとこに出かけるんだ、届けにいくんだ。

*****

とはいえ、あさってが参院選の告示日なので、選挙終わるまで、県外出前はこれでいっときおやすみで〜〜す。
160619_ 昨日19日の市民連合の集会には、東京から来てくれたシールズのわかこちゃんも、ママたちもしばたさんも、みんなゆかたをきて、とっても美しく、迫力あるコールの声を金沢に鳴り響かせましたよ!

160619__2 こちらはのとじょの2人。

|

2016年6月17日 (金)

明日は上映会ラッシュデー@全国

160615_ 不思議なクニの憲法上映会。
6月18、19日は全国的に上映会ラッシュ、みたいです。2日間で、35カ所、とか。

松井監督は、明日は広島の福山での映画館上映の舞台挨拶に。
進行役をするあやちゃんは、20数年前は富山にすんでて、一緒に志賀原発反対に能登にいった仲。
明日はいんのしまいさんも会場に。

監督があらかじめけんぽうぶっくを映画館にとどけておいて、映画のあとのトークの時、
本の紹介もしてくださってること、ほんとにありがたいです。

松井さんのお話では、参院選前に全国で250カ所の上映会が予定されてるとのこと!!
なんとか、憲法のこと、しってほしい、そして選挙のあとに出されるかもしれないキンキュウジタイ条項の改憲の可能性にも危機感もってほしい、って
切望しちゃいます。

**********

石川県内のご案内をここにもういちど。
上映会の参加費はいずれの会場でも1000円です。学生さんの参加は500円。
ぜひお知り合いの方にもお声かけてご一緒に。
6月18日(土曜日)石川県内上映会、ラッシュ!!
*全水道北信越地方本部さん主催 1:30~ 駅西から歩いて5分の労済会館2F第一研修室にて  組合のかたでなくてもどなたでも。50名まで。
*羽咋大川町の「夢生民(むうみん)」で 2:00~4:30 お問い合わせ 0767-23-4137 
*羽咋寺家町の松田鍼灸治療院で 6:00~8:30 お問い合わせは松田さん 090-9957-4662 
*小松白江町第一地区コミュニティセンター 1:30〜4:30
*喫茶フローラ(小松市役所前)会議室 6:30〜9:30
6月19日(日曜日)
*小松称名寺 3:00〜6:00
*小松第一地区コミュニティセンター 6:30〜9:30
18日と19日のおといあわせは今村さんへ 090−1310−9072

7月にはいってからは、
7月3日(日)と4日(月)未来塾おとなの学び主催
*2日とも、会場は近江町いちば館 4F集会室 2日ともそれぞれ、10:00〜と2:00からの、2回上映
7月6日(水曜日)
*ほたるの会さん主催 1:00~4:00 映画と話し合い  女性センター5F研修室 40名まで

********

明日18日は、上田に日帰りでけんぽうかふぇのおとどけに行きます。
すでに不思議なクニの憲法の上映会もしている方がよんでくださいます。

今からみらいにYES!の会議がスペースみらいであるので、それにでて、今夜は金沢の隠れが泊。
というわけで今から明日の夜もどるまで、デジタルデトックスしま〜〜す。
お返事がおそくなりますこと、おゆるしください。


|

2016年6月15日 (水)

上田へおとどけ

160614__3 6月18日、信州は上田へ、けんぽうのお届けです。
午前の部は10:00〜12:00 「わたしとあなたのシアワセ けんぽう」
子育て中のママたちとかにきいていただけそうです。

12:00〜1:20 ランチ&フリータイム パンやおにぎりやクッキーやコーヒーなどのお店がでるそうですよ。
わたしもここでおひるをいただきます。

午後の部は1:30〜3:30
「日々の幸せを憲法から〜〜民主主義を生きる私たち〜〜」

会場は午前の部からずっと、上田市中央公民館大会議室
資料代500円 高校生以下は無料です/

上田ではもう「不思議なクニの憲法」自主上映会もしています。
その時、高校生が3人きてくれたそうだけど、今度はその彼らにあえるかな。
あえるといいなあ。

お問い合わせは安井さんまで 0268−27−3186

|

今日の紅茶のこと

160426_ 今日15日の紅茶は、つごうにより、3:30じまいとさせていただきます。
ここんとこ時々、閉店時間?が早くなったりしていてごめんなさい。

翌週22日は、参院選の公示日。
午前中は私もそのスタート地点にいますが、午後はかえってくるので紅茶はいつもどおり1:00〜open。
この日は紅茶の時間内で2:00〜紅茶ミニシネマをします。

1月から毎月、松井久子監督の作品を、「何を怖れる」「ユキエ」「折り梅」「レオニー」、そして5月には最新作の「不思議なクニの憲法」を紅茶でみてきました。

5月の「不思議なクニの憲法」以外は、文字通りの超ミニミニシネマ。
1月〜4月までの紅茶シネマでは、映画観るお代を、「不思議なクニの憲法」制作への応援カンパとしていただいてきたけど、今回のはお代いりません。

この日、ご一緒に観るのは、録画してあったテレビ番組と、ノディンのつくったアニメーション「戦争のつくりかた」です。

そのテレビ番組は、「新・映像の世紀」の最終回。
誰もがメディアになれる時代。SNSが世界中をかけめぐり、自分のみたものを、瞬時に、映像と音で発信できる現代。
日常のうれしいも、かなしいも、そして世界中が、今しらなければならない信じられないひどいできごとも、希望も絶望も。

「戦争のつくりかた」は、同じ題名の絵本を、ノディンの丹下さんがよびかけて、40人のいろいろなアーティストたちが参加し、あらたな映像にした7分半の作品です。
日本の今、がとてもリアルにせまる、必見の映像。

