« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月28日 (月)

原始林がまのお茶碗お皿、届きました

去年秋の原始林窯展@紅茶ギャラリーで、器を注文されたみなさま。

1810

すでに個別のげんこりんちゃんからお知らせがいってるとおもいますが、みなさまのご注文の器ができあがって、すでに我が家にとどいています。
あさって30日の紅茶の時間に、とりに来れる方はどうぞおこしください。ご都合つかない方はもちろんいつの紅茶でも。

1810_2

先週、14人の方にご協力いただいた沖縄の5市への緊急ファックスアクションは、全県で県民投票がおこなわれることとなって終了いたしましたが、そんなお話も1時間の草かふぇでしあえるといいですね。これで沖縄へのアクションがおわったわけでは決してないので。

|

沖縄へ、ファックス作戦、終了しました。

みなさま〜〜〜答えてくださった方々、ほんとにありがとうございました。
ファックス作戦は終了しましたこと、感謝を込めて!!ご報告。
元山くんの勇気ある行動はもちろんだけども、一人一人の12条する、ピープルの力を実感しました。

23日の紅茶の時間で、ファックスかいてくださった14人のみなさんにも、ありがとう!!

|

たいわけんぽうかふぇ

刈谷のしんふじんまつりで、たいわけんぽうのお話の出前。みなさんとても心待ちにしてくださってた空気がつたわってきて、私ものびのびしたきもちで、父の郷里で語ることができました。

オープニングにコーラスがありました。パブロカザルスの「鳥の歌」。歌で聴くのははじめて。とってもすてきでした。まさかこれが歌われるなんて思いもしなかったので、それにまつわる話から。

ずっとずっと前、紅茶にきたお年めした男の方が、パブロカザルスの名前を出した時、とっさに私、誰だか思い出せなかった。そしたら、その人に呆れたように、あんた!そんなことも知らんのかー!って言われたんです。すっごくやな気分。上から目線でいわれるってこんな気持ちするんだってリアルに感じた。
でも、この体験が私に、「平に話す」ことがどれだけ大事か、おしえてくれたんです。平らに話すことは、その人と対等な関係をつくること。さらにいえば、その人の13条を大事にすること。対話と、平らに話す平話と、平和は、ひとつながり。
今日の私は、平らに話せてましたか?って最後に聞いた時、みなさん、うんうん、してくれたので、たぶん、平話に話せていたかな、と思います。

鳥の歌、のおかえしに、笠木透さん作詞の「ピース9」を返歌として歌いました。
♫ 鳩は平和をはこぶ鳥  九の鳥と書くのだから
 カタルーニャの鳥も  日本の鳥も
 ピースピースピースとさえずる
 この世は9でじゅうぶんなのさ
 鳩よ 世界の空で飛べ
 ピースピースピースピース ピース9
そしておまけに、13条のうたも一番だけ。

刈谷で今日おあいしたみなさん、ほんとに父のふるさとに呼んでくださって、ありがとう。どうかまた、会えますように。
豊橋の渡辺のりPさんも、会場の近くに住むAさんも、岡崎からお子さんづれできてくださったOさんも、ご参加ありがとう。私をよんでよんで、と何年も声をあげてくれていたSさん、ありがとう。
こんな会は、どれだけ、あたらしいひとに、これまでと違うひとに、若いひとに、来てもらえるかが大切なこと。知らない顔がふえるように種まきする時のポイントもきっと、平らに話す、ですね。

|

父のお里で

父のふるさと刈谷で、27日、たいわけんぽうの出前。前日の出来事もふくめて、すっごく濃い二日間でした。

26日、父がしていた育英会事業の泉寮卒業生さん5人が集まってくれての、ミニミニ同窓会@豊田自動織機のシャインでランチしながら。
泉寮というのは、私の生まれ育った水野の家の隣にたっていたちいさな学生寮のこと。刈谷高校を卒業して東京に進学する学生さん(校長先生が推薦した人)が4年間、そこで生活したのです。私が高校生の時にはじまってほぼ30年、学生さんがその育英会から巣立っていきました。きのう集まったのは、50代から70代半ばまでの5人。
寮にはお風呂がなかったので、みなが通った「人生浴場」のことや、近所のパン屋の娘さんが学生さんの一人にちょっと気があった、とか、都会の女子大生がお化粧しててきれいでカルチャーショックだったとか。彼らのアオハル話がそれはおもしろく。
学生さんにかけた父の何気ない言葉なんかも聞かせてもらえて。

Photo

夜は、私がお泊まりさせていただいたお話会主催者さんのおうちから歩いて数分のところにある、父のお里へごあいさつ。70代のご当主さんは私をはっきり覚えていて、会うなり、私の幼い頃の呼び名をちゃん付けでよんでくれました。父の写真も仏間にかざってありました。
父は仕事で名古屋にいくとかならず刈谷の家にとまったそうで、そのころ10代の少年だったろう今のご当主さんは、何度もなんども、酔っ払って帰ってきた父の腰をもまされて、なんやかやいろんな話をしたのだとか。自分の育ったふるさとの家で、どんなにかリラックスして、刈谷弁で、気のはらないふるさと時間をすごしたのだろう、と、父の腰揉みなんてただの一度もしたことなかった私は想像したのでした。

父のお兄さんのお孫さんにあたる水野さんは、小顔でお目目がくりくりしてて福耳で、父によく似た面影で、60年余りぶりに会う私をとても暖かく迎えてくださって、うれしかったなあ。泉寮の卒業生さんにも、お里の水野さんにも、おみやげは「たいわけんぽうぶっく+」。第4章の「鍵は、ピープル」に父のことがでてくるので、この章だけでもよんでくださいね、っていってお渡ししてきました。

|

2019年1月25日 (金)

紅茶姉妹旅

先週の今頃は、川越にいました。年に一度の紅茶姉妹一泊旅。これで5回目。川越紅茶にはなんどもいってるけど、紅茶と駅しかしらないよ〜〜ってことで、今回はじめて川越の街を旅しました。

川越紅茶をしてるジュンコさん、仲間の一人で、たかはしべんさんマネージャーのあるなみちゃん、京都紅茶のかつこさん、そして津幡で紅茶してる私。それぞれに違う人生を生きて、でも大切だと思える根っこのとこでつながっていると感じる、姉妹関係。1年ぶりにあっても、なんの距離感もなく、互いの心のうちを、思いの丈を、今の社会を、語り合える。

川越についてからのランチの場所が、「lightning cafe 」という長岡式酵素玄米のたべられるお店。我が家でも30数年前におしえてもらって、その圧力釜で玄米をたいてるのだけど、なんとそのお店が、この玄米炊き方の元祖さんの、娘さんがされてるカフェだったのでした。

191_4

小江戸とよばれる川越の通りを、時間におわれずゆったりと歩き、ねこまんまおにぎりの香ばしい醤油の匂いに鼻をひくつかせ、優れものの胡麻あたりきを買い求め、唐辛子やさんの口上に聞き惚れ、夜は修学旅行のように畳の部屋にお布団ならべて。
191_5
紅茶姉妹旅の観光コースには、たかはしべん事務所にべんさんを訪ねる、も入ってました!紅茶仲間のくるみの木さんのカフェでランチも。写真とってるのがジュンコさんなので、ここには3人しかうつってないけど、4人姉妹です。191_6

|

沖縄県民投票、全県で。


辺野古の県民投票、全県で実施へ。
元山くんたちの県民投票の会のたゆまぬ努力、元山くんのいのちをかけたハンスト、これにだまっていなかった沖縄の人たち、全国のひとたちの声が、こんな変化をもたらしたね。
行動してくれたすべてのひとたちに、ありがとう。5市長さん、その市に住む人たちの投票する権利を、ありがとう。
2択でなく、賛成、反対、どちらともいえない、の3択になったとはいえ、そして同じ日に投票はできないとしても、全県で民意を問うのでなくては、県民投票っていえなくなるところだったものね。

