« 今日の紅茶で「声をあげる若者たち」 | トップページ | 祝日草かふぇ »

2016年11月23日 (水)

対人援助学会マガジン

団士郎さんが編集長さんをしてらっしゃる「対人援助額マガジン」という名のウェブマガジン。
現在26号。

いつもながら、編集長の言葉がいい。
通常の雑誌の概念寄りでなく、これは人生寄りの雑誌なのだ、っていうあたり。

自分のしてること感じていること考えていること、またはその人が研究していること。それをそのまま書いて、発表できる場のあることのありがたさ。

書き手の職業も年齢も書いてるテーマも、実にバラエティ豊か。読み手は、自分の関心、興味ある人の連載を、バックナンバーさかのぼって全部読むこともできる。

私は、連載し始めの時は紅茶の時間つづけてて気づいたことを書くことがおおかったけど、この一年余りはほとんど、憲法のこと、憲法をつたえるためのコミュニケーションのこと、書いてます。

まさに、私の、してる感じてる考えてることを「きもちは、言葉をさがしている〜「紅茶の時間」とその周辺」というタイトルでかいているけど、同時にこれは、私の人生そのときどきの思いと行動の記録、その時代のひとかけらの切り取りメモ、のようにも感じています。

次号はめずらしく?けんぽうがテーマじゃないことを、書きました。紅茶の時間とその周辺、というサブタイトルの、なんという使い勝手のよさよ!笑
次号の更新は12月15日です。

http://www.humanservices.jp/magazine/
26号の表紙と目次、そこからどのかたの連載もよむことができます。

|

« 今日の紅茶で「声をあげる若者たち」 | トップページ | 祝日草かふぇ »