« 6年目の今日という日 | トップページ | 今月のちくちくせらぴー »

2017年3月11日 (土)

小松とほもんけんさんにおとどけ

171 今週は、コープいしかわさんの小松センターや保育士さんたちの集まりに憲法のお届けに行きました。

コープさんでは20代から80代の方まで年齢層はばひろく、聴いていただきました。

単語な感想で、とても心に残った一言。
80代の男の方が、とっても低い、おやさしい声でゆっくりと「スウさん、、ありがとう、、、」と言ってくださり(初めてお会いしたその方の声があまりにやさしくて、なみだ出そうだった)、続けて、「聴きながらずっと、罪と罰、ということを考えていました。憲法を守らない人たちの罪は、どんな罪か、いったいどうやって罰すればいいのか、、」と。

ああ、ほんとうにそうです。憲法をふみにじって、憲法違反の法律を数の力で次々通し、好き勝手な政治をしている政治家たちを、この重い罪を、誰がどうやって罰するのか、この方の深い怒りをとても共感しながらお聞きしました。

罪と罰。意識したいな。
おおきな人のちから(権力)をうしろだてに、たくさんの嘘をついてなお、自分は教育者だ、というような人の罪はどんな罪だろう。

******

保育士さんたちの集まりは、保育問題研究会総会。
去年、金沢大学で憲法のミニ授業によんでくださった先生が、この保問研の会長さんで、私にお声かけくださったのです。

総会の中では、金沢大学にある里山ゾーンで、保育士さんたちが子どもたちと「わくわく里山自然体験 もりへぞろぞろ」という活動してる、っていう報告がありました。
話ききながら、あ、5、6年前からまあさんたちの薪の会の男衆が、角間の林の整備をかねて伐採してたけど、それがこの里山ゾーンになったんだ、ってわかってうれしかったです。

保育士さんたちは朝早くから小さいひとたちとむきあってきて、ハードな1日のあとの総会。おおきなおにぎりが2個ずつ誰にもあたる。そりゃそうだ。夜ご飯食べる間なく、直行で総会にでてるんだものね。
この夜は、若い男の子の保育士さんが何人も。娘が30数年前に通った保育園の、なつかしいお顔にも会えました。

というわけでこの日の話は正味1時間。さっくりと憲法きほんのき。それから13条と12条を中心に。

保育士さんのおしごとは、赤ちゃんや幼い子たちを身の丈に認めて、自分大好きな子にそだってもらうこと。
ともだちをいじめない、仲間はずれにしない、だって自分がそうされたら悲しいもんね。
絵本いっぱいよんであげて想像力の翼もひろげさせてあげてね。
人権感覚、っていう目にみえないたいせつなものを子どもたちの心に育むことは、保育士さんのだいじなしごと。
自分も相手も大切にする、そんな子に育ってもらうこと。
それは長い目でみて、12条することだって、私は思ってるので、と。

いつもは、子育て中のママたちにこの話をするのです。
我が子が、自分の頭で考え、自分の言葉を持ち、バランスのいい人権感覚持った子に育つように努力することって、長〜〜いスパンの、ママやパパたちのする12条ですよ、っていうふうに。

|

« 6年目の今日という日 | トップページ | 今月のちくちくせらぴー »