« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月29日 (木)

ぷかぷかさん

ぷかぷかのパン屋さん。
ぷかぷかはお日様の台所。

ぷかぷかおじさんこと、高崎さんが日々ブログに綴る、ぷかぷかの仲間たちの言葉、表情。
ぷかぷかさんたちが、街の人を耕す。
私も耕されてるのかなあ、っていうお母さんの言葉が、とってもリアルでした。

事件の後、ぷかぷかおじさんが考えてることを何度もなんども言葉にし続けてるブログです。きれいごとじゃなく、ぷかぷかさんたちと日々ともにあるぷかぷかおじさんの言葉。

http://pukapuka-pan.xsrv.jp/index.php? 
相模原障害者殺傷事件

|

8回目の草かふぇ

先週はお休みしたけど、今日はいつも通りの紅茶、そしていつものように1時間の草かふぇ。

Photo 8回目になる草かふぇ、今日のテーマは、戦争放棄を憲法に入れるよう、マッカーサーに提案したのは、実は幣原首相だった、という話から、今の憲法の生い立ちについて。

草かふぇには常連さんがいると同時に、毎回、必ず初めての方の参加があります。
今日は静岡から見えた4人の方と県内の3人の方が初参加。いつもみたいに、この場所がどんな場所なのか、草かふぇの先輩たちから説明してもらいます。みんな、説明がどんどん上手になるねえ。

草かふぇが終わった後、静岡の4人組さん(うち、お一人は以前にも紅茶に来たことのある方)は一体どういう組み合わせでしょう?ってお聞きしてみた。
88歳のおばあさまと、その娘さんと、そのまた娘さん(つまり孫娘さん)と、その孫娘さんのお連れ合いのお母さん、という4人でした!

戦争の時、軍需工場で働いていたおばあさまの親友は、爆撃を受けて亡くなったこと、自分はたまたま夜勤だったから工場にいなかったことを、何度もなんども繰り返しておられた。

戦争が終わった時に17歳だったおばあさまは、女だからということで占領軍にどんなにひどいことされるか、覚悟していたという。実際には、何も恐ろしいことはされなかったそうだけど。

今日のとと姉ちゃんに出てきた「暮しの手帖」の戦争中の暮しの記録の本。これがそうです、とお見せすると、おばあさまが真剣なお顔つきで、ページを繰りながら、孫娘さんに一つ一つ、説明しておられました。
こんなシーンが見られる、今日の草カフェも、また一期一会です。

*******

ほんでもって、来週の草かふぇは、スペシャル版!!

10月5日水曜日の紅茶の時間内草かふぇは、弁護士の倉持麟太郎さんをお迎えして、2時から4時半頃まで(始まりの時間にご注意、いつもの草かふぇより1時間早いです!)。参加費は500円。

講義スタイルでなく、気楽にこちらからいろいろお尋ねして進めてく、草かふぇスタイルで行こうと思っています。
参加ご希望の方は私までおしらせくださいね。

|

2016年9月28日 (水)

10月5日は、スペシャル草かふぇ! 倉持麟太郎さんをお迎えして

弁護士の倉持麟太郎さん。

お名前を知ったのは、「2015年安保 国会の内と外で〜民主主義をやり直す」というご本からでした。
奥田あきくんと福山さんと倉持さん、3人の対談のページで、この倉持さんが、安法法制の審議をしっかりウォッチして、法案を分析し、法律家として政党に情報提供していく役目をになって活動しておられたことを知りました。
法律家としてこの法案をしっかりと読み込み、問題点を具体的につき、それが国会で議員さんの与党への質問として実際に活かされる。その意味で、倉持さんは安保国会になくてはならない方だったのだとわかりました。

その倉持さんが、丹下さんの提唱する「97条の会」発足の日に見えて、97条が最高法規の中にあることの意味を、とても明確にお話しされた、と娘から聞きました。(私も大好きな97条は、草案では丸ごと削除されているんです!)

娘には、倉持さんの論理的なお話しがとても良かったらしくて、後日、東京であった、倉持さんと船田元さんのトーク会にも参加したとのこと。

****

Photo そんな風に間接的に存じていた倉持さんが、10月5日の紅茶に見えることになりました!びっくり!

6、7日と福井で日弁連中部ブロックの大きなシンポジウムがあり、倉持さんはそこに参加されるため北陸入り。その1日前に金沢入りして、なんと、紅茶によってくださる、っていうのです。ありがたや、感謝感謝。

というわけで、毎週している紅茶の時間内「草かふぇ」はいつも1時間だけですが、この10月5日はスペシャル草かふぇとなります。(毎週の草かふぇは無料ですが、この日は有料とさせていただきます)

スペシャル草かふぇ@紅茶の時間・水野宅。
10月5日(水)2:00〜4:30くらいまで。
参加費はお一人500円
97条や緊急事態条項のこと、国会での憲法審査会のこと、発議のこと、そして国民投票のことなど、お聞きしたいことをお尋ねするつもりです。

参加ご希望の方は、どうぞご連絡をお待ちしています。

|

戦争中の暮しの記録

とと姉ちゃんの最終章。

戦争中の暮らしの記録を集めよう!と、病み上がりの花山さんがその呼びかけ文を書く。

160928_ もう二度とだまされないためにも、これは本当に必要な、貴重な、記録。勝者や、名のある立派な人の記録でなく、peopleによる、peopleのための、いのちの記録。

千葉の古本屋さんのローゼンホルツさんが、この貴重な一冊を、私にプレゼントしてくださいました。
なので紅茶の時間に来たら読めるよ!!

|

2016年9月27日 (火)

コウケン会議って?

