« 「この世界の片隅に」を語ろう | トップページ | 僕らのごはんは明日で待ってる »

2017年2月23日 (木)

草かふぇで、この世界の片隅に

きのうは拡大草かふぇで、「この世界の片隅に」を語る会しました。
途中の出入りありながら、8人で次の3つの問いをたてて。

1、この映画で心にのこった場面やせりふは?
2、どの場面が、自分と関係あると思いましたか。
3、この場にいる人たちと話しあってみたいこと、訊いてみたいこと。
3番目の問いでは、なんでこの映画がそんなに多くの人に見られてるんだろう、っていうのと、
もし自分が声優だとしたら、どの役の声をやりたいですか、っていうのと。

私自身、この映画好きで3回ほど見たんだけど、毎回見たあと少しもやもやがのこっていて。
すずさんの生き方にも少しもやもや、それ以上に、見た人たちの反応にもっともやもや、かな。
すずさんの、けなげでひたむきなとこ、毎日こまやかに工夫して、家族になった人たちと必死に生きようとしてるとこ、暮らしをていねいにていねいに、そこ、いいなあ、大事だなあ、と思うと同時に、すずさん、いとしい〜〜、めっちゃせつない〜〜〜!泣いた〜〜!で終わらせてるみたいな感想も見聞きする、そのあたりかな。

きのうのひとたちはそこではとどまってなかったです。
戦争がおわって70年経って、いままたそこに近づいてくような気がして、それで見られてるのかな、とか。
すずさんの義理のお姉さんのなかにいろんな葛藤もあったろうな、そのあたりを声で表現できたらいい、とか。

わたしがこの映画で心にのこってるせりふはいくつもあるけど、最終的にのこってるのは、哲さんがいった「おまえだけはふつうで、まともでおってくれ」(もう哲さんは、まともじゃない世界を体験してきてしまってるから)というのと、8月15日の玉音放送の後、すずさんが畑で泣きながら、「ぼーっとした何も知らんうちのまんま死にたかったなあ」です。

あの時代、すずさんはあのように生きるしかなかった、大きな力に対してあらがうことはできなかった。その通りだったとしても、今の私たちがこのせりふですますわけにはいかない、ってこと。

あの時代、表立ってあらがうことは死を意味することだった。
今、いやだ、と声をあげることでいのちまでとられはしない。いや、時代がすすんでいけば、そうなるかもしれないけど。

社会とか政治とか世界とか、そんなめんどくさいこと、何も知りたくないし、関係なく生きていきたいとおもっても、それはできないことなんだ、ってすずさんが教えてくれてて、それを映画でみてる私たち、ってこと。

まともでない世界にいま、どんどんつっこんでいこうとしてるからよけいにそのこと思って、それを感じさせ考えさせてくれてる意味で、あらためて、いい作品なんだなあ、と私は思ったよ。

この日は、最後に、1945年8月15日の玉音放送をみんなで聞きました!!
映画の中で、何いってるのかわからない、といってたので、じゃ今、みんなできいてみよう、となったのでした!
玉音放送、で検索したらすぐに聞けたよ。




|

« 「この世界の片隅に」を語ろう | トップページ | 僕らのごはんは明日で待ってる »