« 木の浦、シャク崎、鉢ケ崎の海 | トップページ | 大津にお届け »

2017年9月23日 (土)

ふいうち選挙

首相って、こんなにすき勝手していいの?いや、すき勝手させていいのか、わたしたちが、って話。

憲法で「ひらけ」と義務づけている臨時国会、3ヶ月も待たせておいて、ひらいたとたん解散、選挙まっしぐらって、いっくらなんでもむちゃくちゃ。

モリとかカケとか、「そんな小さな問題を隠したりすることは考えていない」と幹事長。
アレは小さなことですか。政治を自分とトモダチにだけ都合よくうごかしてることの典型、と思いますが。

こういう政治でこのまま行きます?それとも?って、問われてる、私たち一人一人が。

戦争の反対は、対話。そう思っている私なので、首相が「必要なのは対話ではない、圧力だ!」と国連で言い切った時、心底ぞっとした。

おさらいします。今の内閣がしてきたこと。

憲法破りの法律を次々つくってきた。
特定秘密保護法によって、「お答えは差し控えさせていただきたい」のせりふが急に多くなった。私たちの知る権利がうばわれてるリアリティ、ある?
9条違反の、集団的自衛権、安保法制。ますます秘密が多くなる。
おかしいことにおかしいと、声上げることをためらわせ、一人一人の心を監視する凶暴な法律、共謀罪もむりやり通した。
これらの法律、どれも自由と人権を縮こませる力を持ってる。

さらに選挙公約で、9条の3に自衛隊をかきこむ、と約束するらしい。この意味はでっかいよ〜〜。3を加えることで、9条の1と2がなきものにされる恐れ大。そうなったら集団的自衛権も安保も、憲法違反でなくなっちゃうかも。

10月のふいうち衆院選にはどんな意味があるんだ???と頭が痛くなるくらい、考えよう。考えたら、まわりに話そう。考えないことは、全体主義への早道ですから。

|

« 木の浦、シャク崎、鉢ケ崎の海 | トップページ | 大津にお届け »