Photo_3 25日の出前がキャンセルになったことで行くことができたコウケン会議。
コウケン、ってなんだろ?って思うでしょ。憲法を考える、という意味の、考憲学習会のこと。

まだ30前の、桐山さんという男の方が、右でも左でもなく、イデオロギーにとらわれずに、憲法のことを調べて、彼が学習したことを発表する、という月一のこじんまりの会に、なぜか娘が初回から参加しているのです。
ちなみに前回は、娘がボン基本法のことを調べて発表したそうで、そのレジメは三宅洋平さんの手に渡り、娘はそのレジメをもとに、銀座ナルニア国でのけんぽうかふぇで緊急事態条項と絡めて語ってくれた、というわけです。

こんなフラットに憲法を学べる会って、なかなかありそでないと思う、と娘がよく言うので、私も興味津々。そこに今回、キャンセルのおかげで運良く参加できました。

*****

6回目の勉強会は、皇室と戦争放棄の論点、というテーマで、第1章の第1条と第2章戦争放棄の中の9条をセットにして考えてみる、という意外な視点でした。

今の天皇は、かつてのような権力や武力の象徴ではない。皇室と戦争放棄、1条と9条は、コインの裏表ではないのか、と。

******

この日は、「美しい日本の憲法」というDVDの短バージョン(10分)を鑑賞する、という特別おまけ付き。
初めて見れて、とても新鮮でした。総指揮は百田さん、監修は百地さん(集団的自衛権は違憲でないと言った憲法学者さん)。

中国や朝鮮の脅威、今の憲法は日本を狙う国にとって都合のいい憲法です、と、津川さんのナレーション。
憲法の生い立ちでは、草の根の憲法研究会の作った草案にも、ベアテさんにも全くふれずに、日本の文化を全く知らない素人が一週間でツギハギでつくったもの、日本らしさも伝統や文化がどこにもない、という。
憲法は国民が作るものです、と言いながら、明治憲法とあまり違わない松本草案が出されたことは何も言わない。

緊急事態条項の必要性も、このDVDの中で語られてる。3.11がやはり出ました。ガソリンや食料が買い占められて、被災地に届かず、二次災害で1600名が命を落とした。憲法にこの緊急事態があれば、これらのことは防げたはずです、という。
(この辺りは、百地さんが監修してる「女子の集まる「おしゃべり憲法カフェ」とよく似ている。ガソリンが足りなくて緊急車両が間に合わなかった、というが、この内容を、報道特集が被災地の消防署に取材、検証して、出せなかった緊急車両は一台も無かった、と)。

最後に、櫻井さんが登場して、明治憲法こそが、日本人の魂、価値観です、と。今の憲法は私たちにふさわしいものと言えないから、戦後の借り物の衣装を脱ぎ捨てよう、そして本当の日本の姿を取り戻そうではありませんか、と呼びけます。

****

感情に対して、感情でなく、どこまで私たちは今の憲法を語る言葉を持ちうるか。めっちゃ試されてるよ、私たち。

安全、をとことん求めようとすると、平和でなくなるってこと、この日はとりわけ考えさせられました。

|

東村山へ

Photo_2 24日は、5月にお話に行った東村山の保育園に、もう一度呼んでもらいました。
二度目で、前回よりこじんまり、ということもあり、この日は、あらかじめのタイトルは持たないで行く、という出前紅茶。

最初に私が紅茶のことや近況を話して、そのあと、集まった人たちに何でもいいから私に質問してください、という、めったにしない「しつもん紅茶」をしました。

折り紙に書いてもらったいくつもの質問。
質問をジャンル分けにして、簡単に答えられるものから順に答えて、話が巡っていくうち、思いがけないことまで時に話しちゃったりする、といったシナリオのないしつもん紅茶は、何年かぶりのこと。

他者から「問われること」によって、自分でも気づかなかった想いに初めて気づいてうろたえたり、考える貴重な機会をプレゼントされたり、意外な大発見をして得した気分になったり。

深い問い、難しい問いは、私も考えるけど、むしろ、その場にいる人みんなに一緒に考えてもらう、というのが、実はこのしつもん紅茶のやり方。その質問は、だから一番最後にとっておくんです。

******

この日の最後の質問は、この二つ。

「平和とは何か、考えることが増えました。私の平和、家庭の平和、世界の平和。私の平和の中身をよく見ると、世界の不幸を食べていることに気づく。写真を見ればかわいそうと思いながら。罪人だなと思います。どんな平和を求めていくことを考えておられますか」

「津久井やまゆり園の事件についてスウさんが思うことを聞かせてください」

ね、こんな深い問いには、決して一人じゃ答えられない。これが正しい、という正解もない。
問いを投げられて、自分の思うことを発し、相手の言葉に耳を傾け、そこにいる人たちと必死になってともに考えつづけるしかないんだ。

その日に出てきた様々な言葉。

自分と少しでも違う人を、異質なものを、排除しようとする空気を感じてる。
いろんな人たちが、摩擦、葛藤、びっくり、を共有してた時代が、かつてはあったよね。

役に立たない自分が生きてることが許されないと思ってた時も、13条は、ただあなたが生きてるだけで尊い、って言ってくれてた。

犯人の言うことにも一理ある、っていう空気が今あることこそが怖い。

人間は愚かだから、役に立たない人より役に立つ人の方がいいって考えがち。
戦争の時代に、国の役に立たないことが悔しかった、と言っていたろうの人がいたように、一人一人が、国が考えてるような視点で、国の役に立つ人間になりたい、って思うことは、あちら側の思う壺にはまること。
今の時代だって、役に立つ人だけ望むとするなら、それはそういう社会の構図を肯定しちゃうこと。

自分の子は普通じゃないかもと恐れ、病名つけられて違うクラスに分けられる。
そうすることでますます摩擦がなくなってく。平面化して、均質化してく。

平和、って、戦争の原動力になりうる言葉。平和こそが、不平和の素かもしれない。

自分の加害性に気づくこと。揺らがない正義があるのでなく、もがきながら、矛盾抱えながら、それでも、自分にできることを探りながら生きていく。

子どもの未来のため、だけではダメだ。もっと広い世界の平和に責任もつこと。
暮らしを見つめる、暮らしを深めたい、って思った。

*****

二つの重たい問いかけは、途中から混ざり合って、リンクしあって、どれだけ話しても正解は得られないけど、話せば話すほど、その問いは自分と無関係じゃない。
今のこの社会を構成しているこの自分に、突きつけられる問いになっていきました。

しつもん紅茶の、いつも最後が予想できないこの展開ぶり。哲学カフェみたいでしたよ。
若いママたち、パパたちと深い話ができて嬉しかったでした。



|

川崎にお届け

銀座の翌日の23日は、川崎の自助グループ、ゆるりさんにお話の出前。

Photo 「心地いい場、あなたも私も大切」というテーマだったので、紅茶の時間のこと、聴くことの深い意味、そして自分を自分で認めること、受け入れていくことや、そして、自分への贈りものの言葉である、ほめ言葉のシャワーのワークショップなど。

