« 愛知県におとどけ | トップページ | 豊田にお届け »

2017年1月23日 (月)

日進におとどけ

110331_ 21日、22日、と日進と豊田に憲法や人権のお話のおとどけに行ってきました。

*******

日進で、けんぽうBOOKのタネを最初に蒔いてくださったのは、後藤尚子さんという方。名古屋のバンドエイドがブログで、スウさんがこんな本を書いたよ〜〜と書き、それを読んだ尚子さんがいきなり50冊、ご注文くださったのです。

その50冊は尚子さんの手から、あるいは郵送で、日進市や、愛知県内のいろいろな人のところへ渡って行きました。

尚子さんは長いこと、日進の市議さんをしてらして、ふつーの市民のしあわせのためにすばらしいお仕事をされた方(なのだと思う、日進の会場でみなさんの言葉から、そのことがわかりました。昨年、ご病気でおなくなりになられたのを、仲間たちがどれほど悼んだか、ということも)。

司会の方が、スウさんとのつながりは、尚子さんがこの本を私にくださったからです、と初版のけんぽうBOOKを手に、私の紹介をしてくれました。

********

会場いっぱいのひと、ひと、ひと!

テーブルにはかわいいクロスがかけられ、紙ナプキンの上にはお菓子、そして紅茶のお代わりもいれてもらえる。そんなふうに紅茶の時間をイメージして、この場をひらいてくださったのがうれしかったなあ。

ママたちが出入りしやすいよう、出口の近くに並んで座っていたことや、あかちゃんを抱っこしたお母さんが、お部屋のそとで聴いてくれていたこと、若い人から70代、80代の方まで、はばひろい年齢層のかたが同じ場で、憲法の話を聞く、っていいな。

最後の13条の歌の途中で、あれれ?声がちょとおかしくなりました。
実は行く前から多少風邪気味だったのですねえ。日進では何度もマイクをおいて、失礼します、ち〜〜ん!と鼻ばっかりかんでたんだけど、歌になったら、高い声がでない、しまった!
それでもなんとか最後までかすれかすれで歌い、それを聴いてくださったみなさま方でした。

*******

会場に聞きにきてくれてたバンドエイドと一緒に、この日はバンドエイドんち泊。
声、温存しなくちゃね、ということで夜ご飯の時も、ずっとささやき声で話す私。夜は、あったか〜〜いおふとんで、寝る。明日はどうか声がでますように、と念じつつ。

|

« 愛知県におとどけ | トップページ | 豊田にお届け »