みゆきちゃんがよびかけた、参加しないといっていた5つの市への緊急ファックスアクションなどなど、一人一人のちいさな行動もその中にはいっているよね。
23日の紅茶で、緊急ファックスかいてくれたみなさんにも、ありがと===!

|

2019年1月24日 (木)

母のいのちの日に

今日1月24日は母のいのちの日。57年目の。

毎年この日に、50本のピンクのスイトピー。香りが甘いよ。
紅茶に来る人はこの花をみると、あ、スウさんのお母さんの花だね、て言ってくれる。
母と過ごした時間はみじかいのに、どうしてこうも強烈に私のなかに、いまだに大きな位置をしめて存在してるのか、不思議なほどです。その存在にいつも守ってもらっているよ。
言葉にできないくらい、ありがとう、、だよ。
191

|

ピースウォーク金沢2019は3月21日

沖縄のこともだけど、ピースウォーク金沢2019もうごいています!
何回も実行委員会でミーティングをかさね、より多くの人が、そしてはじめてのひとが、気楽に参加できるウォークになるよう、話し合いをかさねています。

平和をねがって金沢の街なかを歩く、それだけ、です。この「だけ」が堂々とできるって、どれだけすばらしいことか。みんなで歌ったり声をだしたり楽器鳴らしたりしながら車道を歩く、っていう非日常の体験。最初はちょっとはずかしいかもだけど、その一歩が大きなちから。

ウォークの日が3月21日木曜日なので、前の日の紅茶の時間では、勝手にプレミニイベントとして、ピースコミュニケーションワークショップをすることにしました!
13条するってどんなこと?ピースウォークすることの意味ってどこにあるの/ないの?などなど、からだも心も口も動かしながらのワークを、3月20日午後、わがやで。

PW金沢2019、お店があるからその日一緒には歩けないけど応援したいな、応援してるよ、という意思表示、ことしからできるようになりました。
ピースウォークの本チラシの裏に、「私たちは平和を愛します。ピースウォーク金沢2019を応援しています」としてお店の名前がずらりと並ぶ予定です。

ちなみに、「紅茶の時間」も名を連ねるのだ。お金をいただくカフェはしてないけど、ほめ言葉のシャワーやけんぽうぶっくは、売ってる本屋だもんね。

ピースウォーク金沢2019は3月21日木曜日。
どなたもどうぞ、一緒にあるこ!
集合は1時に四高記念公園( もとの中央公園)時計台の下あたり。
1:40〜ウォークスタート。

|

2019年1月23日 (水)

沖縄の5つの市に、ファックスアクション

今日は、沖縄の5市長にあてて県民投票への参加を求めるお手紙ファックスを書く時間@紅茶ない草かふぇ、をしました。
去年、岡山でおあいしたYさんが、埼玉のおともだち3人と一緒にみえて(石川+福井ツアー最終コースが紅茶なんですって!笑)、そこにいつもの紅茶仲間もまじり、18日にもファックスをおくってる山口さんもきてくれたので、その経験もわけてもらい、わいわい沖縄のことを話しながら(これが大事!)、それぞれにファックス手紙を書きました。
おしゃべりしてからでないといきなりはかけないよねえ、となって沖縄のこと、あーだこーだ。
たとえばーー
この5市はいったいなんで参加しないの〜?
自民党公認で当選したから〜?
この市長さんを選んだ人たちのなかに、賛成であれ反対であれ、意思表示したいひとたちもいるにきまってるのに。
その権利をとりあげちゃうって、民主主義こわすことだ。
県議会できめたことを拒否しても許されるの?
憲法14条の、法のもとの平等に違反してるよ。
沖縄のひとが沖縄の未来をきめる、すっごい大事なチャンスを奪うことだね。
3割もの人が投票できなかったら、反映されない意思はどうなっちゃうの、よけいに分断されると思う。
これ、沖縄だけの話じゃないよね、こんな前例つくったら、民主主義は成り立たない。
4月の地方選で、県民投票させなかった市長にはしっぺ返しがあるかも。
逆に今、ひきかえして決断したら、ヒーローになれるかも??
意思表示する権利、投票権、人権、自分たちの未来を自分たちで選びたい。
民主主義の根幹、元山くんの決意、努力、その元山くんもデニーさんもこのままでは投票できない理不尽、
などと、このアクションを通じていろ〜んな話ができました。こんな場をつくってくれて、本当にありがとう!このアクションを通じて、また、沖縄がちかくなる、なったひとがきっときっといると思う。人ごとじゃないものね!
今日は、このアクションに14人が参加しました。遠方から来た方にも、私たちにも、一期一会で意味ある紅茶の時間をたっぷりと。

|

2019年1月22日 (火)

沖縄タイムズより

ハンガーストライキしていた元山くん、ドクターストップで入院して、その後退院。
沖縄タイムズのこの記事が、辺野古の県民投票のこと知らない人にも、わかりやすく説明してくれている。
明日の紅茶ない草かふぇでは、県民投票に参加しないといってる沖縄の5市の市長さんあて、ファックスをかきます。3時から。

**************

沖縄タイムズより。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00375518-okinawat-oki&fbclid=IwAR3wufshCd1E1xG3u2j3Z-8t2YSO8FKd5Bfg75kllElTDa3abYNV-uWBj3Y

新基地建設の賛否を問う県民投票の全県実施を求めた元山仁士郎さん(27)のハンガーストライキは、ドクターストップで終わった。塩と水だけで105時間、命懸けの行動には頭が下がる思いしかない

▼私たちはなぜ県民投票をやるのだろう。約4年前、県民は建設反対の故翁長雄志氏を知事に選んだが、国は選挙結果を尊重せずに作業を進めた。裁判所も新基地反対を「民意」とは認めなかった

▼いくら意思を示しても国は無視し続ける。ならば新基地の賛否だけを問い、「明確な民意」を示そうと元山さんら若者が署名を集めたのが始まりだ

▼翁長氏急逝に伴う昨年の知事選で、県民は反対の玉城デニー氏を選んだ。だが国はまたも一顧だにせず、土砂投入を強行した

▼県内では県民投票に5市が不参加を表明し、事態が日々急転している。元山さんが代表の「『辺野古』県民投票の会」は21日、全県実施できるのなら2択にこだわらない姿勢を示した。署名を集めた者として悔しい決断だったと思う

▼ハンスト中、元山さんは5市長を批判しなかった。街宣車の右翼にも「あの人たちも、みんなで投票したい」。県民同士が争ってはならないとの思いからだろう。声を聞かない国に向け、県民みんなで「明確な民意」を決めて示したい。5市長には、歴史の審判に耐えうる判断を求める。(磯野直)

|

2019年1月21日 (月)

27日は刈谷へお届け

1月27日、刈谷に行きます。
新婦人まつりのプログラムのひとつで、「たいわけんぽうカフェ」をしにいくことに。
10:00〜オープニングとコーラスのあと、
10:20〜12:20くらいまで、私のけんぽうのお話の出前。
@愛知県刈谷市高津波市民館(ヨーカ堂近く)
お申し込み不要で、どなたでもどうぞ、とのこと。
当日は、豊橋で何度も私をよんでくださったのりPさんや、名古屋のバンドエイドのおともだちもご参加くださる由。

刈谷には、特別の想いがあります。父の郷里なんです。
お話の日の前日、今回の出前をお世話くださる方が、父のお里の家につれていってくださることになりました。今の当主さんは、たぶん、父のお兄さんのお孫さん、かな?ン10年前にあったことある人かな?

