« 1990年の、かざぐるまの本 | トップページ | 行く年くる年の紅茶 »

2016年12月25日 (日)

クリスマスのきもち

131221_ 昨日に続いて、さらに静かなクリスマスの日。
北陸の空は、重たい灰色だけども荒れてはいない空。

今年も、夫婦でおだやかにこの日をむかえられる幸せに感謝します。
何気ない日々の暮らしこそ、守るに足るもの。

娘たち、今夜は、彼のギターのお師匠さんのクリスマスコンサートにでかけるという。
働き方のスタイルを彼がかえたことで、前よりは時間をやりくりして、二人で一緒にでかける機会がふえたよう。
以前とくらべて、二人で語りあう時間もふえて、ささやかでも、より人間らしい暮らしを送れているみたい。

こんな日々の暮らしこそ、ちいさな幸せを感じられる時間こそ、守るに足るもの。

だからね、やっぱり社会のこと、気にかけていたい。
黙ってられない、って思う。
できることしよう、って思う。
peaceの pieceの種、まきつづけよう、って思う。

どうか、たくさんの人に、こころ穏やかなクリスマスの時間を、と祈ります。

|

« 1990年の、かざぐるまの本 | トップページ | 行く年くる年の紅茶 »