« 2017年初紅茶&初草かふぇ | トップページ | 明日9日は高岡のひとのまにて、miniシネマ »

2017年1月 8日 (日)

ねばとろさん

ほぼほぼ草食動物の私。
それを実感したのは今から22年前。ふだんめったに食べないお肉をほんのすこし多めにたべたら(サッポロビール園のジンギスカン)、腸が消化できずに、お腹にガスがたまって、出るもの出なくて、気持ち悪いのなんの、痛みと違う意味での七転八倒。
以来、お肉を口にする時は慎重にしてます(なので、ステーキ、とんかつ、焼肉は苦手)。

それでも、お正月はお腹が重たくなる感じが毎年してた。お腹が張る、おもたくるしい、やな感じ。
うちの味付けは薄いのがふつうだけども、おせちの時は日もちさせるためもあって、いつもより少し濃いめになる、お砂糖もつかう、お肉も多少は使う。
それで松の内がおわるころには、お腹がなんとなくやな感じになるんだろうな。

で、今年は実験的に、おせちを食べる時、毎回さいしょにねばとろから食べるようにしてみた。たとえば松前漬の細切り昆布だったり、めかぶだったり、納豆だったり、とろろだったり、オクラだったり。
そのせいでか、今年のお腹は今日現在も軽いよ。

あ、それと足元冷やさないように、前以上に気をつけてる。冷えるのもお腹が張る原因の一つって思うから。
(前に、寒い日に、外で立ち話30分くらいしてたら、妙にお腹が張ってきたのだ、食べ物とまったく関係なしに)

141228_ 冷えるとやっぱり血管もキュッって縮むんだろう、それは多分、いいことじゃない。
なので、家ではパソコンするときの足元に、足湯たんぽが今年も欠かせません。
夜もお布団の中にいれとくと朝までぽかぽかです。
2年前に坐骨神経痛になったとき、私のからだメンテナンスの先生に教えてもらったすぐれものです。

便秘って、やだよねえ、からだのもだし、心の便秘もしんどい。
日頃からあっためて、ためないようにしませう、お互いに、ね。
きもちがしんどく重たくなった時、まっすぐの耳で聴いてくれるひとがいたら、それはあなたのこころを便秘させない、ねばとろさんです。

|

« 2017年初紅茶&初草かふぇ | トップページ | 明日9日は高岡のひとのまにて、miniシネマ »