« ちんちゃん亭で | トップページ | ただいまメロン発送中 »

2018年9月11日 (火)

くりくり30@豊田

10日は、とよたくりくり30さん主催のおはなし会。正式には、生活クラブ豊田がたちあがって30周年記念の会。

会員を100人集めたら、豊田まで配送のトラックがきてくれる。そこからスタートした豊田の生活クラブさん。いいものをみんなで買うことで/よくないものをみんなで買わないことで、社会をかえていこう、少しでもいい社会をつくっていこう、というポリシーからスタート。そんな会によんでいただいたことのありがたさ。この日配られた資料の一枚には、去年の秋、紅茶に取材にきてくれた丸橋さんの書いた記事が、生活クラブの機関紙にのったページもコピーされてました。

30歳のお祝いの日でもあるので、単なる講演会にしたくないと、くりくり30さんたちの想いがいっぱいつたわってくる会でした。おはなし会のタイトルは、「ひとりひとりが大切にされる社会が、いいね、したいね、しようよ!」。長い!っけど、大事なコンセプト。私の願ってることもそのことだから。

189_2
豊田センターのお部屋で、10時から2時までの長丁場。午前は2時間半をつかって、前半で紅茶の時間のこと、どんなひとも身の丈に、の話、ほめしゃわから13条の発見。そして12条、9条改憲案のこと。休憩時間は、どらやきかシュークリームのお菓子つきティータイム。午前の後半は、ほめ言葉のシャワーのワークショップ。自分への贈りもの言葉のリレー、80人分!これがまた、とおってもいい時間になりました。これだけの時間幅があって、これができたと思います。いきなりのワークでは、とてもこれだけの想いの言葉はでてこない。

ランチは特製オムライスにサラダ添え。これだけの人数のランチを用意するのに、スタッフさんたちはみなさん、どれだけがんばられたことか。ランチにはあさひこ幼稚園の元園長先生もかけつけてくださった。こどもたちに自分をだいすきになってもらいたい、っていう13条の理念をもって幼稚園してこられた方です(BOOK+にも登場してくださってる)。

ランチのあと、一時間たっぷりつかって、みなさんとのふりかえりシェアリングタイム。お隣の厨房で話はほとんど聞く間のなかったスタッフさんたちにも、この時間で少しはこの日の話のエッセンスと空気はかんじていただけたかな。

この日は一参加者として参加してた娘も、ほめしゃわリレーの時のしあわせな空気感をいっぱい感じて、すんごくうれしそうでした。大仕事を親子でやりおえたばかりなので、余計にその幸せ感をただただあじわうことがうれしかったのだろうなあ。ましてや、石川からと東京からと、持ち運んだメロン本がみごとに完売するのを見れたことも。おかげで帰りの荷物の軽いこと!

去年1月、ちんちゃん亭のけいちんやお仲間のママたちが主催しての豊田でのおはなし会があり、それに参加してたかたがくりくり30のお一人で今回の主催者、というふうに、つながっていくのがありがたいこと。この日は、はじめて会う方がほとんどでしたが、去年も聞いてくださった方にしたら、はじめて聞く私の声でしたよね。去年は風邪ひいて声が全く出なくて、一時間半、マイクにささやきつづけたんだったものね。

豊田に持っていったはじめての音は、私の声。はじめてのものは、できたてけんぽうBOOK+。はじめての人は、私の娘、でした。
くりくり30さん、ほんとにほんとにありがとうございました。

|

« ちんちゃん亭で | トップページ | ただいまメロン発送中 »