« 支持率というヌエ。 | トップページ | 小出裕章さん »

2017年9月15日 (金)

いのちをつかう、ということ

Photo 親しいひとのお父様が亡くなられて、お別れにいってきました。

このお父様との出逢いは、今思い出してもとってもとても不思議な場所で。

私が結婚して金沢に来た43年前の夏、ある女子大生さんが「ミセス・スウを知りませんか」って新聞に投稿したのです。それをみた北陸放送の方が、じゃ、スタジオでごたいめ〜〜ん、っていうのをしよう、と思ったらしく、土曜の午後の番組に私はでかけていきました。その女子大生さんとともに、一人の男性がおられて、どちらとも初対面の私は、who????

その方が、滋さんでした。10歳をはじめ、何人も娘さんをおもちで、その子たちの読むかわいい雑誌の一ページに私が連載を書いていたのを読んでらしたらしく、テレビ局のご対面場面にご出演くださったのでした!それから43年の時が流れ。

筆まめな滋さんは、よくお手紙くださいました。好奇心がおありで、いろんなことに興味をお持ちの方。それで私にも逢いに、スタジオに来てくださったんだと思います。

滋さんの一番上の娘さんにはじめてあったのは、たしか彼女が小学5年生のころと記憶してるけど、その10年余り後、別の場所で再会。あ、あなたが滋さんの!と。

その娘さんは今、ひととひとをつなげるすばらしい働きをしているよ。ふだんの努力を日々普段からつづけて、よりよい社会つくるための、12条しているひと。ご両親からもらったいのちを世の中のためにせいいっぱい使って、自分のミッション(使命)をはたしているひと。peaceのおおきなひとかけら、です。
滋さんは、そういう彼女を、どんなに誇らしく思っておられるだろうな!

お父様のお別れの式には、今は大人の、お子さんたち、そのまたお子たちが、にぎやかにお集まりでした。その一人一人が、もらったいのちのそれぞれのミッションを、って思うと、これ、すごいことだなあ〜〜って。
そうだね、私も父母からもらったいのちを、自分のためだけじゃなくて、社会のために大切に使いたいな、ってあらためておもったよ。

この夜のお坊さまの言葉。
仏さまはみなさんに「平等」の本当の意味をきづいてほしいと願ってらっしゃる。平等とは、みんな同じ、みんな一緒という意味ではなくて、一人一人が違っていて、それを認め合うこと、わかりやすくいうと、バラバラで一緒。それが平等ということなんですよ、と。あ、ここにも、13条がでてきた、と思いながら聞いていました。この日、この言葉が聞けてよかったな。


|

« 支持率というヌエ。 | トップページ | 小出裕章さん »