« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月31日 (火)

もっともと思わない国民の一人として

FBで、こういう書き込みがありました。
    ↓
菅官房長官は、議席数で質問時間を配分することを「国民の側からすればもっともな意見」と発言。その国民って誰? 全部で3人くらいいるの? 国民のもっともな意見、聴かせてあげなくちゃね。
自民党 03-3581-6211  菅事務所 ☎03-3508-7446


これ読んで、そうだ!私も今日電話しよう、と。

議員の数の多さで質問時間多くしよう、っていう発想が、そもそもあべこべです。
国会は法律をつくる立法府。
与党は、予算や法案を出す前に与党内でいっぱい審議して、それから国会に出してくる。その案を、国会で野党もいれてチェックする。そのチェックのために野党が質問し、この法律をつくっていいかどうか、憲法に違反してないか、などと国民の代表として質問するのだから、野党の時間配分がおおいのがそもそもあたりまえ。第一そうでなければ民主主義が成り立たない。

それにね、前はもっとすくなかった野党の質問時間を(与党4野党6)、もっとふやせと要求したのは野党時代の自民。それで今の、与党2野党8の割合の質問時間となったのです。
それが、多数の議席を野党分裂の「おかげで」獲得した自民が、口では、自民党にていねい、けんきょ、しんし、と言いながら、たちまちに、与党の時間をふやそう、ましてや、議席数で時間を配分しよう、と言い出すなど、もってのほかのほか!

*****

たった今、電話しました。すぐに自民党につながりました。官房長官がいわれたことを、もっともなことだと思わない国民の一人として、意見をもうしあげたくてお電話しています、と言ってから、上にかいたようなこともふくめて、意見をのべました。
野党が質問することで、国民は、いまどういう法律がつくられようとしているのか、それがどう国民生活に影響するのか、知ることができる。その時間がへらされたら、私たちはかやの外におかれて、国が何をしようとしているのかもっとみえなくなってしまいます、と。

受け取った電話は、かならずすべて筆記して、上に伝えられるそうです。名前を名乗る必要もありません。電話をきる直前、ちょっとおだやかに話し過ぎたこかな、と反省(笑)、あ、私が今言ったこと、怒りをもってお伝えしてます、って、ちゃんと書き添えておいてください、って付け足しました。

「憲法が保障する国民の自由と権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」とある12条。電話を自分でかけることも、私の12条する、です。

|

2017年10月30日 (月)

11月のおしらせまとめて。

お知らせ、いろいろまとめて。

10月31日〜11月5日
中筋純さん写真展 「流転  福島&チェルノブイリ」
金沢21世紀美術館  入場無料です。

*******

Photo_2 11月1日(水)の紅茶は毎年恒例、25回目の「細川律子さんと読む/細川律子さんが読む、宮沢賢治の時間」。

ひとつの童話をみんなでよみあうワークショップと、律子さんによる朗読。
オカリナによる演奏で、「星めぐりのうた」。「ふるさと」のメロディで「平和のひとかけら」もご一緒にうたいましょ。
2:00〜4:00すぎまで。参加費300円。この日の草かふぇは、よってお休みです。

********

11月5日は上尾に日帰りで、イスラエル人のダニー・ネフセタイさんのお話「国のために死ぬのはすばらしい?」を聞きます。お話のあと、ダニーさんとスウのトークセッション。
(お知らせ出してすぐに定員になったため、おさそいできずにごめんなさい)

*****

11月11日(土)
第8回「今を考える市民ネットワーク」主催のまちなかトーク
1:30〜4:00
@近江町いちば館ひろば(武蔵バス停近く。カフェ・アルコメルカドのとなりの広場)
今回のテーマは「憲法」。3人のゲストを迎えてあなたのお好きなテーブルで、今こそ憲法を語り合おう。参加無料です。

弁護士北尾美帆さんのテーブル「憲法をなぜ変えるの?」
弁護士柴田未来さんのテーブル「憲法を変えたらどうなるの?」
そして私、水野スウのテーブル「憲法を学ぼう」です。

お買い物のついでに気楽にどうぞ。テーブルの移動も可。あたたかい服装でご参加どうぞ。飲み物はカフェ・アルコから出前してもらえます。

*******

11月19日(日)10:00〜12:00
放射線被ばくの健康影響
~医療被ばくから福島における甲状腺がん多発まで~
 お話:崎山比早子さん
      (3・11甲状腺がん子ども基金代表理事)
@ホテル金沢 4階・エメラルド
 どなたでも参加可能 参加費 無料
主 催  石川県保険医協会

********

11月29日(水)
紅茶の時間ない草かふぇスペシャル。
2:00〜4:00すぎ。@水野宅
沖縄から具志堅勝也さん(もと琉球放送報道部長、現在は沖縄大学の先生です)がいらしてくださり、沖縄のこと話していただきます。参加費500円。

|

その名は、カメジロー

♪それはむかしむかしむかし、、
 えらいえらい人がいた
 島のため 人のため尽くした
 教えてよ カメジロー

 あなたならどうする
 教えてよ カメジロー

沖縄のネーネーズが歌うこの歌は、米軍が最も恐れた男、とされた瀬長亀次郎のことを歌ったもの。彼の一生を追ったドキュメンタリーを見ました。

島の人たちがくちぐちに言う、カメジローのこと。

一番偉いひとでした。大好きでした。
抵抗の戦士。命をすてている。
追っかけが楽しかった。
カメさんの演説が好きだった。
神様みたいだね〜〜。
沖縄を団結させた人。
祖国復帰に向けて尽力した人。
元知事の稲嶺さんも、少年のころ、ムシロもって演説聞きに行った一人。アメリカをやっつけてくれる、憧れの人だった、と。

大平洋戦争で、日本の捨て石にされた沖縄。敗戦して戦争はおわったけれど、地獄は続いた。沖縄の軍事占領と日本の非軍事化は、表裏一体だった。

琉球政府としてアメリカに忠誠を誓わされた時、ただ一人椅子にすわったまま抵抗し、宣誓を拒否したのが、カメジロー。アメリカににらまれた。
獄中に一年。出獄した時、民衆は歓喜をもって彼を迎えた。看守すら笑顔だった。

米兵による暴行で少女が亡くなった。
「6つになる女の子が強姦され、殺され、くちびる噛んで草にぎりしめて死んだ。腹の底からの怒りである」と日記に書いたカメジロー。
団結を固めよう、一切の利己を捨てよ。
(カメジローのこの呼びかけが、のちのオール沖縄へとつながっていく)

カメジローは那覇市長に。那覇への補助金が凍結され、兵糧攻めにあいそうになるが、市民は「アメリカーが市長をいじめるから、税金おさめにきました」と、納税するために長蛇の列をつくった。

分断工作もあり、反対派が瀬長市長に不信任を出し、可決される。カメジローは選挙にでれなくなったが、市議選ではカメジロー派が躍進した。
カメジローは、我々はガジュマルの木だ、木陰に相手を休ませよう。目の前にいる人たちが敵ではない。こんな風にさせてるアメリカが悪い。なんで同じ沖縄同士でたたかうか、と言った。

1970年、カメジローは沖縄初の国会議員となり、国会で佐藤栄作首相に向かって「この沖縄の大地は、ふたたび戦場になることを拒否する!」と。

カメジローの抵抗は民衆の意識をかえ、沖縄の誇りを育て、それは島ぐるみ闘争へと発展していった。

カメジローは、沖縄県民の闘いを不屈と呼び、この言葉が好きだという。沖縄の人は、カメジローを不屈の人と呼ぶ。
「弾圧は抵抗を呼ぶ。抵抗は友を呼ぶ」
「民衆の憎しみに包囲された基地の価値は、ゼロに等しい」
これも、民主主義を武器にして闘ったカメジローの言葉。

現知事の翁長さんもカメジローを尊敬している。
カメジローのドキュメントは、あまりにも今とつながっている。オール沖縄の根っこは、古くて、深い、、、!

ガジュマルの木。不屈。民主主義を武器にしてたたかう。
今日の、これからの、大事なキーワード。

「米軍が最も恐れた男、その名は、カメジロー」は、12月初め、シネモンドでの上映がきまっているそうです。今日、私が見たのは1時間バージョン、映画館で見るのは1時間40分。今度はシネモンドで、ロングバージョンのを見ようと思っています。

予告編はこちら。

|

11月11日まちなかトーク、テーマは憲法。

Photo 今日の私は、午前中は「美ら海」の勉強会で「米軍が最も恐れた男、その名は、カメジロー」というドキュメンタリー映画を見て(これが、すんごくよかった!!12月初めにシネモンドで上映するそうです、ぜひ映画館で!)、午後は、11月11日に近江町いちば館のひろばでひらかれるまちなかトークのうちあわせで茶房・犀星さんにいっていました。

まちなかトークのご案内はこちら。
11月11日(土)
「今を考える市民ネットワーク」主催のまちなかトークは1:30〜4:00
@近江町いちば館ひろば(近江町市場の武蔵バス停近く。カフェ・アルコメルカドのとなりの広場)

8回目となる今回のテーマは「憲法」。
3人のゲストを迎えてあなたのお好きなテーブルで、今こそ憲法を語り合おう。参加無料。途中でテーブル移動ももちろん可。

弁護士北尾美帆さんのテーブルでは「憲法をなぜ変えるの?」
弁護士柴田未来さんのテーブルでは「憲法を変えたらどうなるの?」
そして私、水野スウのテーブルでは、「憲法を学ぼう」です。
憲法のこと、しらなくちゃな、って思ってはいるけど、よくわかんないし、固そうだし、難しそうだし、自分の日常に関係なさそうだし、と思ってる方こそ、どうぞ水野のテーブルにおこしあれ!!

選挙結果をみても、いよいよ憲法が国会の表舞台にど〜〜んと登場してくるのは必至。
まさにこの日のテーマにふさわしい、今こそ憲法を語り合おう、今がその時!です。
(もっとも、この企画を考えたみなさんも私も、まさか10月に衆院選があるとは思ってなかったけれども)

お買い物のついでにでも、どうぞ気楽におたちよりください。
私も以前に参加したことがありますが、テーブルゲストになるのははじめてなので、どんなふうになるのやら、とちょっとどきどきしてます。

今日も寒かったけど、さらに日が進めばきっと寒さも増すでしょう。まちなかトークは屋外でするので、どうかあったかい服装でおこしください。あったかいお飲み物など、隣のカフェアルコから出前してもらえます。飲みながら、気楽におしゃべりしましょう。

http://omicho-hiroba.com/reserve/event/第8回まちなかトーク「今こそ話し合おう」/

|

「日本と再生」上映会と、鈴木悌介さんのお話

10月28日、「日本と再生」上映会と、小田原かまぼこ鈴廣副社長・鈴木悌介さんのお話。
当日は200人近いかたが参加されて、映画もおはなしも充実した内容、いい会になったと思います。自然エネ、再エネへの関心が多くの人のなかに高まってるんだな、って実感したよ。

映画も、この手のドキュメンタリーにしたら、明るくて楽しくて、弁護士・河合監督のキャラともあいまって、世界の再エネ事情がよくわかる、飽きさせないつくり。(この映画、私は準備会の試写で見ていたので、この日は受付に専念。会場から笑い声もきこえたりして、いい感じでごらんになってるんだな、と感じた)ぜひ各地で上映会、とりくんでくださいまし!

*****

映画のあとのトーク。颯爽とでてらした鈴木さん。
「2時間の映画でお腹いっぱい、さらっとキーワードのみ話します、少しご辛抱ください」からはじまったミニ講演は、簡潔で実に具体的。映画みた直後のお話だけに、余計に説得力あり。

東日本大震災で小田原も計画停電、エネルギーに関して、この国が意外にもろいと気づく。経済活動うんぬんの大前提に、ふつーに町歩けて、水飲めて、食べて、という当たり前の暮らしがまずあるのだ、と。

2012年、エネ経をたちあげる。エネルギーから経済を考える経営者たちのネットワーク。ここの柱は、地域で再エネの地産地消のしくみをつくることと、省エネのとりくみ、とりわけ中小企業で。それを実践するための「エネルギーなんでも相談所」をつくって、省エネ診断など。

40社近くで出資、市民ファンドも集めて、メガソーラーによる「ほうとくエネルギー」を。
ここでつくった電力を湘南電力(これは地元サッカーチームと地元電力会社からなる)に売り、小田原ガスとプロパン会社、本来ならカタキ同士の企業が手を組んで消費者に配る、というご当地電気チームワーク・小田原箱根コンソーシアムで、エネルギー地産地消システムをつくった。

市民だけですべてはできない。市長とエネルギー勉強会をひらき、市長が変わっても、ほうとくエネルギーを使うことは変わらないという条例をつくった。

震災後にたてた鈴廣の自社ビルはエネルギーゼロビルの認定をうけた。井戸水で空調もしている。東電の電気はつかっていない。

お伝えしたいことは二つ。
①エネルギー=電力、でない。電力だけ見てるとわからない。熱としてみれば、いろんな可能性がまだまだ使われていない。
②地方創生はエネルギーで。小田原は20万人の市。毎年300億円を外から買っている。この一割でも地元から買えれば、地元でお金がまわり、その分、アラブに払うお金が減る。

日本はこれまで、ものつくって売って、もうけたお金を燃料代としてアラブの王様に払ってきてる。化石燃料輸入額が増えてるのは、原発停止のせいじゃなくて、値上がりと円安のせいですよ。

