« うすき紅茶のじかん | トップページ | あべかけさんの話し合い »

2018年5月21日 (月)

23日は、いづみと賢治とりつこのコラボ紅茶

あさって5月23日はとくべつ紅茶の時間2:00〜4:00すぎまで 
題して、「いづみと賢治とりつこのコラボ紅茶の時間」 参加費500円(紅茶は1時〜6時open)

7年前の3.11の日は、浪江町の特別養護老人ホームでケアマネさんとして働いていた石井いづみさん。原発事故が起きた。移動も避難も入居してるお年寄りたちにはいのちがけ。情報だって何が正しいのかわからない、筆舌につくせぬ混乱の極み。

その後、知人のいる七尾に避難して暮らしていたいづみさんは、近々、福島に帰ることを決めました。帰られる5日前に、紅茶でお話していただきます。いづみさんの身に起きたこと、感じたこと、そしてこれから。

細律子さんによる宮沢賢治さんの朗読は、聞きたかったけどまだ一度も聞いたことがないの、といういづみさん。それならこの機会に、とコラボすることになった次第です。いづみさんのお話と律子さんの朗読と、どうぞ聞きにいらしてくださいませ。
(この日の草かふぇはお休みです)
185_2

******

翌週5月30日は、紅茶恒例、律子さんによる、ちいさな人たちのためのおはなし会。近くの大白台小の学童のこどもたちが紅茶にやってきます。3:00〜小一時間。昔ちいさかったひともどうぞどうぞ。 今年は年生だけの参加なので、開始時間を早めました。
(この日の草かふぇもお休みです)

*****

下の土地にダンプが入って先週の紅茶は作業の音がぐわんぐわんしてましたが、工事が終わりましたので、あさっての紅茶はいつもどおりの静かな時間、ウグイスの歌も聞こえるでしょう。その土地には駐車場ができましたが、よそ様のですので停めないように!笑。


|

« うすき紅茶のじかん | トップページ | あべかけさんの話し合い »