« 大阪で地震 | トップページ | かけかいけん »

2018年6月18日 (月)

はんどうさんのお話、「檻の中のライオン」

広島の弁護士、はんどうたいきさんの北陸初の講演会。
金沢で小松で加賀で!私は23日の午前の部にいきます。
https://mainichi.jp/articles/20180616/ddl/k17/040/253000c

権力はライオン、憲法は檻(おり)--。例えとイラストで憲法の仕組みを解説した「檻の中のライオン」(かもがわ出版)の著者、楾(はんどう)大樹弁護士(広島弁護士会)が23、24日、石川、福井両県で講演会を開く。これまでに全国16都府県で講演し、北陸では初。

 同書では、権力を憲法で縛る「立憲主義」について「ライオンは暴れ出したら手がつけられません。私たちにかみつかないよう、檻の中にいてもらいます。檻を作るのは私たちです」と紹介。多くの条文をライオンと檻の比喩で説明している。

 2016年6月の刊行以来、増刷を繰り返し1万部を突破。全国から講演依頼が相次ぎ、人形やTシャツといった小道具を使って平易な言葉で憲法について語っている。ライオンと檻の話は中学校の公民資料集にも掲載された。

 今回は、1月の大阪市での講演を聞いた加賀市の会社員、若林高さん(44)が企画した。若林さんは「憲法についての話ということで難しいイメージがあったが、笑いも交えた分かりやすい説明だった。北陸の人にも憲法を身近に感じてもらいたいと思った」と話す。

 北陸での初講演を前に楾弁護士は「立憲主義や民主主義、国民主権の中身をよく理解しないまま、学校で憲法を教える先生や、改憲論を語る政治家、国民が多い。思想や老若男女を問わず気軽に参加し、そもそも憲法とは何かを考えてほしい」と呼び掛けている。

 23日午前9時半~正午、金沢市北安江3の金沢勤労者プラザ(定員42人)▽同午後2時半~5時、小松市土居原町の県こまつ芸術劇場うらら(同50人)▽24日午前9時半~正午、加賀市作見町のアビオシティ加賀(同50人)▽同午後2時半~5時、福井市手寄1の市地域交流プラザ(同45人)。いずれも参加費1000円(高校生以下無料)。

 申し込みや問い合わせは若林さん(090・8097・8436)。フェイスブックのイベントページでも申し込める。【石川将来】

|

« 大阪で地震 | トップページ | かけかいけん »