鈴木さんは小田原箱根商工会の会頭さんでもある。
その立場だからできるんだろう、とか、その立場でようできるね、とかいろいろ言われるでしょ?という問いに対して、
確かに立場ってすごく難しい。でもね。すくなくとも私はこういう人なんで。わくわく毎日楽しく暮らしたいから、こうなんです、と。

ふるさとは、未来からの借り物。誰だって。ハンカチ借りてぐちゃぐちゃにしてそのまま返さないでしょ?私は中小企業の親父ですから、地域にべったり張り付いて、50年100年単位で、少しでもましな形にして返していく、次につないでいく。毎日一つ一つ自分のできることしていく。
みなさんもお一人一人、コンセントの向こう側に何があるか、考える。自分でアクションすると、気づくことがありますよ。

*******

映画のあとの抽選会では、ちらしの通し番号がくじになって、鈴木さんの本「エネルギーから経済を考える」と、河合監督作品の2作目「日本と原発 4年後」が、ラッキーな方たちにあたりました!鈴木さんに好きな番号をいってもらって、それがあたりくじ。62番(鈴木さんの年齢)と152番(鈴廣さんの年齢)があたり番号でした。

鈴木さん、見た目も立ち姿も、なんですが、それ以上に、生き方として、なんてかっこいい!ユーモアのセンスもすてき。
懇親会にもほんのちょっとだけ残られて。その時聞いた言葉にも、うんっ!と共感。
「年とっていくって、まだまだ知らないことだらけ、と感じること」。

********

お知らせ:「日本と原発 4年後」の上映会は、はじめ11月4日となっていたけど、来年2月3日@女性センターに変更となったそうです。

|

2017年10月27日 (金)

10月〜11月のおしらせ 11日のまちなかトークのことも。

10月28日土曜日。「日本と再生」上映会&トーク、1:30〜@教育会館3Fホール。
みなさま、どうぞいらしてくださいな〜〜。
今日の北陸中日新聞さん、おとといの準備会の様子と上映会のおしらせをこんな記事にしてくださいました。
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20171026/CK2017102602000045.html

映画の後のトークタイム、小田原かまぼこの老舗、鈴廣さんの副社長の鈴木悌介さんのお話もおもしろそう!
鈴木さんは、エネルギー=電力ではない、とはっきりいいきっておられます。一昨年に立てた新本社は同規模のビルよりもエネルギー消費を50%以上カット。経産省から「ゼロエネルギービル」に認定されています。その鈴廣さんの電力は、東電からは一つも買っていないとのこと。

前売券は800円、当日券は1000円。水野までご連絡いただければ前売りのお値段で切符をおとりしておきます。当日、私は受付におります。

*********

そして来週11月1日(水)の紅茶は、毎年恒例、25回目の「細川律子さんと読む/細川律子さんが読む、宮沢賢治の時間」です。
ひとつの童話をみんなでよみあうワークショップと、律子さんによる朗読。オカリナによる演奏で、「星めぐりのうた」も聴けるよ!
2:00〜4:00すぎまで。参加費300円。この日の草かふぇは、よってお休みです。

********

11月11日(土)のまちなかトークのご案内もあわせて。
「今を考える市民ネットワーク」主催のまちなかトークは1:30〜4:00
@近江町いちば館ひろば(近江町市場の武蔵バス停近く。カフェ・アルコメルカドのとなりの広場)
8回目となる今回のテーマは「憲法」。
3人のゲストを迎えてあなたのお好きなテーブルで、今こそ憲法を語り合おう。参加無料。

弁護士北尾美帆さんのテーブルでは「憲法をなぜ変えるの?」
弁護士柴田未来さんのテーブルでは「憲法を変えたらどうなるの?」
そして私のテーブルでは、「憲法を学ぼう」です。

選挙結果をみても、いよいよ憲法が国会の表舞台にど〜〜んと登場してきます。
まさにこの日のテーマにふさわしい、今こそ憲法を語り合おう、今がその時!です。
(もっとも、この企画を考えたみなさんも私も、まさか10月に衆院選があるとは思ってなかったけれども)

お買い物のついでにでも、どうぞ気楽におたちよりください。
私も以前に参加したことがありますが、テーブルゲストになるのははじめてなので、どんなふうになるのやら、とちょっとどきどきしてます。

|

のとじま水族館

1710_3 さわやかな秋晴れ!の昨日。
とりわけ北陸ではお恵みの青空に(今年は東京でもきっとそう言いそう)、まあさんがいきなり、行くか!と腰をあげ、のとじま水族館へ。

20数年ぶりののとじま水族館。
その頃はまだいなかった、二匹の大きなジンベエザメの泳ぐ青の館。ノコギリザメもエイもコブダイ?も、名前のしらない魚たちも、いっぱ〜〜いジンベエさんと一緒におよいでいて、たぶん、ここに1時間いても見飽きない。

運良く、ラッコのごはんタイムにも、ジンベエザメのごはんタイム、あざらしのごはんタイムにも遭遇して、めっちゃ楽しんだ。

ラッコはほんとにくるくるまわりながらごはん食べるんだね。イカのリング(七夕の輪飾りみたいにつながってる輪切りのイカ)を、飼育員さんから両手で受け取って、一度に食べきれないイカリングは、たぶまってるお腹のうえにのっけて、何度もくるりんくるりん、と水の中で回転して、すごい勢いでたべる。
泳いでる時は口がへの字のジンベイザメも、ごはんの時はかぱっ!と長方形の口をおおきくあけて、がばっと餌をのみこむ、ど迫力。

**********

能登島の帰りに七尾の鳥居醤油店によって、貯まっていただしつゆ一升瓶の空き瓶40本をかえして、あたらしい6本を車に積み込む。

鳥居醤油店のおかみさんの正子さんは、古くからの紅茶仲間。おりじなるのだしつゆを開発して、うちではもう20年も愛用してる。紅茶仲間にも愛用者、多し。で、うちは勝手に鳥居醤油店津幡支店を名乗り、みなさんにお渡ししてる、というわけ。おかげでひさしぶりに正子さんにも逢えました。

|

野染の布に、ちょうちょ

1710 昨日の草かふぇのあとで、野染の布に、ちくちくしたよ。
ちょうちょを縫う前と、縫いつけた後。縫う人が違うと糸目もちがって、そこが楽しい。

1710_2

来週の紅茶は宮沢賢治さんの時間です。その日にも、ちょうちょとコトリを、この美しい布に、ちくちくしましょう。

11月1日は、恒例のとくべつ紅茶、「細川律子さんと読む/細川律子さんが読む、宮沢賢治の時間」です。
ひとつの童話をみんなでよみあうワークショップと、律子さんによる朗読。
オカリナによる演奏で、「星めぐりのうた」も聴けるよ!
2:00〜4:00すぎまで。参加費300円。
どなたでも。ご予約はとくにいりません。
この日の草かふぇは、よってお休みです。

|

草かふぇで、選挙のふりかえり

25日の紅茶ない草かふぇは、選挙のふりかえり。

今回の選挙で、よかったとこ、いいと思ったこと、いくつでもいいから折り紙に書き出してみて、それを一枚ずつ発表しあいました。

・主義主張がはっきりして、入れるところができてよかった。


・これまで右から左までごちゃ混ぜ、煮え切らなかった民進が、「希望」騒ぎでやっと党内離婚できたこと。

・はじめて、政治家の都合でなく、下からの声で政党が生まれたこと。多くの市民、関心をもって選挙に関わったこと。はじめて選挙に興味をもったという若者がいっぱいいたこと。

・立憲、という、憲法を肯定し、憲法の理念を柱とする政党ができたこと。

・小池さんの本質、姿勢が、選挙を通じてはっきりみえたこと。

・党の看板かかげるより個人力で受かった人がいたこと。山尾さんも、石川3区の近藤さんも(彼は「希望の党」だけど、自分で「近藤党」って言ってた)。

・自民は大勝したけど国民が安倍政権を支持してるんじゃないとはっきり見えたこと。

・前よりも投票に行った人が多かったこと。期日前投票はこれまでの最高に。

・沖縄では小選挙区の人が3人は当選できたこと。

・選挙の報道が前より多かった。意識しないでもニュースや番組で何度も見ることができた。→その分、安倍さんのCMも多かったけど。

・今回の選挙ではじめて憲法が表舞台に登場したこと。(これまで表向きは隠されていたから)→憲法について考える状況に、よくも悪くもなったこと。

・草かふぇで選挙に対する考え方を広げられたこと。

・これまではまわりに頼まれて、ってこともあったけど、自分で考えて投票できてよかった。テレビだけだとわかんなかったけど、草かふぇでいい話きけて選挙に行けたし、投票日前に友達にもその話ができた←ガレイさんの話をきけてよかったね。


などなどなど。

選挙ふりかえり特集のふりかえりで、こんな言葉がでました。

「はじめ、なんで、いいとこなんだろう。この間の選挙でいいとこなんてそんなにないのに、って思ったけど、書いてみたら、話してみたら、聞いてみたら、いっぱいあった」「そうだね、見方をかえると、いろんな発見があるもんなんだね。おもしろかった!」と。

そうだね。今回の選挙結果にがっくりきてる人、多いと思うけど、だからこそ、こんな切り口も大事かな、って思う。
私としては、ほぞぼそ続けてきてる草かふぇが、選挙のこと考える場として少しでも役にたった話をきけて、ほんと、うれしいっす。

続きを読む "草かふぇで、選挙のふりかえり"

|

28日、「日本と再生」上映会

28日土曜日。

「日本と再生」上映会&トーク、1:30〜@教育会館3Fホール。

みなさま、どうぞいらしてくださいな〜〜。

今日の北陸中日新聞さん、おとといの準備会の様子と上映会のおしらせをこんな記事にしてくださいました。

http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20171026/CK2017102602000045.html

映画の後のトークタイム、小田原かまぼこの老舗、鈴廣さんの副社長の鈴木悌介さんのお話もおもしろそう!

鈴木さんは、エネルギー=電力ではない、とはっきりいいきっておられます。一昨年に立てた新本社は同規模のビルよりもエネルギー消費を50%以上カット。経産省から「ゼロエネルギービル」に認定されています。

その鈴廣さんの電力は、東電からは一つも買っていないとのこと。
再生可能エネルギーの利用は、経済にとってもよいことだと、それを実践してる方のお話なので説得力あり!

前売券は800円、当日券は1000円。水野までご連絡いただければ前売りのお値段で切符をおとりしておきます。当日、私は受付におります。

|

2017年10月25日 (水)

立憲民主党のツイッターの「中の人」

ツイッターしてない私。
「中の人」って、who????だったんですが、これをずっとさかのぼって読んでみて、だんだん合点がいってきました。

立憲民主党の公式ツイッター https://twitter.com/CDP2017

立憲民主党の裏方さんとしてマメにマメに、大事なこと発信し続けたこころざしある人たちがスタッフとして中にいて、応援したい人と人、立憲民主党と一人一人を、つなげていってくれてたんですね。

政党の公式アカウントのツイッターから、こんな言葉がでてくるなんて!!
人間っぽいな、人間くさいな、人間味あるな。
発信する人と受け止める人との間に、お互いの感謝がいったりきたりしてたんだな。
と、おくればせながら感じています。

中の人さん、ありがとうとう!

このツイッターから、この党の理念、政策や、演説場面の動画、大作戦の告知、期日前投票の仕方、などなどにまじって、最終日には、台風や防災情報もいっぱい流れていました。

順不同ですけど、立憲民主党の公式のツイッターから、きゃ!!って思ったものを、いくつかひろってみました。

「中の人はみんなの心の中にいます。」

「中の人は寝ます。#東京大作戦FINAL の呼びかけはみなさまに託してもよろしいでしょうか。(あんまり目立ちませんでしたが、Facebookも中の人が頑張ってやっています。寝る前にポチッとシェアをお願いします。バタッ…」 

「評判がよかったので改めて。 #枝野語る 動画6つです!軽めに変換したのでTwitterやFB、LINEやインスタなどでご自由にお使いください!!」

「助けてぇぇぇ〜〜」(選挙戦最終日の場所がなかなかみつからない、、)

「中の人は外の人でもあるのです!みなさま、おやすみなさい」

「お立ち台があああ」 (どうやらこわれちゃったらしい、こんなことも書くなんて、臨場感ありあり)

|

「日本と再生」上映会、近づく!

もう日付変わっちゃったけど、昨日24日は、28日の「日本と再生」上映会の直前準備実行委員会でした。

この上映会のこと、前からお知らせおだししてるけど、こういうイベントページがあるの、今日知りました!(この手のことにうとくて、超スローな私です笑)

今週土曜日、ぜひぜひ教育会館におはこびください。
自然エネや再エネは、不安定ないんじゃない?安くないんじゃない?よその国ではできても日本じゃ無理なんじゃない?と思っている方にこそ、見ていただきたいな!

映画のあとの鈴木禎介さんのお話も聞き逃せません。
鈴木さんのご本業は、小田原かまぼこの鈴廣さん。経済人としてエネルギーのこと真剣に考えて、「エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク」(略して、エネ経ネット)をつくられ、その代表理事を務めている方です。会社で実践している自然エネのお話もきけますよ。

上映会とトークセッションに最後まで残った方には、くじですてきな景品があたるかも!

ご連絡いただけたら、前売りのお値段(800円)で切符をおとりしておきます。28日の午前10時までに水野にご連絡くださいませ。私は当日、受付におります。


イベントページは、こちらです。
   ↓

|

2017年10月24日 (火)

うたいちで、「平和のひとかけら」

たった今かかった電話は、川越紅茶のなみちゃん(たかはしべんさんのメネージャーさんでもある)から。

今日は川越のジュンコさんちで「うたいち」の日で、みなさんお集まり。なみちゃんが、「ふるさと」のメロディに私がオリジナルの歌詞をつけた「平和のひとかけら」という歌を、電話口でみんなでハモりながら、ライブで聞かせてくれました!!

