« 大津におとどけ | トップページ | スズ・時を運ぶ船 »

2017年9月19日 (火)

沖縄と核

NHKスペシャル「沖縄と核」

https://www.youtube.com/watch?v=L6lc470LDj0&feature=youtu.be

映画監督の三上智恵さんが書いてらっしゃいます。

*****

いま沖縄と核
という注目のNスペ
見終わりました

まさに震撼
沖縄には1300発
核兵器が貯蔵されていたこと
はっきり報道してくれました

核兵器の持ち込みには
事前通告を義務付けたのに
沖縄だけは除外すると
岸信介が密約をし
沖縄に集中させたこと
残酷な政府の決断も改めて
怒り心頭

間違って那覇軍港で
発進させてしまい
1人死んでたこと

キューバ危機で発射直前まで
行った時の
兵士のインタビュー

撃てば、即座にソビエトが
沖縄を狙うのは明白、
沖縄が消えると思ったと
元兵士が涙ぐむシーン

内容、ほぼわかってたけれども、
それでも
息もできない50分でした

独立するしかないの?
日本の一部でいる限り
ずっと戦争の島で
標的の島で
い続けろというの?
ありえない

今も沖縄に核兵器はあるのか?
という質問には
アメリカ国防総省は回答しない、と。

あるに決まってるね
私の家の近くの
あの嘉手納には必ず

そして辺野古にもね

NHKきっかけ、というのは悔しいけど
沖縄県として
真相究明を政府に求めるべきだ
沖縄選出議員も!

県内紙もこのチャンスに
書くべきだ
核兵器撤去を
徹底して求める県民大会も
開こう

ふざけるな!

*********

三上さんが、このドキュメンタリーを見て、震撼した、とかいているように、見ながらなんども戦慄して震えた。

核兵器を中国にむけて沖縄から飛ばす命令をうけた米軍兵士は、自分が発射すれば、沖縄は打ち返され島が完全に消えるだろうと覚悟した。日本人の妻や子にも、もう二度と会えないだろうと。

キューバ危機の時に、日本の、沖縄で、本当に起きて
いたこと。
戦前も戦後も、どこまで沖縄は日本に、アメリカに踏みつぶされなければならないのか、そして、今現在もその構図は変わっていない。

監督も書いておられるように、沖縄に核
は、今もあると思う。

それにしてもNHKスペシャル、よくこの番組をつくってくれました!そして、こういう番組作れるのは記録がちゃんとアメリカに残っていたからだ。再放送、強く願います。
北朝鮮をさらにあおる今の内閣に、ぜひ、このNスペをみてもらいたいです。


|

« 大津におとどけ | トップページ | スズ・時を運ぶ船 »