« 「見えない彼女」の朗読会@木のおうち | トップページ | 「標的の島」プレイベントおはなし会@紅茶 »

2018年2月20日 (火)

鈴木邦男さんのお話

鈴木邦男さんの講演会「憲法について話そう」に行ってきました。関西で長年、鈴木さんのゼミを開いてらした方が今は金沢に住んでいて、北陸で初めてお呼びしたのです。

20年以上前、その頃10代でよく紅茶にきていた翼くんから、鈴木さんのお名前は時々聞いていました。彼が社会にでていろんな人と出会って交流する中に、鈴木さんもいて、おもしろくてやさしいおじさんだよ、と翼くんがいっていたことを記憶してる。
その後、坂本龍一さんとの対談本「愛国の憂鬱」も読み、去年、「不思議なクニの憲法」リニューアル試写上映会が東京であった時、鈴木さんも見にいらしてて、そこではじめてお目にかかりました。ああ、なんてやわらかい、自然体のひとなんだ、という印象。

今回はごくこじんまりした集まりで、身近にお話きけました。
学生のころは生長の家にいて、アメリカのおしつけ憲法は変えなくちゃ、と運動していた鈴木さん。そのころの仲間は、今、日本会議に。

憲法改正こそ民族派の最大の目標、と思っていた鈴木さんだけど、今の安倍さんの改憲に対しては、過去に戻る憲法だ、とばっさり。
日本の国が弱々しいと感じてる人たちは、トランプやプーチンや中国みたいに、強権発動がいいと思ってる。人々の不安解消のために憲法変えましょう、強い軍隊もちましょう、とみなさんのきもちが先取りされている。いや、国民の側もしばられたいのではないか、それによって自分も愛国者だと思いたいか。

占領されていた不自由な時代におしつけられた憲法かもしれないが、今の自由な時代に憲法を自由に改正することで、今ある自由がかえって不自由になる。それは、国だけが大きくなればいい、一人一人はどうでもいい、という方向だ。

鈴木さんは、本当は会いたくないと思っていたある人に出会って、憲法に対するきもちが変わっていった話をされました。
女子大生みたいな歳の人が24条かいたなんてさ、そりゃ会うのいやだったよ。でもね、ベアテさんと5回ほど会って話してみて、GHQの人たちが当時のアメリカでもできなかった憲法を、野心をもってつくっていったことがわかった。いま安倍さんが変えようとしてる憲法には、野心も理想もない、かつての明治憲法にもどるだけ。24条を変えて、父親が中心の家族に戻そうとしている。
(このあたりのベアテさんの話、けんぽうぶっくでも書いてるだけに、おおいにうなづく!)

鈴木さんは、違う考え方の人と学びなさい、とよくいうそうです。ヘイトスピーチの現場にものりこんでいって、言論で勝負しよう、というのだと。鈴木さんが、自分とはちがう考えのベアテさんに会ったこと。大きな意味があったなあ。

|

« 「見えない彼女」の朗読会@木のおうち | トップページ | 「標的の島」プレイベントおはなし会@紅茶 »