« 上尾の母親大会で。 | トップページ | ハンナ・アーレントの草かふぇ »

2017年9月 5日 (火)

紅茶in上尾

178 3日はこじんまりと、前の日と同じ建物のちいさなお部屋を満杯にして、紅茶の時間in上尾。

3月の川越紅茶に飛び込んで参加された近藤さんが、今度は上尾に!と、上尾のお仲間たちに声をかけ、川越紅茶のかおるちゃんたちもお手伝いして、この場を用意してくれました。

前の日に参加された方もいるし、はじめての方もいるので、まずは紅茶の自己紹介、そして昨日の話のおさらい、それから紅茶の時間のなかで毎週1時間だけは社会のことを語りあう「草かふぇ」をつづけてる、その中身をなるべく具体的に。

たとえば、東京に来る前日の草かふぇは、その日の朝に NHKあさイチで見たことを即、テーマにしたこと。イスラエル人のダニーさんの言葉、「しかたないという言葉をつかわないでほしい、そういったらそこで考えることがストップしてしまう」を共有したことなど。

たまたま私の隣に座ってらした方が、ダニーさんのお家に行って、ピタパンをごちそうになり、ダニーさんのお話も聞いてきました、というのでびっくり。その上、ダニーさんのご本「国のために死ぬことはすばらしい?」というご本も、私にプレゼントしてくださるとのこと!

前日は大人数でできなかった、ひとこと感想ふりかえりタイムもこの日は持てました。「話すは、放す。きもちの便秘」「しかたないは戦争のひきがね」「ボロボロの平和を繕え。私も平和のお針子のひとりになりたい」「ひとはあわせ鏡」「たいらに話す」「beがないがしろにされてる」「ひとは丸ごとで、トータルでみてほしいんだ、見える部分だけでなく」「peaceの piece」「少しずつていねいに学ばないと自分の言葉を獲得できない」「映画みて、12条する、の言葉がすごく印象的だった、その12条は身近にいっぱいあるんだな」などなどいっぱい。

最後の7分で、けんぽうぶっくの「みるく世がやゆら」をこの日も朗読できました。

参加されてた方が、「今まで憲法を語るとき、血管が切れそうになる思いで語ってきた私にとって目から鱗とは、この事です」とコメントにかいてくださり、思わず笑っちゃったけど、そのきもち、わかるわかる!いっしょけんめいだとついつい、ね。

|

« 上尾の母親大会で。 | トップページ | ハンナ・アーレントの草かふぇ »