« 岡山へ | トップページ | コットンことむさんにお届け »

2017年4月19日 (水)

岡山のコットンことむさんにてby市場さん。

Photo 岡山にお届けの様子を、けいっさんこと市場恵子さんが、ききながらメモして、その日のうちに、facebookにアップしてくれていました。早!!

リポートみたいにくわしく書いてあるね!私はこんなふうにきちんとはとてもかけないのだよ。ありがたいなあ。

こういうことが、12条することであり、同時に、シェアけんです。自分の聴いた憲法のはなしのおすそ分けです。行けなかったひとに、どうぞ、と。こんなことする人のことを、私は、しぇあけんティンカーベルとよんでいます。

**********市場さんのFBから。

「We
💛憲法!女たちのおしゃべり会」@コットン古都夢。毎月第4金曜日の午後、定例開催しているおしゃべり会。今回は水野スウさんが松山(15日)~総社(16日)で講演されるとうかがい、岡山に途中下車していただきました。今回のテーマは、「わたしとあなたの憲法~”12条する”ってどんなこと?」。メモを頼りにご報告します。

「憲法を守る義務はだれにある?」という質問に、多くの人は「私たち国民」と答える。しかし、99条で義務は「天皇・国務大臣・国会議員・裁判官・公務員といった人たちにある」と定める。また、98条では、憲法がすべての法律の上にあって、国の最高法規であると定め、これに違反する法律に効力はないという。(集団的自衛権の閣議決定や安保法制は憲法違反では? 憲法を守らない総理大臣の罪はだれが罰するのだろう?)

97条を見てみよう。「この憲法は日本の私たちに、人としての基本的な権利を保障するもの。それは自由を求める世界中の人たちが長い長い時をかけ、苦しい試練にたえぬいて、ようやく手に入れることができた実り(英語ではfruits)。それはどんな時にも侵すことのできない永久の権利として、今といのちの未来へ信頼に基づいて手渡される」(←いわば、憲法のアイデンティティ、卵の黄身とも言える部分)。97条・98条・99条は「憲法の基本のキ」。
自民党の憲法改正草案では、この97条を削除する(他にも似た条文があるからという理由で)という。トンデモナイ。大事にしたい。

人はだれでも「身の丈に認められたい」と思っている。身の丈以上はつらいし、不当に扱われると深く傷つく。業績や成績や活躍は「目に見える価値=Do」だが、ここにある存在そのものは「目には見えにくい価値=Be」。

9年前、娘(マイさん)と一緒に『ほめ言葉のシャワー』という冊子を作った。娘はそのころ引き籠って、自分は社会の役に立っていないという自責感に苦しんでいた。「そのまんまのあなたでいいよ」という言葉も素直に受け入れられないようだった。
ところがその娘が憲法13条を発見してくれた。憲法13条は「幸福追求の権利」。「生きる目的」「憲法の核心中の核心」。13条を実現するために9条がある。13条と9条はセット。切っても切れない関係。

「わたしは、ほかの誰ともとりかえがきかない。わたしは幸せを求めていい。わたしはわたしを大切と思っていい。あなたもあなたを大切と思っていい。その大切さは行ったり来たり。でないと、平和は成り立たない」。
あなたがあなたらしく在ること。あなたが存在すること(Be)そのまんまがすばらしい。CD『憲法13条~ほかの誰とも』がうまれた。

続いて、憲法12条を発見。「誰かさん、じゃない。この私がしなくちゃならないこと。私たちの自由と権利は人任せにできない。おかしいことにおかしいと声をあげること。不断の努力を日々、普段から。それが”12条する”こと。一人一人が”peace(平和)”の”piece(一片)”になること。その自由と権利は全体のしあわせのために使うこと」。

憲法が謳う「公共」とは”public”=”people”であり、「お上」や「政府」のことではない。ところが自民党の憲法改正草案では「公共の福祉」が「公益及び公の秩序」に、「個人」が「人」に変えられている。
戦争中、国民は「個人」ではなく「臣民」。国や公のために命を投げ出さねばならなかった。私たちはもう二度と国家の介入を許さない。国家の命令で命や人権や尊厳を奪われることがあってはならない。

憲法は孫悟空の頭を縛る「輪っか」のようなもの。権力者が勝手に外そうとするとき、それに敏感に気付いて外させないようにしたい。
「12条する」とは必ずしも国会前デモに参加することだけではない。今日聞いた話を帰って家族や友だちに話す。子どもたちに絵本を読み聞かせる。自分の頭で考えて、自分で行動できる子に育てる。差別をしない、差別を許さない子に育てる。。。すべて「12条する」こと。

ある保育園ではTシャツに「自分大好き」と書いてあった。園長先生が「子どもたちがみんな自分を大好きな子に育ちますように」との願いから書かれた言葉。これも「12条する」。

スウさんが毎週水曜日に開催している「紅茶の時間」内「草カフェ」(1時間)も「12条する」。流行らない(参加者は少ない)けど、継続することが「不断の努力」。
草カフェでは「知らないことを責めない」「恥ずかしいと思わない」が原則。平和の話をするときは、「平らな関係で」「対話する」ことが大事。

「12条する=Do」+「13条=Be」=「25条=生存権」。
最後にスウさんが、「12条+13条+25条の歌」を歌ってくださる。心に染みわたるやさしいやさしい歌声♬

********市場さんのリポートここまで。

|

« 岡山へ | トップページ | コットンことむさんにお届け »