*****

先月あるところでお話させてもらった時のエピソードも少し。
みなさんお一人ひとり、自分が言われてうれしかった言葉を、必死に思い出し思い出しして書いてみる、という作業をしてる時、お一人だけ、まったくそれに参加してない方がおられたんです。

みなさんが下向いて折り紙に言葉を書いている中で、その方だけお顔あげてるのがとても気になったので、思わずその方のところに近づいて、お声かけてみたら、
「私には、そんなのありませんっ、とにかく厳しくしつけましたから、褒めて育てるなんてこと、一回もしませんでしたから!」
って怒ったみたいにおっしゃったので、あ、意味を取り違えてらしたのだ、ってすぐわかりました。

そうですね、ほめて育てる、というのに抵抗感感じる方、たくさんいらっしゃいます。
実は私も、ある意味、そうです。褒めるという行為が、あたかも伸ばす道具みたいなニュアンスで語られるのには、とっても違和感あります。

でも、私がみなさんにお願いするほめ言葉のシャワーのワークの矢印は、あなた自身に向けられている。
誰かを喜ばすための言葉でなくて、純粋に、自分が言われて嬉しい、うれしかった、と思う言葉を書いてみる。

そんな言葉を思い出す、普段はしない作業を通して、あ、私を見てくれてる人がいるな、気にかけてくれてる人がいるんだ、大事にしてもらってるんだ、って、感じてほしいな、気づいてほしいな。

何か立派なことをした時だけにもらえる、特別のピカピカの、すごい褒め言葉でなくても、ささやかな日常の中で、小さな気持ちの言葉、優しい言葉を、実は、知らず知らず、受け取ってるのではないかな。そういうことを思い出すのが、このワーク。

仮に、そんな言葉を自分で思い出せなくても、他の人の書いた言葉をシェアする中で、ああ、私も実はもらってたんだ、って気づいてもらえたら嬉しいな。

ひとは、誰でも身の丈に認めてもらいたい、って願いを、生まれた時から持っている、って思う。
何か結果を出したことだけ、目に見える成果だけで、あまりにも人が計られすぎてる、ってこと、度々思うから、その人の価値って、決してそれだけで測れないよ、って感じてほしくて、きっとこんなワークを私は続けてるんだと思う。

その方が40歳であろうと50歳であろうと、「私ね、母から一度もほめられたことがないの、母から認めてもらったことがないの」って悲しそうにおっしゃる方のお話をたくさん聴いたので、認めてもらえない、ってとても辛いことだよな、って思うんです。
自分で自分を認められないってこともね、同じくらいに、しんどいことだろうな、って思う。

親からはもう今更そんな言葉もらえなくてもね、誰かが、ちゃんとあなたを見てくれているよ、そういう人がいるはずだよ、ってこと思い出すきっかけに、この小さなワークがなったらいいな。
自分を大切にする、ってこととも、相手を大切にする、ってこととも、それはきっと繋がってることだと思うから。



|

二ュースの見比べ、お勧めします。

26日から、臨時国会始まる。珍しくNHK夜7時と9時のニュースと、報道ステーション、3つのニュースの見比べができた夜。

安倍首相の改憲に関する発言は、今日の所信表明の中でもすごく重要な部分だと思うけど、NHKでは全く!そこに触れてなかった。
未だに、ニュースと言ったらNHKしか見ない人も多いと思う。これだと、今国会で憲法を変える話が出てくるなんて、未だに思わない人が多いのも道理ってわけ。

もっと危機感、持とう!
3分の2の議席をもう持っている与党。
発議後、国民投票まで、最も早くて60日しかないんです。
改憲のリアル、もっと感じよう!

*****

その上、首相の提案による自衛隊や警察の人を讃える拍手と、それに続く議員たちのスタンディングオベイション。
自衛隊員さんが危険なお仕事を精一杯してくださって、災害救助に命をかけてくださってることも、もちろん承知しています。
でも昨日の、スタンディングオベイションにつながる流れは、明らかに国防、領土を守る!という首相の口ぶりによって引き起こされたものだったよ、どう見ても。

|

ナルニア国で、けんぽうをわたしごとにするために。

160831_ 22日、ナルニア国さんでの午前と午後のけんぽうかふぇ、かなりな雨の中、どちらも満員になるくらい、聴きにいらしてくださったみなさま、ありがとうございました!

絵本のお店の一角にある、普段はギャラリーになってる空間が、この日のおはなし会の会場。ちょうど築地市場の絵が展示されていて、その絵たちに囲まれてお話ししたんです。

憲法をわたしごとにするために、というメインテーマの通り、「そうだったんだ!憲法って、わたしのことだった、私にこんなにも関係あることだったんだねえ!」っていう感覚、それを少しでもお持ち帰りいただきたい、憲法を身近な人に伝える時のヒントをちょっとでもお土産にしていただきたい、その想いでもって、午前も午後も語りました。

午後は特に、7月末からはじめた紅茶の時間内「草かふぇ」の実際を、追体験していただくようなプログラムにしました。
緊急事態条項のところは、戦後ドイツのボン基本法の話と、その中の緊急事態条項の話を入れたほうがよりわかりやすいので、そこんところ私よりも詳しい、当日のアシスタント役の娘に語ってもらったよ。

13条のうたもデュエットで。午後の部は、10月1日に石川で一緒にこの歌を歌う木村さんも一緒に巻き込んで3人で歌いました。

この日は、私の知ってる方たち以上に、娘つながりの方たちがずいぶん参加してくださってた。お名前だけ聞いてた方たちにこうして直に出逢えて、聞いていただける幸せ。

8月の福山で聞いてくれた松山の方も、来年3月にお話に行く約束の湯河原9条の会の方も、90代の護憲の会の方も、若いママたちもシニアの方も、幅広い年齢の方々のご参加、ありがたかったです。午後の部には、松井監督さんも!

