« 「約束」上映会と監督さんの講演 | トップページ | 近藤さんの街宣 »

2017年10月20日 (金)

ポレポレ便りより

埼玉の友人が時々送ってくれるポレポレ便りを、お許しを得て、2回分ご紹介。

こんなリレーカフェという試み、いいですよね。ほんとにこういうことの積み重ねが、民主主義の練習だと思う。
前川さんをおよびして、こじんまりしたお話会もひらいたそうです、いいないいな!

******ポレポレ便りより******

【民主主義の練習】

昨年夏に生まれた「埼玉リレーカフェ」が進化している。毎回テーマを決めて、スピーカーの話を聴いたりグループで話し合ったりする中で、個人と個人の緩やかな繋がりが生まれている。準備に関わると気づきも増える。「これは民主主義の練習だね」と言う言葉が聞かれる。
先日のリレーカフェには、前文科省事務次官の前川喜平さんがいらして教育の話をしてくださった。「あったものをなかったことにできない」と証言した人。誠実で気さくなお人柄に触れて、私も草の根で頑張ろうと改めて思った。(詳しい報告は、浦和スタンディングのブログをご覧ください)

【22日は投票日】

議員の4分の1の要求があれば国会を開かなくてはいけないと憲法にあるのに、3か月ぶりに開いた国会で冒頭解散。
安倍さんは、森友・加計問題から逃げたいのだろうな。
後でつけたような大義をかざして、600億円以上の税金を使って。
安倍さんはどうもね、という人は多いが、自分の住む地域からはやっぱり自民党となる人も多い。
そして自公が勝てば、安倍さんは自分が信任を得たと振る舞うのだろうか。
投票日の翌日、23日には、加計学園の認可がおりるとは本当だろうか。どうして?
権力を持つ人を縛るための憲法を、権力を持ち憲法を守らない人が更に変えようとする。どうして?

|

« 「約束」上映会と監督さんの講演 | トップページ | 近藤さんの街宣 »