« 具志堅さんの「授業」 | トップページ | 月光荘のピアノが黒部市に »

2017年12月 2日 (土)

「セントラルパークの詩(うた)」

昨日の真夜中にみたメール。
私が、「セントラルパークの詩」という本を書いた人かどうか、とまどいながら尋ねてくれてるメールでした。

びっくり!その本は、43年前の私の初の単行本。私がHONDA350のお尻にのっけてもらってアメリカ大陸横断した時の、旅の物語を書いた本です。
その方は高校生だった頃に読んで、ずっと覚えていてくださったんですね。なんとまあ、ありがたいこと。
うれしくて思わず、はい、私で〜〜す!とお返事しました。その方、今の私のブログを読んでくださってるそうです。

1712 その旅の間中、私が肩にかけてたショルダーが、月光荘のこのバッグ。来週9日の月光荘さんでのおはなし会でもお見せしようと、クローゼットから出してきたばかりだったので、ふしぎなシンクロにおどろいています。半世紀以上前のこのショルダーバッグ、色も褪せて、ホルンマークもとれかかっているけど、大陸横断の思い出がぎっしりつまっています。

**********

今年100歳の月光荘さんでのお話会は、12月9日1:30~2:30と4:00~5:00と2回あります。場所は画材店の方でなくて、そこから歩いて2分の画室2です。どなたでも。参加費500円。

月光荘のご本、「人生で大切なことは月光荘おじさんから学んだ」も今日届きました。
読みながらわくわくしてます。お話し会当日、会場にも並びます。

|

« 具志堅さんの「授業」 | トップページ | 月光荘のピアノが黒部市に »