*********

しるしる憲法さんが総出で準備してくださったこと、ナルニア国さんが、心地の良いすてきな会場を使わせてくださったこと、特にるうさん、アイディアから企画から、本当にいっぱいいっぱいありがとう。

終わってから駆け足で、近くの月光荘さんにもよれて、いつもお世話になってるお店の方たちと久しぶりに会ってご挨拶ができました。

|

2016年9月26日 (月)

祐幸さんを偲ぶ会

Cacrct8q 9月21日夜、下北沢で開かれたライオンさんこと藤田祐幸さんを偲ぶ会に、娘と二人で。

目指す会場には、開場前から長い人の列。
先日珠洲と金沢でご一緒したクッキングハウスの松浦さんも、愛知から来た酒井くんも。ちょうど席が空いてて、カマちゃんと並んで座れました。

広河さんや小出さん、後藤さん、武藤類子さん、海渡さん、広瀬隆さん。藤田さんが尽力し
9月21日夜、下北沢で開かれたライオンさんこと藤田祐幸さんを偲ぶ会に、娘と二人で。

目指す会場には、開場前から長い人の列。
先日珠洲と金沢でご一緒したクッキングハウスの松浦さんも、愛知から来た酒井くんも。ちょうど席が空いてて、カマちゃんと並んで座れました。

広河さんや小出さん、後藤さん、武藤類子さん、海渡さん、広瀬隆さん。藤田さんが尽力して、被曝労働の労災を認めさせた嶋橋さんのお母さんも会場に見えてました。

******

長崎の雪浦に移り住んでからの祐幸さんの暮らしぶりを、娘さんの千晶さんが、画像とともにいっぱいお話ししてくださいました。

娘さんのお家のそばに移り住み、自然の巡りの中で暮らすお家を建て、畑を耕し、ミツバチを育て、自動草刈機のヤギのめえちゃんと一緒にお散歩する祐幸さん。
祐幸さんが、お孫さん達と一緒にお花見してるところ、地域の小学生に凧の作り方を教えているところ、雪浦の集落に住む人々に、田舎大学みたいにして授業しているところ、映画会してるところ。
ご家族からはもとより、祐幸さんが、集落の人たちからもどんなに慕われ、尊敬され、愛されてるか、それがよ〜〜くわかる映像と想いの溢れる語りでした。

原発に向き合う人たちとともに生きる道を選んで、修羅のごとくに闘った祐幸さん。敬愛する宮澤賢治さんのように、地人として生きた祐幸さん、その両面を併せ持つ、人としての、豊かさ。まさに波乱万丈の人生。

*******

会が終わってから、おつれあいの弘子さんと千晶さんに、娘と一緒にご挨拶する時間を持てました。
お話ししたい人いる?と娘さんが訊いてくださって、祐幸さんが亡くなる二日前にお電話くださったこと。ライオ〜〜ン、ライオ〜〜ン、ありがとう〜〜!と電話口で呼びかけると、祐幸さんが大きな声で応えてくださったこと。あの時のお礼を、改めてお二人に伝えられました。

マイは、小学生の時の夏休みといえば、ライオンと過ごした珠洲の海が、いつまでたっても私の特別なたからものです、夜光虫も一緒に見れました、とボタボタ泣きながら、お二人にお礼を言ってました。その横で、私も涙ぼたぼた。。。。
偲ぶ会に参加できて、本当によかった。ライオンさんの強い意志はこれからも必ず受け継がれていく、と信じます。

|

2016年9月21日 (水)

行ってきます。

160917_
この写真は、珠洲の湯宿さか本さんのお玄関に活けられた野菊です。

*****

今から東京に行ってきま〜すう。

何度もお伝えしてるけど、今日の紅茶はclosedですよ。
きたらガッカリしちゃうから今日はこんといてくださいまし〜〜。
来週はもちろん、いつも通りのはやらない紅茶、そして草かふぇ。

明日のナルニア国さんで語る「憲法がわたしごとになるために」の中身を考えつつ、新幹線に乗り込みます。

日曜日の出前が急にキャンセルになったので、早めに戻ろうかと思ったら、興味深い勉強会がその日あると聞き、そっちに参加してから帰ることにしました。

戻るのは25日の夜です。それまではアナログになりまする。

|

2016年9月20日 (火)

明日の紅茶はお休みです。

22日、ナルニア国での憲法カフェの午後の部は、先週で満員になったそうです。
午前中の基本のきでも、草案のこと、もちろん語りますからね。語り方が少し違うけど、午前も午後も、一番伝えたいことは一緒ですので。

明日21日はお昼前に出て、藤田祐幸さんを偲ぶ会に向かいます。
紅茶の時間は、そのため、お休みさせていただきます(ほんとに稀です)。

戻るのは、日曜の夜遅くなので、明日の出発時から戻るまではまたいつも通りのアナログさんになります。メールやFBのお返事ができませんこと、ご了承くださいませ。

*****

【最新・残席状況のお知らせです!2016.09.18現在】
スウさんの憲法カフェ~憲法がわたし事になるために~
9月22日(木・祝) @教文館6階 ナルニアホール 
*午前の部:10時半~12時半 「憲法きほんのき」
残席わずかとなっております。
お急ぎ下さい!
*午後の部:14時~16時 「普段の言葉ではじめましょ」
<満員御礼>
申し訳ありません。定員に達しました🙇
参加費:1500円
お子さん連れOKです!お電話でお知らせください♪
申込先電話番号:03-3563-0730(10時~20時)
🌿🌿秋分の日、お墓参りの方も多いかと思いますが、
スウさん×ナルニア×しるしる憲法のコラボをお楽しみください!

|

松浦さんのSST 珠洲と金沢で。

Photo_2 9月17日、18日、クッキングハウスの松浦さんをお迎えしての、SSTコミュニケーションワークショップin奥能登の珠洲と金沢。

今年で11年目。対人援助のお仕事してる人も、そうでない人も。もともとは、心の病気の人のリハビリプログラムとされてきたSSTだけども、これって、学び出してからすぐに、誰もが学んだら、見につけられたらいいこと!って感じて、17、8年くらい前から私の中に取り入れてきたもの、周りの方にもお伝えしてきた、人と出会う、気持ちよくつながれる方法です。

「私メッセージ」という伝え方があること、これは練習すれば誰でも身につけられる、この伝え方は、平和学という学問の中でもすでに取り入れられてるんだ、って知ったことは私にとってとても大きい。

昔の私は、原発のことも憲法のことも、今のような感じでは語ってきてなかった、もっと攻撃的だったな、誰かを責めるような、非難するような「あなたメッセージ」で、聴く人のことあんまり考えないで、自分の伝えたいことだけ語ってたな、って、振り返ってみて思うのです。

今年はどちらの日も、初めて体験する方が多かったので、松浦さんは SSTのきほんのきのお話と実践を、今回、ていねいに私たちに体験させてくださったと思います。

奥能登での松浦さんとのこんな時間は、初めて。
珠洲の会場は、湯宿さか本さん。新ちゃんのお宿の広い和室を使わせていただいて、しっぽり緑に包まれるような落ち着きの空間で学びあいました。
おかげで、ひさ〜〜しぶりに新ちゃんにも会えました。沖縄の学校に行ってる娘さんの菜の花ちゃんが、かいがいしくお手伝いしてくれてた。
新ちゃんの、美味しい美味しい能登の味の数々。ありがとう!

