« family gathering | トップページ | ウチソト段差 »

2017年7月18日 (火)

もう一度、花森さん展

今回のfamily gathering。娘が帰って来たのはちょうど一年ぶり。前のMacが突然動かなくなって新しいのに買い替えることになり、急遽、娘にヘルプ!をだして来てもらったのだった。

今回は夫婦3組の時間なので、家ではあまりゆっくりできないだろな、と思っていたら、せいちゃんの両親が気遣ってくれたのか、思いがけなく親子の時間もたっぷりとあり。

おかげで、行けるはずないと思っていた「花森安治の仕事展」@高岡美術館に、母娘で行けました。私は二度目だけど十分にみごたえあり。

177_2 デザインの面からも、編集とは編むことだ、と花森さんがいう、本をつくるという面でも、娘は見に行けたこと、とってもよろこんでた。

花森さんが戦前にかかわった大政翼賛会の仕事、デザインが人の心をうごかす、そのおそろしい力もあらためて感じる。
そして、戦争中の他の雑誌づくり、戦後の「スタイルブック」から「暮しの手帖」への変遷、商品テストへの情熱、一銭五厘の旗、、、。
読み進むのに、前回とおなじくやっぱり2時間半かかった。

花森さん展はあと10日あまり、30日まで。
行ける人、ぜひぜひ見にいってほしいなあ。今、という時代にみることが、一層意味あると思えて。ショップでは目が星になりそうな、すてきな花森さん文具もいっぱいだよ。


|

« family gathering | トップページ | ウチソト段差 »