« コッカイオンドク@110SHOW | トップページ | いつも楽しく 少しだけ無理をして »

2017年10月10日 (火)

塩尻にお届け

8日、コッカイオンドク@110SHOW(この様子は、参加してた美由紀ちゃん、ちずるさん、さなえちゃん、がそれぞれ素早くアップしてくれてました)のあと、松井匡さんによる、経済学の視点からアベノミクスを問うお話、それから新幹線にのって塩尻へ。

*******

9日は、35年になる塩尻子ども劇場さん主催、午前が話、ランチ交流して午後がワークショップ、というプログラム。

「ほめ言葉のシャワーから平和へ」と題して話すのは、今年4月の穂高以来でした。
もろ憲法ではなくて、紅茶の時間やほめしゃわから最後に13条、12条。13条の幸福追求権の意味をみなさんに感じてもらいたいと思いつつ平らに語ったことが、みなさんの心にすとんと落ちたみたい。

ひとことシェアリングででた言葉たち。

*語り口調がよかった、講演きいてるっていうより、なんかカウンセリングしてもらってるみたいだった。
*こんなふうにはっきりと、あなたは大切な存在、って言われたことないからもう、、、血が巡ってしまった。
*声からマイナスイオンがでてる(ん?)、森林浴してるみたいなきもち。
*長く生きてきたけど、こんなにやさしいきもちにしてもらえるなんて。
*憲法の話もあるってきいてたから構えていたのに、すーってはいってきた。
*憲法ってこれまで漠然としてたけど、日常生活とつながってた。子育てしている中で、12条を織り込むべきって思った。
*地域でお年寄りサロンをひらいてる。みなさんがいっぱいいっぱいおしゃべりする、それは自分を解き放す場所だったんですね。
*お話のなかできいた13条が、歌で聞いた時にもっとすとんって、はいってきた。
*13条がいらないっていう人が議員になるのはこわいな!!

贈りものの言葉のリレー場面では、あ、それ書いたの私です、っていって、自分の人生のうれしかった瞬間をおすそわけしてくれる場面もあり。

こども劇場さん主催だけど一般の方も参加。若いママもお子さんと一緒に参加してくれてて、年齢幅、広かった。

子劇の子どもたち、レジメを折ったり、もぎりをしたり、午後のワークの間は同じお部屋の中の子どもたちテーブルで静かにお絵かき。おとなの時間を大切にしてくれて、とても助かりました。

松本からゆかりさん(本屋さん係してくれた)、伊那から戸枝さん母娘も参加。思えば10数年前、戸枝さんが生協の子育て講座で呼んでくれたのが、長野県とのはじめてのご縁でした。ほんとに、「確かな出逢いには、ありがとうがいっぱい」です。塩尻子劇のみなさま、ありがとうございました。

1710

写真は、午後の部でお見せした「みんなおなじ でもみんなちがう」の絵本。個人として尊重される、の13条が、草案では「個」が消えて「人として」に変わっているけど、それって、ひとりひとりの違いを認めず、10ぱひとからげの人、で括られる、ということ。大津の乾さんがプレゼントしてくれた絵本です。


|

« コッカイオンドク@110SHOW | トップページ | いつも楽しく 少しだけ無理をして »