その上、私の生まれ育った東京の水野の家の隣に建っていた泉寮(父がしていた育英会事業)で、大学生活を送った刈谷高校卒業生さんたち(50代〜70代の)とも、ミニミニ泉寮同窓会までできることとなり。
父のふるさとの町で、こんな時間がもてるなんて、望外のしあわせです。

|

23日の草かふぇで、ファックスを書こう。

あさって23日は、3時から草かふぇで、辺野古を問う県民投票に不参加を表明している沖縄の5市の市長さん宛て、投票に参加してください、のお手紙を書いてファックスで送る、ってことをします@紅茶の時間。
書く前に少しだけ、この県民投票について私の知ってること話しますね。
あ、メインは沖縄5市に書くことなので、おしゃべりはみじかめにします。
ていねいに、一人一人のきもちを、市長さんにあてて書くのですから。
あなたの町でも、お友達と、ご家族と、書いてみませんか。

|

2019年1月19日 (土)

2月12日、アルさんにおとどけ

2月12日、野々市のコミュニティトレードのお店、アルさんにけんぽうけふぇの出前にいきま〜〜す。お店のまりこさんが、イベントページをつくってくれました。
   ↓
青いところをクリックするとイベントページがひらいて、参加ボタンをおすことができます。
私にご連絡くださっても、もちろんOK.
***********イベントページにかいてあること。
水野スウさんと 憲法のこと まなびましょ
🕊スウさんの けんぽうカフェ☕️
〜2.12 私たちの「12条する」はじめる日


「憲法って だれのためにあるの?」

「ん?『12条する』って なんだ?」
 
「他の 法律と どう違うの?」

「改憲って?
どこが どんな風に 変えられようとしてるの?」

「憲法変わったら 何が そんなに一大事なの?
生活は そんなに変わらないんじゃないの??」

「そもそも “憲法” のこと、
よく知らない〜」

「9条は知ってるけどさぁ。あれ?他は?」

「国民投票って どんな? ほんとに おこなわれるの? 」

*******

いまさら きけない きほんのきほん、
ココだけは おさえておきたい
ポイント中の ポイント。

スウさんが 憲法のこと
改憲条文案との対比、
優しく 易しく おはなししてくださいます。

2.12 で ちょうど〈12条する〉に ぴったりの日。
(だから「12条する」って なんなのよ→はい、そのことも☺︎)

もしかしたら近々憲法が変わるかもしれない……そんなときだからこそ 憲法を身近に。

知らずして なんだか知らぬ間に変わっちゃったみたいよ、なんてコト、やっぱり いやだなぁ。
“あの日あのとき変わったんだよね?みんな 何してたの?”
って 将来 子どもたちに訊かれたとき、
ちゃんと答えられるかしら?

           *******

“憲法に書かれているのは 政治の言葉ではなくて、実は あなたのこと、わたしのこと”
って言ってるスウさん。

“ 対話 - 平らに話す - 平和 ”

四角四面じゃなく、
平らに まなんで
平らに おしゃべりしながら、
知識を深め合いましょう。
私たちも べんきょうします。

●2月12日 火曜日
●10時から 11時45分

●場所/ NOPPOKUN コミュニティトレードアル(2階 キッズスペースにて)


●参加費 ¥700 ( お茶と おみやげ付き)

●定員25名

●お申し込み …参加ボタンと、こちらのコメント欄にて 人数をお知らせください。
または お電話にて。
0762460617(10-19時)

●会のあと スウさんを囲んで ランチ会もおこないます。しつもんなどもどうぞ。
お席の準備上、ランチご希望の方は  その旨も事前にお伝えください。

●必要と思われる方は ノートや筆記具 ご持参ください。
● お子さま連れokです。

*水野スウさん*
日本国憲法とおないどし。東京生まれ。日本女子大英文科卒。
1974年、結婚と同時に金沢へ。娘の誕生をきっかけに、1983年より週に一度自宅で「紅茶の時間」をはじめる。出前「紅茶の時間」として、おはなしやコミュニケーションワークショップ、けんぽうかふぇなど。
「いのみら通信」発行人。九条の会・石川ネット呼びかけ人。9tea(紅茶9条の会)世話人。
著書に『きもちは、言葉をさがしている』『ほめ言葉のシャワー』『贈りものの言葉』『紅茶なきもち』『いのちの未来と原発と』『わたしとあなたのけんぽうBOOK』、『たいわけんぽうBOOK+』CDブック「13条のうた ほかの誰とも」など。

:::::・:::::・:::::・:::::・:::::・:::::・:::::

🏅スウさんと 娘さんのまいちゃんの作られた,
「わたしとあなたの けんぽうBOOK」「たいわけんぽうBOOK+」は、昨年12月、日本のピューリッツァー賞ともいうべき〈平和・協同ジャーナリスト基金 荒井なみ子賞〉を受賞されました🏅

|

琉球新報に、元山くんのことが。

琉球新報に。
宜野湾市役所前で、県民投票の参加を求めて、ハンガーストライキをしている元山くんのこと。
******
県民投票 分断超え必ず 元山さん「未来のため」(琉球新報) https://ryukyushimpo.jp/news/entry-863268.html
一部抜粋::
 「小学校低学年までは『うるさい』と飛行機に向かって叫んでいたが、高学年になると見向きもしなくなり、だんだん感覚がまひしていった」。普天間飛行場に近い宜野湾市野嵩の出身。授業が中断したり、米軍機の騒音で眠りが覚める生活は当たり前だった。
 しかし、東京の国際基督教大学に進学し、基地や騒音のない生活をして初めて基地の集中する故郷の異常さに気付いた。その一方で、「沖縄の基地問題ってどうなの?」と友人から問われても、何も知らない、教えられない自分がいた。
 そこで一念発起。沖縄の歴史や基地問題、民主主義の在り方を自ら学ぶようになった。そして「知れば知るほど、自分のそれまでの日常が異常だということに気付かされた」。選挙で示された沖縄の民意に反して進められる辺野古の移設工事、基地問題を巡って深まる県民同士の対立や分断。そんな分断を乗り越えようと、たどり着いた答えが県民投票だった。
 県民投票の意義について、元山さんはこう語る。「賛成、反対の方々が主張を交わし、主権者である県民一人一人が考え、意思を示す。それが民主主義社会において、沖縄の未来にとって何より重要だ」。県民同士が議論し、考え、悩み、意思を示す県民投票。「その過程を経れば必ずや分断を乗り越え、一つにまとまれる」と信じる。
 しかし今、有権者の約3割が議論や意思表示すらもできない可能性が高まっている。それでも、元山さんは諦めない。「予期せぬプロセスではあるが、今後より良い沖縄の社会をつくるためには乗り越えるべきハードルだ」。元山さんは事務を拒否する5市長にとどまらず、自由に意思を示す民主主義の根本を県民全員に問うている。 (長嶺真輝)

|

2019年1月18日 (金)

緊急ファックス行動。

年に一度の、紅茶姉妹旅からもどってきました。川越紅茶のジュンコさんと、なみちゃん(彼女は、川越のシンガーソングライターのたかはしべんさんのマネージャーさんでもあります)と、京都紅茶のかつこさん、そして私の4人で、川越でのお泊まり旅。
中身の濃い〜〜〜語り合いの時間、自分を確認する時間。

留守のあいだに、金沢では沖縄5市へ県民投票参加のための緊急のファックス行動が早くもはじまっていました。
来週23日の紅茶で、ファックス書いて送ること、します。
この行動、1月31日まで、参加できるよ!

「2月24日に実施される沖縄の県民投票のことを学び、不参加予定の5つの市にFAXを書く会」開催を全国に呼びかけます!◇

~沖縄5市へ 緊急Faxアクション~
「10万人の声を消さないで。」

すべての沖縄県民に、想いがあります。平等に、投票する権利があります。
その権利が奪われる人がいるということに、私たちは同じ国に暮らす人として、強く異議を申し立てます。

  ★☆・・・・・・・☆★

「沖縄のことは、沖縄が決める。」若者たちが中心となって、昨年春から2ヶ月で有権者10万人超の署名を集め、条例ができ、辺野古新基地の賛否を問う県民投票の実施が決まりました!選挙権のある全ての沖縄県民に、県民投票権があります。

ところが、現在 沖縄市、宜野湾市、石垣市、うるま市、宮古島市の5市が市議会の否決などを理由に不参加を表明しているため、このままでは、有権者の35%が、たまたま住んでいる自治体が参加しないがために投票できず、10万人の署名による投票権が奪われてしまいます。

 大学院を一年間休学して投票の実現に向けて県内全域に足を運び、住民と対話してきた『辺野古』県民投票の会代表の元山仁士郎さんは、「沖縄県民みんなで県民投票を」と、5市の県民投票参加を求めて15日から宜野湾市役所前で抗議のハンガーストライキを始めました。
県民投票への参加を求めるハンガーストライキ
https://hungryforvote.net/

元山くんに思いを寄せ、全国に住む私たちが行動を起こすことにしました。小さなアクションでもたくさん集まれば大きな力になります。知恵と勇気を持ち寄りましょう!