**********

今週、シネモンドさんでは、鎌仲さんの「ヒバクシャ」とノディンの作品を1日おきに上映していて、そのなかにこの映像もありますよ。
ノディン作品は何本もあるののくみあわせなので、どれとどれを観られるかはいってみてのお楽しみかもしれないけど。
@シネモンド12:25〜 月水金曜日はノディン作品、火曜と木曜が「ヒバクシャ」です。
火曜は、「ヒバクシャ」を観た後、パンケーキ食べながらトークする、って企画もあります。私もこれに参加します。
ヒバクシャはみてるけど、もう何年も前に見たので、今一度またみたくて。

|

なりきり作戦@津幡

160614_ 朝、7:30から30分、津幡のまちかどに立っています。
遠くからみると、ね、誰かさんみたいでしょ?
友人、として立っているんですよ、
県内のいろんなところで同時多発で、なりきり作戦、やってます。

******

こんやは、候補者3人の公開討論会。
青年会議所ほか、の主催です。
7:00〜金沢歌劇座。

しばたさんの話はもとより、自民党の岡田さん、幸福実現党の宮本さんのおはなし、ぜひとも聴きたく、参加します。

|

石川県内、「不思議なクニの憲法」上映会スケジュール

160614__2 「不思議なクニの憲法」石川県内上映会のおしらせ。

5月7日@紅茶の時間 8日@スペースみらい、そして、5月28日の花色木綿さんでの上映会。
この日に参加された方の中から、またあらたな上映会が生まれています。
今のところ、決定している分を、おしらせしますね。

選挙前なら10人からでも上映会がひらけますよ。ぜひ、あなたのおうちでも。
お申し込みはこちらまで。このサイトから、上映申し込み、へ進んで下さいね。
http://fushigina.jp/

*****

参加費はいずれの会場でも1000円です。学生さんの参加は500円
ぜひお知り合いの方にもお声かけてご一緒に。

6月18日(土曜日)石川県内上映会、ラッシュ!!
*全水道北信越地方本部さん主催 1:30~ 駅西から歩いて5分の労済会館2F第一研修室にて  組合のかたでなくてもどなたでも。50名まで。

*羽咋大川町の「夢生民(むうみん)」で 2:00~4:30 お問い合わせ 0767-23-4137 
*羽咋寺家町の松田鍼灸治療院で 6:00~8:30 お問い合わせは松田さん 090-9957-4662 

*小松白江町第一地区コミュニティセンター 1:30〜4:30
*喫茶フローラ(小松市役所前)会議室 6:30〜9:30

6月19日(日曜日)
*小松称名寺 3:00〜6:00
*小松第一地区コミュニティセンター 6:30〜9:30
18日と19日のおといあわせは今村さんへ 090−1310−9072

7月3日(日)と4日(月)未来塾おとなの学び主催
*2日とも、会場は近江町いちば館 4F集会室 2日ともそれぞれ、10:00〜と2:00からの、2回上映

7月6日(水曜日)
*ほたるの会さん主催 1:00~4:00 映画と話し合い  女性センター5F研修室 40名まで

|

毎日新聞に映画のことがのりました。

きのう、東京に住む高校の時の同級生が、「毎日新聞にのってたよ〜〜、切り抜き送りましょうか」って連絡をくれたとこでした。ネットでよめるけど、やっぱり紙媒体でみたいので、あつこさん、切り抜きおくってくださいね〜。

記事の中で、12条する、をとりあげてくれてる。うれしいな。

*********

この国はどこへ行こうとしているのか 試練の憲法 
映画監督・松井久子さん(毎日新聞 6月14日)
全文読む時はこちらから。
  ↓
http://mainichi.jp/articles/20160614/dde/012/010/003000c

不思議なクニの無関心

 夕日が映る国会議事堂前を、映画監督の松井久子さんと訪れた。この場へ足を運ぶのは「あの日」以来のことだという。昨年9月19日。安全保障関連法が成立した日だ。「憲法守れ!」「戦争反対!」。ここで大勢の人々が汗だくになって反対の声を張り上げた。その熱気を「憲法の未来」というタイトルのドキュメンタリー映画に残そうと、集会を撮影していた。
 「あの日、胸にわき起こった無力感を思い出しました」。松井さんは、国会議事堂に背を向け、こうつぶやいた。

(中略)
映画の中で出てくる一場面。安保関連法反対デモを呼びかけた19歳のフリーター(当時)、高塚愛鳥(まお)さんが、茶髪にくっきりメーク姿で声を上げた。「ギャルって政治のことを考えちゃダメなんですか? 憲法があるから私らしくいられて……この私の日常を壊されたくない!」

 石川県在住の主婦、水野スウさんが「12条する」という動詞を日常会話で使うことを呼びかけ、他の主婦たちが勇気づけられる姿も描かれている。12条には「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」とある。自宅で憲法の勉強会を続け、「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」という本を書いた水野さんは「不断の努力を普段から、ですよ」と肩肘を張らずに「12条する」のが大切だと話す。

 あの日わき起こった無力感がゼロになったわけではない。だがインタビューを重ねる中で「憲法には、私たちはどう生きるべきかが書いてある」と希望を見いだせるようになった。

(中略)
これまで映画製作費用は、映画の趣旨に賛同する全国各地のサポーターが出資してきた。今回も同様に「今こそ憲法の映画が必要」と訴えたが、資金集めは予想以上に苦労した。熱心に支援してくれたサポーターの一部から「憲法のような政治的なテーマだと遠慮させていただきたい」という声が出たのだ。

 「一体なぜ、萎縮……、いや、自粛のムードがここまで広がっているのでしょうか」。自粛という言葉を選び直した後、語気が強まった。「私たちの憲法がないがしろにされようとしているのに、なぜ自分のこととして考えることをしないの?」
 製作過程で、映画のタイトルを「不思議なクニの憲法」に変えた。憲法の未来より、「国民の憲法が危機なのに無関心が広がる不思議な今」を国民一人一人に問いかけたかったからだ。安保関連法を成立させた政権与党を「強行だ」と批判するのはたやすい。だが、彼らに政権を与えたのは、私たち国民ではないか。映画を通じてこの点を再認識できればと考える。

