« VFPジャパンツアー in いしかわ その2。 | トップページ | VFPジャパンツアー in いしかわ その4。 »

2018年10月15日 (月)

VFPジャパンツアー in いしかわ その3。

14日のベテランズ・フォー・ピース、ジャパンツアーin 石川。それは、マイクおじさんとネイサンさん、二人の謝罪から始まりました。

まず最初に、謝らねばなりません。アメリカが、第二次大戦でしたこと。原爆の投下も、日本全国におこした空襲の被害も、今なお続く、沖縄での米軍の駐留も。

その後、その場の参加者全員で黙とうをしました。

黙とうに続いてはじまった二人のベテランズの語りを、アメリカから来て、今回の2週間のツアーで彼らと行動を共にするレイチェルさんが、すばらしい日本語で通訳してくれます。

トークが終わった質問タイムの中で、一人の若者が手をあげました。

「今日、まず謝罪から始まったことにびっくりした。日本も、アメリカに対して謝るべきだと思う。そうじゃないとフェアじゃないと思うんで。だから、僕らも、すいませんでした!」

そういって彼は帽子を脱ぐなり、深々とお辞儀をしたんです。背中を見ててわかった。菊地くんでした。胸がじいんとしました。ありがとう!って思いました。会場からあったかい拍手がわきおこりました。

「僕には何が本当なのかわからない。でもあなたたちが発信していることは、真実と思って帰っていいでしょうか。今日この場に参加できて本当によかった」と菊地くん。

海をこえてね、世代をこえてね、平和をねがうきょうだい同士のきもちが謝罪しあい、呼応しあった、そんないっときでした。

1810_n 会が終わった後の、ネイサンさんと菊地くんと一緒の記念写真。アメリカと日本の、同世代の若者同士がハグしていたよ。

|

« VFPジャパンツアー in いしかわ その2。 | トップページ | VFPジャパンツアー in いしかわ その4。 »