お宿の佇まいも日常の慌ただしさから離れて、別世界のよう。こちらでさせていただけて、本当に良かった。

|

越前のヒサさんとこの出前の続き

Photo 8月の終わりに越前のヒサさんとこに出前。その時のことをヒサさんが書いてくれてて、しかもそのあとで、今月末にはおさらいの時間があるという。

そうそう、一回で終わり、じゃない。こういうこと積み重ねていって、自分の中に貯めていって、それを安心して話す=話すことで、暮らしと憲法のこと、語れる自分の言葉を、少しずつ、獲得していけるんだと思う。

ヒサさんの言葉は柔らかくて、でもしっかり哲学ー人がどう生きるか、がいつも含まれてるように思います。
私の話の感想部分はちょっと恥ずかしいきもするけど、若いお母さんがこのように感じてくれた、という意味で、そのまま載せますね。

******ここから、ヒサさんの言葉。
石ころりの時間 2016 ー8月ー
『スウさんの出前紅茶 けんぽう&草カフェ』今日は、スウさんに来ていただいて
初・出前紅茶の時間でした。お越しいただいた皆さん、ありがとう。スウさん、ありがとう。
スウさんのけんぽうの話は涙が出てしまいます。
こんなにもそばにいてくれたけんぽう。
わたしたちは、それの意味を知らされず知ることもせず来てしまったよなぁ・・
そして、知らないまま改憲してしまうとしたら・・。

日本人全員がスウさんの話を聞けたら
どんなに、自分の暮らしのこととして
けんぽうを身近に感じられ考えることが出来るだろう。
世界中の人が聞けたらどんなに、わたしたちも
そんなけんぽうがほしいというだろうか。

日本人はよく自由がないことの例えに北朝鮮を出して、嘲笑します。
でも、元となるじみんの草案のように憲法が変えられてしまったら
北朝鮮とほぼ変わらない憲法になるのです。
メディア規制広がる日本で国民投票のとき、わたしたちは正しい情報を得ることができるでしょうか。
自分自身に読み解く力はありますか。今からでも、知る努力、知っている人は伝える努力、考え語り合う時間、
急ぎ足で持っていただきたいなと思います。

今回、15歳の娘もいっしょに聞くことができました。
この子が幸運なのではなく15歳全員が、憲法のきほんのきを知ることができたら
改憲草案をひもとく力があったなら・・。
「石ころりの時間」のテーマ・・
“社会のこと ふつうに話そう 暮らしのことだもの”
このフレーズはスウさんからもらった勇気から、生まれました。
社会のことを話すると、政治的とされる空気が嫌だった。
社会で起きてること、政治で決まること、わたしたちの暮らしのことなのに。
震災後から膨らみだした葛藤、スウさんの姿が道しるべになって、諦めずにこれたと思う。
優しい声で柔らかい言葉で語るスウさんには
言葉のまやかしに惑わされない強い意思と権力への危機感がしっかりあります。
だから、伝える力がある。
本当なら、戦後、2度と戦争を繰り返さないために日本人が培ってこなければいけなかった力ではないかな。。

でも、今からでも スウさんが解く12条、
普段から続ける不断の努力によってどの人も出来るようになる!ってわたしは思っています。
今のけんぽうのもとでならそれができる、って。
改憲が進むとそれさえもできない。どうせ・・って思うかもしれない。
でも、これは、自分がどう生きるかなんだと思う。成果を出さねばならないの前に。
---------
*********
石ころりの時間 2016 ー9月ー
『けんぽうのはなし おさらい会』
日時:2016年9月30日(金)
開放時間:13時〜16時30分
お好きな時間にどうぞ
場所:atelier Rakugakiya HISA、2階にて
住所:越前市深草1丁目15-21 
参加費:無料
問い合わせ:090‐6817‐0692(HISA)
駐車場あります

「石ころりの時間」のテーマは “社会のこと ふつうに話そう 暮らしのことだもの”
7月は、参議院選、福井選挙区の候補者だった横山たつひろさんと語り合いました。
8月は、石ころりにスウさんの「紅茶の時間」!
テーマは、憲法。「けんぽうのきほんのき」から「改憲草案のはなし」までスウさんのひも解く憲法の話をみんなで聴いて、語り合いました。
9月はその「おさらい会」。
8月参加できなかった方こそ、来てください〜
よくわからないとこ うまく人に伝えれないところ、
教えてーという方も(みんなで教え合い)ぜひぜひ。
もやもや、すっきりさせてね。
人に伝えるときうまくいったぐたいてきな実践も教えてください。
けんぽうのこと、なんも知らないって方も恥ずかしがらずに。
社会のことふつうに話したい方も。おやつ、なんにしようかな〜〜〜
ゲストさんなしのこんな「石ころり」もこれから作っていこうと思います。

|

2016年9月16日 (金)

明日は能登へ

Photo 今日は一日中、いのみら通信の発送作業でした。なんとか送り終えたかったんだけども、他にすることもあって途中で断念。
今回は県外の方に先にお出ししたので、県内の方、まだもう少し待っててくださいね。

明日(あ、もう今日だ)は早くに家に出て、能登に向かいます。
そのままお泊まりして、17日は松浦さんのワークショップ@珠洲の湯宿さか本さんのゲストハウス、10:00〜4:00まで。

18日のワークショップは、かみあらやクリニック敷地内のえがおにて、松浦さんのワークショップ。
同じ時間帯です。ご参加はどちらも3000円、珠洲の会場はお昼を1000円でさか本さんがご用意くださいます。

*******

18日のワークショップも、参加ご希望の方、まだ大丈夫です。
17日の夜戻るまで、メールもパソコンも見れないけど、参加してみたいな、って思われたら、メッセージを残しておいてくださいませ。
または水野の留守番電話に。076−288−6092

|

2016年9月13日 (火)