 6月上旬に岡山県内で開かれた「不思議なクニ」の上映会。主催は地元の中小企業経営者で作る団体で、どちらかといえば現政権の政策や改憲の方向性に賛同する人が多いと事前に耳にしていた。普段は護憲派の女性グループの会合に呼ばれることが多い松井さんにとって、初めての体験だった。上映と講演後の質疑応答で、自民党の地方議員だという男性が挙手した。「本当に勉強になりました。考えさせられました」。批判されると思ったら謝意の言葉だった。「映画に出演した人々の身近な憲法への思いが、立場が異なる人たちにも何かを伝えられたのでは」。思いがけない男性の言葉に、感情的な憲法論争を乗り越える可能性を感じた。

 松井さんは、現行憲法を絶対に守れと主張しているわけではない。性的マイノリティーや、在日外国人の人権を擁護する明文規定はないため、その部分を補うことは必要かもしれないと考えている。「改憲、護憲の立場に関係なく、この映画を見て、立憲主義や人権の大切さが自分の問題だと気づいてほしい」

 参院選(7月10日投開票)が近づいている。安倍晋三首相は街頭演説などで「アベノミクスを加速するかが争点」と訴えるが、改憲が本音だと考える。「政権与党の狙いに、国民がどんな意思表示をできるか、試されているのだと思います」。「不思議なクニ」の住民の無関心から脱し、どこまで一人一人が「12条する」ことができるか分からない。でも、昨年のような無力感は味わいたくない、と強く願っている。【江畑佳明】
      ◇
 この参院選で改憲勢力が発議に必要な3分の2議席を超えれば、安倍政権は悲願の改憲が可能になる。試練を迎えた憲法に私たちはどう向き合えばいいのか。識者と考える。


|

不思議なクニの憲法上映会のおしらせ

「不思議なクニの憲法」上映会のおしらせ。

********

練馬のひえとりと雑貨のお店のCandy Kateさんで。
6月20日の、午前と午後の、2回上映。
東京都練馬区富士見台2−1−11あずまビル1F     
①10:00〜 ②14:00〜    入場料1000円   
松井監督もみえる予定ですって!
問合せ:080-1415-4862 渡辺さん

CandyKateさんは、
東京都練馬区富士見台2-1-11あずまビル1F
≪交通アクセス≫
西武池袋線富士見台駅下車
(池袋始発、各駅停車8駅目。乗車時間※約15分)。
エスカレーターを降りて改札を左折(南口へ)。
角のミスタードーナツを右折後、約5分直進。
突き当り手前、左角。
「キャンディケイト」の手書きの看板が目印です。

*********

丹波のけんぽうかふぇにきてくれた吉谷さんも上映会ひらきます。
ハーバーランド文化村  
神戸市中央区東川崎町1−5−7    2016年6月22日(水)
18:30〜20:30   
入場料1000円    主催:UBUごえ

新長田勤労市民センター講習室1
神戸市長田区若松町5−5−1    2016年6月25日(土)
①13:30〜15:30  ②17:00〜19:00    主催:UBUごえ




|

けんぽうかふぇ@関西のご報告

6月初めにうかがった、京田辺、南草津、向日町、丹波の柏原での、けんぽうかふぇ。
憲法のはなし聴くのははじめて、という参加者さんの多い場所にはいつだって、希望がいっぱいあります。
だって、変わりうる可能性を一番秘めてるひとたちだもの。

160604_ 京田辺での「憲法とわたし」をひらいてくれた順子さんが、
「憲法を考える、12条する、って、自分を開いていくということなんですね。まだまだだけれど、これからも自分を開放しながら、私にできる12条、ここで続けていきます」
参加してくれたお一人が、
「もっと、たくさんの人たちに聞いてもらいたいけど、スウさんは、そうではなく、聞いた人たちに、その話を自分の中で消化してもらって、周りに広げてほしいんだと分かりました」
(そうなんです!そこんとこわかっていただけてうれしい)

順子さんたち、11日の京都の映画館での「不思議なクニの憲法」を観た後、フランソワという近くのクラシカルな喫茶店でシネマトークもしたそうですよ。
この映画、みたら人と話したくなるものね!映画館での上映後のこういうアフターがいいな、って思う。

******

南草津では、滋賀の図書館を考える会の方たちと、文庫してるけふさんとの、共催でけんぽうかふぇ。
図書館は、民主主義をそだてる場所。そのことを知ってる方の主催、ということもおおいに意味あり。

ランチタイムもゆっくりあったので、実行委員のみなさんともゆっくり放課後できたよ。
「13条のうた」のCD、どなたかがてっきり3000円とかんちがいしてて、今日は買えない、とおもいこんでたのが判明。
いえいえ300円です、といったらその場でとぶように?うれたのもおかしかった!!

この日に参加した若いママが主催する「不思議なクニの憲法」上映会は、6月17日、近江八幡男女共同参画センターにて。

その夜は、京都の向日町でナイトけんぽうかふぇです、といったら、あら、向日町なら知らせたい人いるわ、とその場で電話してくれた人もいました。

*******

160606_ 向日町では、かつこさんちでこじんまりと、おうちナイトかふぇ。
南草津の方のおともだち、実際に向日町にきてくださいました。なんと、かつこさんを知ってた方で20年ぶりの再会!というびっくり。
20年近いつきあいの翼ファミリー。かつこさん夫婦。夜の会合がありながら、1時間枠のけんぽうとーく、最後まできいてくれた、かつこさんの森の活動仲間たち。

けんぽうかふぇはいつだっていちごいちえ。少人数でも、短い時間でも、むしろ濃く、伝えたい核心部分はきっと伝わる、そんな確信をちかごろますます抱いています。

*****

丹波では、もと富山にいて親しかった若いママ、たかみちゃんが、地域のママ友たちに声かけてけんぽうかふぇをひらいてくれました。
けんぽうぶっくをまわりに知らせて、読んでくれたママたちの感想も、ハガキでつたえてくれていました。

「とっつきやすい、冊子がかわいい、言葉がわかりやすい」「知らないことがいっぱい、びっくり、こわいよ〜」「けんぽうって優しい」「なんでだか涙でたよ〜」

その言葉を見たとき、ああ、こういうママたちんとこにおはなしに行きたい、ってずっと思ってた。そのハガキ、いつもバッグに入れて持ち歩いてた。
でも丹波は結構遠くて、単独で行くのは無理。今回、幸い、関西の紅茶つながりのおとなたちがよんでくれて、その連携のおかげでくることができたんでした。

