« 三鷹のリトルスターレストラン | トップページ | 21美さんに »

2017年9月 7日 (木)

13条する、という新しい概念

上尾の紅茶の時間に参加してくれてたかおるちゃんは、川越紅茶仲間のひとり。川越では、だから何度もあってるし、私の話も何度も聞いてくれてる。
今回、上尾で紅茶の時間しよう!って言い出した近藤さんやお仲間たちと一緒に、9月3日の場のお手伝いもしてくれたかおるちゃん。
私が石川にもどってからの彼女とのやりとりがなかなかおもしろいことに発展していったので、ここにまとめて再録してみた。
******178
か:スウさんからのいつもの必ずのメッセージは、自分も人もかけがえのない存在ということ。スウさんが日々のコミュニケーションのなかでも、また憲法を守り伝える活動のなかでも、そこをどんな風に具体的に大切にしているかよくわかりました☺

す:かおるちゃん、うれしいなあ。そうなんだよ、紅茶でひとと向き合うときも、誰かを聴くときも、憲法のおはなしの出前でも、いつも大事にしてるのが、13条なんです、あなたはほかの誰ともとりかえがきなかい、そのことをそれぞれの場面で、私なりに13条してるんです。そういえば、13条する、って、これもまた、あらたな言い方だね!!そこわかってくれたのがさすがにかおるちゃんだ!!
か: 13条する か!それこそ、差別を無くしたい私の願いへのアプローチ

す:うん、これはあたらしい概念じゃ!ふだんの努力の12条は、12条する、だから当然、Doの概念。一方、13条はDoでなくて、存在のBeだと思っとったんに!笑

か:Beを尊重する、というDoですね

す: そっか〜〜また教えてもらったよ、相手の存在を認める、尊重する、のdo、なるほっっど〜〜〜。9月25日、大津にお話にいくことになってるけど、その時かならずこの話するね。
******
こんなふうに、お話の出前で語ることで、聞いてくれてた人の感想やふりかえりの中から、毎回、あたらしい気づきやあたらしい言葉を発見する。
自分一人で考えてても思いつけないこと、教えてもらえる、そうやって後から気づく、そういうことだらけの私だよ。
私自身、紅茶って13条な場だな〜〜って、やっと去年あたり気づいた。
紅茶仲間たちのほうがずっと前からそう思っていて、え〜〜スウさん、いまごろ気づいたの?って笑われたけど。
人はだれでも身の丈に認めてもらいたいと願って生きてる、って紅茶しながらず〜っと思ってきたけど、それって一言でいえば、どんな人にも人権がある、ということだもんね。
でも、はじめに「人権」って単語があって、紅茶は人権を大切にする場所です、というのと、その単語は意図せず、ただ、紅茶しながら何気なくしてきたことが、実は、13条だった、ってあとからぼわ〜〜んってわかる、そのことの方が、意味深いんじゃないかなあ。
そうやって、あとから気づく、わかる、のが大事だなあ、って思ってる。
最初から何もかも知ってて、わかってて、行動したり、発言したりするんじゃない、わかったことから言ってけばいいと思う、動けるとこから踏み出してけばいいと思う。
亡き父の口ぐせ、「のち悟らん」。その、のち悟らんの中で生きてる、私です。

|

« 三鷹のリトルスターレストラン | トップページ | 21美さんに »