« 10月28日は 「日本と再生」上映会 | トップページ | 「約束」上映会と監督さんの講演 »

2017年10月20日 (金)

ハンケツオンドク

今日はひさしぶりのデモにまあさんと参加。大飯原発差し止め裁判のアクションを、福井の人たちと。

若狭のお坊さまの中嶌哲円さん、福島の武藤類子さん、子どもたちの脱ヒバク裁判を支援している後藤由美子さんとも、会えました。河合弁護士は今日はおみえでなかったようです。

四校記念公園から金沢裁判所まで歩いて、裁判所の前でアピール。大飯原発を止めるべき、というすばらし判決をかかれた樋口裁判長。2014年5月21日に読み上げられた判決文の一部を、裁判所の門の前で輪読。これすなわち、10数人によるハンケツオンドク(判決音読)だね!

一番感動するのは、この部分。

「たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失である」

裁判所は兼六園下交差点にあるので、観光客にもきっと聞こえていたでしょう。

来月11月20日には、第13回の口頭弁論が金沢裁判所であります。

選挙結果次第では、再稼働がさらにすすむか、否か。

|

« 10月28日は 「日本と再生」上映会 | トップページ | 「約束」上映会と監督さんの講演 »