« この冬はじめての雪 | トップページ | 紅茶ミニシネマ初日 »

2016年12月17日 (土)

明日18日から、リニューアル版上映会

161216_ 明日12月18日 21日 23日、と計3回の紅茶ミニシネマで「不思議なクニの憲法」リニューアル版上映会をします。
5月から上映がはじまったこの映画、11月末までに全国で700回の上映会がひらかれたそうです。

紅茶でも5月にしましたが、今回のはそれに30分のあたらしい映像をくわえ、再編集をしたリニューアル版、石川でははじめての上映です。

急な上映会なので、いまんとこ、3日間とも、ちいさなシネマになりそうです。ゆったりと観ましょう、そして語り合いましょう。
ご連絡いただけるとうれしいです、でも突然行けることになったよ、といって見えても大丈夫です。

1:00open 1:15〜上映
前編(1時間10分)をみて、お茶&トークタイム
3時少し前あたりから後編(1時間20分)をみて、お茶&トークタイム。

********161213_

リニューアル版の紹介を、公式サイトより。
   ↓
憲法には「私はどう生きるべきか」書いてある。

私たちが決めなければならないのに、
“どこかの偉い人”たちが決めている、
私たちは、とっても不思議なこのクニの国民。

『ユキエ』『折り梅』『レオニー』『何を怖れる』の松井久子監督が 今だからこそ世に問う、ドキュメンタリー作品第二弾
参院選後のリニューアル版!

憲法で守られてきた私たちの権利が、危機に晒されている。
憲法に「戦争はしない」と書いてあるのに、戦争をする国になろうとしている。
主権者=国のかたちを決める権利を持つはずの国民が、政治から離れていき、その最後の砦を手放そうとしている…
学生、主婦、フリーター…あえて本当に小さな存在に思える彼らに注目し、幅広いジャンルの識者たちの言葉とともに送る、今見ておきたい、耳にしておきたい意見、活動を追った必見のドキュメンタリー。

<映画の内容>

●声を上げる若者たち ●立憲主義って何? ●歴史に学ぶ(敗戦から日本国憲法成立まで)●Peopleを主役に(国民主権)●侵されてはならぬもの(基本的人権の尊重)封建制度からの脱却(男女平等)●対米自立と某国追随の系譜 ●沖縄は憲法を手にしているか? ●進む憲法の空文化(9条をめぐって)●生活のなかの憲法 ●緊急事態条項から変えるのですか?︎

|

« この冬はじめての雪 | トップページ | 紅茶ミニシネマ初日 »