いのみら通信104号

Photo_2 いのみら通信104号、かけました。

くんずねんず(四苦八苦)しながらかいてる数日間は、いつも、脳の中は、いのみらあたまでいっぱい状態、になってるので他のことができなくなります。

というわけで、ここにも少しご無沙汰してました。

印刷が上がってくるのは明日かな、明後日かな。
定期購読の方、お手元に届くのしばしお待ちを。
16日から3日間、外に出てるので、発送作業はほぼ来週明けからとなります。

東京に行く前に何としても出さなくっちゃね。

21日から25日まで、東京です。
21日は水曜の紅茶の日ですが、7月に亡くなられた藤田祐幸さんを偲ぶ会に出させていただくため、お休みとさせていただきます。

|

懐かしMacちゃん 第二の人生

Photo 新しいMacパソコンに、今少しずつ慣れていっています。
使っていたMacはやっぱり相当くたびれてしまっていたようで、退院してきたものの、私の手では使えないものになっていました。

娘のところに送れば、何かに使ってもらえるかもしれないと、丁寧に梱包して(何しろ、まあさんは優秀な梱包部長!)送りました。もし使わない場合でも、売ることもできると聞いていたので。

それが何と、娘のパートナーのせいちゃんが、そのMacを改良して、これからも使ってくれるという。
その上、今、解体中だけど、それがめっちゃ楽しいという(これまでウインドウズは何度もそうしてきたけど、Macの中を実際に見るのは初めて、とのことで)。
私にはまるきりちんぷんかんぶんの世界だけども、部品を足して改良することで、これまで持ってたパソコンではできなかった仕事もできるんだとか。

そしてこの言葉に、うれし涙!
「だってこのMacで、去年の夏、スウさん、あのけんぽうぶっく作ったんだよ、使ってあげなくちゃ」

|

中村哲さん

15年目の9・11の後で、この動画を本当に心こめて、見たいです。

中村哲さんのしていること。
今、戦争なんかしてる場合かっ!と金沢で言われた、あの時の厳しい表情、声音、今も覚えてる。

どうか観てね。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100007929548162

|

ナルニア国で22日

09 しるしる憲法さんがこんなご案内文を。

午前の参加はまだおひとの集まりが少ないみたいです。
午前はきほんのきを語ります。
午後は、そこはクリアしてるひとのために語りますので、そもそもさんとか、いまさらさんとかがこの時間に聞きに来てくださるといいなあ。

【12条しよっ】

水野スウさんの作られた素晴らしい造語✨「12条する」

そもそも12条って、何だったか覚えていない(汗)

「不断の努力」なんて、その言葉だけでムリっぽい・・・

そんな方は午前中の会がオススメですよ~

このカフェに参加することで、もうあなたは12条しています!

9月22日(木・秋分の日)
10時半~12時半  憲法きほんのき (日本国憲法12条13条から)
参加費:1500円 当日受付でお支払いください
🎁「しるしる憲法」オリジナルの条文クッキーとコーヒーOR紅茶をプレゼント!

会場:中央区銀座4-5-1 銀座教文館書店 6階 ナルニア国ホール
【申込方法】
★銀座教文館ナルニア国の店頭でもお申込みいただけます。
参加ご希望の方はお電話でナルニア国までご連絡ください。
定員に達した時点で受付を終了いたします。
申込み電話番号:03-3563-0730(午前 10 時~午後 8 時)
※1 コール 1 名様のみ

|

ザ・思いやり

アルさんでの草かふぇに能登から走ってきてくれた田谷さん。
1年前の玉川公園から始まるパレードの日に、私の短いスピーチを聞いてくれた由。種をまくことの意味を、田谷さんが実感させてくれたことがありがたくて、それに前から観たい!と思ってた映画を見れるなんて!ってこともあって、「ザ・思いやり」の上映会で穴水へ。

穴水の慶得寺さんに場をお借りして、語り合いや映画会など続けてるというてらカフェ・シャンティ。
以前にこのてらカフェさんが主催して「ちいさき声のカノン」の上映会&お店を別の場所でしたら、なんと午前と午後で100人もの人が集まったという。
カマちゃんマネージャーの美由紀ちゃんも、そのお礼が言いたいし、この映画も見たかったというので、まあさんと3人で行く。

こっちから出かけていくことで、ああ、こんな遠いとこから足を運んできてくれたんだな、ってことが逆にわかる。感謝。

てらカフェさんも、お寺の横にあるギャラリーの「すぺーす てら」さんも、すてきな空間でした。そして、日本政府から米軍への、思いやり予算の、とんでもなさ、理不尽さ、無茶苦茶ぶり、を知るには、この映画、必見!でした。

これはその予告編だよ!

https://www.youtube.com/watch?v=x6-JIzZTT14

てらカフェさんのお仲間達ともおかげで出会い、今度10月29日に穴水の図書館にお話に行くので、その日の午後、けんぽうカフェでも草かふぇでも、てらかふぇさんでしましょうね、って話になりました。

|

2016年9月 7日 (水)

アルさんでの草カフェ

Photo_2 昨日のアルさんでの草カフェ、お店のまりこさんが草カフェ開くことが私の「12条する」ですって言って企画してくれたんだけど、初めて会う人、初めて聞く人、の割合が高くて、その上、お店の若いスタッフさんも3人参加してくれて、まっすぐな目をして、聞いてくれました。

初めて聞いて、憲法を友達のように感じられたよ、って感想言ってくれた人もいたよ。超うれしい。

憲法を知る、ってことそのものが、その人その人の12条する、だもんね。(その分、お店を受け持つむつみさんたち、忙しかったでしょう、ありがとう!まりこさんの数年越し?の希望、叶ったね、ありがとう)

******

その草カフェに参加してくれたよしこさん、そのあと一緒にアルランチした時に、ちょうど1年前の、9月12日の玉川公園での集まりの時のことを、話してくれました。

その時は、初めましてのあいさつもしてないし、よしこさんが参加してたことも知らなかったけど、その時の彼女の気持ち、1年経って、聞けました。

語り続けるって、きっとこういうこと。
私の知らないとこで受け止めてくれるひとがいて、よしこさんの気持ちが1年後にブーメランになって戻ってくる。
1年後の、すばらしいおつりです。
書いてくれてありがとう!

