« 6月18日けんぽうかふぇ | トップページ | 全国一斉コッカイオンドク »

2017年6月12日 (月)

水島朝穂さんの講演会

昨日11日は9条平和小杉の会主催の、水島朝穂さんの講演会に。ひとことも聞きもらせぬ弾丸トーク講演会、交流会でもたくさんお話しくださって、完全に2回分お聞きした気分!

コント集団、ニュースペーパーのシナリオを20年前も前に、水島さんが12話もかいてらしたこと、
20年前の憲法記念日の夜、そのコントが演じられ、コントの最後に、松元ヒロさんが前文一気読みする初演を、その場で聞いてらしたこと。
ベルリンの壁が崩れる1年数ヶ月前に、秘密警察に尾行されながらも、小田実さんと東ベルリンにはいった、というのにもびっくり。

日本の防空法のことも初めて知りました。
太平洋戦争がはじまってから改正された防空法は、「空襲を恐れるな」というもの。逃げてはいかん、と、消化を義務づけた。(焼夷弾に水かけるとかえって燃えちゃう、火を消してたら焼け死んでしまうのに!)

当時、アメリカは空襲する街に事前に伝単(でんたん)と呼ばれるビラを空からくばっていた。青森にもそのビラがまかれて、逃げる人たちもいたらしい。
そしたらなんと、青森県知事が、逃げるな戻れ、火を消せ、配給停止するぞ、という非情な命令を出した。いったん逃げたのに、それで戻った人もいたそうだよ。1945年7月28日の青森空襲では1018人がなくなったという。
個人の尊厳がまったく軽んじられていた。上の人の意識には国、の意識しかなかったんだ。

そういう一つ一つの発見を、水島朝穂さんは、ご自身のHPで「直言」として、毎週毎週、もう20年間、更新しつづけてらっしゃる。ふだんの努力に脱帽!

http://www.asaho.com/jpn/

今週の直言は、「相棒」の脚本もかいてらっしゃる太田愛さんとの、雑誌「世界」での対談が、そのままアップされています。

疑い、調べ、考え、発信すると同時に行動する、水島さんの頭ん中の緻密な引き出しには、知識だけでなくわくわくするアイディアもいっぱい入っているみたい!

交流会では、ぶっつけ本番、ミニミニコッカイオンドク会も!金田法務大臣を演じたのは、さあ、だれだったでしょう。見事な演じっぷりでした。小杉の人たちも私も思わず笑っちゃったけど、これ、現実ですから、ほんまもんの国会審議ですから。
私たち主権者がどれだけ愚ろうされてるかってこと、自覚しないと!ね。

そして今、憲法を変えたがってる人たちの頭も、戦前のそれとかわっていないのでないか、個人の尊厳など、ものいう自由など、そんなもの!っと言ってるような、今の政権の底知れぬおそろしさがひしひし感じられてならないよ。

私の、普段着のけんぽうのおはなしの中にも、また昨日知った水島さんのお話をいかさせていただこうと思っています。
水島さん、小杉9条のかたたち、ありがとうございました。

|

« 6月18日けんぽうかふぇ | トップページ | 全国一斉コッカイオンドク »