« あきくんが金沢に | トップページ | 8月6日の憲法&草案の授業 »

2016年8月 4日 (木)

水上弁護士さんのわかりやすい解説

シールズポストより。

自民党が憲法にあたらしく入れたがっているキンキュウジタイ条項のこと、とてもくわしく水上弁護士が解説して下さってます。

7つのことのうち、とくに4番目からの項目を注意深く読んでくださいね。
これは選挙の前にでたものだけど、今からよんでもとてもためになります。国会で改憲論議が始まる前に、じっくり今、読んでみて。

********

「憲法は確かに大事なんだろうけど、大震災などの災害が起きた際に、いまの憲法の規定のせいで国が十分に国民を助けられないとしたらそれは問題だな。そういう緊急事態に備えて憲法を変えておくというのなら、いいことじゃないか。」

そんな風に思っている人もいるかもしれません。 具体的には、緊急事態条項というものを憲法に入れる必要があるという意見が、しばしば憲 法を変えるという立場の人たちから語られますし、政府のえらい人もそんなこと言っていましたものね。

そんなあなたに、今回、7つのことをお伝えしたいと思います。

*********http://sealdspost.com/archives/4282

|

« あきくんが金沢に | トップページ | 8月6日の憲法&草案の授業 »