********よしこさんwrote:

約一年前、たった一年前だったんだなー
なんだかいてもたってもいられず、初めて「パレード」に行ってみた。
出発前にスピーチした人の中に、
水野スウさんがいて
「あなたとわたしのけんぽうBOOK」という本を書いたこと
憲法12条、憲法で保証されている人権はわたしたち一人ひとりが「不断の(=普段の!)努力」で守らなきゃいけないんだってこと話してた。
そして静かーな声で、自作の、12条のうたをうたった。

憲法→9条→「守れ!!」と怒ってる人戦ってる人
というイメージで
いやー正義を振り回せる自分じゃないしって敬遠してた私
ところが こんな柔らかい声で ずっと憲法のこと平和のこと考え続けてきた人がいたんだーーって もうビックリ
私今まで勝手に決めつけて近寄らないようにして何もったいないことしてたんだろう!って目が覚めた

今日は、「草かふぇ@al」で、その水野スウさんの憲法のお話を聴いてきた
一年前に、急に目が覚めたときに思ったこと 改めて思いだしたよ
憲法って、現実に合ってない矛盾してる
でもだからって、理想を現実に合わせるんじゃ―なくって
理想にあってない矛盾を生きていくしかないんだって

そして今日思ったこと
長い間 矛盾の中でモヤモヤウロウロしてたけど
その矛盾を生きるウロウロな生き方さえも保証するのが憲法13条
基本的人権なんじゃないかなって

かふぇが終わった後、
フェアトレードショップalでお昼を食べたら
スウさんとご一緒できて
一年前のお礼も言えたんだよ
会いたい人にもいっぱい会えて、秋の日々が始まってるカンジです

|

2016年9月 5日 (月)

9月22日 ナルニア国さんに。

Carruzoa 9月22日。銀座のナルニア国さんに、憲法のおはなしをしに行くことになりました。

午前と午後と。内容が少し違います。どちらも大きなテーマは一緒ですが、
午前は、憲法ってなんだかむずかしそう、自分と関係なさそう、って思ってる方に、
午後は、あなたが憲法や草案を誰かに伝える時のヒントになるようなこと、できるだけお話させてもらおうと思っています。
しるしる憲法さん作の、おみやげ付きなんですって。
お申し込みは、ナルニア国さんまでお願いいたします。

何年か前、まど・みちおさん100歳展を見に行ったことがあります。
とてもすてきな絵本屋さんです。

**********

憲法がわたし事になるために
「スウさんの憲法カフェ」

9月22日(木・秋分の日)

A:10時半~12時半  憲法きほんのき(日本国憲法12条13条から)

B:14時~16時    普段の言葉ではじめましょ(自民党改憲草案から)

各回30名の定員です。
参加費:1500円 当日受付でお支払いください
*「しるしる憲法」オリジナルの条文クッキーとコーヒーOR紅茶をプレゼント!
ABどちらか一つのみご参加ください。
(恐れ入りますが、AB両方のご参加はご遠慮ください)

会場:中央区銀座4-5-1 銀座教文館書店 6階 ナルニア国ホール

【申込方法】
★銀座教文館ナルニア国の店頭でもお申込みいただけます。
参加ご希望の方はお電話でナルニア国までご連絡ください。
定員に達した時点で受付を終了いたします。
申込み電話番号:03-3563-0730(午前 10 時~午後 8 時)
※1 コール 1 名様のみ

|

草かふぇ@アルさん、明日です。

160820_ アルさんからのお知らせ。
9月6日、草かふぇ@アルさん3階。10:30〜12:30 500円(お茶とクッキー付き)
   ↓

いよいよ明日です。
いまさら訊けない “いまさらさん”や
そもそも憲法って? の “そもそもさん”こそ、大歓迎です。
お気軽に、ぜひ どうぞ。
憲法は ふだんは 私たちを守ってくれてる 大きな 傘のようなもの。
でも 誰かが 壊そうとするならば、
こんどは 私たちが 守る番です。

ふだん どんな風に 守ってくれているのか、
どこを 消され、すり替えられようとしているのか、
まずは いっしょに知りましょう。

守ってもらっているのが
当たり前すぎて、
私も 知らないことだらけ。
スウさんが
わかりやすく ていねいに 教えてくださいます。
ぜひ、いらしてくださいね。
お待ちしています。

*******って、何てやさしいご案内なんだ!

おなじみのアルさんに行くので、私はめちゃめちゃ楽ちん気分でいるのだけども(人数もすくなさそうだし)、期待されすぎで困っちまうかも!!
ま、リラックスしていきまひょ。どなた様も。
明日来てくれた人が、今後、誰かと憲法の話するときのヒントが一つでも見つかれば、私としちゃ、御の字です。

帰りはのっぽくんで、美味しい国産レモンをまた仕入れるのだ。
このレモンを因島のみかん蜂蜜につけこんでおいて、そこから出たシロップを炭酸で割ると、美味美味!のレモンスカッシュになる。
この夏の私の元気の素の一つでしたから、秋もこれでいこう、と思うのです。

写真の白い花は、いんのしまいさんちにお泊まりした朝に撮った一枚。

|

2016年9月 4日 (日)

アルさんで、草カフェ

アルのまりこさんが書いてくれた素敵な文章、
もう、私の言いたいこと全部言ってくれてる気がするよ

******まりこさんから
    ↓

「12条する」
そんな動詞、あるのかしら?
はて?なんだろう?
「草かふぇ」は
「12条する」の、
ひとつ、 なんです。
“スウさんと 憲法のこと まなぶ会を したい” という想いは、それが 私の「12条する」表現の ひとつだからです。

***

スウさんが 憲法のなかでも ことさら 大切だよ、って いつも 挙げてくださる、
13条と 12条。

13条は “一人ひとりが「個人」として尊重されること、そして 一人ひとりが幸せでありたいと願うことは 国がなにより大切に守らなきゃならないことだよ”、ということをうたっています。

そして12条はというと、
「私たちも 憲法におんぶに抱っこで のほほんとしてるばかりでなくて、
この憲法、この自由と権利は、自分たちで保持しなくてはならないのだよ」ということが記されているのです。

「草かふぇ」へのお誘い文として、
スウさんの 「わたしの 12条宣言」の抜粋を ご紹介したいと思います。

×××××××××

「生きることは、息をすること、だよね。
息をするように、一人ひとりが それぞれの ささやかな12条をする、っていうのは どうだろう。
自分に出来ないことを数え上げたらきりがないから、数えなくていい。活動家にならなくていい。だって息切れしちゃったら、あとが続かないからね。そのかわり、自分にできることを一生懸命に考える。
………息をするように、ちいさな12条をする。それが私の、普段からの不断の努力。私の 12条宣言。」
(数えなくていい、っていうところで いつも涙出る💧)

×××××××

みんなで お茶を飲みながら、
ほっこりと
ちいさな 12条しませんか?
「草かふぇ @アル」は
9/6 火曜日10時半から al3階にて。どうぞ お気軽にお越しください☕️
https://www.facebook.com/events/1149811241759361/?ti=icl

〈alマリコ〉

|

2016年9月 3日 (土)

10月2日、バンドエイドが金沢に!!