みなさんもどうぞ歌ってね!

福井のべんさんコンサートでべんさんが「ふるさと」4番をこういう歌詞でうたってくれました。

♪いくさのない世界を ともに願いうたわん
 ひとはやさし ふるさと  平和でこそ ふるさと

それにインスパイアされて作ったのがこの歌詞。

♪きもち いつも言葉に あなたと語りあう
 涙もえがおもわけあってきた 平和のタネ 蒔きつつ

♪♪知らないこと学んで 平和のひとかけらに
  こころの自由 求めて 一歩前へ あなたと

♪♪♪つないだ手のぬくもり 今もわたし はげます
   平和の糸をつむいで あすへ渡すギフトに

|

明日と来週の紅茶のこと

176 明日25日の紅茶の時間ない草かふぇ(3:00〜4:00ころ)のテーマは、そりゃ、選挙のふりかえり、でしょう。

先週はガレイさんがとびいりしてくれて選挙の話、いろいろ聞いたね。
明日の草かふぇに、選挙の専門家はいつものようにいないけど、ひとりひとり、いつもみたいにきもちを言葉にしていこう。これも民主主義の練習。

そして、先週はできなかったけど明日は、「せんそうあかん」の野染の布に、ちょうちょをごいっしょに縫い付けましょう。

********

そして来週の紅茶は、11月の恒例、「細川律子さんと読む/細川律子さんが読む、宮沢賢治の時間」です。
ひとつの童話をみんなでよみあうワークショップと、律子さんによる朗読。
オカリナによる演奏で、「星めぐりのうた」も聴けるよ!
2:00〜4:00すぎまで。参加費300円。
この日の草かふぇは、よってお休みです。

|

トットちゃんのいってる学校の校長先生の言葉

Photo 時は昭和19年。
トットちゃん(黒柳徹子さんのこどものころの呼び名)の行ってる学校では、教育勅語の暗記も、軍事教練もない。それを不思議に思ったトットちゃんのお母さんは、校長先生はどうしてそんなに強いのか、と尋ねます。

トモエ学園の校長先生の言葉。

「別に強くはありませんよ。教育勅語を暗記したからといって親孝行な子になるかどうか、お国のために死ねる従順な兵士になるかどうかは、わかりませんからね。

子どもにとって大切なことは、戦争前も戦争中に同じなんですよ。
束縛のない、自由な心を持った人間になること。
そのために我々は、本当のことだけを子どもに伝えること。
そして教育を、他の目的のために利用しないこと。
私が考えていることは、その3つだけです」

|

2017年10月23日 (月)

おわかれしたけど、いっしょだよ。

ともだちのお母様がなくなられて、今日はまあさんとお別れにいってきました。

斎場にも。90歳こえたおからだの骨は、以外にも太い。ここは足。ここは腕。ここは背骨。ここはお顔。ここはのどぼとけ。

去年体調くずされてから、あたらしい年がむかえられるか、寒い冬は、花の季節は、暑い夏は越せるか、って日をかぞえながら、お誕生日も迎えられた。

母一人、子一人。最晩年のお母様は、そのともだちのいとしごちゃんみたいになられてた。

     1710

日野原先生の「生きていくあたなへ」のご本の中で、先に亡くなられた奥様のこと、こんなふうに書いてらした。

「肉体がなくなってしまったということはやはりとてもさびしいものです。しかしその一方で、彼女の姿が、ますます、いやむしろ生きていたときよりも鮮やかになっているのを感じます。それが魂というものなのかもしれません。僕と妻は魂でつながって、実際に今の一緒に生きているように感じるのです」


|

能登の近藤さん、国会へ!

七尾の近藤さん事務所から、ガレイさんが生中継する選挙速報を、まあさんとずっとみてました。同時にテレビもつけながらなんで、忙しかった!
そして最後に二人で大きな拍手しました。
  ↓
石川3区の近藤さん。比例で当選!

当選確定のあとの近藤さんの言葉、
「くやし涙とうれし涙と感謝の涙。(小選挙区で負けて)もうしわけない、、と言ったら、それこそみなさまにもうしわけない。負けは負けでも、もっともっとがんばっていけ、ということ」
二十歳の娘さんは、「お疲れ様、というより、これからやっとスタートだね」と。父娘のハグに胸が熱くなり!

近藤さんと自民の西田さんとはわずか1〜2%、2100票の差。能登にも吹き荒れた希望の党に対する逆風のなか、自分は近藤党です、と言ってここまでぎりぎりの接戦って!
これは能登で歴史にのこる奇跡の選挙戦。

今度は野党の国会議員として、5年ぶりに国会にもどる近藤さん、ほんとによくよく闘われたね。近藤さんが地道に能登を歩き続けたのを、3区の人たちはぜったい見ていたのだね。おめでとう!

|

2017年10月22日 (日)

「ふるさと」のメロディで、「平和のひとかけら」

川越のフォークシンガー、たかはしべんさんのコンサート聴きに、先週福井へ。

最後の歌が「ふるさと」だと知った瞬間、あ、って思った。

金沢には、3.11の日に福島から避難してこられた、大好きな Aさんご夫婦が住んでいる。Aさんがある日の新聞に投稿されてた。もう「ふるさと」の歌はうたえない、悲しくてつらくて、と。
そのことを知ってから、私も、前と同じきもちでは、この歌を歌えなくなっていたのです。

その日のべんさんの「ふるさと」には、4番にこんな歌詞がついていました。私も声にだして一緒に歌いました。

♪いくさのない世界を ともに願いうたわん
 ひとはやさし ふるさと  平和でこそ ふるさと

ああ、いいなあ。
そう思いながらの帰り道、電車のなかで別の歌詞がうかんできました。
歌詞は、もろ、紅茶のことです。草かふぇのことです。

メロディは「ふるさと」、紅茶バージョン。
タイトルは「peaceのpiece 平和のひとかけら」。

♪きもち いつも言葉に あなたと語りあう
 涙もえがおもわけあってきた 平和のタネ 蒔きつつ

♪♪知らないこと学んで 平和のひとかけらに
  こころの自由 求めて 一歩前へ あなたと

♪♪♪つないだ手のぬくもり 今もわたし はげます
   平和の糸をつむいで あすへ渡すギフトに

*******

1710_3 今夜、どのような投票結果がでようとも、暮らしは日々つづいていく。この社会のひとかけらであることを、私はやめることはできない。やっぱり、あきもせず平和の絲を紡いで、未来によりよい社会を手渡していく努力をつづけていきたい、と思うのです。

私も歌うけど、もしもお気にめしたなら、どうぞあなたも歌ってみてください。

|

友を呼ぶホルン

金沢生まれで今は東京で暮らしているきやさんが、骨董品やさんでみつけた、といってホルンを一つ送ってくれました。

銀座月光荘画材店のシンボルマークのホルンと、同じかたち。
昔むかし、月光荘おじちゃんに、どうしてホルンが月光荘マークなの?ってきいたら、「友を呼ぶホルンじゃ」と。

1710 このホルンに紐を通したら、ネックレスになりました。

月光荘は今年、お店ができてから100年。
それを記念して、12月には、月光荘のご本ができるそうです。
その中に、40年以上前に私がおじちゃんのこと書いたエッセイや、あらたにかきなおしたエッセイもはいっています。
私の全然知らないおじちゃんの歴史も、きっと知ることになるのでしょう。楽しみたのしみ!!

12月9日、100歳記念のおはなし会のため、月光荘にいきます。まだ時間とかくわしくはきまってないけど、場所は画材のお店の近くの、月光荘画廊の一つにて。6年前の夏、キルトのミチコさんと私と娘の、つながる三人展をひらいたのと同じギャラリーでおはなし会します。

その時は、きっとこのネックレスをしていこう。1710_2

きやさん、いいもの見つけてくれてありがとう!

|

28日、「日本と再生」

10月28日、映画「日本と再生」(「日本と原発」の河合弁護士監督作品3作目。飯田哲也さんも出演)上映会とトークセッション。
主催は市民環境プロジェクト+エネ経ネット(エネルギーから経済を考える経営者ネットワークの略。長っ!)。
17ある協力団体のなかに、紅茶の時間もピースウォーク金沢もはいっています。
10/28 香林坊教育会館3Fホール 受付1:00より 1:30〜5:00
前売り800円(当日1000円)←映画とトークでこのお値段はうれしい!しかも大学生以下は無料!若い人にもぜひみてほしいな!
水野にご連絡くだされば前売りをおとりおきしておきます。私はうけつけにおります。
上映会のあと、鈴木悌介さんのお話とトークセッションが4:40頃まであります。
前売り券、紅茶にあります。メロポチさんでもおとりあつかい中。
お問い合わせは、市民環境プロジェクトまで。076−208−3120
映画の公式サイトはこちら。http://www.nihontogenpatsu.com/
試写を見ましたが、世界の再生可能エネルギーの現場を、かわい・いいだコンビ(これがまるで漫才みたいにおもろいコンビ)が訪ねて直撃インタービュー。
地球をぐるっとひとまわりして、エネルギーをめぐる本流は、すでに原発でも化石燃料でもない、世界はもう、自然/再生可能エネルギーで動いているんだ、と希望を感じると同時に、いかに日本がこの分野のガラパゴスか!っておおいに実感する映画。ぜひごらんになっていただきたいなと願っています。
上映後のトークセッション、ゲストはエネ経ネット代表理事でもある、小田原かまぼこ鈴廣の鈴木悌介さんです。
*******
「日本と再生」上映直後の10月31日から11月5日まで21美で、チェルノブイリと福島をつなぐ「中筋純写真展」があります。
こちらは無料です。どうぞあわせてごらんください。
https://www.facebook.com/2016Fukushima.Chernobyl/
***お詫び。
いのみら通信で、11月4日に教育会館で、河合弁護士監督の2作目「日本と原発 4年後」の上映会があるとおしらせしましたが、都合により、来年に延期されたそうです。間違えてお出かけにならないでくださいませ〜〜。
そしてもひとつ。同じ日に予定されていた柳田国男さんの講演会@看護大も、主催者さんのご事情により延期となりました。
いのみらは、半年に一度のスロー個人通信なので、こんなこともあります。いのみらに書いてないイベントも急遽、発生?したりします。
ブログやFBでご確認くださいね。

|

2017年10月21日 (土)

えこひいきは、公平じゃない。

今夜のNHK衆院選特集、党首に密着。

どうして安倍さんばっかり密着するの?
枝野さんのは、どうして熱気のあんまりない街宣場面を写すの?
私の気のせい?
えこひいきだ、って感じた。

追伸:

22日朝、

NHKお客様ふれあいセンターに電話して、昨夜の「衆院選特集・党首密着」の感想を伝えました。どうして自のAさんばっかりに密着?と。どうして立憲の勢いを伝えない編集を?違和感ありました、と。

もう見るのがいやで、途中でチャンネル切った人もいたことも伝え、それって NHKさんにとってもすごくマイナスだと思います、と。

ふれあいセンターは0570−066−066 
9:00〜22:00  土日祝日もうけつけています。

|

近藤さんの街宣

石川3区の近藤さんの街頭演説を、りえさんがかきおこしてくれました。
長いけど、読んでくださいな。
きびしい厳しい選挙戦。こんな政治家を、国会に送りたい。

*******りえさんの書き起こしをシェア。

近藤 和也さん(石川3区)の街宣活動書き起こし。
 
過疎の進む奥能登は輪島市での様子を見かけまして、書き起こしさせてもらいました。
 
とつぜん民進党がなくなって?希望の党で出ることになった近藤さんは日本一かわいそうな候補者とも言われてるそうです。(近藤 和也さん街宣書き起こし)

 
皆様この衆議院選挙
誰がいいのかよくわからない
政党もどっちもどっち
候補者の主義主張もよく分からない
こういう方も多いと思います
私は改めて皆様が
迷われて投票されることは
むしろ正しいことだと
思っています
どの候補者がより自分の思いに近いのか
それは
候補者がいいけど、政党は良くないという場合もあるでしょう
一方
政党はいいけど候補者が良くわからないという場合もあるでしょう
ですから
衆議院議員については
候補者名を書くということ
これが小選挙区です
そして比例区(党名)を書くと言うこと
この2種類行使をできるというのが
衆議院選挙の
いいところでもあります。
少なくともこの
小選挙区で
選ばれるということは
非常に大事です
 
私は今回
この小選挙区で
何がなんでも勝たせていただきたい
なぜなら470人近くの
国会議員が全体として選ばれますけど
小選挙区から選ばれる
国会議員は290人です
やはり自分の地域を背負って
自分の地域の利益を
しっかりと主張していく
そして国益をかなえていく
これがこの小選挙区から選ばれしものの
大きな力でもありますし使命でもあります
そして、その上で
私がしっかりとこの選挙区から
選ばせていただければ
それこそ、
その所属の政党に関わらず
私がこの能登の利益を
しっかりと主張していく
海千百選の
他の都道府県の国会議員に
負けるつもりは全くありません
 
私の1期目の議員の時の
活動を見ていただければ結構です。
 
 
輪島の予算減りましたか?

