« 対人援助額マガジン 32号がアップされました | トップページ | 明日はピースウォーク! »

2018年3月20日 (火)

滋賀にお届け

滋賀県生協連のピースイベントにお話にいってきました。コープしがをはじめ、大学生協とお仕事場での生協などを一つに束ねた組織です。

ほめ言葉のシャワーから平和へ、というタイトルで、もろ憲法のおとどけ、というのではないのだけど、かわいいちらしの案内文に、「一人一人が大切にされる社会のこと、くらしに身近なけんぽうのこと お話ししませんか」という言葉があったので、おくばりした折り紙をつかって早速アンケート調査を。

身近な、って書いてあるけどほんとのとこ、どうだろう。あなたと憲法との距離感を、この折り紙で表現してくださいませんか、遠いとかんじていたら自分の胸から離して。結構近いとかんじていたら、胸のそばにつけて。
多くの方が、かなり離した位置で折り紙をみせてくれました。

うんうん、それが普通と思うんです。憲法がちゃんと機能してるなら、遠くったってちっともかまわない。意識しなくっていい。でもね、今の状況見る限り、ほんとは近いものなんだって感じといてもらわないとね、国民投票もとおくなっちゃうからね、それは困る!

最後の最後に、もう一度、距離感チェックの折り紙アンケート。たぶんほとんどの方が、はじめよりずっと、ご自分と憲法との距離がちかづいてました。うんうん、行った甲斐あり。うれしいです。

この日は、10代の時に紅茶にきてた翼くんが今は京都在住で、娘さんと一緒にきてくれてました。出前を終えてから、少人数でお茶の時間。去年秋にコープしがの組合員活動で私を呼んでくれた乾さんたちもまじえて、翼親子とも一緒に放課後しました。

乾さんは翼くんをおぼえていました!20年前に金沢で、学校に行ってる子と行ってない子7人(全員10代)がパネラーになって、「学校って何?」というシンポジウムをしたのですが、その実行委員長が翼くん、当然彼もパネラーでした。そういえば乾さん、そのシンポジウムに参加してくれてたんだったねえ。20年ぶりの再会@滋賀県を、おおいによろこんだ私たちでした。

120402_

写真はリュウキンカ。庭にあちこち、この金色の花が次から次へとさきはじめています。

|

« 対人援助額マガジン 32号がアップされました | トップページ | 明日はピースウォーク! »