たかみちゃんにはいいママ友たちがこんなにたくさん近くにいるんだね。一家で丹波に移り住んでから、そういう関係つくってきたのもすばらしいこと。
おいしい持ちよりランチのあともたっぷり時間があったので、何人かのママとは個別にお話もできたしね、いい場の設定をありがとう。

******

どの出前先でも、最後には選挙の話。キンキュウジタイ条項の話。
前回の選挙にいかなかった4922万人+18歳からの240万人のひとたちこそが、実は私の希望です、ってことも、
選挙することと投票することは違う、白票は白紙委任状だよ、ってことも、しっかりつたえてきました。

|

2016年6月11日 (土)

今日は、いしかわ市民連合presents 街頭スピーチ

11時からのスピーチリレー、聞きに行きますね〜〜!
市民がつくる選挙、市民が参加する選挙。
しょみんはきょうとう、共に問うのだ、いまの政治を。

12時まで聴いたら、しねもんどでノディンの丹下さんのトークと映画、
そのあと4:45からは保坂展人さんの講演会@武蔵ITプラザ。

なんとかそれまでに、7月2日の藤田早苗さんのお話会@スペースみらいのちらしを用意してもってかなくちゃ!
藤田さん、イギリスにすんでらして、6月末に来日、
藤田さんの粘り強いはたらきかけがあって、国連特別報告者のデビッドケイさんが、日本の表現の自由、報道の自由について、調査のため、来日されたのでした。

********あ、本題のリレースピーチはこちらです!
ごうかなスピーカーたち!!
       ↓

いしかわ市民連合presents 街頭スピーチ
「VOTE FOR OUR FUTURE」
6/11(土)11:00-12:00 @ 香林坊アトリオ前

<ゲスト・スピーカー>

★上田朋和(民進党)
★広田みよ(共産党)
★山口俊哉(社民党)

<スピーカー>

★市井さなえ(主婦)
★河合隆平(金沢大学准教授)
★小浦むつみ(コミュニティトレード・アル)
★澤口朋之(保育士)
★徳田隆裕(弁護士)
★舟崎純平(会社員)
★ほしのあき(旅カフェ.com)
★山崎友也(金沢大学准教授)
★横山加奈子(医師)

私たちフツーの市民と3つの野党が手を取り、一人ひとりが輝く社会を実現するため、街中で政治に対する思いを語ります。

安倍さんのやり方がおかしいと思っているみなさん。
私たちの未来を守るため、一緒に行動してみませんか?
たくさんの方々の参加をお待ちしています!

|

2016年6月10日 (金)

アキくんのスピーチ!

T-ns SOWL応援 アキくんのスピーチ!☆奥田愛基節炸裂☆ 

結果はもうでてる、あべさんの経済政策はしっぱいしたのです。
今回ばかりは、麻生さん発言に、まる!!と思う私です。
よんでね、動画もみてね。

***********

【FINAL】
安倍政権の退陣を求める国会前抗議行動
06.10 19:00〜 国会正門前北庭エリア
T-nsSOWLの国会前抗議は今週金曜日(6/10)がラストです!

+*+*+*+

こんばんわぁ、SEALDsの奥田愛基と言います。よろしくお願いします。時間がないので1分くらいでしゃべれっていうことなんで よろしくお願いします!

言いたいことがあります!

谷垣先生!(笑)以前から、尊敬しておりました!

消費税8%から10%にならなかった場合、アベノミクスは失敗するんじゃないかって心配しておられました!

その心配が当たったんじゃないでしょうか。

それから安倍先生!(笑)

自民党は経済で結果を出すと、ポスターを貼っておられました!

。。。もう結果が出たんではないでしょうか!(爆笑・拍手)

それから麻生先生!(笑)

麻生先生は、顔がこわいとか、ファッションセンスがこわいとか
いろいろ言われてますけど
あなたは唯一、消費税延期すると言った時に、
これは、こんな結論じゃいけないと。なぜなら2014年の時にもう延期することは絶対ないと。
またこんなことをしてしまったら、これはもう一回解散しなければい行けないって言っていましたね。

その気持ちはよくわかります!(笑)

なぜなら、今回 二年半以上の延期なんですよ!

どういうことかわかります?安倍首相の任期が二年しかないのに
次、総裁になりたいあなたにとっては、(笑)
ぜーったいいやなことですよね。
ま、安倍首相がもういっかいするよりは、まいっか、って思いますけど、

僕が言いたいのはー、
これは争点にならないってことです。

消費税を延期するかどうかってことは、争点になりません。

安倍首相がいってるように、経済で結果が出たからです。
70%以上の国民はアベノミクスは失敗したという、結果が出ています!

一番ゆずれないことは、昨年の安保法制を私たち、許してないということです!(そうだ!)

最低限 憲法は守ってほしいとまだ思ってるわけです!

そのような人たちに改憲はまかせるわけにいかないと思ってるわけです!(そうだ!拍手)

・・あ、すいません、ながいすね。

言いたいことは、
これまで安倍総理が総理でいられたのは、「経済で結果だす!」って言って、それにみんなが期待したからですよね?

・・だったら、もう、なんもいいとこないじゃん!(爆笑)

ってわけで、変えてきましょう!

そんな簡単に変わらないです。でも、しぶとくいきましょう!
政治家が変わらないとか、野党がだらしないってことはすっげぇわかります。

32の候補が統一されたことはうれしい! 
でもねぇ そんなことはねぇ、スタートラインなんですよ!
手段でしかないんですよ。

僕たちが唯一信頼できるのは、国民に主権があるってことです!
私たちは、私たちの権利を行使して、政治を変えることができるってこと信じていきましょう。

初めてここに立ったのは 一年前でした!
雨んなか、くそ寒くて、全然人もいなくて、つらかったんだけど、
でも。
少しずつ光景が変わってきたわけです。

この社会、なにが変わって、なにが変わらなかったのか、
注意深くみましょう。

自信を失う必要はまったくない!(拍手)

では、またコールをしてもらおうと思います。
ありがとうございました。

・・・コールこのまましろってことですね。

まいったなぁ、
俺、もう二度とコールしないと思ってたんだけど

ま、いいや。

あべさぁぁん
これが俺たちの不断の努力なんで!
おれたちは、しぶといんで!