◇内容◇
沖縄県民投票のことを知り、不参加の5市(沖縄市、宜野湾市、石垣市、うるま市、宮古島市)へのFAXを書く小さな集まりを開く

◇期間◇
1月17日(木)から 1月31日(木)までの緊急アクション

◇必ずおしらせいただきたいこと◇
*いつ
*どこで (例・石川県金沢市自宅 など)
*参加人数
*FAXの枚数
*投票を終えて、感想や応援メッセージなど

をフォームにお送り下さい。(終了後報告です!)
http://u0u1.net/Pni0 

※全国で何件何カ所の「書く会」が開催され、何枚のFAXが送られたか 把握し 地図上に示して可視化します。

◇プレスリリース◇
出来れば、地元の信頼できる報道機関に取材をお願いしてみましょう。やり方がわからないときは、コメント欄に書いてください。

◇SNSで発信してください◇
可能であれば FB、Twitter、インスタグラムなどで「#全国一斉FAXアクション」「#沖縄県民投票」などのハッシュタグをつけて、感想や参加者の声などをどんどん発信して下さい。

◇ 県民投票不参加の5市 市役所FAX番号◇
宜野湾市 098-893-1232
沖縄市 総務部総務課 098-934-3830
うるま市 総務部総務課 098-973-9819 
宮古島市 0980-73-1645
石垣市 0980-83-1427
※FAX番号はお間違えのないようにお願いします!※

★☆・・・・・・・☆★

バナーの写真はフォトジャーナリストの森住卓さんが提供してくださり、長谷川淳さんが作成してくださいました!

#全国一斉FAXアクション
#沖縄県民投票
#10万人の声を消さないで

|

2019年1月17日 (木)

川越へ

17、18日と姉妹紅茶旅。
川越紅茶と京都紅茶と石川の津幡紅茶の4人が、毎年、お泊まりの旅を重ねて5年目。
今年は、ジュンコさん、なみちゃんのホームグラウンド、川越を案内してもらいます。

18日夜もどりますが、その間はパソコンがみれないので、メールやメッセージのお返事できませんことご了承ください。

|

菜の花ちゃんのお話

とくべつ紅茶で、坂本菜の花ちゃんのお話。
191
菜のちゃんと同い年の19歳の若者から、20代、30代、40代〜70代まで(平均年齢が下がったのは、今日のゲストのおかげかな)、紅茶のおなじみさんとピースウォークメンバーまぜこぜで、菜のちゃんのまっすぐな言葉に耳を傾けました。一人でずっと喋るの苦手です、どんどん質問して、とのことで、菜のちゃんと参加してる私たちと、キャッチボールしながらの、あっという間の2時間半。

小学校6年から中3までは、珠洲を出て、和歌山の学校に。そこではじめて、学校って、楽しくていいんだ!学ぶって楽しいことなんだ!出る杭はうたれる、じゃない、違ってていいんだ、と大発見。
自由研究に選んだのは、平和。第二次大戦で日本がしたことを調べた。世界で今も戦争があるけど、平和のために自分ができることはなんだろう、と考えた。
なんで平和をテーマにしたかって? 家族でごはんたべながらいつも、社会や政治や、世界のこと、ふつうに会話してたからかな。

高校は、中学の時に自分たちで選んで修学旅行にいった沖縄にある高校へ。とっても小さな学校、夜間中学があって、沖縄戦で学ぶ機会のなかったおじいおばあが学びにくる、というのが決め手になって、珊瑚舎スコーレへ行くことに。

大検のための授業もあるけど、それとは別に、平和講座、紅型、焼き物、日本語、ウチナーグチの授業も。あ、三線は、必須科目でした。音楽の時間に、シンガーソングライターがきてくれたり、体育では太鼓のプロが教えにきてくれたり。
ウチナーグチの授業で「ちむぐりさ」って言葉を知った。肝が苦しい、と書くけど、心が苦しい、かなしい、かわいそう、だけではない言葉。相手が悲しんでるから、私も悲しい、というような。日本語にはおきかえられない、ちむぐりさ。ああ、違う文化があるんだ、って思った。

高3の時、自分たちで選んだ修学旅行先は、石垣島。「標的の島」をみて、離島で自衛隊配備が進んでるって、沖縄に住んでても知らなかったから。石垣島のことインターネットでみると、よくわからない人がいろいろ書き込んでた。尖閣?中国?何が正しい情報なのか、わからない、でも実際に自分が行くのが大事、自分で見るのが大事、と思う。

卒業課題は、自分とむきあって、文章で自画像を書く。今まできれいごとしか言ってなかったな、ってきづいた。珊瑚舎では9:1でも、少数の1に寄り添う。平和をつくるって、遠いことをきれいごとでいうんじゃなくて、自分が今いるここでどうしていくのかな、ってこと。

高校時代の知事は翁長さん。事件が起きた後の県民集会にも行った。そこでは自分はヤマト、という意識。みんなが声をあげて抗議している先は政府だけど、それは、沖縄の声をきいてこなかった政府を支えている私たちでもある。まわりまわって自分だって加害者なんだと。

沖縄に行って、はじめて珠洲原発のことを知った。(30年近く前の原発反対のこと、菜のちゃんはまだ生まれてない)ちいさな沖縄が身近にいっぱいある、って思う。原発反対か賛成か、地域が真っ二つになった珠洲も、沖縄と同じ。大勢の意見に流されて、小さな声は届かない。一人のことはおいてけぼり。
本土と沖縄。沖縄で言えば、本島と離島の八重山、石垣、宮古島。まるでマトリョーシカみたいに、ぱかっと一つひらけば、同じ構造。どこにでもあるこの構図は、ふときづいたらすぐ横にあったんだ。自分の近くにある沖縄と向き合わないと。

卒業してから宿の手伝いをしてるけど、自分にはまだ、これといえるものはない。でもどんな生き方したいかっていえば、きちんとした、無理のない生活したいな。自分のやり方で小さい中でやりくりできる方法がいいな、って思ってる。畑も大好き。

ほっしー(珊瑚舎の校長先生にあたる星野さんのこと)が、慰霊の日にこんなこと言ってた。平和はとくべつなことではなくて、常に考えること。たまたま隣にいる人といい時間つくるのが平和。慰霊の日だけ平和を考えても平和になりません。毎日考えて、6月23日は、その振り返りをする日です、って。

何か力になろうと思って辺野古にいったけど、なぜか力をもらってくる場所。毎日座り込みしてる人たちが、なんでこんなに明るくいられるんだろう、ユーモアもあって。それってきっと、笑ってないとやってられないくらい、苦しいことしんどいことがあったから、あるから、なんだろな。暗くしてても明日はやってくるんだものね。沖縄の人たちの続ける力は、ほんとにすごいと思う。

*******

菜のちゃん、沖縄をかたりながら、マトリョーシカ構造の今の社会もくっきりと見せてくれました。すばらしい語りでした。来てくれてほんとにありがとうね!!

