« マガ9 鈴木耕さんの、「言葉の海へ」 | トップページ | ぱぎやんの歌@ピース9コンサート »

2018年7月28日 (土)

34回目の平和のおはなし会

34回目の、はなます文庫の平和のおはなし会。
「ほ、ほ、ほたるこい、あっちの水はあまいぞ、こっちの水はにがいぞ」と「ほたるこい、やまみちこい、あんどのひかりをちょいとみてこい」の歌のかけあいからはじまりました。
今月の詩に律子さんがえらんだのは、まど・みちおさんの「ぼくがここに」。平和のもとになる詩ですね、といってよんでくれました(私もいつもそう思ってるので、めっちゃうれしかったよ)

今日読まれた絵本たち。「ピースブック」「りんこちゃんの8月1日」「アレクセイと泉」「マララのまほうのえんぴつ」「ぼくがラーメンたべてるとき」「いいこってどんなこ?」「バスラの図書館員」「ようこそロイドホテルへ」「へいわってすてきだね」

187
幼稚園にいってる子から小学生、そしておとなたち、かわりばんこに、まるでシャワーのように平和の絵本を読み繋げていく。この、シャワーのように、というのが大事、平和のおはなし会ならでは。
今年の絵本はとりわけ、山崎翠さんの書かれた「絵本で感じる憲法」でとりあげられてるのが多いなあ、って思ってたら、律子さんもそれを意識して、今年の本をチョイスしてたんですって。

私は、「檻の中のライオン」の紙芝居のなかから何枚か。ちいさいひとたちもいたので、せりふはアドリブ入れてわかりやすくして、基本の的なとこだけ何枚かを読ませてもらい、「でもいま、このライオンが檻からでたがってるんだよ、もう檻から出ちゃったって言ってる人もいるよ」と話してから、「君は君の主人公」のうたの1番と2番をうたいました。3番は、檻の中のライオンのかえうたで

君は君の主人公、という笠木さんの歌もまた、13条に通じる歌詞ですよね。
♩君のやさしさは 君のものだから
 とりかこむ世界に ゆだねてはいけない 
 きのうを今日につなげるために
 今日を あしたに手渡すために
おりライバージョンは、
♩わたしたちの憲法は わたしたちのものだから
 檻から出たライオンに ゆだねてはいけない
 平和をあしたにつなげるために
 未来に へいわを手渡すために

最後の2行は参加してた皆さんと一緒にリフレイン。
律子さん、ことしもほんとにこの時間をありがとう!

|

« マガ9 鈴木耕さんの、「言葉の海へ」 | トップページ | ぱぎやんの歌@ピース9コンサート »