あなたたちは仕事でやってるけど、
僕らは仕事でもなんでもないんで、
プライドもってやってるんで!
勝負しましょうよ!

まだ弾はのこっとるがよ、って菅原文太はいってましたけど
俺ら、まだ弾はのこっとるがよ、って言いながらやります。

愛基くん コール!!

※ 全部で8分半です ※

必見動画はこちら! 元動画 YouTube  Makabe Takashi
https://youtube/NRcDtbet0z8

|

2016年6月 9日 (木)

草津で聴いてくださったかたから。

160411_ 滋賀県草津のけんぽうかふぇに参加されてたIさん。

うれしいな!よくぞこれだけ私の想いをきめこまかくうけとってくださって、その上、こうしてていねいに表現して下さって。
これ自体、Iさんの12条する、です。 

子ども達に、戦争と平和の絵本をずっとよみつづけることも、自分の頭で考える子どもを育てることも、12条すること。
それぞれのできる12条はきっと、かぎりなくあるって思います。

そうそう、ヒットラーは全権委任法もつくったけど、その前に、ワイマール憲法の中にある大統領緊急令を悪用して、緊急事態宣言をだしたんだったね。

**********


【ひとりひとりが主人公 12+13=25のうた くさつ
              水野スウさん 憲法カフェ】

日曜日、草津であった憲法カフェに行ってきました。

講師の水野スウさんは、ショートカットでやさしい声の、穏やかな方
でした。
娘さんの誕生をきっかけに、1983年から週に一度、自宅を開放して
「紅茶の時間」をスタート。誰でもどうぞ、の看板を出されています。

そこでは、相手の話をさえぎらず、批判せず、横取りせず、求められてもいないアドバイスなんかもすることなく、ただ黙って聞く。
傾聴、というのでしょうか、相手をまるごと受け止めて、ただ聞く。
あなたはあなたでいいんだよ、というメッセージを、本当はみんな待っているのですね、と。

そんなあたたかい人柄のスウさんならではの、憲法のおはなし。

いま、世の中では「特別できること」「人より優れていること」があちこちで求められています。
学校では、走るのも勉強も、人よりもいい成績をとれば一番。
会社では、価格を競い、技術を磨きあい、実績をあげられるかどうかでお給料もちがってきます。
家庭のなかでも、そう。
同じ月齢の赤ちゃんが比べられ、大きいか小さいか、寝返りができるかどうか、etc・・・。

人とくらべて、とりわけすばらしい「何か」を持っていないと、価値が
ない。
胸をはれない。
でも、特別なものを何も持っていなくても、あなたはあなた。
似た人はいても、おなじ人はいない。
この世にたったひとりの、かけがえのない存在。
何十年も続いている「紅茶の時間」で、生きづらさをかかえた人に何人も出会ったからこその、スウさんのまなざしです。

そんな、かけがえのないあなたが、実は憲法のなかでも大切にされて
いる。
「すべて国民は、個人として尊重される」とうたっている、13条です。
個人とは、ひとりひとりのあなたやわたし。
正社員でもパートでも、結婚していてもいなくても、どんな考え方をしていても、あなたは尊重される、と。

そしてそれは、黙っていても勝手に尊重されるものではない。
あなたやわたしが尊重されるために、「不断の努力」がいるのだと、
うたっているのが12条です。

英語で言うなら、ありのままでいい13条は‘Be’、努力するんだよ、という12条は‘Do‘なのです、と。

憲法の精神で、いちばん大切なのは、実は9条じゃなくて、13条なのですよ、と。

12条でどんな努力をするかは、人それぞれちがっていい。
デモに行く人。
人前でスピーチする人。
目立ったことはできないけど、こっそりカバンにタグをつけている人。
憲法のこと考えようと、カフェの企画をする人。
そのカフェにあつまる人。
小さなことでいい。
自分ができることでいい。
形はちがっても、「12条する」ことが大事なのですね。

「古くなったから」
「アメリカに押し付けられたものだから」
そう言って憲法をかえようとする人たちがいます。

自民党が作っている改憲草案では、個人は尊重されません。
「すべて国民は、人として尊重される。」
公益や公の秩序に反しない限り、と続くのです。

公の秩序って、なんでしょうか。
国会前に10万人も集まることは、該当しないのでしょうか。
デモや集会はどうでしょう。
「公の秩序」という囲いをつくって、その中でなら自由にできますよ、
というのはやっぱりどうも息苦しい。
どういう時に「秩序を乱した」と捉えるかの判断が時の政権によるの
ならば、それは個人の尊重にはむすびつかないのです。

1765万人、これはおととしの選挙で自民党に投票した人の数。
4922万人、それに対して投票に行かなかった人の数。

4922万人に、今回新たに有権者となる18歳、19歳の数250万人を
足して、約5000万人。
この人たちに、わたしは希望をもっています、と。

白票を投じることが批判になる、という宣伝がされていますが、それは
ちがいます。
白票は、現政権への白紙委任。
棄権も、同じことです。

残念ながら投票したい候補者がいなくても、この人が通っちゃ困る!
という人を落とすためにも、
白票でなく、棄権でもなく、投票に行かなくちゃ。
まだ選挙権のない若い人たち、子どもたちから、「たのむぜ、大人!」と言われているのが今回の選挙なのだから、と。

今の政権が三分の二以上の議席を得たら、次にねらっているのは「緊急事態条項」をつくること。
これが通れば、内閣だけで法律と同じ効力をもつ政令がつくれるようになります。
災害等の緊急事態の時に必要、と言いますが、この「等」がくせもの。
何が緊急事態か、の判断が時の政権によるのならば、これまた都合よく「緊急事態宣言」したもん勝ちですね。
デモや集会、国会前にたくさんの人が集まることだって、緊急事態とみなすことができてしまうのです。

第二次世界大戦時のドイツに、これとよく似た法律がありました。
ヒトラーが作った「全権委任法」です。
ヒトラーはこの法律を使って、ワイマール憲法の効力を停止させ、
国をあげてユダヤ人の弾圧に乗り出したのです。

 --------------------------------------------------------------------------------

|

2016年6月 7日 (火)

関西に5つのおとどけ

160604__2 きのう夜、関西5つ(京田辺ふたつ、南草津、向日町、丹波)のお届けを無事終えて、津幡にもどりました。
けんぽうかふぇをひらく、という12条をしてくださった方たち、本当にありがとう!

5つとも紅茶つながりなので、場と場のつなぎもあったかく、自然できもちよくて、私は本当に大切にされているなあ、とうれしくってならない出前旅でした。
どの場にも若いママたちの参加があっことがまたまたうれしい。

こういうママたちもふくめて、それぞれのみぢかなとこで、けんぽうやせんきょや社会のこと語りあえるひとがすこしでもふえていくこと、それが私の希望です。
13と12を介して出逢えた人とは、なぜかふしぎと前よりちょびっと深い話が出来る手応えを私はいつも感じるので、そちらでもそんなアフターがおきていくといいなあ。

若い人が12条してるの見つけたら、あ、いい12条してるね、って伝えるのも、どっちもうれしくなることだから、
先輩たちは、若い人たちのすきま12条の見つけ上手にもなっていけたらいいな、って思う。

子どもたちに平和や戦争の絵本を読み続けることも12条すること、自分の頭で考える子どもを育てるのも12条すること、
子育てと民主主義はよく似てる、手間ひまかかってめんどくさくくて。でもそれがだいじなこと。

参加してくれた若いママたちの顔みてると、それぞれの今できる12条はかぎりなくあるな、って感じて、次々言葉にしていけました。

とりわけ丹波は、平均年齢35歳?ってくらい、子育て真っ最中のママが多かったので、とりわけそのこと、つよく感じたよ。

今度の選挙は、「たのむぜ、おとな」って17歳以下のひとたちから未来を託されてる大事な選挙。

白票は、今の小選挙区制のもとではとうてい批判票にはならず、今のままの政治でどうぞ行ってください、っていう白紙委任状になっちゃうことも、そしたら、あの紙芝居でつたえたキンキュウジタイジョウコウでもって憲法かえよう、(わかりやすいお試し改憲、なんてものでは全くなく)となっていくことも、どうかまたまわりに伝えていってくださいね。

|

しばたさんのスピーチ

5月25日 金沢駅前でのしばたさんスピーチ!
私はこの場にいられなかったけど、こうして書きおこししてくれる方がいて、読むことができます。ありがとう!

**********

2016年5月25日金沢駅前にて

・・・
私は弁護士として、これまで
「声なき人たちの声」を聞いて参りました。

彼らの声は決して
新聞やテレビにはのらない

そんな普通の人たちの
たくさんの悩みを聞きながら
これまで弁護士としての活動を続けて参りました。

そんな人たちの中には、

「どれだけ頑張っても 報われない」

「これ以上、一人では進むことが、できない」

そんな思いを抱えていらっしゃる方が、
たくさんいらっしゃいました。

私はそんな人を、社会全体で
お支えをし、もう一回、自分の力で
立って歩けるところまで支援をするのが
本来の政治の役割である、と、ずっと考えていました。

今、お二人の大先輩のお話を伺って
ますますその思いを強くしております。

けれども、今の安部政権の元では、
自己責任、という言葉だけが、一人歩きをして

強いものだけが、より強く

豊かなものだけが、より強くなれば、

そうでないものは。切り捨てられる、

という政治が行われています。

 

これは、本来の政治のあり方とは
大きくかけ離れている

そんな思いを持っているのは
決して私だけではないと思います。

 

私は5年間、アメリカで生活をしていました。

アメリカでは
「ひとの命には値札がついている」と、言われています。

お金がなければ、安全な所に住むこともできない、
充分な医療をうけるところもできない、

それが
「豊かな社会」と思われていた、
アメリカの、もう一つの姿でした。

 

そんな中で私は
「ひとの命は等しく尊い」ことを信じていられる
日本という国に生まれてきたことを
本当に幸せだと
誇りに感じておりました

 

けれども今、多くの若い人たちが、
日本においても、

「ひとの人生には値札がついている」と
感じているのではないかと、
私は本当に心配をしています。

  

お金がなければ学校に行くこともできない

お金がなければ介護を受けることもできない

お金がなければ結婚も、子どもを産むことも、できない

 

いったいなぜ、そんな国に日本がなってしまったのか、ということを
もう一回、問わなければならないと思います。

   

これまで、政治は、
ほんの一握りのエリートによって
独占をされてきました。

そして、政治が、
私たち一人ひとりの思いから
どんどん、離れていってしまったのだと、思います。

  

もういちど、政治を、私たちの手に 
取り戻さなければならない、そんな思いで
今回の参議院選挙に挑戦をさせていただきました。

 

今日は、
ザ・自民党と言われていた小沢代表と、そして
共産党の志位委員長と、そして
民進党の県連代表、また
社民党の県連代表、この
4党揃った中で皆様の前でご挨拶をさせていただいてます

 

自公のみなさんは
「野党はバラバラだ」と言っているようです。

でも、私は、
「バラバラでいいんじゃないか」と思います

 

この社会に生きているのは、
決して
高級なダークスーツを着た
エリートだけではありません。

様々な思いをかかえた
私たちがひしめきあっているこの社会のなかで

もういちど、政治が
みなさんの声をうけて

みなさんの人生をよりよくするために
前進するためには

いろんな価値観を持った人が
知恵を出し合い、意見を出し合い、
そして力を出し合って、戦っていくことが
必要なんだと思います。

 

夏の決戦まで、もうあと少ししかありません。
まだまだ、私には、力が足りません。

 

けれども、みなさんのお力をうけて、
みなさんのご助力をうけて、
必ず、みなさんと一緒に勝利を納めたい、そのようにお願いをいたしまして
ご挨拶とさせていただきます。

 

|

2016年6月 2日 (木)

不思議なクニの憲法の、シネムーブメントin 石川県!

