« ますなが弁護士さんから、IWJの岩上さんへの年賀状 | トップページ | べんさんのラジオ番組 »

2019年1月 6日 (日)

ホワイトハウスへ、あとひとふんばり。

瀬長カメジローさんの言葉。
ほんとに胸にしみる。
7日まで、ホワイトハウスに署名をおくりつづけよう。
これみてる人はもうほとんどしたよ、ってひとかもしれないけど。
でも、もう署名したあなたがシェアしたら、まだのひとの目に、ふれるかもしれない。

最初の一筆からはじまった署名が17万越え。

隣町に住む、水口さんのをシェアします。
******
「この瀬長ひとりが叫んだならば、50メートル先まで聞こえます。ここに集まった人々が声をそろえて叫んだならば、全那覇市民にまで聞こえます。
沖縄70万県民が声をそろえて叫んだならば、太平洋の荒波を超えてワシントン政府を動かすことができます」

日本中、世界中が叫んだら、きっと事態を変えられます。

米軍統治下での瀬長亀次郎の演説から68年。
沖縄移民4世の青年ロブさんが、『県民投票まで辺野古・大浦湾の埋め立てをやめること』を求めて始めたホワイトハウスへの請願署名。

現在17万6410筆が集まり、過去の請願ランキング5位になりました。
1月7日にロブさんがホワイトハウス前で記者会見するまで、一筆でも多くの署名をと、ここにお願い致します。ほとんどがもうお済みかもしれませんが、周りへの拡散をよろしくです。

13歳以上ならだれでもできます。
記入したメルアドに、確認メールが帰ってきますので、ぽちっとして確定をお忘れなく。 
https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa?fbclid=IwAR1aku0SRTiN0TZmRDG8mvf4gmCo0ejmDgvuiQDGZafR13Ef1CLhWaWYvqE

|

« ますなが弁護士さんから、IWJの岩上さんへの年賀状 | トップページ | べんさんのラジオ番組 »