« とくべつ紅茶pukapukaな時間 | トップページ | 14日はぜひ野々市へ »

2018年10月11日 (木)

ぷかぷかな時間in 紅茶の時間

10日のとくべつ紅茶。ぷかぷかさんの約半年におよぶ演劇ワークショップの映像記録「もうひとつの 森は生きている ぷかぷか版」の上映+ぷかぷか村長こと理事長の高崎さんのおはなし会。

急なよびかけに、しかも、ほとんどのひとが、ぷかぷかって何?誰?状態できてくれたにもかかわらず(笑)、最後は、ほんとにきてよかった〜〜!!って顔になってたのがうれしかったな。
2時間におよぶドキュメントのあちこちで、おもわずあったかい笑い声になんども包まれる。私が一人でDVD見たときに感じたしあわせ感を、きてくれた20人弱のひとたちと共有する。

養護学校の先生を30数年してた高崎さん。先生になりたてのころはとまどうことばかりで、毎日おろおろしながら、はだかで彼らとむきあうしかなかったこと。そのおかげで、どんどん自分の規範が外され、高崎さん自身が自由になっていったこと。退職後も、障がいをもつ彼らと一緒に生きていく場をつくりたくて、パン屋さんぷかぷかをすぐにはじめたこと。

映像なしに、言葉だけできいてたら、ほんとかな、って思う人もいるかもしれない。でもワークショップ映像を見た後は、その言葉にいっぱいうなずける。参加した人同士で「ぷかぷかさんといるとなんで楽しいんだろうね〜」「なんでだろね〜〜」といいあう映像場面をみながら一緒に、うん、うん、してる自分がいるから。

ぷかぷかパン屋さんをはじめる時、お店だからやっぱり接客を学んだ方がよかろうと、その方面の講師にきてもらって練習した。でも、講師のいう通りにしてるぷかぷかさんたち、気色悪かった、痛々しかった、って。マニュアル通りにするってことは、自分を殺さなきゃいけないことだから。そこで、最低限、お客さんが不愉快でなければいい、とリスク100%ではじめたけど、逆にそれが新鮮、一所懸命さが伝わってきて、ぷかぷかさんのファンが生まれた。意図したんでなく、そうなった。

福祉施設は「支援」をしたがる。それって上から目線でしょ。ぷかぷかさんたちには、できないこといっぱいあるけど、彼らといるといろんなおもしろいことが起きる。彼らといる時間はここちいい。ありのままの自分でいられる。
彼らがいることでぼくら自由になれる、ほっとする。ぷかぷかさんに、支援されてるのは僕の方だ。彼らの存在がまちを耕すという働きをしている。まちを豊かにしている。そういうふうに人をみていくと世界がかわっていく。だから、彼らと一緒にいきてったほうが得なんです、と高崎さん。

映画の後は、高崎さんが話すというより、終始、参加した人たちとのきもちキャッチボールタイム。心をひらいて自分の思いを話すと、高崎さんがうけとめて、ときにはその人に必要な具体的なヒントも提示してくれる。

ぷかぷかさんの時間に、私はなんどもクッキングハウスを重ねてた。クッキングハウスにいくと、なんであんなにほっとするんだろう、いごこちいいんだろう。それは一人一人が、なにができるできないのdoで測られずに、存在そのもののbeで大切にされてるからだ、って思ってるけど、それと共通のもの、13条的な場の意味をぷかぷかさんにも感じた。上からじゃない、平らだからこそ、ひとりひとりのもってるよさが引き出されてくる、ってこと、この日のpukapukaな時間でもいっぱい感じたよ。

4時間におよぶ長時間紅茶だったので、DVD見れなかった人、途中で帰らなきゃならない人、お話だけの人もいたので、アンコール上映を12月の紅茶でしますね。来週の原始林がま紅茶ギャラリーにみえる方が、金沢でもぷかぷかさんみたいな場をつくりたいらしくて、DVDをそちらにいったんお回ししますが、その後はまた紅茶にDVDがかえってくるので、そしたら12月の紅茶のなかでみましょう。きのうは上映しなかった、もう一枚の「ひょうげんのいちば」の方もみましょう。

高崎さん、横浜と金沢を日帰りというハードスケジュールのなか、ぷかぷかのパンと焼き菓子をリュックにいっぱいつめて、ぷかぷか時間を伝えに紅茶にきてくださって、ほんとにありがとうございました!

*****

紅茶ギャラリーの原始林窯展は17日午前10時から夜8時、18日は10時から4時までわが家でひらいています。わがやのお皿の大半は那須烏山の原始林さんこと、げんさん、こりんさんの作品。私の大好きなこのご夫婦もまた、一緒にいると心からほっとするお二人です。どうぞ逢いにきてください。

写真は「pukapukaな時間」の冊子。左ページは一枚一枚、原画がはってあります。一冊500円、紅茶にあります。1810

|

« とくべつ紅茶pukapukaな時間 | トップページ | 14日はぜひ野々市へ »