« ピース割りのおみせまわり報告 | トップページ | 日曜Tubeは、今日は放映されないことに。 »

2017年2月12日 (日)

花子さんのコンサート@もっきりやさん

きのうの、大島花子さんのコンサート@もっきりやさん。

「夢であいましょう」からはじまり、オリジナルの「日時計」や、パウンドケーキのレシピを歌にした、とっても楽しい歌「カトルカール」。
のびやかでおだやかな花子さんの声が、七色へんげしたのは「ひよりげた」。リズミカルで、めっちゃ色っぽくて。

「はらぺこあおむし」がおっきな絵本になってることも、歌になってることも、この日までしりませんでした。

花子さんが歌いながらページをめくるためには、そのおっきい絵本を支える人が必要で。
一番前にすわっていたおかげで、私とみゆきちゃんが、その光栄な係をさせてもらいました(もちろん、そんなこと知らなかったからまったくのサプライズ)。

歌と歌の間の語りも、とても自然体です。
お父さんが亡くなった日のこと、夏の日で、キラキラしてて、これからかき氷をたべようか、なんて思っていて。
花子さんは、きもちを伝えるひと、物語をかたるひと、物語の伝え手だなあ、ってコンサートの間中、感じてた。

あるお母さんさんの歌です、といって歌い出したのは、「岩壁の母」。
あの歌が、ギターの笹子さんのアレンジで、まるで日本のファドみたいな曲に生まれ変わって、花子さんのやわらかな声で歌われる。これまで知ってた歌とはまったく違って、胸にしみてくる。

九ちゃんがお父さんのことを歌った「親父」を、娘さんである花子さんが歌う。
私たちがテレビで知ってるニコニコ九ちゃんとは別の人のような顔で歌ってた九ちゃんを、そのころまだ10歳前だった花子さんはすごく印象的に覚えているそうです。

「上を向いて歩こう」を手話と一緒に。
手話からうまれた歌「そして 思い出」も。

大切な人をうしなった悲しみは、どれだけ時がながれても、消えるものではなく、もう元気さ!っていえるようなものでもない。
だけども、「さようなら あの日」と言おう。
♪これ以上いらない もう もう つらいのは
 この傷を抱いて生きてゆく この傷と歩いてゆこう

「ヨイトマケ」の歌は、今に通じる、お母さんの、お父さんの、歌。花子さんの目が涙でうるんで、きもちがじわ〜〜んと伝わってきて、私もおもわず涙。

最後のアンコールの一曲は、「見上げてごらん 夜の星を」を、花子さんの生の声で。

こころがゆたかにほっこりと満たされた、ほんとにすてきなコンサートでした。いっぱいコンサートしてるはずのもっきりやさんも、この夜は、なんてなんて、うれしそう!

12日は昼間に敦賀でのコンサートってきいてたけど、雪、だいじょぶだったこと、祈ります。


|

« ピース割りのおみせまわり報告 | トップページ | 日曜Tubeは、今日は放映されないことに。 »