« 3分の2の意味 | トップページ | 7月9日、最終日のうちあげでおもってたこと。 »

2016年7月 9日 (土)

未来さん、最後のごあいさつ。7月9日。

160709_ 最後のご挨拶動画を収録しました!
《書き起こし》
18日間の遊説日程を終えました。
なんとか声も最後までもったのでよかったなと思っています。
数多くの方から応援を頂きまして、感謝を申し上げます。

この遊説を通して私はずっと、
選挙カーの中と外ではありますけれども
お一人お一人の方と向き合っている
そんなつもりで18日間を
過ごしてきました。
「一人一人の人生を輝く社会を作る」というのが
私たちが最初に立候補を決意したときに
掲げたスローガンです。
わたしはこれは決して
単なるスローガンだとは思っていません。
政治は、その向こうにいる
私たち一人一人の思いと向き合って
そして、もしかしたらそこから
はみでてしまうかもしれない
政策を一つ選択したときに
そこからはみ出てしまうかもしれない人たちの
痛みや、その人たちの境遇に
思いを馳せながら
政策を立てていかなければ
それは政治ではないと思っています。
今の安倍政権のもとで、
「この道しかない」という言葉が
いつも聞かれます。

でも「この道しかない」と言った瞬間に
その道から外れてしまった人たちが
切り捨てられるんですね。
落ちこぼれてしまうんです。

わたしは、国民を
その道に乗れる人と、乗れない人に分けて
乗れない人は切り捨てる、
そういう政治は
あるべき姿ではないと思っています。

わたしはこれが安倍政権の
本質的な問題点だと思っています。

もちろん憲法改正の問題もあります。
安保法制の問題もあります。
TPPの問題もあります。
いろんな個別の論点がたくさんあります。

政治家が
人の痛みに想像力が及ばない時に
政治を誤ると思っています。
そんな思いで18日間、精一杯頑張ってまいりました。

このビデオを見てくださっているみなさん。
何時ぐらいに見られるかわかりませんが、
平成28年7月10日の午後8時までに見られた方、
ぜひ、あと何分かあります。何時間かあります。
その間に
みなさんの手に政治を取り戻すために
何か一つ、できることがあったら
ぜひ見つけてください。
そして、私しばた未来に
まずは皆様の一票を投じていただきたい。
そして皆様のお友達やご親戚同僚の方に
おすすめをいただきまして
1票2票をとってきていただけると
大変ありがたいと思います。
どうかよろしくお願いいたします。

しばた未来、18日間の遊説を終えて
しばた未来からのメッセージ
https://youtu.be/RgtRke3WM04

|

« 3分の2の意味 | トップページ | 7月9日、最終日のうちあげでおもってたこと。 »