« 初草かふぇの続き | トップページ | 知らないってことは。 »

2018年1月 6日 (土)

if you want it

いつも学び、行動している友人、藤場芳子さんからいただいたお賀状。毎年、たちどまった考えたくなる言葉が綴られているのだけど、ことしのそれは、ジョンとヨーコの歌「Happy Christmas」に出てくる、この歌詞について、でした。

「謹賀新年
 "War is over if you want it"(戦争は終わる。もしあなたがそれを望めば)。これはジョン・レノン&オノ・ヨーコの作った歌の一節です。私は外国人の友人に尋ねました。「望む」はwant ではなくて、hopeの方が適切ではないのか」と。すると友人は「wantは強く望むから行動を伴うけれど、hopeだと心に思っているだけに終わってしまいがちだ」」と教えてくれました。ベトナム戦争でたくさんの兵士が亡くなっていく中で、ジョンとヨーコは歌という行動でwantを表現しました。
 今、私は何を本当に望んでいるのか。それはwant なのか hopeなのか。最近、そんなことを考えています。今年もどうぞよろしくお願いいたします。」

そうだね、hopeは心の中だけで、行動にはつながらないかも。
このwantには、欲する、の意味合いがつよいと思うけど、そう訳すと日本語で読んだときにちょっと抵抗あるかもしれないね。
この歌のwantは、本気で、強くそう思いたいならアクションがともなう、ってことだと思いたい。
そのためには、あなたが見たいと思う社会の一部に、あなた/わたし自身が、なる必要があって、一人ひとりがどう自分の12条をするかにかかってるんだと思う。

一つの言葉をどう自分ごととしてうけとるか。♪ハッピークリスマスの歌を仲立ちにして、こんなこと友達と話しあえるとしたら、それが、いいね!

写真は12月10日、渋谷のタワレコで、ジョンとヨーコの「war is over,if you want it」の写真展会場で。1712

|

« 初草かふぇの続き | トップページ | 知らないってことは。 »