2016年8月20日、テレメンタリー2016で放映された、中国に渡った「はだしのゲン」のドキュメンタリー。

http://www.dailymotion.com/video/x4q9fla

名古屋のバンドエイドこと、坂東さんが中国語にゲンを翻訳しようと思い立ってから10年の歳月。とうとう、台湾で、中国語のゲンが本屋さんに並んだのです!

ゲンの生みの親の中澤さんも、奥様のミサヨさんも、そして、ニーナ先生も、浅妻さんも登場します。そのつながりに改めて感動します、そして、「歴史を忘れないで、未来に手渡していく」と言い、それを実行するバンドエイドを、心からリスペクトします。

10月2日、中澤ミサヨさんと坂東ひろみさん、金沢に見えてゲンのお話をしてくださいます。
@近江町いちば館4F 9:30〜11:45

一月後にまたバンドエイドに再会できること、とっても楽しみにしています。その前にどうぞこの番組、ご覧になっててくださいね。

|

2016年9月 2日 (金)

今日の夕方HABに、あきくんのインタビュー

先週、金沢にトークしに来てくれた奥田あきくん、今日の夕方の北陸朝日放送の夕方ニュースの中の特集で、25日の局でのインタビューが放送されます。
録画しておくけど、見れる人はぜひ見てね!

みゆきちゃんよりお知らせです

********

9月2日(金)特集放送のお知らせ ☆☆☆
先日、北陸朝日放送で恩田琴江アナウンサーに、
奥田愛基くんのインタビューをしていただきました!
その最新のインタビューに、国会前の映像なども含め、特集を組んでくださいます! 楽しみです。

北陸朝日放送(HAB)ローカルニュース
スーパーJチャンネル内で、放送されます!
9月2日(金)18:15ごろから(変更のある時があります)
http://www.hab.co.jp/hab-jch/

富山県のほうでも石川寄りだと、映る地域もあるようですよ。
「変える」を読んでくださった恩田アナの感想からはじまって、
「SEALDs、どうして解散するの?もったいなくないですか?」
「安保法制について、今どう思ってる?」
など、ズバッと聞いてて とてもいいインタビューだったと思います♪ 「変える」のトークでは聞けなかったSEALDsのお話も入っていますので、トークにいらした方も、是非ご覧ください!

|

2016年9月 1日 (木)

草かふぇ@アルさんは9月6日

Photo アルさんからのお知らせ。

いよいよ 来週になりました*
スウさんとの「草かふぇ」@al
(草かふぇ、と言っても毎週の紅茶の時間ない草かふぇとはちょっと違います。
紅茶では、毎週、憲法の中から一つの条項にしぼって、みなで語り会い、気づきあっていくという、
すご〜〜くスローな学び方を積み重ねていってます。
アルさんでは、憲法きほんのきの話から、草案のこと、憲法を私ごとにしていただくためにお話しさせてもらいます)

会場では スウさんの著書
「わたしと あなたの けんぽうBOOK」も
お手にとってご覧いただけます(´ー`)*
けんぽうのこと
けんぽうへの想いが
スウさんの やわらかな文章で綴られています。
なんといっても、ノートみたいな 書き込み風なデザインが わかりやすい!
自分でも どんどん書き込んでいきたくなりますね。
お求めくださる方は
一冊600円です*

草かふぇ@alは
来週 9/6火曜日 10時半からです。
詳細は こちらをどうぞ🌿
https://www.facebook.com/events/1149811241759361/?ti=icl

|

9月17、18日、松浦さんのワークショップ

160731_ 東京調布の不思議なレストラン、クッキングハウス代表の松浦幸子さん(精神保健福祉士さん)にいらしていただいて、ことしもSSTコミュニケーションワークショップをひらきま〜〜す。

SSTワークショップ、それは、自分にも相手にもきもちのいいコミュニケーションのとり方があると知って、学んで、体験すること。
金沢と津幡で10年以上、毎年してきましたが、今年は、初の能登でのSST、能登ではなかなかない機会とおもうので、能登にお住まいのかた、ぜひご参加を

去年、水野宅でのSSTに参加された輪島と珠洲のワーカーさんが、こんなワークショップ、能登でもできたらいいねえ、とつぶやいたことが実現します。
しかも、珠洲も金沢も参加費かわらず!

はじめての方でも、だいじょうぶ、福祉や医療関係の方だけでなく、関心ある方なら、どなたでもご参加いただけます。
松浦さんの笑顔、ひとの話を聴く横顔、そのひとをうけとめる態度、それを見てるだけでもとっても深い学びになります。

★珠洲会場(湯宿 さか本)(定員は15名までとさせていただきます)
日時:9/17(土) 10:00~16:00
(9:30~受付開始)
参加費:3000円
(他、昼食代として1000円)
珠洲市上戸町寺社のさか本さん、とってもすてきな場所です。おいしいお昼もつくってくださいます。要予約。
★金沢会場(かみあらやクリニック内「えがお」)(こちらは30人まではだいじょうぶなお部屋です)
日時:9/18(日) 10:00~16:00
(9:30~受付開始)
参加費:3000円
(各自お弁当をおもちください。近くに飲食店やコンビニもあります)

※ 毎年、水野宅でもワークショップをしてきましたが、今年は津幡では開催いたしませんので、ご了承くださいマセ☆

初めての奥能登でのSSTか、えがおでのSSTか、どなたのご参加もお待ちしています。お問い合わせ、お申し込み、水野もお受けできます。
その折り、初参加か、3回以上か、あわせて水野までおしらせくださいね。

|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »