« 12月と1がつのおしらせ | トップページ | パパラギソングコンサート »

2018年12月16日 (日)

映画「ほたるの川のまもりびと」

「ほたるの川のまもりびと」。
金沢での上映最終日にやっとみて来ました。

長崎県川原(こうばる)地区の13世帯の人々が、1962年にダム建設の話でてからもう50年余りも、石木ダムの建設に対して、ノー、の意思を示し続けてる。「水の底より 今の故郷」「ダム建設絶対反対」などの看板が目にはいる。建設の必要のないダムだという。

一家族一家族、家族写真のように全員そろって、一人一人が名前をだして、顔をみせて。

「なんでこんなことばせんなんて。ごくふつうの生活続けたいだけなのに」と言いつつ、ゲート前ですわりこみをする。バリケードを張る。座り込みしながら、干し柿作りもする。重機の下にからだもぐりこませて阻止したこともある。

ほーちゃんは、「こうばる通信」を出し続ける。バリケードなんかはってるとこだけ見たら、反対してる人たちは怖い人たちだと思われちゃう。それは向こうの思うつぼ、だからこんな手書きの通信だしてる。自分の目標は、みんなの目標、ダムをとめる、ってこと。
ほーちゃんは地区のひとびと60人の似顔絵を、一人一人のお許しをえて、通信に載せる。

なんてきれいな川、ゆたかな自然、ひとびとのむすびつき、連帯と協同、信頼。ともに生きるということ、たすけあって暮らすということ。

最後のシーンでは、全員でこの歌を合唱。

♪ここはこうばる
 ほたるの里
 自然を守るひとが住む
 ここはこうばる
 ほたるの里
 ふるさと愛するひとが住む

歌声にあったかい涙がながれたよ。
こうばるのひとたちは50年もあきらめてないでノーを言い続けてきたんだ。この信念、ほかのところで頑張っている人たちをも勇気づけてる、って思った。静かでちから強い、いい映画でした。
鎌ちゃんの、ぶんぶんフィルムの配給です。
予告編をどうぞ。

|

« 12月と1がつのおしらせ | トップページ | パパラギソングコンサート »