農道を削られましたか?
工場整備もちゃんとできていますよね。
全部言われている事業は出来ていますよ。

相手の候補者は全然わかっていないです。
適当なことを言われていますけれども。

ちゃんとこの能登の予算
全部、予定通りに出来ています。

そして一期生の議員として
委員会質問を一番最初にして
テレビのはいる予算委員会
そして
社会保障と税の一体改革
これもテレビにはいりました。

AIJの詐欺事件の時にも
全国のマスコミから注目を集めたところでも
わたしが与党の国会議員で質疑に立たせていただきました。

私は普段、皆様に喧嘩腰で行くことはありません。
かなり皆様のお話を聞くことを重視していますけども

でも戦うべき時は戦う
おかしい時はおかしいという
主張すべきは主張する

立ち上がらなければいけないときには
立ち上がらなければいけない

ですから一期生の議員として与党の議員としても
かなり目立った動きをしていた
と自負をしています

ただ単に
この地域の代表として選ばせてくれ
なんとか党の議席を守らせてくれ

こんなんじゃだめなんですよ

問題は小選挙区で勝つということ
そしてさらには
他の都道府県の国会議員に勝つということ

そしてさらには
頭の賢い
なんとか省の役人達にシッカリと勝つこと
なんとか省の役人にしっかりと勝って

それこそ輪島の市役所の皆さん頑張られていますよ
県庁の職員だって頑張れって言い負かすよ

みなさんのために
中央省庁の役人達を言い負かす

私はその道具に
なっていくことができると自負をしています。
今回の衆議院選挙
争点は本当に分からないと思います

誰が
この能登の利益の代弁者として
力強く
東京で
国政の場で
頑張ってくれるのか

みなさん
輪島の皆様の選択は
非常に注目を集めています。

特に
前回までは
北村しげおさんが
頑張られていました

私も今はもう北村さんが候補者でありませんから
あえて申し上げますが
素晴らしい方だと思います

一方でこの輪島で生まれ育った北村さんが引退をされたということで
私は今まで輪島市の多くの皆さまから
やっぱり北村さんの地元ですから
ある程度差がつくところはしょうがないかなという思いはありましたが
これから輪島市の皆様の選択は非常に重いと思いっています

これからの能登の未来を決めるのは
輪島市民の皆さまの一票一票です

誰がこの輪島の利、能登の利
しっかりと東京で
主張していくことができるのか

そして誰が
のちのち日本のリーダーになるべき人間なのか

ぜひともみなさんの1票で
これからの日本の政治ですよ
皆さんの肩にかかっている

たかが1票されど1票
ものすごい一票です

どうかわたし近藤和也に
みなさまの1票1票という
翼を与えていただき
これからの私たちの地域
日本をはかってはいこうではありませんか
 
私はなんとか党の議席を守るとか
なんとか党の火を消すわけにいかないとか
そんなこと言うつもりはありません

能登はいろんな灯火
命の火が消えていっている
 
私はこのみなさんの息吹、命の灯火こそ
守っていかなくてはいけないと思っています。
 
なにとぞ私
近藤和也に
あと10年、20年、30年、
この能登のユニフォームを着ていただかせて
金メダルをとらせてください
お力を貸してください。

ありがとうございました。

https://www.facebook.com/kazuyakeitaiminshu/posts/1347240945387226

-6:39

|

2017年10月20日 (金)

ポレポレ便りより

埼玉の友人が時々送ってくれるポレポレ便りを、お許しを得て、2回分ご紹介。

こんなリレーカフェという試み、いいですよね。ほんとにこういうことの積み重ねが、民主主義の練習だと思う。
前川さんをおよびして、こじんまりしたお話会もひらいたそうです、いいないいな!

******ポレポレ便りより******

【民主主義の練習】

昨年夏に生まれた「埼玉リレーカフェ」が進化している。毎回テーマを決めて、スピーカーの話を聴いたりグループで話し合ったりする中で、個人と個人の緩やかな繋がりが生まれている。準備に関わると気づきも増える。「これは民主主義の練習だね」と言う言葉が聞かれる。
先日のリレーカフェには、前文科省事務次官の前川喜平さんがいらして教育の話をしてくださった。「あったものをなかったことにできない」と証言した人。誠実で気さくなお人柄に触れて、私も草の根で頑張ろうと改めて思った。(詳しい報告は、浦和スタンディングのブログをご覧ください)

【22日は投票日】

議員の4分の1の要求があれば国会を開かなくてはいけないと憲法にあるのに、3か月ぶりに開いた国会で冒頭解散。
安倍さんは、森友・加計問題から逃げたいのだろうな。
後でつけたような大義をかざして、600億円以上の税金を使って。
安倍さんはどうもね、という人は多いが、自分の住む地域からはやっぱり自民党となる人も多い。
そして自公が勝てば、安倍さんは自分が信任を得たと振る舞うのだろうか。
投票日の翌日、23日には、加計学園の認可がおりるとは本当だろうか。どうして?
権力を持つ人を縛るための憲法を、権力を持ち憲法を守らない人が更に変えようとする。どうして?

|

「約束」上映会と監督さんの講演

大飯原発差し止め裁判のデモに参加したおかげで、明日、こんな映画が金沢弁護士会館で上映される、って知りました。

「約束 〜〜 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」の上映と、この映画の監督、齊藤潤一さんの講演会。
10月21日 @金沢弁護士会館2階ホール(金沢地方裁判所横)1:30〜4:35
入場無料 事前予約いりません。どなたでも。

出演は仲代達矢さん、樹木希林さん、山本太郎さんら。

独房の半世紀。無実を叫び続けながら、今も。映画が公開された時から気になっていた映画です。
それにしても、東海テレビってすごいなあ。「人生フルーツ」「ヤクザと憲法」なども、東海テレビのドキュメンタリーから生まれてる。
「約束」の監督さんは、このテレビ局で何回も名張毒ぶどう酒事件のドキュメンタリーをつくってきた方です。

|

ハンケツオンドク

今日はひさしぶりのデモにまあさんと参加。大飯原発差し止め裁判のアクションを、福井の人たちと。

若狭のお坊さまの中嶌哲円さん、福島の武藤類子さん、子どもたちの脱ヒバク裁判を支援している後藤由美子さんとも、会えました。河合弁護士は今日はおみえでなかったようです。

四校記念公園から金沢裁判所まで歩いて、裁判所の前でアピール。大飯原発を止めるべき、というすばらし判決をかかれた樋口裁判長。2014年5月21日に読み上げられた判決文の一部を、裁判所の門の前で輪読。これすなわち、10数人によるハンケツオンドク(判決音読)だね!

一番感動するのは、この部分。

「たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失である」

裁判所は兼六園下交差点にあるので、観光客にもきっと聞こえていたでしょう。

来月11月20日には、第13回の口頭弁論が金沢裁判所であります。

選挙結果次第では、再稼働がさらにすすむか、否か。

|

10月28日は 「日本と再生」上映会

選挙のことで頭も情報もいっぱいの日々ですけども、「日本と再生」上映会が10月28日に迫ってきました。
原発差し止めの裁判でいっぱいたたかってらっしゃる、河合弁護士監督作品の3作目です。
上映後のトークは、小田原かまぼこの鈴廣の鈴木ていすけさん。

『日本と再生 光と風のギガワット作戦』 

日時:10月28日(土)   
   ・映画上映 13:30~
   ・トーク  15:15~(17:00までに終了予定)
     エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク 
    http://enekei.jp/ 代表理事 鈴木 悌介 氏
 全体のテーマ:「ここまで来ている 世界の自然エネルギー」

会場:教育会館 3F ホール
参加費:前売り800円(当日1000円)学生さんは無料
主催:NPO法人 市民環境プロジェクト
   一般社団法人 エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク   (略称:エネ経ネット)
共催:合同会社 金沢市民発電所
紅茶の時間も、ピースウォーク金沢も、協力団体の一つです。

参加ご希望のかた、ご連絡くだされば前売り券ご予約うけたまわります。私は受付にいます。

|

20日、金沢裁判所前アクションデー

毎月20日は、金沢裁判所前に集まってのアクションデー。

2:00 四校記念公園のカスケードの前あたりに集合して、 裁判所までパレード
3:00〜 裁判所前でアピール行動
3:45〜 弁護士会館にて報告&学習集会
       海保寛氏(もと原発裁判の裁判長)のお話
       福島から武藤類子さんも参加されます!

福井の方たちは毎月、敦賀発のバスをしたてて金沢裁判所に。石川でも同じ想いの人たちが集まります。いつも参加できないでいた私も、今日は行けそうです。

大飯原発差し止め裁判で、樋口裁判長がすばらしい判決を出したにもかかわらず、控訴審(高裁の舞台は金沢裁判所)では、その樋口判決も、島崎証言(前原子力規制委員会委員長代理の島崎さん、大飯原発の基準値振動は過小評価だ、と証言された)も、無視するような方向で裁判が進んでいるのです。

今日、学習会でお話しされる海保さんは、高浜原発2号機の運転差止め裁判の時の裁判長。

大飯も高浜も志賀も、そして福島も、みんなつながっている。裁判を法廷の中だけのことにしてはいけないね。

この20日の金沢裁判所前抗議アクションには、毎回、河合弁護士も参加されるそうです。河合さんは10月28日に上映がある「日本と再生」というドキュメンタリー映画の監督さんでもあります!

|

2017年10月19日 (木)

伊勢崎さんのお話し 国防の最大の脅威は、安倍政権

超超重要な、このスピーチ。伊勢崎賢治さん、山尾しおりさんの集会で。
長いけど、どうか読んで、そしてどうかどうか拡散おねがいします。

伊勢崎さんのお話はいつもはちょっと難しいのだけども、この日のお話は明解!
わたし、たった今、声にだして読みました、一人オンドク。聞き手は夫のまあさん。

伊勢崎さんのお話し、その理由を読んでくださいね。

みゆきちゃん、書き起こし本当にありがとう!

伊勢崎さんの言葉

「今、日本の国防の最大の脅威は、安倍政権です。(笑い、拍手)
これは、リベラルな立場で言っているんではなくて、極めて専門的な立場で申し上げています。その理由をおはなしします」

**********

<超重要*拡散> 伊勢崎賢治さん、山尾しおり応援演説 全文

「今、日本の国防の最大の脅威は、安倍政権です。これは、リベラルな立場で言っているんではなくて、極めて専門的な立場で申し上げています。その理由をおはなしします。」

=========

今、僕の紹介にありましたが、NGO職員とか、国連の職員。
僕もたぶん、護憲派で、リベラルで、平和主義者、みなさんと同じ・・(拍手)
・・だという印象をもたれているかもしれませんが・・、(笑い)
実は違った側面もありまして、 実は、僕は防衛省の自衛隊の先生です。もう10年やってます。ただの自衛隊ではありません。東京の目黒に統合幕僚幹部学校というのがあるんですね。陸海空の精鋭を育てる、高級過程というところで、幹部と候補生を10年教えてます。
なにを教えているか。戦争の勝ち方です。それを教える人がいないんです、日本には。なぜかというと、戦争にどう勝つかは、アメリカが考えるんです。自衛隊ってのは、非常にいいにくいんですけど、アメリカの二軍なんです。アメリカが考える戦略にどう従うか、ということだけをずーっと戦後70年考えてきた。

「もしかしたら戦争が回避できるかもしれない」
そういうことを主体的に考えたことが、日本はないんです。70年間。これはほんとなんです。自衛隊のカリキュラム、幹部候補生を教えるカリキュラムがそういうふうにできちゃってるんですね。

ボクはあまりテレビは観ないんですけど、今日の朝、たまたまみたら
朝からですね、自民党の安倍さんが出ているんですねCMに。
「この国を守る!」・・筆頭に出てくるのが、北朝鮮の脅威なんですよ。

僕は自衛隊の先生でありますし、国立大学の教員でもありますし、教えてる自衛隊の最高司令官は、安倍首相です。 その立場で非常に言いにくいんですけども。

今、日本の国防の最大の脅威は、安倍政権です。(笑い、拍手)
これは、リベラルな立場で言っているんではなくて、極めて専門的な立場で申し上げています。その理由をおはなしします。

実は、先月、今から3週間前 ぼくはソウルにいました。トランプ政権がこれから戦争やるやる、って言ってる ソウルって、北朝鮮の国境から、50キロちょっとしか離れてないんですよ。
ここから名古屋駅のちょっと先ぐらいです。そこに敵がいるんです。大砲向けてるんです。そこに呼ばれたんです。 

だれが僕を呼んだんでしょう。
アメリカ軍、陸軍の太平洋地区 最高司令官のロバート・ブラウン大将です。いちばんえらい人です。
ソウルでこの時期に太平洋地区の32カ国の、陸軍の最高司令官だけを呼んだ会議を開くから、そこで講演してほしいと依頼されました。アメリカに呼ばれたんです。
なんで、この時期に、アメリカの陸軍がそういう会議を開くか。
それもソウルですよ、ソウル。

アメリカは、一枚岩じゃないんです。
アメリカには大統領府がある。イケイケどんどんですね。安倍さんみたいに。
アメリカには、国務省があるわけです。外務省にあたる。
国防総省があるんです。軍があるわけです。軍の中でも、陸、海、空とある訳です。その中の陸軍です。戦争回避したいんです。彼らは。

なぜかというと、戦争が始まっていちばんおはちを食うのは、陸軍なんです。
それは、空軍であれば、基地を飛び立って、爆弾落として帰ってくるだけ。それだけですよ。爆弾落として、そのあとどうするんですか?
敵を倒すのは政権を倒すのは簡単なんです。アメリカの技術をもってすれば。
金正恩なんて、すぐ殺せます。
なぜ、それをしないのか。 リスクを考えているからですよ。

戦争というのは、敵国の政権を倒すだけで終わりじゃないんです。
その後に、人民がいるんですよ。
その人たちを統治しないといけないんです。そこではじめて、戦争に勝ったというんです。
日本人わかんないでしょ、この難しさ。だって、我々はうまく統治されたわけですよ。私たちは唯一の成功例なんです。我々が。
ところが戦後、アメリカはアフガニスタンで失敗した。だから私が呼ばれたんです。その前はベトナム。イラク。すべて、敵は倒したけど、そのあとの占領統治で失敗した。つまり、戦争に失敗してるんです。
だから、「開戦した場合のコストとリスクを将軍たちに教えてくれ」、という依頼でした。
これも、アメリカなんです。
大統領は、やれやれ言ってますけど。そこを考えて、じゃぁ日本政府はどうするか、って考えなきゃいけないんですよ。

ところがどうしたわけか、トランプ政権の足元で、きゃんきゃん、きゃんきゃん、小型犬みたいにきゃんきゃん吠えてる国があるわけです。これが残念ながら、我が国の首相なんです。

もし、開戦したらどうなるか。ソウルが火の海になる。50キロしか離れてない。
米軍を海外に置く。我々も出なきゃならない。たぶん、そこまでだったら、アメリカは総力をかけてあの政権を倒すでしょう。 倒した後が、問題なんですよ。
だって、200万人いるんですよ。あっちの軍が。
トップの首を落としたら、簡単に投降すると思いますか? しないんです。
そっからが大変なんです。内戦になります。

アメリカはいつでも、手を洗って、自分のとこに帰ってきます。
戦場となるのは、朝鮮半島かもしれない。ソウルかもしれない。もしかしたら日本かもしれない。
これが日本や韓国、こうした立場に置かれた国を「緩衝国家」といいます。
つまり、大国の戦争の狭間にある。戦場となるのは、我々なんです。
アメリカ本土じゃないんです。それも、通常戦力でできるわけです。何万人も死にます。試算が出てます。

だから、気をつけてほしいわけです。だって、アメリカの陸軍の軍人たちが、自分たちの代表に、気をつけさせるために、こういう会議を開いてるんですよ?
なーんで、日本の首相が煽ってるんですか?  ・・でしょ?

今、会場にお子さんたちがいらっしゃいますが、今ある平和がお子さんたちの代に、もし、なかったとしたら、それをそういうふうにさせる、最大の脅威は、
大変申し訳ないけど、安倍政権です。 安倍政権です。

ぜひ、これは、ほんとに ご近所の方に、ここに来られているみなさん、伝えて下さい。このままにしていたら大変なことになります。 ぼくだけじゃないんですよ、実は言ってるのは。自衛隊のOBたち、それも幹部経験者の一部の方はキャンペーンをはじめました、実は。粛々と。反政府運動はできないけども、立場としてね。安倍さんのあのやり方は、まずい。日本の国防を脅かす。
国防をだれよりも知ってる方が、そういってるんですよ。
絶対、安倍政権は倒さなきゃいけない。

山尾さんの話をします。
山尾さんが勝たなきゃならない理由はふたつあります。

一つは、もちろん、ここの自民党に負けるわけにはいかない。あったり前です、こりゃ。 絶対に勝たせてあげて下さい!

もう一つは、たとえ山尾さんがここで勝っても、たぶん、自公の力は弱まらない。つまり、ここで山尾さん勝っても、自公に勝てるわけじゃない。
それに対抗するには、それに反する勢力が、まとまらなきゃいけない。
まとまってますか?いま。 まとめる力が必要なんです。
それを期待しているんです。 (大きな拍手)

今回、幸か不幸か 無所属になったのは、ボクは結構うれしいんですね。逆に。
だからこそ、彼女のしがらみのない発言とか、指導力が、逆に発揮できる。

で、並み居る政党が、逆に彼女の元に集う。
その力を見初めたから、僕は彼女を応援しているんです。(大きな拍手)
野党をまとめるために、山尾しおりが必要です。

それだけじゃないんですね。僕が彼女に期待するのは。
戦後、世界のモラルに影響を及ぼすような、リードするような、日本の指導者、現われましたか?
たとえば、今のカナダの首相、トルドーさん。かっこいいですよ!難民とか、イスラムの人たちについて、米国にはない新しい価値観。 忘れちゃいけない、ドイツのメルケルさん。また政権を維持しました。ああいう、一国のリーダーだけじゃなく、それ以上のものに。
その力を 彼女に、ボクはみたんです! (大きな拍手、歓声)
絶対、彼女はやるでしょう!  ね。
ボクは、ついて行きますよ(笑)ホントに。 あの、側近として。こき使って結構ですから。(拍手)

そういうわけで、今日の僕のメッセージは二つです。

絶対勝たせなきゃいけない理由は、この地元です。
もう一つは、彼女は、日本を率いるリーダーです。
世界のモラルをリードする人間です。 そこです。

ほんとにほんとに、僕は、なにもしょってません。一研究者ですから。
安全保障専門家を自負しています。
今の自衛隊の幹部すべて、幸か不幸か どんなにえらい自衛隊の幹部でも、戦ったことないんです。それはよかったかもしれない。
ボクは逆に戦う現場にいました。国連の多国籍軍を率いる立場にありました。アメリカ兵とも行動を共にしました。 実際 僕の命令で、人が亡くなっています。
その立場の人間として申し上げます。
今一度、申し上げます。

安倍政権をこのままにしておいたら、我々の子ども、孫、今ある平和は続きません。
最大の 国防の脅威は、安倍政権です。これを、僕の立場で、申し上げます。
ありがとうございました。  (大きな拍手)

 
~~10月17日 愛知7区 山尾しおり 瀬戸つばきホール
      「立ち向かう集会」にて

伊勢崎賢治さん(東京外語大学大学院平和構築学教授)の応援演説でした!

       
               文責・小原美由紀 
  

動画はこちら▽13分▽  再生回数1,178回から

https://www.youtube.com/watch?v=y7VrtDmtzbI

#山尾しおり

|

昨日の草かふぇに、ガレイさん。

176 昨日の紅茶の時間ない草かふぇは、いつもより多くのひとがあつまって(といっても10人あまりだよ)スピーチオンドク特集。

立憲民主の枝野さん@10月14日/新宿
無所属で立ってる山尾しおりさん@10月14日/愛知東郷町の「立ち向かう集会」より
弁護士の武井由起子さん@10月7日/新宿西口・市民連合の集会より
奥田アキくん@10月9日/新宿

その人のきもちになって読んでみるオンドク。文字を目で追うのとちがう、迫ってくる感覚があります。
路上の演説の言葉に、民主主義とは、全体主義と個人とは、考えさせてくれる材料がいっぱい。

オンドクのあと、フリートーク。
今日はじめて来た人もいるし、今回の選挙でもやもやしてて、だから草かふぇに来たという若い人もいるし、いつもよりにぎわいのある草かふぇで、自由に選挙について思ってること話す。
誰も正解を持たないからこそ、相手の意見に耳かたむけて、考える材料にする。

多様性大事、っていいながら、意見の違う人がいると、あの人やだ、って受け入れない、排除しちゃったりする、これもちいさな全体主義。
わかんない、誰にいれる?どうしたらいい?とまわりに聞くのもまた、ちいさな全体主義。
身のまわりにある全体主義にきづいて、個としての自分の考え、意見をもつよう、ふだんから努力することは、民主主義を育てるための練習。
不安は、全体主義を育てる何よりの栄養、不安をあおればあおるほど、安倍さんの支持がふえる、ってこと忘れないでいよう。

*******
 
フリートーク真っ最中にあらわれたのは、誰あろう、月曜に羽咋でお話しきいた座間宮ガレイさん!水曜午後は、津幡のお花やさんにお話にみえるので、もしもお時間許したら寄り道してくださいな、ってお願いしてたんです。お花屋さんのさとみちゃん、連れて来てくださってありがとう!

さあ、ガレイさんになんでも訊いてみよう!となって、質問ぜめ。もやもやしてた若い人も、ガレイさんのお話しきいてだいぶんスッキリ。北信越の比例票のわりあいのこととか、小選挙区状況などなど。選挙にくわしいけど、自分の考えを押し付けないガレイさんのフェアなとこ、いいなと思う。
「選挙に行くも行かないも自由、誰を選ぶかもあなたの決定。悩み抜いた方がおもしろいし、政治がよくなる。自公で3分の2とると、法律つくるのに慎重じゃなくなっちゃうよね」とガレイさん。
ガレイさん、おいそがしいとこ、1時間余りも、ミニミニガレイ勉強会、ありがとうございました。

その後、ガレイさんとお花やさんは羽咋での近藤さん演説会にいくというので、私たち夫婦と紅茶仲間もそれっとばかりに出かけました。

******

「せんそうは あかん」の野染の布にちょうちょ縫い付けはまた来週にでも。草かふぇはいちごいちえ、今、ここを大事にする場なので、いつでもりんきおうへん自在です。

|

2017年10月18日 (水)

比例区で書く党名のこと

比例で書く時の党名について、
アテンション!
例えば。

「立憲民主党」、「民主党」と書けば
立憲民主党に1票になるけど、
「民主」とだけ書くと、
立憲民主党、自由民主党、社会民主党で
票の分割になってしまうんだって。

|

小澤俊夫さんの言葉から

神奈川新聞のカナロコさんが、「時代の正体」で小澤俊夫さんにインタビュー。昔話を語る人たちにはよくよく知られている小澤さん。
文庫をしている金沢の友人がよく、小澤さんのメール通信「昔あったずもな」を送ってくれます。
オザケンのおとうさん、として知ってる人もいるかな、小澤征爾さんのお兄さんとして知ってる人もいるかな。
小澤さんの言葉から。

ーー戦中、個人は悪の象徴だった。戦後、「個人はいいこと」となったけれど、いまそれが怪しくなっている。自己、自我を強く持つことを日本人は罪だと思っているのかも知れない。

ーー僕は「空気を読むな」と言っている、そして自分の意見をはっきり言おう、と。みんなが空気を読んだら戦前、戦中の日本にたちまちなる。いまはその一歩手前だと思う。

|

2017年10月17日 (火)

明日の草かふぇ、スピーチオンドク、その他。

177 明日18日は、投票日前最後の水曜日。

紅茶ない草かふぇ3:00〜では、選挙戦はじまってからのスピーチオンドクと、それから選挙で思ってることを自由にシェアリング。
草かふぇが終わった後、残れる人は一緒に、野染めの布にちょうちょとコトリを縫い付けましょう。

1710_2

土曜日のべんさんコンサートで「ふるさと」の4番を聞いたことがヒントになって、替え歌をつくりました。ふるさとのメロディで「peaceのpiece」という歌、明日聞いてね。

明日は、生活クラブという生協の機関紙の取材で、丸橋さんという方がみえます。彼女も、ふつーに草かふぇに参加します。どうぞどなたでもいらしてください。

|

林田光弘くんのお話

日曜の午後は、平和おりづる市民のつどいで、核兵器禁止のヒバクシャ国際署名の若きキャンペーンリーダー、林田光弘くんのお話を聞きました。

今年3月に聞いた時も思ったけど、林田くん、今回はさらに伝え方が確信を増して、具体的でわかりやすく、なによりも、被爆した方たちへのリスペクトが話の端々に感じられて、聞いてて本当にきもちよかった。

林田くんのお話から*******

7月、国連で核兵器禁止条約がはじめて採択されたのも、10月のノーベル平和賞を I CANが受賞したことも、ヒバクシャの方々が、自分たちの経験を72年間、世界に発信し続けて来たからこそ。
今年亡くなられた谷口すみてるさん(被爆して、背中が真っ赤に焼けただれた少年の写真を見たことある人もいるでしょう)の国連でのスピーチは、I CANの人たちの心に刻まれ、運動に大きな影響を与えた。

ヒバクシャにとっては、8月のあの日から今日現在までが被爆体験。僕らと圧倒的に違う人生を生きている。見える/見えない差別を恐れ、どれほど孤独な闘いをしてきたか。核兵器の恐ろしさは、からだだけでなく精神的な面でも。心に傷を抱えて生きている。
それでも、こんなひどい苦しみを与え続ける非人道的な核兵器を、誰の上にも落とさないで、とヒバクシャたちは願っている。

この唯一の大量破壊兵器を使うことが、今年の7月6日までは禁止されていなかった。たとえ自分を守るため、自衛であっても、核兵器使うのはやめよう、となって禁止条約につながった。これは、自分たちの敵だと思っている人の上にも、核は落とさないということ。

この国際署名は今、自治体の半数にひろがっている。18の県知事が署名している。

みんなが不可能と思っていた核兵器禁止条約が国連で結ばれたこの夏。これは夢物語じゃない。今の日本政府はヒバクシャをうらぎっているが、アメリカとの同盟があって、日本がすぐに条約に賛成できなくても、今は条約にもっていくまでのプロセスだと思っている。
核兵器を作っている企業や、お金を貸している銀行への圧力など、みなさんの力が必要、ちいさな声をふやしていくこと。

広島、長崎の原爆と現在の核兵器(北朝鮮のことも)をつなげて考えることが大事。
核兵器廃絶を、僕らがヒバクシャの方々に、プレゼントしなきゃと思っている。

*******

講演のあとで光弘くんに、よかったよ〜〜ありがとう!と、ちょこっとあいさつしたら、「スウさんからもらったあの本、浜松町の被団協にもありましたよ!」と。
まあ、うれしい。きっと私の知らないどなたかが、「けんぽうぶっく」を被団協さんに持ち込んでくださったんですね。


|

ほっとらいんさん

1710 日曜の午前中もココロ充電。
ほっとらいんさんコンサート(ギターとコカリナ+よし笛、タクさんとミキさんのご夫婦デュオ)を聴きに、美川の石川ルーツ交流館へ。

ここでのコンサートは今年で11回目。
懐かしの昭和歌謡、後半は、歌なしの演奏が中心。元気をだして、五番街のマリー、オリビアを聞きながら、いとしのエリー、などなど。

ゲド戦記から「テルーの唄」、天空のラピュタから「君をのせて」が、もお〜〜〜よくてよくて。
周波数のたか〜〜いコカリナの音色が、高い丸い天井にまっすぐ登って、反響して、おりてくる。

演奏してるミキさんも、この会場は、大津の大聖堂と、ある古いお寺とならんで、最高の音響環境と感じる3会場のひとつだそう。演奏しててすご〜く気持ちいいんですって。さもありなん。もろ、骨伝導でからだにひびくものね。聴いている私たちもそのおすそわけのきもちよさを味わえる、というわけ。

来年もまた、この場所でこの季節に。タクさん、ミキさん、そして企画してくださった薫ちゃん、ありがとう。
ちなみに、タクさんは、「贈りものの言葉」と「13条のうた」でギター伴奏してくださり、そのCDを作ってくださったかたです。

|

べんさんの歌

Photo 選挙で駆け回ってる人には、ごめんなさい。土日は、ココロ充電にいってきました。(私はいま、そんなにがんばってないけど、時々充電が必要。ほんとにぐわんばってる人ほど、ご自分への愛をたやさないことが大事、っていつも思ってるよ)

土曜は鈍行列車で福井へ。川越のフォークシンガー、たかはしべんさんのコンサート聴きに。

歳を重ねるほどに深くなってく、べんさんの太い声、時に繊細な声。なま歌はいいなあ。
「ゴキブリの歌」ラップバージョンがとってもよかった、切なくて、おかしくて。

「拝啓大統領殿」は、アメリカの歌。徴兵カードがきて、僕はいま戦場にいます、という若者からの手紙。誰のことも殺したくない、という歌詞に、「誰の子どもも殺させない」というママの会の合言葉がかぶったよ。
「僕と点数」「ちきゅうのうた」「星めぐりのうた・べんバージョン」何度聞いてもいいなあ。みんなでうたう「東北さいこう」も。

べんさんの歌と歌の合間の語りもいい。聴きながら、いつの日か、べんさんの語りにちょこっと歌、っていうとくべつプログラムがあってもいいな、って思った。人権とか、平和とかをテーマに。そういう歌をいっぱい作って来てるべんさんだものね。
(このアイディアは、ほっとらいんのタクさんが人権講座を依頼されて、昔の童謡や唱歌とおはなしをつなげて時代や人権を語り、その中に私の13条のうたもいれてくださったという話を聞いたことから)

最後の歌は、「ふるさと」。この歌、福島から金沢に避難してきたAご夫妻のきもちを知って、前のようには歌えなくなった私。
でもべんさんがあらたにつけた4番は、一緒にうたえました。
こういう歌詞です。

♪いくさのない世界を ともに願いうたわん
 ひとはやさし ふるさと 平和でこそ ふるさと

30歳で歌手になって38年。450キロの道を音楽機材積んで、一人で運転して埼玉から福井への往復。マネージャーのなみちゃん(川越紅茶仲間の)といっしょとはいえ、べんさん、からだ大事にしてや。

175 写真は、べんさん75歳のシュミレーション人形、本物はもっと若いよ!

|

ガレイさんの、選挙のトリセツ

178 座間宮ガレイさんの政治と選挙の勉強会・おっかなびっくり初心者向き@羽咋にいってきました。お話のあとのやりとりもいれると約5時間の、熱い時間。

ガレイさんのお話は、政治と選挙のトリセツ、たいらで、偏らない、とってもわかりやすい、取扱説明書みたいな話。日本ではこういう教育あたりまえにされてないから、選挙のとき、誰にいれていいかわからない、って人が多い(今度の選挙に限らず)。

選挙がどんだけ大事か、って、憲法の前文にかいてあるよ。
「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じ、行動しーー」代表者におまかせ、じゃないとこがミソ。

憲法を大事にして、選挙によって平和をなしとげる。ここでいう「平和」は、 VS戦争(たとえば北朝鮮)の「平和」ではない。貧困や格差のない、日々の暮らしこそが平和でなければならない、ってこと。

暮らしがよければ別に政治はいらない。困りごとがあった時、政治が助けて、よくしてくれる。よくしてくれない時もあるから、選挙でかえる。というのが、政治と暮らしと選挙の関係。

選挙に行かない人がみな無関心、なのではない。政治では変わらない、って思いこんでる政治不信が、選挙を遠ざけてる。私個人の力では政府の決定に影響与えられない、と思う人が、日本では8割もいる。韓国、中国、アメリカとくらべてずっと高い。
子どもたちが、ガレイ講座みたいな政治選挙教育うけられればねえ。

*******

みんなのフリートークタイムから。

能登石川3区(私もこの中に住んでる)は激戦区。輪島からでていた与党国会議員が急にやめて、40代の人が七尾から立候補。

ず〜〜っと自民独占区だった3区に、民主の近藤さんが2009年にはじめて!風穴をあけた。そのあと2度の選挙でうかっていないけど(しかも前回はほんの数百差だった)、この5年間かかさず毎日毎日、外に立ち、声かけし、一人で街頭演説し、話し、能登の限界集落が一つまた一つと消えていくのをまともにみて来た人。その彼が今度こそ国会議員に、と思われていたところに民進の激震。

そのひとを見るか、党を見るか。
希望の党から出てるけど、近藤さんは、自分は近藤党です、っていってる(そういえば、先日能登に行った時、近藤さんのポスターは近藤さんだけだった)。9条をすぐ変える必要あると思っていない、日米同盟では安倍さんやりすぎだ、と前も、今も、言ってることはまったく変わってない。

そういうぶれない人が、しかも経済に強い人が、能登から国会にいくって、大きな意味あると思う。揺るがない、そんな人がその党にたくさんいるとしたら、そこにもまた、党の性質をかえていく可能性があるってことだ。

いづれにしても、希望逆風の中、3区はめっちゃ厳しい選挙。最後の最後まで気がぬけません。

|

2017年10月16日 (月)

選挙まであと6日

投票日まで一週間を切りました。
なにがなんだかわかんないから誰にいれていいかわかんない、というひともいますが、どうか棄権しないで、白票いれないで。
どっちも、今の政権に白紙委任状渡して、お好きにどうぞ、って言うこと。棄権は、めっちゃ危険だよ!

18歳からのおとなは一人2票もってる。
私の/あなたの、大事なだいじな2票。

選挙区の1票は、この人に、国会で仕事をしてもらいたい、と思う人の名前を書く。
その人がこれまでどういうことを言ってきたか、してきたか。
街頭演説だけでも、その人のこと、直接自分の目でみると、ある程度は感じられるよ。
自分の言葉で話しているかどうか、確とした信念もっているかどうか。
自分のしてきたこと隠してないか、相手の批判ばかりしてないか、または、急にかっこいい政策いいだしてやしないか、などで見極める。

そういう場所にいけなくても、ネットで関心ある人の演説動画をみたり、スピーチ書き起こしを読んだりしてみる。
そんで、この人いいなと思ったら、スピーチかきおこしをプリントアウトして、ネットみてない友達に見せたりしてみる。

選挙区にそう思える人がいない時、書きたい人がいない時はどうしよう。
議席をふやしたくない党じゃないとこから立候補している人の名前を書く。
できれば相手に勝てそうな人の名前を。
妥協かもしんない、かけひきかもしんない、ぎりぎりの選択を、おおいに悩みながらする。

2票のうちのもう1票は、比例ででている人の所属している党の名前を書く。
自分の選挙区の人を応援したかったらその人が属してる党名を書く。
書きたい党の人が、自分の住んでる県から立候補してなかい時も、関東とか、北信越とか、近畿とか、自分の住んでるブロックからは立候補してるから、
自分の1票は、その党の誰かを押し上げる。

政党には、古い党もあれば、生まれたての党もある。
古い党がこの5年間何をしてきたかを検証する。
生まれたての党は、まだ何にもしていないけど、代表がどういう人か、これまでどういう政治をしてきた人か、どういうことを大事にしようとしているかは、関心もってニュース見てるとある程度は、わかる(はず。無関心から、「無」がとれるってすごいことだからね。無関心、の反対語は、愛、だからね。)

選挙は、赤ちゃん、こども、若者たちの未来に大きく関わる選択。
だから、GO VOTE! 投票に行こう!

写真は珠洲の見附島の鐘。この日の雲がみごとなアート!
1710

|

2017年10月14日 (土)

能登で。

近藤さんの七尾での演説。

野村證券をやめて、故郷にかえって10年。
前回の衆院選では、217票差で落選だったけど、今度こそ、の信念が伝わります。
 

こちらは近藤さんの娘さんの言葉。近藤さんの人間味が感じられたよ。
近藤さんの話をきいた水口さんのFBから。
  ↓

石川3区の候補者・近藤和也さんに、立会演説会の後インタビューして「9条を今変える必要はない、優先順位は低い」と答えをいただきました。
演説の中でも、丁寧に話されたのですが、容量パンクで撮れなかったので、特別にインタビューに答えてもらったのです。嫌な顔もせず、ホントにきちんと対応してもらいました。ありがとうございました。

やっぱり近藤さんは、近藤さんでした。いままでどおり、誠実でまっすぐで、平和を求めて議員を志したと言う中学生のときと、きっと変わっていないんだろうと感じました。近藤さん自身を能登のブランドとして、国に送り出そうという主催者の言葉にも、みんな納得。

|

2017年10月13日 (金)

STOP 1- STRONGのための9×10

なんとしても、STOP  1ーSTRONG!

昨日の得票予想見てぞっとしてる。
これじゃ、憲法変えるのも原発動かすのも沖縄もモリカケ隠しも、白紙委任状渡すことだ。これまでどおり、好きにしてくださいっていうことだ。

9×10の決断をしてあっちに行った人は、どうかその中でたたかってほしい。
1-STRONGをやめさせるために、有権者の「私」もまた、9×10の選択をしなきゃならないのかも。

めんじゅうふくはい。
前川さんが言ってた言葉のすごさを感じてる。

今度の選挙、わけわかんないから投票にいかない。
自分の希望に合う人いないから白票を出す。
そのどっちも、いまの1ーSTRONGを利するだけなのははっきりしてる。

「だまされるものの責任」を、私も半分かつぎながら、1ーSTRONGでない選挙区にするための誰かを、選ぶ。

|

2017年10月12日 (木)

新しいアルさん

辰口の小学校から、ぽかぽか気持ちの帰り道。あ、野々市にre
openしたアルさんに寄ってこ!と思いつき。

前のお店から歩いて1分。木のお店。広くなってすてきなつくりで。
一階は元気野菜のっぽくんのお店。2階は階段登ったら靴をぬいで、木の床が足にここちよい、アルさんのフェアトレードの洋服と雑貨とカフェのお店。

ちょうど店主のむつみさんも、店長のまりこさんも、そのうえ、カメリアーノさんとウキコさんもいて!
お店のひとたちがしあわせな顔してはたらいてるのが、とってもいいな!

1710_4 小さな女の子が夢中で一人おままごとしてたコーナーもあれば、新しい本棚に「紅茶なきもち」や「けんぽうぶっく」や「ほめ言葉のシャワー」、みっけ!1710_5
連名で贈ったお祝いのみどりさんも元気に葉っぱを伸ばしていました。

1710_6

野々市のアルさん、2日前の10月10日におーぷんしたばかり。これまでは月曜定休だったけど、これからは第3月曜だけがお休みなので、もっとアルさんに行きやすくなるね!(ただし、10月中はお休みなしとのこと)。

|

辰口の小学校へ

辰口中央小学校でお話させてもらいました。

我が家でしている紅茶の時間のこと。
自分のきもちを話して、聴いてもらい、受けとめてもらうことは、きもちを(とき)放すこと。とき放たれないと、こころは便秘しちゃう。

その人にみえてない、その人のいいとこを見つけたら、言葉にして伝える、それが紅茶の時間をしてる私の大事な役割。小さなことでも、あ、いいな、好きだな、って思ったら伝える。お世辞でもおだてともちがう、ほめ言葉のシャワーをかける。

だれもが身の丈で、そのまんまで、認めてもらいたいと願って生きてる。そう感じる言葉をだれもがかけてほしいと願ってる。

何ができる、これができる、だけで、点数だけで、人間をはかってほしくありません。
たとえば私、算数と体育だけで点数つけられたらすっごく困っちゃう!(どっちも苦手だもん)。

何かができる、がんばる、100点取る、という目に見えるDoの土台には、目にはみえないけど、そこにただ、その人がいる、っていう Beが、確かにあるんだよ。その人の笑顔や、きどらなさや、まっすぐさや、安心感や、おもしろさなどなど、どれも、Beのいいとこ。

白板に、木の絵を描きました。花が咲いて、実も成ってる木は、外からもよく見えるけど、土の中に張って伸びてる根は、見えない。だけど根もあってこその、木。私たちもおんなじだよ。

「ほめ言葉のシャワー」の最後の言葉、「あなたは他の誰ともとりかえがきかない」は、実は、日本国憲法の13条で言ってることと同じだった。「個人として尊重される」の「個人」とは、一人一人がみんな、名前も顔もきもちも違うってこと。一人ひとり、違うことが不思議ですてきだってこと。

1710_3 「ほかの誰とも 13条のうた」を歌うまえに、「みんなおなじ でもみんなちがう」の絵本を、子どもたちに見てもらいました。あさりもお豆もしょうがも梅ぼしも、みんな同じだけど、ひとつひとつみんな違うんだよね。

校長先生の終わりのごあいさつがすてき。
「辰口中央小学校の紅茶の時間みたいな時間でした。話を聞く前と聞いた後で、自分の中でかわったところがあります。これからは根っこもよく見ていきたいと思いました」と。

4、5、6年生のみなさん、1時間体育館にお山座りで、お尻痛くなかった?寒くなかった?お話きいてくれてありがとね。
耳の不自由なお母さんがわかるよう、手話通訳の方たちに感謝。たくさんの保護者さんたちも、授業参観のあとお残りくださってありがとうございました。

話してる私もなんだかぽかぽかの気持ちになりました。学校に呼んでくださってありがとうございました。

そうそう!「みんなおなじ でもみんなちがう」の絵本、学校で買ってくださることになったみたいですよ!


|

私の2票

1710 この人に、国会で仕事をしてもらいたい、と思う人の名前を書く。そのひとに、私の大事な大事な、2票のうちの1票を託す。自分の選挙区から出ている人の名前を書く。

そのひとがこれまでどういうことを言ってきたか、してきたか。街頭演説だけでも、その人のこと、直接自分の目でみると、ある程度は感じられる。自分の言葉で話しているかどうか、確とした自分の信念をもっているかどうか。

2票のうちのもう1票は、比例ででている人の所属している党の名前を書く。
政党には、古い党もあれば、生まれたての党もある。
生まれたての党は、まだ何にもしていないけど、代表がどういうひとか、これまでどういう政治をしてきたひとか、どういうことを大事にしようとしているか、は、関心をもってニュース見てるとある程度は、わかる(はず。無関心から、「無」がとれるってすごいことだからね)

昨日の草かふぇでは、民主主義の基本とはなにか、ということを、戦後3年目に文部省がだした中高生向けの社会科教科書の中から読みました。

1710_2

「すべての人間を個人として尊厳な価値を持つものとして取り扱おうとする心、それが民主主義の根本精神である。」

「人間が人間として自分自身を尊重し、互に他人を尊重しあうということは、政治上の問題や議員の候補者について賛成や反対の投票をするよりも、はるかに大切な民主主義の心構えである」

わたしも、あなたも、自分を尊重し、他者を尊重する、大切にしあう。それぞれが、社会に対して思うことを自分で言葉にする。相手の意見もまた、大切に聴く。

紅茶内、毎週せめて1時間は社会のことを語りあう草かふぇは、ささやかなれども、民主主義の練習の場。これもまた、私のする12条。

|

2017年10月11日 (水)

スピーチオンドク

Photo 今日の草かふぇ。
今度の選挙で、自分は何を問うか、を折り紙に書いてもらって、優先順位から一枚ずつ発表。

そのあとは、スピーチオンドク。
10月9日夜の新宿アルタ前。脚立の上でスピーチした、枝野さんの言葉。奥田アキくんの言葉。

アキくんの前半を私が読ませてもらったんだけど、途中で泣きそうになったよ。民主主義って、なんだ!声に出して読むって、やっぱりすごい。
来週も読もう、今日は読む時間なかったあのひとの出発式スピーチも読もう。

******

今夜の報ステで、8党首討論。

これまでの3回の選挙で、安倍さんは毎回、経済を表に出して、憲法を正面からはださず、でも実際は、集団的自衛権など、憲法に大きく関わる法律を解釈で押し通した。そういうやり方に疑念を抱く人が、私を含め、いっぱいいる。

そのことを後藤キャスターは真っ先に尋ねたのだけども、それに続く安倍話法が、まさに見事だった怒。
疑念だなんて、キミ、失礼じゃないか、とばかりに声をあげ、質問には答えず、するっと論点ずらして、教育無償化のことをまくしたてる。

テレビ見ながらやきもき。そこ、つっこみどこだよ、ほれ!そんなこと聞いてない、って話を止めてよ!解散の日のニュース23が首相の長話をとめたみたいに!ってじりじりじり。

あの話法そのものが、私に疑念風船をふくらませて、今にもパツンッとはじけそうだ。

|

解散したわけ

解散!といった瞬間からもう本物の選挙戦がはじまってる。
選挙の報道が、前の参院選の時より多い気がする。
あの時は、その前の総選挙より報道量が3割減だったと聞きました。
(前回は、公平な報道をせい、と上よりお達しがあった。それをそんたくしたのか、選挙全部の報道がとてもすくなかった、今、本当に選挙戦中?って思うくらいに)

報道量が多ければいいってもんではないけど、選挙があるんだ、って多くの人が意識するとしたら、投票率があがるとしたら、それは今回の選挙で必死にさがす、いいとこの一つ。
報道がふえたことで、自民と希望が二卵性ふたごみたいだ、って多くの人がきづけばそれもいいこと。
政治主導でなく、立憲民主党が生まれたのも、私にしたら党名じゃない、hope。

忘れちゃならないのは、そもそも、なんで突然解散したのか、ってことです。
自分のしてきた政治を隠すため。解散の理由を隠して、教育無償化!ってこぶしをあげる姿に、子育て中の若い人たちが、どうかはぐらかされぬよう、願っています。

2年先にあげるという消費税のつかいみちを、どうして、だれが、今、確約できますか?
教育無償化、にいれた1票が、戦争の賛成票に使われたら、悲しくないですか。

173pw

|

いつも楽しく 少しだけ無理をして

八千草薫さんが大切にしている言葉。
「いつも楽しく。少しだけ無理をして」
80代半ばのこの方が、笑顔で言われて、ああ、私も見習いたいな。少しだけ、ってとこがいいなあ。

今日は紅茶と草かふぇ、明日は辰口中央小学校のちいさなひとたちに「ほめ言葉のシャワー」のお話に。2:30〜。

保護者さんもききにこれるとのことで、私は、八千草さんと同年代の五郎さんと一緒にいくことにしました。保護者席で聞いていただきます。(そう、紅茶を30年以上も見守ってくださってる、紅茶みんなのボーイフレンドであり、保護者でもある五郎さんなんです)

来週の草かふぇには、生活クラブの機関紙の取材で丸橋さんがみえます。彼女も草かふぇに参加します。
話したあとの時間で、「せんそうあかん」と書いた野染めの布に、ちょうちょを縫い付けましょう。1710

1710_2 写真にあるのは、マッチ箱で作ったボタン入れの引き出し(娘がつくりました)。

|

2017年10月10日 (火)

塩尻にお届け

8日、コッカイオンドク@110SHOW(この様子は、参加してた美由紀ちゃん、ちずるさん、さなえちゃん、がそれぞれ素早くアップしてくれてました)のあと、松井匡さんによる、経済学の視点からアベノミクスを問うお話、それから新幹線にのって塩尻へ。

*******

9日は、35年になる塩尻子ども劇場さん主催、午前が話、ランチ交流して午後がワークショップ、というプログラム。

「ほめ言葉のシャワーから平和へ」と題して話すのは、今年4月の穂高以来でした。
もろ憲法ではなくて、紅茶の時間やほめしゃわから最後に13条、12条。13条の幸福追求権の意味をみなさんに感じてもらいたいと思いつつ平らに語ったことが、みなさんの心にすとんと落ちたみたい。

ひとことシェアリングででた言葉たち。

*語り口調がよかった、講演きいてるっていうより、なんかカウンセリングしてもらってるみたいだった。
*こんなふうにはっきりと、あなたは大切な存在、って言われたことないからもう、、、血が巡ってしまった。
*声からマイナスイオンがでてる(ん?)、森林浴してるみたいなきもち。
*長く生きてきたけど、こんなにやさしいきもちにしてもらえるなんて。
*憲法の話もあるってきいてたから構えていたのに、すーってはいってきた。
*憲法ってこれまで漠然としてたけど、日常生活とつながってた。子育てしている中で、12条を織り込むべきって思った。
*地域でお年寄りサロンをひらいてる。みなさんがいっぱいいっぱいおしゃべりする、それは自分を解き放す場所だったんですね。
*お話のなかできいた13条が、歌で聞いた時にもっとすとんって、はいってきた。
*13条がいらないっていう人が議員になるのはこわいな!!

贈りものの言葉のリレー場面では、あ、それ書いたの私です、っていって、自分の人生のうれしかった瞬間をおすそわけしてくれる場面もあり。

こども劇場さん主催だけど一般の方も参加。若いママもお子さんと一緒に参加してくれてて、年齢幅、広かった。

子劇の子どもたち、レジメを折ったり、もぎりをしたり、午後のワークの間は同じお部屋の中の子どもたちテーブルで静かにお絵かき。おとなの時間を大切にしてくれて、とても助かりました。

松本からゆかりさん(本屋さん係してくれた)、伊那から戸枝さん母娘も参加。思えば10数年前、戸枝さんが生協の子育て講座で呼んでくれたのが、長野県とのはじめてのご縁でした。ほんとに、「確かな出逢いには、ありがとうがいっぱい」です。塩尻子劇のみなさま、ありがとうございました。

1710

写真は、午後の部でお見せした「みんなおなじ でもみんなちがう」の絵本。個人として尊重される、の13条が、草案では「個」が消えて「人として」に変わっているけど、それって、ひとりひとりの違いを認めず、10ぱひとからげの人、で括られる、ということ。大津の乾さんがプレゼントしてくれた絵本です。


|

コッカイオンドク@110SHOW

8日のコッカイオンドク@金沢・劇団110SHOW稽古場。

美由紀ちゃんと早苗ちゃんの報告をどうぞ。

******      ↓   ******

はぁ、またまたなんと味わい深い時間になりましたね。
今朝の北陸中日新聞を見て駆けつけてくれた方が6人も!
素晴らしい!

読んだのは、流れが変わった6月8日の カイケンオンドク!
https://believe-j.jimdo.com/…/カイケンオン…/菅官房長官vs望月衣塑子記者-6-8-後編/

そして予算委員会の福山哲郎さん(当時民進党)の加計問題答弁!
https://believe-j.jimdo.com/…/加計学園疑惑に…/福山議員vs山本大臣-安倍首相-6-16/

そして閉会中審査7月10日の、森ゆうこさんの迫力の追求!
https://believe-j.jimdo.com/…/加計…/森議員vs菅官房長官vs萩生田官房副長官-7-10/

萩生田官房長官役だった私は、内心たらりーんと冷や汗をかきながら、必死に平然と読むように気をつけていました。焦ったぁ。

初めての方にも、委員長役などをやって体験して頂きました(*^_^*)

そして、きょうのメインは、これ。今朝早苗ちゃんと「うん、これだね!」と
決めた演目です。

共謀罪審議、衆議院での終盤、本会議場で山尾志桜里議員が与党のヤジを浴びながら、40分にもわたって見事に語りきった「金田勝年法務大臣不信任決議案 趣旨説明」の一部です。

https://believe-j.jimdo.com/書き起こしはこち…/…/金田勝年法務大臣不信任決議案-趣旨説明/

終わると自然と拍手がわきました。

聴いていた新聞記者さんは、泣きそうになった、といってくれました。

:::

そのあと、車座になって、フリートークをたっぷり。。早苗ちゃんが書き留めてくれました。聴いていて、頷けたり、同感できることも多かったです。
話し合うって、いいですなぁ。。。

★政治を分かっているもの同士だけではなくて、国会中継を知らない若者にも簡単に入って来るものはないかなと思ってコッカイオンドクに来た。

★上手だった!本人みたい!

★子どもが18歳になり選挙権を得て、一緒に選挙に行こうと話をしているけれど、こんな状況なのでどこに投票したらいいか、簡単に状況を教えてあげたいけど、どう話をしたらいいのか分からない。

★選挙があるが、正直な話だれに書いたらいいか分からん。TVを見てもほんの少しの情報で判断するしかない。コッカイオンドクが参考になった!

★政治家の言葉は重い。

★コッカイオンドクを聴いていると非常識的なことが国会の場で繰り広げられている。イカレとるんじゃないか。(選挙で揉めているが)そもそもの原因は安倍さんが解散したからなのに。

★小池さんは「リベラルを排除する」と明言したが「自民党との連携は否定しない」と言っている。結局、連携するのではないか。

★このままだと希望の党が増えて憲法を変えられてしまうと感じるので希望の党にはいれられないと思っている。今まで民進党はずるいと思ってきた。みんな隠れているようで原発の事についても、憲法についても、触れないでおこうというような感じだったから。ただ、少し変わったのは、希望の党が出来て民進党が排除されて「立憲民主党」ができたことで、原理原則を守ろうハッキリしてきた。そうゆう意味では分かりやすくなった気がするが、石川県にはいない。。。

★中間層の受け皿が石川にはいない。

★今回は期日前投票に行かない。行けない。ギリギリまでどうなるか分からないので。

★議員になって中に入って何かを変えていくという期待があるもの分かるが、これまでの主張を変えたことで疑いを持ってしまったら、終わりかなと。一つの作戦、戦略だというのも分かるが、でもそれをしてしまったら、どこまで許容して行けばいいのかな、と。寄らば大樹の陰ではなく譲れないところは曲げずにいて欲しかった。
いい流れがあったはずなのに今回の選挙はとても勿体ない。気持ちが離れてしまう人もいるんじゃないかな。

★希望の党に対して信頼はない。これまで熱い気持ちでやってきたからこそ、この石川の現状で一票を投じても反映されないと感じる。費やした時間や労力が報われない。気持ちのやり場がない。これまでの気持ちを削いだ。

★改憲を願ってきた人は日本国憲法が制定されてから70年余り「変えよう」と不断の努力をしてきた。70年かけて今、その人たちが日の目をみようとしている。その間、民主主義を支持する人たちやわたしたちは放っておいて来てしまった。お花畑だった。だからこそ、子どもたちのためにも、ここから褌をしめなおして少しずつ良くなるという希望を捨てないでいきたい。

★興味本位で来た。思想が入ってしまうので、見る側としてはもう少しフラットだといいかな。

★コッカイオンドクは「不断の努力」

+*+*+*+*

|

2017年10月 8日 (日)

手渡したいこと

097 今週は、学童や児童センターでおしごとしてるかたたちに、ほめ言葉のシャワーの話。
明日は子ども劇場のおかあさんたちに同じく。
来週は辰口町の小学校で、ほめ言葉のシャワーの話。4年生から6年生まで、300人の子どもたち、それに先生、希望する保護者さんに、お話する。

おとなのひとに話すことと、ちいさいひとに話すことと、伝えたい内容はまったく同じ。
あなたはほかの誰ともとりかえがきかない。
70億人のにんげんがこの地球にいても、あなたはあなた。
そのことを伝えにいく。

ちいさいひとたちの前で話すときは、よりていねいに言葉をえらんで、たいらに話すことを心する。
どんなひとも、身の丈にみとめてもらいたいと願って生きている、ってことを、どういう表現で、どんな言葉で、手わたそう。
難しい作業だけども、考えるのは楽しい。
最後はいつも「ほかの誰とも」の13条のうたを。

|

今日のハシゴ

Photo 今日は、ハシゴします。

朝は10時からコッカイオンドク@劇団110SHOW(いっとうしょう)の稽古場(金沢市神田2−5−20)、

午後は2:00から、未来塾・大人の学び主催の講演会、松尾匡さんの「ポスト「アベノミクス」の経済学 この経済政策が民主主義を救う」を聞きにいきます。@近江町いちば交流館4F 1000円。どなたでも。
松尾さんは、美由紀ちゃんの高校時代の同級生とか。経済学の話、私がついていけるかどうか???でも今、聞きたいと思うのです。

そのあと、かがやきにのって長野の塩尻へ。
明日は、塩尻こども劇場さん35周年記念企画で「ほめ言葉のシャワーから平和へ」のおはなしとワークショップの出前@塩尻市市民交流センターのえんぱーく。どなたでも。

10:30〜12:00 おはなし
ランチはさんで 1:30〜3:00 ほめ言葉のシャワーのワークショップ
参加費は500円

というわけで、今朝、家を出たら明日の夜までネットはお休みです。

|

2017年10月 7日 (土)

後法は前法を廃す

今日は、金沢弁護士会の飯森和彦さんのお話を聞きました。
安倍さんの9条改憲のあぶなさについて。

これは、単に「自衛隊が合憲であることを明らかにするだけ」なんてことじゃ、決してない。
自衛隊の活動をもっと拡大させたくても、9条の1、2があるかぎり、自由にできない。3に自衛隊を書き込むことで、その制限がなくなってしまうということ。

このことは市民生活にも、すごく大きな変化をもたらす。

憲法の考え方が、「軍事や戦争を拒否して平和を確保する」から「軍事、戦争による平和の確保」に180度変わる。

軍事力あっての平和、武力で国家を守ることがなにより大切でしょ、という価値観が広がる。国家を守るために、人々の暮らしが犠牲になるのはしょうがない、という考え方。これってさ、70数年前の価値観と似てません?

9条に1、2、3ができたら、戦争を拒否する憲法と肯定する憲法とが同居することになって、いったいこの憲法はどっち向いてるのか、意味不明憲法になっちゃう!前文の平和的生存権も、その意味がかわってしまう。

飯森さんは、一橋大名誉教授の山内敏弘さんの論文から、「後法は前法を廃す」という、古い法の諺を紹介してくださった。

後からできた法が、前からある法をかぎりなく侵食していく、という意味のことわざ。9条3項は、古くからある1と2項の意味、平和憲法の精神を壊しかねない、ってこと。

「後法は前法を廃す」
おお、この言葉にここで再会するとは!
今年の6月、国分寺の市民憲法教室に、自転車にのってみえた山内先生、私の目の前でまさにこのお話をしてくださったのでした。
いのみら通信でも紹介させてもらったこの言葉、山内先生から教わった、というわけです。

|

8日もコッカイオンドク

全国一斉コッカイオンドク!の呼びかけに答えて、金沢で

も実施!
今回は日曜日の午前中です!これまで平日で参加できなかった方も、ぜひ、お気軽にどうぞ。
今回は、公示前ぎりぎりのタイミング。劇団の稽古場で開催します。
噂に聞くコッカイオンドク!やってみませんか?

この日、私も参加します。
     ↓

10月8日(日)10:00~12:00
コッカイオンドク!@金沢
場所 劇団110SHOW 稽古場(建物の2階です)
  金沢市神田5丁目5-20
参加費無料 おきもちだけで!
フリートークの時間もつくります☆
みんなで話せば、新しい気持ちがみえてくるかも!

+*+*+*

  全国一斉コッカイオンドク!やります!
   10月7日(土)~9日(月・祝)
 秋だ! 選挙だ! 全国一斉コッカイオンドク!
https://believe-j.jimdo.com/10-7-9-選挙目前-全国一斉コッカイオンドク/
<><><><><><><><>

永田町が大揺れに揺れています。 

臨時国会は即日解散。 
審議されるはずだった色々な課題は宙に浮いたままになりました。 
また約600億円ともいわれる税金が、この選挙のために使われることになります。 
国民には衆議院を解散する権利はありません。 
もし総理大臣が解散総選挙を決めたら、国民は新しい議員さんを選挙で選ばなければなりません。 


「政治の世界がこんなに大混乱していたら、誰を選んでいいかわからない・・」 
「もう政治家なんか信じられない・・・」 
そんな声も多く聞かれます。 

でも、絶望するその前に! 
まず選挙で私たちが票を入れた議員さんたちが、 
国会でどんな仕事をされていたかを、もう一度思い出してみませんか? 
どんな人が、国会でどんな話をしていたのか、もう一度確認してみませんか? 
酷い状況の国会の中でも、真摯に仕事をしてくださった議員さんも少なくありません。 
一方で、真摯さを微塵とも感じられなかった議員さんも。 

コッカイオンドク!は、実際の国会審議のやりとりを「音読(オンドク)」するアクションです。 
国会審議の書き起こしを音読するというのは誰にでもできるシンプルなことですが、 
自分で議員さんになりきって声を出してみると、本当に沢山の気づきがあります。 

国民の代表として国会で仕事をしているはずの議員さんが 
本当に国民の方を向いて仕事をしてくれているのか・・・ 
オンドクしてみて初めてわかることが色々とあります。 

公示前の10/7~9の3日間、全国でいっせいに国会を再現してみませんか? 
いままで国会で何が起こっていたのかを可視化してみませんか? 
そして、この国の未来を、家族と、友人と、周りの人と、知らない人と、 
みんなで語り合ってみませんか? 

選挙の主役は政治家ではありません。わたしたち国民なのですから。

|

湯たんぽの出番

北陸は、夜がもう随分ひえこむようになりました。
おとといから、ちいさな湯たんぽを夜のおふとんにいれてます。

173 クッキングハウスの松浦さんからいただいた小さなゴム製のゆたんぽが中に入ってる。

赤いのは、もっとおおきい湯たんぽで、フリースのカバーごと、娘にあげたもの。__0002jpg

みなさま、どうぞ風邪などひかぬよう。

|

オンドク@もっきりやさん

もっきりやさんでのコッカイオンドクに参加しました。


今日は私、7月10日の国会閉会中審議に参考人として証言した、前文科省事務次官の「前川喜平さん」になりました。前川さんの言葉を読む、なんて体験、コッカイオンドクならでは。

美由紀ちゃん「蓮舫さん」の質問に、できるだけおちついて、確信をもって、誠実に答えるように心して、読みました。

オンドクのあとはフリートークの時間。
新聞を読んではじめて参加してくれたお母さん、どきどきしながら議長の役を。
この手の話、いつもご夫婦でいろいろ話すそうですが、それいがいの人とはこんな話をする機会がないとのこと。

そういう方こそ、コッカイオンドクのあとのトークで思ってることいっぱいしゃべってほしいです。

自民VS希望、みたいにメディアは報じてるけど、もはや対立軸は、上からか、草の根からか、に。そこをしっかりみていこう、という話も。

こんな話しあいができる場を、もっきりやさん、いつもありがとうさんです!
マイクも貸していただけて、とても臨場感あり!

家にもどると、先日出前に行った大津の友達から手紙が届いてた。その中に、”安倍百合子”さんのおかげで、すっきりみえてきた、という言葉。言い得て妙なり!

|

2017年10月 6日 (金)

立憲、という言葉

りっけん、っていう言葉を誤解してる人がいるらしいんです、
正しくは、こちら。ぼうごなつこさんのマンガをみてね。

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/blog-entry-1487.html

立憲主義。
憲法を守り、憲法に従って、政治をすること。
今の政権は憲法を守るどころか、ぐちゃぐちゃに壊し続けています。
立憲主義違反の人たちが、憲法をかえようとしているんです。

|

2017年10月 5日 (木)

通販生活、冬号。

通販生活 2017の冬号が届きました。
表紙がすごいよ!!


1710_2
「来春、加計学園の獣医学部は開校できるのだろうか。森友学園の小学校のように開校できないのだろうか。
この問題は一見、小さい問題のように見えて、「民主主義とは何か」を問う、実は大きい問題だ」

その通り!表紙で言ってくれて、ありがとう。
解散するとき、そんな小さな問題を隠すつもりはない、といったのは、幹事長だったでしょうか。
もりもかけも、ほんとは民主主義を問うている。
民主主義を隠しちゃならん、と思います。

この号に、仙骨サポートという商品をつかってる私の感想が載っています。パソコン用の椅子の上においてつかうの。私は毎日、お世話になっています。これ書いてる今もね。
試してみたい人、うちにきて、椅子に座ってみてね。

|

立憲民主党、ツイッターはこちら。

立憲民主党、たちあげてから4日目で、フォロワーが11万人に達し、自民党を超えた、と今日5日付けの北陸中日新聞一面。
こちらは、10月3日付けの毎日新聞、立憲民主がたちあがったばかりの時の、フォロワー数についての記事。
            ↓
民進党前職の枝野幸男氏がリベラル勢力の結集を目指す立憲民主党の設立を2日に表明してわずか1日で、
同党公式ツイッター https://twitter.com/CDP2017のフォロワー(読者)数が7万人を突破した。
民進党が昨年3月に始めた公式ツイッターの読者数2万3000人を大きく上回っている。
他の既成政党は最多の自民党で11万人、公明党7万1000人、共産党3万1000人など。

|

新しき村の門に書かれた言葉

武者小路実篤さんとその同志の方々がつくられた、新しき村の入り口には、左右にこんな言葉のかかれた門がある。

「この門に入るものは 自己と他人の生命を尊重しなければならない」

http://www.atarashiki-mura.or.jp 新しき村のHP。

これって、13条ですよね、と感じた丸橋ユキさんが、おしえてくれました。
(18日の紅茶に取材に見える方です)

命の、存在の、大切さがいったりきたり、は、13条でもあるし、リベラルの本来の意味でもあるし、そういう態度が民主主義を育てていくものだって、私は思います。

*******

2、3日前に書いたこと、もう一度。
 ↓
リベラルという言葉。
英英辞典によれば。
「自分とは異なる意見や態度を、尊重し、あるいは受け入れようとすること」

うん、そうなんだよね。それゆえ、リベラル、という言葉を単純に、自由主義、とか、護憲、とか、改憲反対派、とかいう概念でくくってほしくないな、って思う。

戦後、文科省が出した、中学、高校の社会科の教科書にはこう書かれている。
「人間が人間として自分自身を尊重し、互いに他人を尊重しあうということは、政治上の問題や議員の候補者について賛成や反対の投票をするよりも、はるかにたいせつな民主主義の心構えである」

これって、まさしく憲法13条。
個人の尊重は、私が私をたいせつにする、ってことにとどまらない。相手のことも同じように、たいせつにして尊重する。
そのたいせつさは行ったり来たりなんだよ、と。

民主主義とは、いろんな意見の人たちの議論しあえる場があってこそ。

去年あらためて出版された、社会科教科書のこの部分を読み返しながら、フランスの思想家、ヴォルテールのこの言葉を思い出しているよ。
「君の意見には反対だが、君が自分の意見をいう自由は命をかけて守る」

|

草かふぇでコッカイオンドク

1710 きのう10月4日の紅茶ない草かふぇで、カイケンオンドク。
6月8日、東京新聞の望月さんとスガ官房長官の会見。
続いて、6月16日の、小池晃さんと安倍首相、萩生田副官房長官や文科大臣、地方創生大臣との国会審議オンドク。

小池さんのも望月さんのも、質問が迫力あるのは確信もって訊いてるから。オンドクしてみていつも感じることだけど、声に出すと、確信あるかごまかしか、こわいくらいにわかるね。

今日は男のひとたちの初参加もあって、余計に迫力ある模擬国会審議となりました。

オンドクの後は、今度の選挙、どう思う?と一言づつ。