«  ムーアさんのみた、フィンランドの教育 | トップページ | スタートライン@シネモンド »

2016年11月21日 (月)

スケートするコトリ

気持ちよく晴れたある日の午後、千里浜(ちりはま)、走ってみようか、とまあさんがいう。

千里浜は家から能登に向かって30分たらず、のと里山海道の途中の浜辺。7キロに渡って車で海べりを走ることのできる、千里浜渚ドライブウェイとして知られています。

11月なのに、窓をあけて走っても寒くない穏やかな日。
海辺の小鳥たちが波打ち際で、20羽、30羽、ところどころで群れをつくってる。その子たち、波がひくといっせいに砂のなかをすごいいきおいでつつきだす。

群れの中の一羽がとつぜん、波打ち際をすべるようにスケートしだした。それにつられて仲間の鳥たちも、すいー、すいー、とスケートしていっせいに移動する。

スケート?いやいや、もっと近づいてよくみたら、小さな足を、そりゃもうめっちゃいそがしげに動かして歩いてるんだけどね、遠目には、スケートして滑りながら動いてるようにしか見えない、早すぎて。

161107_ 海辺の小鳥の、突然始まるいっせいスケートが愛らしくてね、楽しくてね、ずっとずっと見とれてた。
ちょっと走ってはまた別の小鳥集団のそばに車をとめ、スケート鑑賞。
シロチドリ、っていう海辺のコトリらしい。

千里浜に沈む夕日も見たくなって、二人でその時間までまちぶせしてたけど、最後の最後に雲が夕日をはばんで、おひさまが日本海に沈む瞬間は見られなかった。それでも夕映えで、海辺が美しい茜色に染まってた。161107_jpg

コトリのスケートと茜色の浜辺みれただけで、こんな日は御の字です。

古いガラケーの写メなんで、コトリもピンボケだけど。

|

«  ムーアさんのみた、フィンランドの教育 | トップページ | スタートライン@シネモンド »