160425_ 「不思議なクニの憲法」石川県内上映会のおしらせ。

5月28日の花色木綿さんでの上映会は終了しましたが、今のところ、決定している分を、おしらせします。
選挙前なら10人からでも上映会がひらけますよ。ぜひ、あなたのおうちでも。
お申し込みはこちらまで。http://fushigina.jp/jyouei
*****

参加費はいずれの会場でも1000円です。
ぜひお知り合いの方にもお声かけてご一緒に。

6月18日(土曜日)
*全水道北信越地区さん主催 1:30~ 
駅西から歩いて6分の労済会館2F第一研修室にて  
組合のかたでなくてもどなたでも。50名まで。

*羽咋大川町の「夢生民(むうみん)」で 2:00~4:30 お問い合わせ 0767-23-4137 学生さんの参加費は500円

*羽咋寺家町の松田鍼灸治療院で 6:00~8:30 お問い合わせは松田さん 090-9957-4662 学生さん500円

*小松白江町の第1地区コミュニティセンターで 1:30〜4:30 
*小松小馬出町の喫茶フローラで 6:30〜9:30

6月19日(日曜日)
*小松の称名寺で 3:00〜6:00
*小松白江町の第1地区コミュニティセンターで 6:30〜9:30
(18日と19日、小松での4つの上映会のおといあわせは、今村さん 090−1310−9072

7月3日(日曜日)と4日(月曜日)
金沢近江町いちば館4F研修室で ①10:00〜 ②2:00〜 
計4回の上映 おといあわせは未来塾おとなの学びの小沢さん 076−237−7241

7月6日(水曜日)
*ほたるの会さん主催 1:00~4:00 映画と話し合い  
女性センター5F研修室 40名まで

どうぞつごうのつく会場で、この映画ごらんになってくださいませ。

|

あと40日

SEALDsの、選挙まであと40日、より。

https://www.facebook.com/saspl21/photos/a.252432668298634.1073741829.252421591633075/515411775334054/?type=3&theater

5月31日 12:36 ·

📌参議院選挙まで、あと 40日 。

7月10日は参議院選挙です。

今回の選挙のポイントは4つ。

 

1️⃣アベノミクスの評価
 安倍政権は、アベノミクスという経済政策で「日本を取り戻」そうとしてきました。しかし、得をしたのは大企業や株を保有しているような高所得者のみです。トリクルダウンも起きず、従業員の給与も上がらず、消費税だけが上がりました。
 日本が必要としている経済政策は、アベノミクスのようなものではなく、税の再分配の見直しや内需の拡大です。
 そんな経済政策を政治家に求めていきましょう。

2️⃣生活を保障する政治を
 前述した通り、アベノミクスでは高所得者ばかりが得をしました。与党の言うように、たしかに雇用者数は増えましたが、正規雇用者数は減り、”非”正規雇用者数は増えています。
 また、最低賃金が低いためにワーキングプアが発生しています。保育園問題の中でも、保育士の給与が低すぎることが話題になりました。
 子どもを育てるのにお金がかかること。生きるために働くけれど、働きすぎて体を壊すこと。勉強するために借金をすること。このような現状を放っておくなんて、政府は生存権の保障をしようと思っているのでしょうか。
 生存権が当たり前に保障される政治を求めましょう。

3️⃣安保法制
 昨年、安保関連法案が強行採決されました。この法律は自衛隊を激しい戦場へ送り込み、人を殺し/殺されるようにするものです。自衛隊が紛争当事者に、日本は紛争当事国になります。
 そんな多くの命に関わる重要な法案を、与党は強行採決にて可決させました。人間かまくらをつくり、議事録にも残らないような状況で、採決を行ったのです。(最近、この議事録について国会で指摘があり、速記を修正し、あたかも平穏に採決されたかのような記録にしたことが問題となっています。)
 しかも、9割の憲法学者がこの法案を「違憲」としています。
 安保法案は、人の命を軽んじ、また立憲主義をも否定するものです。
 立憲主義に基づき、国民の命をしっかりと考える政治を求めましょう。

4️⃣改憲を許すかどうか
 自民党改憲草案。みなさんはチェックしましたか?
 自民党は、この参院選で勝利(参議院2/3以上の議席を取る)した場合、改憲を進める可能性があります。この改憲草案には、私たち国民がもつ多くの大切な権利を脅かすかもしれない内容が含まれています。
 まず、立憲主義を否定しています。本来憲法は国家が自由に権力を行使できないように、国家を規制するものです。しかし、草案では「国民は、この憲法を尊重しなければ」と書いてあります。つまり、憲法によって国民を規制しようとしているのです。
 「公共の福祉」も「公益・公の秩序」へ変更されます。これは、国家や政府の利益に反するものを排除しようとすることが予想されます。
 たとえ、現政権がわたしたちの権利を脅かそうとする気がなかったとしても、法律はずっと残ります。いつか「解釈改憲」をして、私たちの権利を脅かすかもしれません。
 立憲主義、平和主義、基本的人権の尊重を軸にした政治を守りましょう。

選挙は、わたしたちの未来を決めるもの。
どこに投票するかを考えるだけでなく、「こんな政治をしてほしい!」と主張することも、大事です。

あなたの行動が、選挙を楽しいものに変えていきます。

CHANGE together and VOTE together !!

