« ただいま!そして明日の草かふぇ | トップページ | 那覇のゆかるひさんで »

2018年12月 6日 (木)

みちこさんとゆかるひ

昨日の草かふぇで、見聞き感じてきた沖縄の話を、きっちり1時間。14人もの方がききにきてくれたよ。沖縄のおすそ分け話は、これからゆっくりすこしずつ書いていきますね。

あさって8日は平和・協同ジャーナリスト基金賞の贈呈式で東京にいって、日曜に石川にかえってきます。月曜日はおめでと・ありがと会を金沢でしてくださるとのことで、東京での式のことも速報できそう。

***1812

そもそも、今回沖縄にいくことになったわけ。おはなし会の会場、bookcafe&hallゆかるひさんをしているみちこさんとの出逢いは、6〜7年ほど前の夏、細川律子さんちでのぶどう狩りおはなし会だった。

そのころ長野に住んでたみちこさんは長野のおはなしグループの人たちと参加してて、その日、「てぃんさぐの花」を歌ったんです。私も何か歌ったので、たがいに、おはなし会なのに歌った人、として記憶しあってた。

その後、紅茶の時間にみちこさんが2回きてくれて、そのうちの一回はわがやでのけんぽうかふぇだった。2015年6月のこと。8月末にけんぽうBookができて、その年の11月と12月、みちこさんは私を長野のけんぽうかふぇに呼んでくれた。

実はそのころすでに、みちこさんは那覇に住民票をうつしてたんだって。那覇生まれのみちこさん、結婚して長野で四半世紀暮らし、でもふるさとのことずっと、心の深いところで想いつづけてた。三上監督の「標的の村」をみて、がーんとほっぺ殴られた気がして(高江でひどいことがおきてたんだ、オスプレイのヘリパッド建設の反対をめぐって)、家族の同意も得て、沖縄に帰ることにした。沖縄で自分のできることをしよう、誰もが自由に意見をのべ、好きなことをし、想いを共有するスペースをつくろうって心に決めて。

それをかたちにしたのが、「良き日」という意味の、今のゆかるひ。みちこさんは若いころ同じ場所の一階で12年間、絵本やさんをひらいていた。子どもたちのたまり場、野菜の共同購入の場、講演会もひらき、また、石垣島白保の海を守る人たちの拠点にもなっていたという。ふたたびその地にもどり、いろんなイベントのできるホールのある絵本カフェをあらたにひらいて、いま2年たったとこ。
きもちをまっすぐ行動にうつすみちこさんから聴く沖縄のこと。わたしの方こそ、学ぶこといっぱい。
1812_2

|

« ただいま!そして明日の草かふぇ | トップページ | 那覇のゆかるひさんで »