« 日々、音読会 | トップページ | 今日の東京新聞、言わねばならないこと »

2017年5月18日 (木)

現代のぬえ

ぬえ。 夜の鳥、とかいて、鵺。妖怪のこと、正体不明のよくわけのわからないもの。

私にとっての現代のぬえは、世論調査として報じられる、内閣支持率。
いったいどうして支持率がこうも高いままなんだろ、とごく素朴に、自然に、疑問を抱く。

今の内閣。目に余る憲法違反の政治をして、憲法違反の法律をどんどんつくって、自分たちだけに都合のいい政治をして、主権者をばかにしきって、他国との緊張を高めて、どんなめちゃくちゃな法律も、数の力で成立させてしまう。

今が今も、共謀罪という、わたしのこころの内やコミュニケーションをとりしまる法律を、まったく不誠実な国会答弁のあげくに通そうとしている。
自由にものいえる社会を、きゅうくつな監視社会に変えようとしている。

このところ、いろんな方からお手紙やメールで、とてもよく似た文面、内容のものをいただくんです。
なぜこんなことになっているの?この流れはいったいどういうこと?こんな危険な内閣が、どうして支持され続けるの?信じられないよ。なぜみんな気がつかないの?いったいどうしたらいいの?これが時代の空気なのでしょうか、もう今は戦前です、などなど。

世論調査では、内閣支持の理由も訊いている。
他の人より良さそうだから、っていうのがいつも大きなその理由。
消極的なこの理由、ほんとにそうかな、とここらでもっと突き詰めたほうがいいんじゃないのかな。
ほかよりまし、という理由で、ほかは頼りないもん、という理由で、このまま、安倍内閣独裁全体主義の国にしてしまっていいの?明治憲法のような憲法につくりかえていいの?

森友学園問題の次(もちろん、未だ終わってないけど)に、やっと加計学園問題が表舞台にでてきた。
おかしなことがぼろぼろでてきてる今だからこそ、ほかよりまし、という理由で、今の内閣を支持し続けていいのかどうか、マジで考える時。
内閣支持率というぬえのかたまりでもって、今の政権を支え、私たちの未来を委ねてしまわないために。
すくなくとも今の憲法があるかぎり、主権者は、私たち一人一人なんだからね。

|

« 日々、音読会 | トップページ | 今日の東京新聞、言わねばならないこと »