« 八尾町まめのまminiシネマ | トップページ | ねばとろさん »

2017年1月 8日 (日)

2017年初紅茶&初草かふぇ

1月4日が初紅茶&初草かふぇでした。

11日がお薄の時間で、しかも、原始林窯のおちゃわんが届く日とかさなるので(ご注文されたみなさま、お待たせしました!)、みんなはそっちに行くだろうから、4日はいつも以上ににはやんないだろな、って思ってたら、いつもぐらいのはやらなさで(笑)草かふぇもいつもどおりにできました。
こいつぁ春から縁起がいいぞ。

しかも、この日は草かふぇ初参加の母娘さんもいてね。草かふぇタイムには帰っちゃうかな、って思ってたらそのまま残っててくれてね。
テーマは特にきめずに、昨年からのふりかえりも兼ねての、草かふぇ総論と、紅茶の時間が、憲法13条の場だったんだ!と確信できるようになったあたりの話を。

10代の女の子がお母さんと一緒にいる場で、あなたの存在はほかの誰ともとりかえがきかない、それが13条なんだよね、ってことを草かふぇの話の流れの中で語れて、よかったなあ。

感じたことを言葉にしていい、わからないことはすぐその場で質問する、知らないことははずかしいことじゃない。
何度も行きつ戻りつ、繰り返し学んでいくことで、大切なことが体の中にしみこんでく、それが熟成してく。

草かふぇを始めた時に参加したひとたちときめたお約束に、いつでも立ち還れる、そういう場でありつづけたいなあ。
ごくごく少人数で、普段の紅茶のなかの、毎週1時間だけ、これこそ、日々普段の範囲でつづけられる。
不断の努力、ってきくとちょっとしんどそうにもおもうけど、普段だもんね、ふだんのつみかさねだもんね。
あらためて、草カフェの原点にもどれた、と感じる時間でした。

161019_ 11日は、紅茶の時間内、おうすの時間。1:00〜6:00 山崎さんがボランティアお茶点ててくださるので、いつもどおり、お代はいりません。
原始林がまのお茶碗は、11日、またはそれ以降いつでもご都合のよい日の紅茶に、とりにいらしてくださいませ。

|

« 八尾町まめのまminiシネマ | トップページ | ねばとろさん »