  

※上記をわかりやすく画像にしたものを用意しています!ぜひ、ご活用ください。
▶︎拡散おすすめ画像の倉庫 http://sealdspost.com/archives/1037

  
  

==選挙お役立ちサイト===============================
・選挙.com  http://go2senkyo.com
・市民連合 http://shiminrengo.com
・SEALDsPOST  http://sealdspost.com
・国会議員いちらんリスト  http://democracy.minibird.jp





|

関西におとどけ

150705_ 出前けんぽうかふぇ、関西方面のおしらせです。

私は明日の昼前に家をでて京田辺に向かいます。
石川に戻るまでの4日間、パソコンにいただいたメールのお返事できませんこと、ご了承ください。

6月4日、京田辺で「けんぽうとわたし」
午前の部10:00~12:00  午後の部15:00~17:00
ところ:山城就労支援事業所さんさん山城 1Fカフェスペース
参加費:600円(お茶とお菓子付)
保育:あり。お問合せ下さい。
*お申し込み・お問合せは、E-mail:nanohanakyotanabe@gmail.com
 TEL:090-2110-7448(モリガキ 10時-17時)

6月5日は滋賀県草津に、お届け。
社会のこと、ふつうに話そう。暮らしのことだもの
「ひとりひとりが主人公 ~12+13=25のうた~」
10:00~12:00 参加費500円
@草津市民交流プラザ(フェリエ南草津)5F和室
お問い合わせは乾さんまで 077-525-7496

5日の夜は、ナイト紅茶 in 向日町紅茶、かつこさんちで、こじんまりとけんぽうかふぇ。

6月6日は丹波の水上の子育て中のママたちのところにけんぽうのお届け。
京都のあゆみ助産院の左古さんつながりのママがよんでくれます。
10:00〜12:00  @柏原住民センター和室  500円
お時間の許す方は1品持ち寄りランチをはさんで茶話会
マイ皿、箸と主食は各自持参。おかず、デザート、スウィーツなど1品なんでもよいので持参してください。
アレルギーのある子にも安心なように材料を明記したメモをつけてもらえるとうれしいです。
お問い合わせは吉田さんまで  090-9878-1987

|

保育園とちいさなワークショップと

160523__2 5月に上京したおり、娘のつながりでご縁のできた保育園に、けんぽうのお届けに行きました。

4月に浦和の子ども園にお話に行った時、聞きにきてくれた一人のママが、子どもが同じ保育園に通うママたちと企画してくれたもの。
ひろく大勢に呼びかけるより、まず自分たちが日ごろ顔をあわせている人たちとで、聴こう、という立ち位置をはじめに決めて、
園のママ、パパ、卒園した子たちの親御さんにも声をかけ、園のおとなたち(この園では、保育する先生のことを、おとな、ってよぶのですって)にもできるだけ参加してもらって、というおはなし会。

ふたをあけると、園つながりの親御さんたちがいっぱいきてくださってけっこうおおきな会になりましたが、
そこにいる全員が、わが子とつながる親同士、という輪の中で聴くけんぽうのはなし、そのことから生まれる安心の空気がお部屋中に満ちていて、
ああ、企画したママたちは、この空気をつくりたかったんだな、って実感。
それはきっとまた、一緒にけんぽうのこと、みらいのこと、かんがえる今後へとつながっていくことでもあるのだろうな、と。

自然のなかで思いっきりあそぶこと、みんなちがってみんないい、いろんなまぜこぜの、たてわりの、子ども達のなかで育ち合う保育、開かれた保育を大事にしてる園でした。
浦和の子ども園といい、この保育園といい、こういう園と私もつながれて、そこのママたちパパたちにお話しできることがほんとにうれしいです。

******

娘が昨年から紡いできているひとねっとわーくは、急激にふえたりはしないけれど、彼女らしくていねいにひととひとを、つなげていってるなあ。
覚悟のない自分には、大きな12条はできそうにないけど、自分にできるすきま12条していきたい、と。
せいじやけんぽうやせんきょの話する時に感じる段差を、せめてゆるやかなスロープにしていきたい、と。
社会のこと、ふつうに話そう、暮らしのことなんだものね、と。

160523_ 保育園のお話のあとは、娘のうちで、また娘つながりのひとたちと、ちいさなちいさなコミュニケーションワークショップ、きもちは言葉をさがしている、をしてきました。
平和やせいじやせんきょに関わる時に必要な、3つのション。コミュニケーション+イマジネーション+アクションを、少しでも感じて、実行してもらいたくて。

|

6月11日のハシゴ作戦

6月11日、すてきな丹下さんに逢いに行こう!

映像で問う 核と被ばくと戦争
       鎌仲ひとみ × NOddIN
https://www.facebook.com/events/1569351866695891/
前売券好評発売中!!お問い合わせは、シネモンドへ!
★☆ 初日 ☆★ 6月11日(土)12:25~
丹下紘希さん(NOddIN)来館!!!
   トーク+上映 (前売り1500円 当日1700円)

ミスチルのプロモーションビデオなどいっぱいつくってこられた丹下さん、
3・11のあと、自らの生き方を大きくかえて、アーティストたちとノディンをたちあげました。
日本がトルコに原発を輸出すると知って、トルコの人たちにむけて、トルコ語で語りかけたビデオレター
「あなたを心配する手紙」を観た時の驚き!感動!
シールズともつながってるノディン、この日は丹下さんのおはなしと、ノディン制作のショート作品をいくつもみることができます。
トーク+上映の前売り券、紅茶にもあります。私たち夫婦も行きます。

********

この日、私はハシゴします。 
世田谷区長の保坂展人さんが金沢でお話されるんです!
2015年の世田谷区長選で、政党からの推薦も支持も受けずに、与党と舛添都知事の支援を受けた候補者を大差でやぶって再選された保坂さん。
住民が主役の世田谷区の政治はどうやって生まれたのでしょう。

88万人のコミュニティデザイナー、保坂さんの講演会
「希望はあながち夢じゃない 〜やり方によって社会は変わる、地域も動き始める〜」
16:45〜19:00 @ITビジネスプラザ武蔵交流室1(エムザの建物の中、6階です)
参加費1000円(その後の交流会は、プラス500円〜8:30まで)

選挙で自分も何かしたい、動きたい、という人、ぜひおこしください。
保坂さん、この日は具体的なお話をいっぱいしてくださるそうです。

お申し込み 永原さん090−6273−3920

|

デジャブ過ぎます!!

今日6月2日の新聞大見出し。

消費税アップの延期を、参院選で信を問う。

なんというデジャブ。2014年12月の衆院選で、あべさん、同じこと、いったよね!8%にあげることの信を問う、と。

そして選挙のあとは、集団的自衛権も安保も、信を問うて信任を得たのだ、といいました。

だからやっぱり、選挙で意思表示するのだ。白票では意志は反映されないのだ。

|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »