« アルさんでけんぽうかふぇ | トップページ | 2月の出前のおしらせ »

2019年2月13日 (水)

「戦後はまだ、、、」と「われ問う」の草かふぇ

今日の草かふぇでは、山本宗補さんの写真集「戦後はまだ・・・加害と被害の記憶」+沢ともえさんの歌「われ問う」のコラボを、youtubeで見ました。
私のパソコンだと音量がおおきくならなかったので、写真に添えられている言葉は、私が音読しました。視聴時間は5分間 。
それでも、読んでいるだけで目がうるみました。
白黒でそこに写っている個人個人の、圧倒的な存在感。
写真と、言葉と、歌の、ちから。
youtube見てから、沢さんの歌をCDで音量大きくしてききました。
一語いちごの歌詞に耳をすませて。
オリジナルの歌の途中に、We shall overcomeがはいっているのがなんともいい。
この歌を知らない世代もいて、あの歌は何?と聞かれて、即、あの時代を生きてた私たち3人(まあさん、薫さん、私)がいきなり声をあわせて、♫We shall overcome  と歌いだす場面もあり。ベトナム戦争のころの代表的なプロテストソングのひとつだったもんね。
それから、一人一人、見た感想を語り合いました。
きのうのアルさんけんぽうかふぇに参加してくれたお母さんが、坊やを抱っこしながら、言ってくれたこと。
「私がなんでけんぽうかふぇにいったり、紅茶に来たりしてるのかなあ、っていったら、未来のこの子たちにいい社会を残したいって思ってる、からなんだなあ」
「若い人たちが、『憲法』と聞いて、え!ってひくことおおいとおもうけど、そこでひいちゃだめなんだよね、ほんとは」
「このyoutube、自分でも見ててシェアもしてたけど、今日あらためて見れて、歌詞もきけて、よかった。うん、いい企画!」
「 宗輔さんの写真、ショックだった。スウさんが言葉読んで、写真みて、音楽きいて、しみじみ伝わって来るものあった」
「写真ってすごい力あるなあ。余白の部分でこっちの想像力がふくらむ」
「孫たちの未来、どうなってしまうんだろう、すごくあやういと思ってる」
「この写真は、「個」だよな、ひとりひとりの人生。この写真と、歌の歌詞が、まさに今の時代をうたってる、すごい ぴったりのコラボだった」
草かふぇの時間に、8人でみれてほんとによかったです。
宗さんの写真と沢さんの歌のコラボのおかげもあってか、断裁されそうになっていた在庫の写真集は、あっという間に完売。増刷の運びになったとのこと。
これもほんとによかった!!
宗さん、去年の3月に信州佐久に私をよんでくださり、秋には、けんぽうぶっくのこと、平和・協同ジャーナリスト基金賞に推薦してくださったかた。ご自身も、この賞の奨励賞を受けてらしゃいます。
宗補さんが、FBに書いてらした。

「私自身、涙ぐんでしまうコラボ動画です。沢さんの歌詞力、歌唱力、弾き語り力、全てが結集されています。まだの方、この動画だけでもご覧ください。
無料公開され、再生14000回を超えています。沢知恵さんの才能のおかげです。」

「戦後はまだ・・・加害と被害の記憶」(彩流社、定価4700円プラス税)
(沢 知恵 アルバム〈われ問う〉(コスモスレコーズ、2015年)うたとピアノ 沢 知恵。)

|

« アルさんでけんぽうかふぇ | トップページ | 2月の出前のおしらせ »