とくべつ紅茶の最後は、士幌中央中学校の生徒憲章を菊地くんとあと3人の人に、一章ずつオンドクしてもらってしめくくり。
今日にまにあった、ピースウォーク金沢2019のチラシも、早速みんなに持ち帰ってもらいました。3月21日、一緒に歩こ歩こ!

|

2019年1月16日 (水)

今日、菜の花ちゃんのおはなし

今日1月16日は、今年度初の、とくべつ紅茶の時間です。
 2:00〜4:30 水野宅 参加費800円。

沖縄テレビ「菜の花の沖縄日記」(番組は昨年度の「地方の時代」映像歳のグランプリを受賞)に登場して、10代の心と目で沖縄を言葉にしてくれた坂本菜の花ちゃんに珠洲からきてもらって、たっぷり語ってもらいます。

テレビじゃない菜の花の沖縄日記を、そして今、彼女が感じていることを、菜のちゃんの生の言葉で聴く時間。ご参加おまちしています。
紅茶の時間は1時からあいています。なのちゃんが到着するのは1時半ころです。

雪の予報もでてたけど、今んとこ曇り空と雨模様なので、ほっとしてます。それでも足元気をつけておこしください。薪ストーブたいておまちしております。

写真は、先日ちょうだいした、琉球ガラスの一輪挿しに、これまた先週の紅茶でいただいた真紅のバラ。191

|

辺野古県民投票

2月24日の辺野古の県民投票を実施をもとめて、県民投票の会の元山くんが、宜野湾市役所前でハンガーストライキをはじめました。

県外に住むわたしにもできること。
県民投票に参加しないといっている5つの役場に、今、お電話しました。
沖縄市とうるま市と宮古島市と宜野湾市と石垣市に。
(したのサイトをクリックすると、各役場の電話番号がでてきます)

辺野古基地建設に賛成の人にも、反対の人にも、意思表示するとっても貴重な機会をうばわないで、県民投票を実施する方向で考え直していただきたいと市長さんにおつたえください、と。

どこも、電話はすぐにかかって、総務課につないでくれました。(うるま市の場合だけ、はじめに電話をとったひとどまりでしたが)。
宮古島にも宜野湾にも、こういったお願いの文書がほかにもたくさん届いている由。どこも、ていねいに対応してくれて、市長につたえます、と。
NHKお客様ふれあいセンター(0570−066−066)にも電話したよ。
県民投票の参加を求めて、宜野湾市役所まえでハンストしてる若者のこと、ぜひ、NHK
さんに報道してほしいです、って。
今朝の北陸中日新聞「こちら特報部」は、「透ける政権への忖度 沖縄県民投票不参加5市が表明」と大きな特集を組んでる。
******
HPにくわしく書かれてるので、青いとこをクリックしてみてね。
hungryforvote.net
#HungryforVote
#ハンストなう

|

2019年1月15日 (火)

朝の電話

昨日の朝いただいたお電話。

「今、たいわけんぽうぶっく読んどるんだが、そっちでしている紅茶なんとかには、80過ぎてるわしのようなもんでも行っていいのか?」
もちろんですよ、いつの水曜日でもいらしてください。
「紅茶代はいくらかね」
ただです。
「ただ!」(とびっくりの声)
あ、でも、お客様を呼んでお話をきくような日だけ、お代をいただきます。
「じゃ、あさって水曜にいってもいいのかい」
はい、その日はちょうどお客様がみえて、お話を聞くとくべつな日です。1時から家はあいてますけど、お話がはじまるのは2時からです。二十歳前の坂本菜の花さんが、珠洲からお話に来てくれるんです、沖縄の高校にいってたので、沖縄のお話も聞けますよ。お代は800円です。
「さかもと な・の・は・な?どんな字かくんじゃ」
あ、菜の花のなのはなです、本名です。
「それにしても安いなあ、1000円封筒に入れて持ってけばいいかい?」
いえいえ、ちょっきり800円でどうぞ。辺野古や高江のお話も聞けると思いますよ。

お電話の主は、昨年11月末に、2冊のけんぽうBOOKが平和・協同ジャーナリスト基金賞をいただいたことを報じた北陸中日新聞をよんで、すぐにお電話でご注文くださった男の方でした。
家までの道順をご説明したら、その1、2時間後、迷って迷って、我が家にみえたそうです(そうです、というのは、その時わたしはピースウォーク金沢のミーティングにもうでかけていたので)。
はじめていくのに迷子になっては、と金沢から試しに来てみた由。

なんだかとっても楽しい朝の会話でした。水曜日にはじめてお会いするのがたのしみです、どんな方だろね。

********

1月16日 2:00〜4:30 とくべつ紅茶@水野宅
沖縄テレビ「菜の花の沖縄日記」に登場して、10代の心と目で沖縄を言葉にしてくれた坂本菜の花ちゃんに珠洲からきてもらって、たっぷり語ってもらいます。

テレビじゃない菜の花の沖縄日記を、そして今、感じていることを、菜のちゃんの生の言葉で聴く時間。参加費800円。ご参加おまちしています。
紅茶の時間は1時からあいています。なのちゃんが到着するのは1時半ころです。

|

刈谷へ

1月27日、刈谷に行きます。新婦人まつりのプログラムのひとつで、「たいわけんぽうカフェ」を。
10:00〜オープニングとコーラス
10:20〜12:20くらいまで けんぽうかふぇで、私の話。
@愛知県刈谷市高津波市民館(ヨーカ堂近く)
どなたでもどうぞ、とのこと。

刈谷への出前は2回目で、最初は2010年。名古屋での出前の翌日に、私からたのんで、初の押しかけ出前をさせてもらったんです。
刈谷は父のふるさと。父がしていた育英会事業でつながっていた刈谷高校卒業生が刈谷にいたので、お話しにいかせて、って、あっちからたのまれてもいないのに、私から出前に行かせてもらったのでした。
その当時は、紅茶の時間のことやほめ言葉のシャワーの話など、していたのだろうな、憲法の出前の注文はまだかぞえるくらいしかなかったころでした。

その後、刈谷に行く機会はなかったけど、去年滋賀県によんでくださった林さんが、刈谷で長いこと先生をしてらした方で、彼女が当時の友人にお声掛けしてくれたみたい。

私をよんでくださる刈谷の方に父のことを話したら、なんとなんと、その方のおうちから徒歩7、8分のところに父のお里があると判明。(町名が変更されていたので、まさかそんなに近くだったとは)しかも、地区の役員会でお知りあいだとか。今のご当主さんも水野の父のこと覚えてるそうで、じかにごあいさつにいけることになりました。もしかしたらそのご当主さん、私が小学生のころ、父と刈谷のおうちに行ったとき一緒に遊んだ男の子かしらん??

|

2019年1月12日 (土)

中国語で、生徒憲章

菊地くんが見せてくれた、士幌中央中学校の生徒憲章。
彼の3年先輩たちがこの憲章をつくったそうです。

このFBでこの憲章を見た方たちがシェアしてくださって、36年前の十勝士幌発のタネがいろんなところに飛んでいってます。
長野に、岡山に、北海道に(逆輸入、なんちゃって)、埼玉に、愛知に、沖縄に。

そして、これを読んだ琴さんが、中国語に訳してくれました。
お許しもらったので、それをここにアップします。

琴さんは、去年11月、立科でのけんぽうかふぇにきてくれて、ともだちになりました。
みんなの前で自分のおいたちもお話ししてくれた。満蒙開拓団で満州に行ったお母さん。1945年8月、いのちからがらに生き延びて、中国の人と結婚して、琴さんが生まれました。
10代の時にお母さんと帰国した琴さん、日本の学校には行けなかったけれど、それからどんなに苦労して、努力して、必死で学んだことだろう。琴さんは、自分と出会ったすべてのひとが先生です、と言っていました。
琴さん、訳してくれてありがとう!


《 生徒憲章 》
         1996年3月15日制定
【人権の章】
人間だから
わたしの生命(いのち)も心もたった一つ
かけがえのないひとりとして
大切にされる
あなたも人間だから
わたしはあなたを大切にする 
【自主の章】
人問だから
わたしはわたしの意志をもつ
自ら創りあげる喜び
やりとげる責任とともに
ひとりの人間だから
わたしもあなたも自分で立てる
【民主の章】
人間だから
わたしはあなたと違う
たがいを認め、そして話しあう
違う人間だけれど平等であるために
だれもが人間だから
わたしとあなたは支えあえる
【希望の章】
人間だから
わたしはわたしを高めていける
真実を求め
豊かな心を育てる
わたしたちは人間だから
夢に向かってともに歩く


「中国語に翻訳します」
《学生宪章》
1996年3月15日制定
【人权之章】
因为是人
我的生命,我的心,只有一个
作为不可替代的一个人
被重视
我要重视你也是人
【自主之章】
因为是个人
我有我的意志
自己创造出来的喜悦
除了要完成的责任之外
虽然我们都是人。
但是我和你要自己站起来
【民主之章】
因为是人
我和你不同
承认事情的意义,然后互相陈述
是不同的人,但同样是平等的。
每个人都是人类。
我和你相互支持
【希望章】
因为是人
我能把我挑高
求得真相
培养丰富的心灵
我们是人
向着梦想一起走

|

士幌中央中学校の生徒憲章

おとといの紅茶にきてた菊地くんが、かえりがけに、すっごくうれしそうな顔で、キラキラの目で、みせてくれたもの。
もうずいぶん貫禄ついてる古い生徒手帳をひらいて、見せてくれたページに、この「生徒憲章」がありました。

《 生徒憲章 》
         1996年3月15日制定
【人権の章】
人間だから
わたしの生命(いのち)も心もたった一つ
かけがえのないひとりとして
大切にされる
あなたも人間だから
わたしはあなたを大切にする 

【自主の章】
人問だから
わたしはわたしの意志をもつ
自ら創りあげる喜び
やりとげる責任とともに
ひとりの人間だから
わたしもあなたも自分で立てる

【民主の章】
人間だから
わたしはあなたと違う
たがいを認め、そして話しあう
違う人間だけれど平等であるために
だれもが人間だから
わたしとあなたは支えあえる

【希望の章】
人間だから
わたしはわたしを高めていける
真実を求め
豊かな心を育てる
わたしたちは人間だから
夢に向かってともに歩く

----------------------------

これ、3つ上の先輩たちが、先生から充てがわれたんじゃなくて、自分たちでつくったんですよ!と、菊地君。
この学校は、北海道十勝の、士幌町立中央中学校です。

うわおおお。人権の章は、まさに13条そのものだ!
民主の章には、14条もはいってる。
「個」+「ともに」、がどの章にも満ちている。
すばらしいなあ!!

あんまりすてきなので、昨日の図書館の詩の読書会では、この生徒憲章をオンドクしました。けんぽうかふぇで出前に行くときにも、読ませてもらおうっと。
これをつくった生徒さんは今、36歳くらいかな?

大切な憲章、見せてくれて、菊地くん、ほんとにありがとう!

|

2019年1月11日 (金)

琉球新報に、けんぽうぶっく!!

那覇のゆかるひさんが、琉球新報をみせてくれました。
ゆかるひさん、とってもびっくり&よろこんでた、自分のとってる新聞に、12月のゆかるひさんでおはなししたひとのことがが載ってる!って。

191
なんで沖縄の新聞に、けんぽうぶっくのことが載ってるの??って不思議でしょ。
だよね。
この記事は共同通信さんからの配信なのです。石川でかいて、記事がのるのは、県外の地元紙。小矢部のかたもしらせてくださったので、北日本新聞にものったもよう。そっちは記事がすこし短かったです。

この記事をかいてくれたのは、ちあきちゃんという若い記者さんです。
ありがとうね!!

|

2019年1月 9日 (水)

してること、したいこと、私の場合。

191 お薄の時間のアンケート続き。わたしの場合。

①の、私の今してること、は、12月なかばからはじめた、白湯を飲むこと。那覇のゆかるひさんで出会った、やんばるの水野さんがおしえてくれた白湯健康法を今、ためしてみてるんです。
やかんの水が沸騰したら、やかんのふたをあけて、ファンをまわして、10分さらに沸騰させる。そのお湯をここんとこ毎日のんでるけど、調子がいい気するよ。

②の、今年したいことは、今でてる自民党の案で、憲法かえさせたくない。そのためのできること具体的には、

*「9条かえる案」のキーワードはなんとか見つけてけんぽうBook+にも書いたけど、「緊急事態条項をかきこむ案」のわかりやすいキーワードを、まだちゃんと自分のものにできてない。2月はじめに金沢にみえる永井幸寿さんのお話きいて、咀嚼して反芻して、すこしでも自分のものにしたいよ。それを伝えていきたいよ。

*憲法かえるのを決める国民投票までの間の、テレビCMの不公平なこと、多くの人にしらせたい。CMに使うお金になんの制約もないから、憲法かえたがってるお金持ちにめっちゃ有利な仕組み。それを知ってもらうために、通販生活の「9条球場」(yutube動画)のシェアをすすめる。(折もおり、今日とどいた「通販生活」の表紙は、「9条球場」でした。しかも巻頭特集は、沖縄県知事のデニーさんのロングインタビュー)

*直接的じゃないかもしれないけど、今年は去年よりもっと多くの人と一緒に3月21日のピースウォークを歩きたい。紅茶だけで会ってる人とも歩けたらいいな。ピースウォークもまた、私にとっては、平和を意思表示し、平和を表現する大事な場、チャンスなので、ピースウォーク、行こうよ、と声をかけていこう。

って感じでした。
したいことのための小さな具体的な行動、ってことは、ほかの場でもいろいろ応用の効く問いだな、って思ったよ。
みなさんの場でもどうぞやってみて。

191_2

青いユニフォームが「 GOKEN」、白いユニフォームが「KAIKEN」です。表紙に書いてある言葉は、「日本民間放送連盟の「憲法改正国民投票のテレビCM量に関しては一切、自主規制しません」という理事会決議がとても気になります。国民投票のテレビCMはイギリスやフランスのように、「有料CM禁止」が公平でしょう。今だって「意見広告」はどの曲も禁止ですし。」と。

|

お薄の時間で、してることとしたいこと。

22回目のお薄の時間、石川の1月としてはめずらしく穏やかな、雪のない日。そのせいもあってか、1時から6時まで、いれかわりたちかわり、紅茶のドアがあいて、それぞれの時間の許すなかで、お抹茶のおかわりを何杯も。

年のはじめでもあり、お薄紅茶に来たひとたち一人一人にアンケート。

①自分が今していること②今年、自分がしたいこと。そのための行動をできるだけ具体的に。その行動はちいさくていい、とにかく自分に引き寄せて考えてみる。

②の方は、たとえばざっくり、ダイエットしたい、というのだったら、自分がそのためにできそうなちいさなことを具体的にあげる。たとえばざっくり、政権交代、というのだったら、そのために自分のできる具体的な行動をあげてみる、といった具合です。

自分のもちものの整理をしたい人、心元気でいて今年のピースウォークに参加したい人、外国で学びたい人、ぷかぷかさんのワークショップ採り入れながら、いろんな人をつなげて、みんなで一緒にいられる場をつくりたい人。すてきな歌い手さんのコンサートを石川でひらきたい人、などなど。

してること、を聞くと、その人の日常生活や暮らしが垣間みえる。したいことのためにしてること、を聞くと、それぞれが、考えたり悩んだり迷ったりしながら、日々生きてる個別のものがたりがたちあがる。そのものがたり聴いてるうちに、その一人一人がいとしくなってきちゃう。

今年最初の紅茶の時間に、こんな時間がもててよかったな。
毎年、お薄を点ててくださる山崎さん、今年もほんとにありがとうございました。

|

2019年1月 8日 (火)

1月と2月のおしらせ

明日1月9日は、新年恒例の、お薄の時間。ことしで22回目。山崎さんが点ててくれる、おまっちゃのおかわり何杯でも(この日の草かふぇはおやすみです)。1時から6時まで、紅茶のあいてる時間ならいつでも。
ことしになってはじめて会う方がほとんどだね。あなたの願いや希望やしたいことなどなど、どうぞ聞かせてくださいね。
171

来週1月16日は、新年初のとくべつ紅茶。沖縄テレビ「菜の花の沖縄日記」に登場して、10代の心と目で沖縄を言葉にしてくれた坂本菜の花ちゃんに珠洲からきてもらって、たっぷり語ってもらいます。

こんどはテレビじゃない菜の花の沖縄日記を、そして今、感じていることを、菜のちゃんの生の言葉で聴く時間。2時から4時半。参加費800円。みなさんのご参加おまちしています。
紅茶は1時からあいています。なのちゃんが到着するのは1時半ころです。

*******ほかのおしらせもあわせて。

■1月27日は刈谷にけんぽうかふぇの出前。

■2月3日は未来塾の主催で、河野義行さん講演会「あの松本サリン事件から考える」2:00〜4:30 参加費1000円 @金沢近江町いちば館4F(交流プラザ)どなたでも。 

■2月4日は憲法を守る会総会で、永井幸寿さんの講演「緊急事態条項創設の危険性」があります。6:00〜 @近江町いちば館4F 参加費無料 どなたでも。

自民党改憲4項目の中に素案としてはいってる緊急事態条項。その危険性はまだまだちっとも人に知られていません。そのことに人一倍おくわしい永井さんのお話、生でおききする貴重な機会。
永井さんの書かれた「憲法に緊急事態条項は必要か」(岩波ブックレットNO.945 2016年発行)は、何度も読み、線がいっぱいひいてあります。

永井さんは、「いつでも独裁、いつまでも独裁」できるのが国会に提示しようとしている改憲素案4項目の一つ、「緊急事態条項の創設」だとおっしゃっています。
あすわか弁護士の武井ゆきこさんによると、「永井先生はわたしたちのアイドル。すごいおしごと、すごいお茶目」なんですって。めっちゃ楽しみ!

|

今年のピースウォークは、3月21日

今年で19回目になるピースウォーク金沢2019は、3月21日(祝日)。今年はあなたも一緒にあるきませんか。デモとはちがう、音楽いっぱいの、楽しいウォークですよ。こどももおとなも若い人もシニアも、一緒に平和をねがって街をあるく。金沢にきてる観光客さんにも、そんな金沢を知ってもらいたいな。
集合場所が決まり次第、またおしらせします。歩くのは午後です。

ピースウォーク実行委員会ではすでになんどかミーティングをもって、あーだこーだ、の対話をかさねています。
当日、ウォークに参加すると、マップに記されたお店でのピース割引もあります。

昨日のミーティングで、ところで、あなたはなんでピースウォークするの?参加するの?Why peacewalk?という問いに、それぞれが言葉をだしあってみたよ。

*平和を表現できる場があるって大切、私の意思表示の場。

*同じことばっかりしてて効果がみえない、と言われたこともあるけど、毎年ここはかならずピースウォークしてる、という場をつくっておくことは大事と思う。まわりはすごいスピードで変わっていってるからなおさら。しつこくしつこく、忘れないように。

*子育てしてたころは自分の両手のばしたくらいの平和、でよかったかもしれないけど、今、自分の手だけでは足りない、みんなが集まれるとこには、出たい。

*毎年気づいたら関わってた。こんな場、ゼロからつくるのは大変だけど乗っからしてもらってる。平凡で日常的でもいいけどプラスアルファの楽しいことしていいと思う。日常と非日常、車道を声だして歩く楽しさ、一度知ったらやめられない。

*一人でできないけどみんながいるから。

*平和をどうやって訴えていいかわからない時、戦争を風化させない、こんな市民団体があるっていい。

*ほかの人任せでは平和はつくれない。12条する場。

*イラク戦争のころは東京でも他の街でも、ピースウォークいっぱいあったけど、今でもしてるのは金沢くらい。地方から発信するのっておもしろいよ。
などなど。

あなたはどう?Why peace walk?

|

嘘つきは、戦争の始まり

1月7日の朝日新聞全面広告、ごらんになりましたか。
宝島社が出してる。

191

油まみれの水鳥の写真に「嘘つきは、戦争の始まり」というヘッドコピーがなんともすごいインパクト。

ベテランズフォーピースのマイクさん、ベトナム戦争も嘘ではじまり、嘘で塗り固められた戦争だった、といってた。

最後のコピーは、「嘘をやっつけろ」。嘘を見抜け、我ら。

|

2月4日 永井幸寿さん 緊急事態のおはなし

自民党改憲4項目の中に素案としてはいってる緊急事態条項のこと。その危険性はまだまだちっとも人に知られていません。
このことにとてもおくわしい、永井幸寿さんが金沢で講演されます。平和運動センターさんが教えてくださいました。これはもう、聴きに行かなくっちゃ!行きます!

2月4日(月)18:00からいちば館交流プラザ4階で、県憲法を守る会総会があり、永井幸寿さんの「緊急事態条項創設の危険性」が講演としてあります。無料です。

永井さんは、「いつでも独裁、いつまでも独裁」できるのが国会に提示しようとしている改憲素案4項目の一つ、「緊急事態条項の創設」だとおっしゃっています。

|

2019年1月 6日 (日)

どこで買えるの?

「たいわけんぽうBook+」どこでかえますか〜〜?というお問い合わせメールをしばしばいただきます。
私にもうしこんでくださっても、紅茶にいらしても、どちらでも〜〜とお答えしてましたが、ネットをよくお使いの方なら、本のタイトルで検索すると、mai worksのウエブショップが真っ先にでてきますので(今、試してみたら確かに)、そこからお申し込みされた方が早いかも。

石川県内なら、県庁近くの大きな本屋のビーンズさん、野々市のフェアトレードショップのアルさん、金沢額のコープいしかわのお店近くのブックショップ・リードさん、東京なら、銀座教文館のナルニア国さん、調布のクッキングハウスさん、沖縄は那覇のブックカフェゆかるひさんがおいてくださってますので、どうかじかにお手にとってみてくださいませ。

憲法カイセイといっても、なにをどうかえるのかさっぱりわからなくて、と、今しがた、うちにお仕事でたずねてきた方が言ってました。

ですよね、ほとんどの方がそういう状態だと思うのです。どこをどうかえるのか、かえるとどういう変化がおきるのか、それをわかったうえで、国民投票にいってほしい。わからないで投票に行くのも、わからないから投票に行かないのも、どっちもみんしゅしゅぎにとっては大きな損失です。

昨年9月にだした「たいわけんぽうBook+」には、そのあたりのことをできるかぎりわかりやすく書きました。9条改憲のことも、9だけじゃない、緊急事態条項のことも。知った上で、あなたの大事な一票の意思表示を。
189

|

べんさんのラジオ番組

今夜6時からはパソコンで、私はラジオを聴くのだ。
埼玉は川越のシンガーソングライター、たかはしべんさんのラジオが今日からはじまるのです。

歌手になってことし40年のべんさん、みんながお金をだしあい、スポンサーになってこの番組を。(だから一般企業スポンサーにおもねることなく、番組をつくれる。ちなみに、まあさんも私もスポンサーの一人なんじゃよ)

1月6日(日)午後6時から、たかはしべん40周年記念 ラジオ番組「べんさんのくるくるサンデー」がスタートします!

ネット配信により、日本中、世界中のみなさまに スマホやパソコンでお聴きいただけます。

https://www.jcbasimul.com/radio/767/

または「エフエム チャッピー」で検索、緑色の画面「スマホやパソコンで今すぐチャッピーの放送を聴こう♫」をクリック、さらに 「今 放送中」をクリックしてみてください。音声が流れてきます。

みなさま、今夜から、毎週日曜日、午後6時スタート!

「しあわせ くるくる ともだち くるくる べんさんの くるくるサンデー」を 毎日曜日、聴いてくださいね〜。

気が早いけど、11月13日水曜日のとくべつ紅茶の時間は、「たかはしべんさん、紅茶の時間で初の試み たっぷりおしゃべり+ちょぴっとうた〜〜本当のさいわいを探して」を2時から@紅茶。

べんさん、歌手なのに歌はちょぴっと、って不思議でしょ?本邦初じゃよ、お楽しみに。今からカレンダーに紅茶じるしいれておいてくださいね。

|

ホワイトハウスへ、あとひとふんばり。

瀬長カメジローさんの言葉。
ほんとに胸にしみる。
7日まで、ホワイトハウスに署名をおくりつづけよう。
これみてる人はもうほとんどしたよ、ってひとかもしれないけど。
でも、もう署名したあなたがシェアしたら、まだのひとの目に、ふれるかもしれない。

最初の一筆からはじまった署名が17万越え。

隣町に住む、水口さんのをシェアします。
******
「この瀬長ひとりが叫んだならば、50メートル先まで聞こえます。ここに集まった人々が声をそろえて叫んだならば、全那覇市民にまで聞こえます。
沖縄70万県民が声をそろえて叫んだならば、太平洋の荒波を超えてワシントン政府を動かすことができます」

日本中、世界中が叫んだら、きっと事態を変えられます。

米軍統治下での瀬長亀次郎の演説から68年。
沖縄移民4世の青年ロブさんが、『県民投票まで辺野古・大浦湾の埋め立てをやめること』を求めて始めたホワイトハウスへの請願署名。

現在17万6410筆が集まり、過去の請願ランキング5位になりました。
1月7日にロブさんがホワイトハウス前で記者会見するまで、一筆でも多くの署名をと、ここにお願い致します。ほとんどがもうお済みかもしれませんが、周りへの拡散をよろしくです。

13歳以上ならだれでもできます。
記入したメルアドに、確認メールが帰ってきますので、ぽちっとして確定をお忘れなく。 
https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa?fbclid=IwAR1aku0SRTiN0TZmRDG8mvf4gmCo0ejmDgvuiQDGZafR13Ef1CLhWaWYvqE

|

2019年1月 5日 (土)

ますなが弁護士さんから、IWJの岩上さんへの年賀状

もう3、4年も前から、緊急事態条項の危険性を大きな新聞広告などでつたえてくださってる弁護士の升永さん。IWJの岩上やすみさんに届いた升永さんの年賀状にも、そのことが記されていたと。

9条改憲もだけど、憲法に緊急事態条項をかきこむことの意図も、あまりにみなに知られていないと私も思います。災害に備えて、憲法にこれをかきいれることが必要という自民党の素案、どうかカラクリを見抜いてくださいね。有権者が改憲の中身をしらないうちに国民投票だなんて状況は、なんとしても避けたい。ますながさんの言葉を借りれば、国家がしてはいけないことです。

******


謹賀新年

 一部のメディアの情報によれば、今年は、憲法改正の国会発議と国民投票の年のようです。
 自民党「改憲4項目」素案は、左(下)記の4点です。
(1)憲法9条1項、2項を維持、「9条の2」を新設して自衛隊を明記
(2)緊急事態条項の創設
(3)憲法47条を改正し、衆参両院の選挙区と定数は、人口を基本とし、行政区画、地域的な一体性、地勢等を統合的に勘案して定めることとする
(4)教育の充実。

 現時点では、自民党憲法改正案の内容を知っている人々は、1億人強の有権者のうち100万人にも満たないでしょう。本年中に、有権者の過半数(5000万人)が、憲法改正案の内容を知り、国民投票で投票できるように、賛否の意思を決められるとは考えられません。

 改憲案の情報が与えられていない状態が続いている日本国民に、本年中に、国民投票で改憲案に対して賛成・反対の投票をするよう求めることは、国家がしてはいけないことです。

 日本国民は、民主主義、人権尊重、法の支配、平和主義をルールとする現憲法の下で、1947年以降今日迄の72年間、生活し続けています。他方で、明治憲法は、55年間、続いたにすぎません。
 このように、72年間もの長期間続いている現憲法を変えるためには、少なくとも、有権者の25%(2500万人)が理解して納得できる改憲の理由が必要です。

 保守的立場からみても、有権者の大部分が改憲案についての十分な情報を与えられないまま、本年中に改憲の国会発議、国民投票することになってしまう、自民党執行部の改憲の方針には、違和感が生じます。

 更に言えば、最高裁大法廷は、『2013年の参院選は、違憲状態』と判決しています。この違憲状態の2013年参院選で当選した議員は、国会活動の正当性を欠いています。かかる違憲状態の議員を含む参院の改憲の国会発議は、そもそも憲法96条が予定する国会発議ではないので、違憲無効です。

 よき1年でありますよう祈念いたします。

 2019年 元旦
 弁護士 升永 英俊

|

2019年1月 4日 (金)

通販生活の意見広告

通販生活の意見広告「9条球場」、どうか見てみて。

改憲に賛成の人も反対の人も、お金の制限なく、憲法をかえるための国民投票のテレビコマーシャルがながせます。誰でもCMできるってきいたら公平に思えるかもしれないけど、CMながすのって、すんごいお金がいることです。
ほんでもって、お金持ちの人たちの中には、憲法変えたいひとたちがいっぱいいるのです。これって、公平?
憲法をかえるための国民投票法はものすごく不公平な仕組みだと私は思います。
これじゃほんとに、9条は窮状に。


|

2019年1月 1日 (火)

新しい年に 2019

1812 新しい年の、新しい1日。石川はおだやかな、雪のふっていない元旦です(庭に雪は少し残っているけど)。
ことしもまた、あなたと、あなたと、あなたと、、つながりあって少しでも歩んでいけたら、と願っています。

紅茶の時間は36年目にはいりました。
新年1月2日の紅茶はおやすみですが、1月9日は、新年恒例の、お薄の時間。ことしで22回目。山崎さんが点ててくれる、おまっちゃのおかわり何杯でも(この日の草かふぇはおやすみです)。

その次の週1月16日は、新年初のとくべつ紅茶。「菜の花の沖縄日記」に登場して、10代の心と目で沖縄を言葉にしてくれた坂本菜の花ちゃんに珠洲からきてもらって、たっぷり語ってもらいます。こんどはテレビじゃない菜の花の沖縄日記を、そして今、感じていることを、菜のちゃんの生の言葉で聴く時間。2時から4時半。参加費800円。みなさんのご参加おまちしています。

昨年のしまい紅茶の草かふぇでは、「菜の花の沖縄日記」(地方の時代映像祭グランプリの、受賞作品)のDVDを見て、集まったたちと語り合いました。一つの映画、番組、本を、見た、読んだ、という人同士が自由にかたりあう時間は、ことしもまた、紅茶や草かふぇでたいせつにしていきたい時間です。
私は、番組のなかで菜のちゃんがいっていた、自分の身近にある小さな沖縄、という言葉がこころに刺さっています。

はやらない紅茶や草かふぇだからこそ、語れることもある。ごく個人的な内側のきもちや、今の社会に対する危機感を、共有できることもある。そんな場を、ことしもどうぞよろしくお願いいたします。

|

ナルニア国さんのサイトから

大晦日に知りました。銀座教文館ナルニア国のHPに、こんなふうにかいてくださったこと。まるで、新年になっての、ナルニアさんからのお年玉のようです。

*****

https://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/weblog/4411b23d
   ↓

11月にナルニア国でも講演をしてくださった石川県在住の水野スウさんが『わたしとあなたのけんぽうBOOK』と『たいわけんぽうBOOK+』の2冊で、平和や人権擁護などを推進する報道に寄与したジャーナリストに贈られる“平和・共同ジャーナリスト基金賞”の中でも、主に女性ライターに贈られる特別賞“荒井なみ子賞”を受賞されました。学者でも研究者でもないスウさんの優しく語りかける“普段着の言葉”は「憲法なんて自分には関係ない(んじゃない?)」と思っていた多くの人たちにたくさんの気づきを与えてくれました。それがこのような形で表彰されたのはとても嬉しいことです。スウさん曰く「産直」(つまり自費出版)のけんぽうBOOK2冊は、ナルニア国でも随時販売しています。日本国憲法の精神をそれぞれが自分のものとするために、ぜひ現物を店頭でお手にとってご覧ください。

『わたしとあなたのけんぽうBOOK』(600円税込み)、『たいわけんぽうBOOK+』(900円税込み)

*********

そうそう、そんなの自分に関係ないんじゃない?って想っている方にこそ、読んでいただきたくて書いた本なので、ナルニアさんのこの紹介文がなおのこと、うれしいです。
ナルニアさん、ありがとう!

|

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »